どなたか航空管制について詳しい方がおられましたら
教えてください。今回の事故を見て感じたんですが、
なぜ飛行コースをもっと論理的に見て安全に交通整理が
出来ないのか不思議に感じました。

例えば東京を起点に南北のルートを考えた場合:
A:南行きと、北行きで高度差をつけたルートを作る。

B:ルートが交差する場合は陸上の立体交差のように決して
衝突しないルートをつける。

C:同じ方向に飛行する場合に備えて高速道路のように
複数車線(ルート)を作る。

D:衝突防止装置が働けば、自動で機体を動かし
衝突を防止する。生半可に機長が自分の判断で
防止装置と逆の操作をしたから今回の事故の
1要因になったと思われます。時速800-900Km
がお互いすれ違った場合、はたして人間の処理速度
(判断)がついてゆきますでしょうか?

E:飛行官制も案外地味な方法なんですね。無線で
交信しながら超高速の物体を官制してるのもなんか
釈然としません。

もちろん飛行ルート決定には
実際にはもっと複雑な要因があると思いますが
今回少なくとも両機は同一の高度を飛んでいたわけです。
こんなに広い空間があるのに同一の高度を時速800-900Km
で単線ルートをお互いに近ずいていた現実に納得が出来ません。
皆様どう思われますでしょうか。

(余談です)以前アメリカでアメリカン航空のパイロットが
言ってましたが、日本の航空機がアメリカの管制塔と交信するのを
モニターしていたら英語になまりがあり聞きずらいばあいがあると。
実際緊急の場合こんなに無線のやり取りが重要になるのであれば
英語のやり取りも重要になってきますね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

航空管制を多少勉強した者です。

前の方の説明に大体同意します。

地球上のあらゆる地点で、風や雲が無く、低気圧も高気圧も無く(気圧差がない)という安定した定常状態が仮定できるのなら、質問者が言っているように、飛行コースを高速道路の様に設定し、複線化などもできるかもしれません。

が、実際は積載燃料に影響が出るほど風の影響は大きく、低気圧や高気圧が無いという状況も絶対あり得ません。太平洋路線は言うに及ばず、アジア路線の例えば「成田-バンコク」間でも往復に1時間の違いがあります。そのため、飛行機のパイロットはディスパッチャと呼ばれる人と協力して、台風や積乱雲を避けた/燃料効率の良い/飛行時間の比較的短いコースを毎回設定し直します。各飛行機ごとに(数百キロ程度ではあるが)コースは違っているのです。

その上で、飛行コース(便)ごとに標準的なルールは設定されており、離陸後何分である高度に上昇し、何度ぐらいのコースを飛ぶかが決まっています。高度については、同じコースであれば行きと帰りで数千フィートの差を付けて飛びます。 が、通常往復で同じコースを辿ることは、まずありません。今回も、別々の発着地の飛行機でのニアミスです。また、同じ高度にたまたまなっただけで、同じ高度を保って飛んでいたのではないことは、前の方の説明の通りです。

ここまでの話で、AとBについては一応考えられていることが納得できますか?Cは、むしろ危険です。平行して飛ぶことも抜くことも危険なのでしません。

DとEについては、何をか言わん哉! 高速であろうが低速であろうが、管制の方法は同じです。管制する人間(機械)から見れば、何分後にぶつかるかだけが問題となります。速度の問題と管制の問題をもう少し突き詰めて考えてみてください。空間の広さに関する認識も、前の人と同じ意見です。
(超高速の物体と言っているのに、こんなに広い空間としている辺りに矛盾がありませんか?)

もう一言。仕事柄、多くの国の人と英語で話をする機会がありますが、一番聞きづらい英語は、日本人の英語ではなく、中国人の英語です。ドイツ人の英語も聞きづらい方ですね。でも、今回の話は、日本人同士の交信の筈ですが...。

以上。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細説明していただきましてありがとうございました。
先ほどの方にも書いたのですが
何とかみんなが安心できる解決方法を
探していただきたいです。

お礼日時:2001/02/02 14:46

ニュースが全て正しいとは言いませんが、時間軸に合わせて再現した2機と管制塔とのやり取りを見ました。


人為的なミスという感じがものすごくしました。
管制官が便名を間違えて言えば当然パイロット側も自分の機に対する返答ではないと思うでしょうからね。
しかもかなりひどく間違えていましたね、2機とは待ったく別の便名が出てたりして。

昨夜のニュースでやっていたので昨日か今日の新聞には載っていると思います。ご覧になってみたらいかがですか?

同じ番組で航空評論家らしき人(どこかの大学の教授かも)が、緊急時のプライオリティでパイロットの視認が一番優先するって事言ってましたね。次にTCAS、、最後は管制塔からの指示だそうです。
今回の両機長の判断は正しかったのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
人為的ミスだったら怖いですね。

お礼日時:2001/02/02 14:50

大前提として間違っているといっても過言ではない点があります。



自然という物をまったく無視していませんか?
ジェット気流や偏西風など、いつ何時どこを吹いているかなんて
決まっていません。航路設定はその時の気象でする物です。船舶
だって海流に大きく左右されます。人間の思うようになんでも出
来ると錯覚しているように、特に最後の方の文章から読み取れま
す。

あと前提としてもう一つ。横田空域のように日本の空の重要部分
は未だにアメリカ軍に占領されたままです。特に空港の離着陸に
使える空域はアクロバット飛行といえるほど狭いのです。石原東
京都知事が横田について主張しているのは、陸上施設のことだけ
で言っているんじゃないんです。それだったら政治的に無謀な横
田なんて引き合いに出さず、羽田沖を真っ先に口にしたはずです。

ではAについて。
航空管制上、定石はあるはずです。しかし、相手は自然です。
風が人間の都合で吹いてくれたりしません。

Bについて
陸上の道路ではありません。それでは永遠に着陸できません。

Cについて
意味不明です。

Dについて
事実誤認の可能制が強いです。
今回は手動操縦のおかげで衝突が避けられた可能性を指摘する
専門家の意見もあります。

Eについて
それは単に個人の感想ですね?
東京湾の航路管制だって国際VHFでやっています。
超大型貨物線は微速前進時に思いっきりスクリューを逆回転し
たってすぐ止りません。

> 今回少なくとも両機は同一の高度を飛んでいたわけです。

同じ高度になってしまっただけで最初から同じ高度になんかい
ません。

> こんなに広い空間があるのに

これも間違いです。
テレビ朝日によると、当時同一管制空域に10機ほどの航空機が
いたそうです。今回のニアミスの10mは、自動車でいえば5mmく
らいな感覚でいいんじゃないんですか?
参考までに、新幹線の東京-小田原間は当初、上下線合わせて
6編成しか走行することを想定していませんでした。現在はラッ
シュ時間帯には10編成入れているらしいですが、運転手(と司
令)にはかなり恐い列車間隔らしいです。歩いていけばあんな
に長い距離でですからね、広い空域とおっしゃっている根拠が
不明です。

# 航空免許を持っているわけでもないので自信なしにしておきます。

marimo_cx
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よく分かりました。
僕が考えているほど単純なものではなかったのですね。
ただ今回の件がもし人災であるなら徹底的に
解決していただきたいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 14:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車が時速30キロで立っている人に正面衝突した場合、衝撃の強さと起こ

自転車が時速30キロで立っている人に正面衝突した場合、衝撃の強さと起こりうる事故の大きさは
どのくらいのものでしょうか? 自転車は通常のいわゆるママチャリと呼ばれているものですが。
最近の自転車事故急増に恐怖を覚えています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単純に物理学の問題に置き換えて考えてみることにします。

衝突エネルギーVは、質量に速度の二乗に掛けた値になります。
体重50kgの人が自重10kgのママチャリで時速30kmで走っており、その走行エネルギーの80%が衝突エネルギーに変換されたとすると、
V1 = (50+10)×30^2×0.8 = 43,200
となります。

また、同じ50kgの人が時速4kmで歩いている場合の衝突エネルギーは
V2 = 50×4^2 ×0.8 = 640
となります。

V1÷V2=67.5

つまり、時速30キロのママチャリに衝突したときのダメージは、お互い歩いていて出会い頭に衝突した場合より67倍余りダメージが大きいということです。

Q今回の中国漁船衝突事件の映像について

今回の中国漁船衝突事件の映像について
警告射撃を行う事もなく、すごく接近しているように見えますが、
他の事例で、もっと遠方からバリバリ撃ってる例ってありましたよね?
今回はどうして警告射撃を行えなかったのですか?

Aベストアンサー

こんにちは


> 今回はどうして警告射撃を行えなかったのですか?

"行えなかった"のでは無く、"行わなかった"、つまり 武器使用
を行うまでもない、という判断をしたのであろうと思います。

理由は
・該船は(見た目は)一般漁船であった、武装しているようには
見えなかった
・また船員にも武器の使用をするそぶりが見られなかった
・該船に対して、4隻の巡視船で対処していたので、(連携すれば)
武器を使用せずとも停船させることが可能と思われた
などであろうと思われます。

とは言え、2度目の衝突の後、該船を停止させるため"放水"は実施
したようです


> 他の事例で、もっと遠方からバリバリ撃ってる例ってありました
> よね?

1999年の能登半島沖、2001年九州西南海域、の2件の"不審船事案"
の時ですね?

あれはいずれも
・一見漁船のようであったが、細部の様子や行動が、とても漁船とは
思えなかった
・船籍が不明であった
・米軍や韓国から"不審船が日本海に向けて航行している"との事前
情報があった
などから、我が国としては発見当初から該船を"不審船"として扱って
おりました。

従って今回の場合とはだいぶ事情が異なると思います。

こんにちは


> 今回はどうして警告射撃を行えなかったのですか?

"行えなかった"のでは無く、"行わなかった"、つまり 武器使用
を行うまでもない、という判断をしたのであろうと思います。

理由は
・該船は(見た目は)一般漁船であった、武装しているようには
見えなかった
・また船員にも武器の使用をするそぶりが見られなかった
・該船に対して、4隻の巡視船で対処していたので、(連携すれば)
武器を使用せずとも停船させることが可能と思われた
などであろうと思われます。

とは言え、2度目の衝突の後、...続きを読む

Q「時速40km」で事故数を減らせる?

自動車運転免許を取得した学校で、
「時速35kmを越えるあたりから、人間の判断能力は周囲の変化についてゆけなくなる」と聞いたように思います。
もしそれが正しければ、時速50kmの幹線道路はかなり危ない場所ですね。

スローライフという言葉も定着してきたので、
試みに制限時速40kmの車社会について考えてみたいのです。
事故数への影響だけでなく、社会の他の面への波及も含めて
なにか思うところがおありでしたら、ぜひご投稿ください。

Aベストアンサー

NO6です。

>この事例(地域名)を教えていただけませんか?

例えば、私が昔住んでいたこともあるのですが、
大阪 堺市の泉北ニュータウンです。
http://www2.sakai.ed.jp/takeshirodaihigashi-e/newtown.html
自宅から最寄駅までの2-3キロの区間を車と遭遇することなく
歩くことができました。ある一定エリアは完全分離の歩道が続きます。
住宅エリアは入口が一つで、全エリアがそのような作りになっているため、
抜け道代りによそ者が入り込んでくるということがありません。
住宅エリアに入ってくる車は住民だけであって、みな、静かに走っています。
また、ニュータウンから近隣の街までは信号のない二車線道路が
20キロ程度続きます。一般道ですがみな50-80キロ程度で走っています。
こことて完璧とはいえませんが、一つの理想形ではあると思います。

>これは生活道路での自転車の振る舞いについて及んでおられるのでしょうか?

実は自転車に乗っていて車にはねられたことがあります。
時速5キロ程度でよそ見しながらUターンしてきた車でしたが、
ものすごい衝撃で、10年以上たった今でも痛みがぶり返すことはあります。

ときたま耳にするのは歩行者は被害者だから撥ねられたら車側が
すべて弁償してくれる。とまことしやかに信じて疑わない人が意外と
多いことです。確かにある意味では事実ですが、過失相殺というものが
あるということを知らない人が多すぎて怖くなります。
走れない身体、働けない身体になる人もいるというのにです。

私が怖いのは車がよけてくれるものと思いこむ自転車、歩行者です。
狭い道でのすれ違いでも平気で友達同士ふざけたり、立ち話に夢中な人、
平気で飛び出す人が多いということです。これは子供大人関係ありません。
今日も道の真中に飛び出してきて、道の真中で固まったおばさんと
おばあさんに遭遇しました。

現在の住居地が軽同士も対抗できない狭い道が抜け道となっており、
その道を他地域から入り込んだ車が時速40キロ以上の猛スピードで
すっ飛んでくるのですが、(これは対向できるスペースまでダッシュしないと
対向できずに行き詰まるという理由があるからなのですが)
それにもかかわらず上のような状況です。
私は住人なので徐行すべきところは、指示、標識にかからわず徐行します。

といっても法定速度を順守している優良なドライバーというわけではありません。
若いころはバイクで峠道で100キロのスピードで転倒したこともありますし、
今でも長距離移動は140キロくらいで巡航することもあります。

要はメリハリのある運転ができるようにしないと危ない。ということです。
埼玉で40キロくらいで走っていた車が、幼稚園児に突っ込んで死傷させた
という例がありましたが、これも生活道路に都市間移動の車が入り込んで
きたために起こった事故の一例といえるのだと思います。
カセットテープを操作していた運転者が悪いということだけが取り上げられていますが、
状況が違えば車同士の接触事故で済んだはずなのです。極論ですが。

いきなりは無理でも、そのようなコンセプトの道路づくり、街づくりが
長年続けば、理想に少しでも近づくのではないかと思う次第です。

さらに極論をいえば、歩道のないところで歩行者が歩いているところは
車は時速10-20キロで走るくらいがちょうどいい。ということです。

NO6です。

>この事例(地域名)を教えていただけませんか?

例えば、私が昔住んでいたこともあるのですが、
大阪 堺市の泉北ニュータウンです。
http://www2.sakai.ed.jp/takeshirodaihigashi-e/newtown.html
自宅から最寄駅までの2-3キロの区間を車と遭遇することなく
歩くことができました。ある一定エリアは完全分離の歩道が続きます。
住宅エリアは入口が一つで、全エリアがそのような作りになっているため、
抜け道代りによそ者が入り込んでくるということがありません。
住宅エリアに...続きを読む

Q日航123便の飛行経路について

1985年8月12日、群馬県上野村に墜落した123便の飛行経路についての質問です。
当時、私は埼玉県新座市に住んでおり、事故当日の夕刻に上空を低空(とはいっても3000mくらいの高度はあると思いますが)で緩やかに左右に旋回しながら飛ぶジャンボ旅客機を目撃しました。
その飛行機は墜落した123便でしょうか??

普段、新座市上空はかなり高い高度で飛行機が飛んでいるのを見ることはありますが、旅客機の主翼についてる標識灯が見れるほどの高度で飛ぶ飛行機はあの時以来見たことがありません。

事故から20年以上も経ちましたが、ずっと気になっており、犠牲になった方も多いことから誰にも聞けずにおりました。
123便の事故に詳しい方、回答をお待ちしております。

123便は所沢の管制塔(正式名称は知りませんが)に捉えられ、交信していたとのことですので、新座市上空も通過したのではないかと個人的には思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 #1さんご紹介の航跡を見る限り、新座の上空は飛んでいないようです。
ご覧になったのはおそらく、横田基地に着陸するため北側から進入した
AMC チャーター機だと思われます。

 新座市上空は米軍が管轄する横田空域となっており、国内線が通過
するときはある程度の高度を保つ必要があります。これがふだんから
ご覧になっている、高高度で飛ぶ飛行機ですね。翼の標識灯が見える
ほどでしたら、横田基地に進入する途中の可能性が高いです。

 横田基地には生活物資輸送、および軍人とその家族の移動のために
民間機が毎日のように着陸しています。エアフォースワンも羽田では
なく横田に降りることが多いです。成田空港の閉鎖時にはごくマレに、
定期便が降りてくることもあります。

> 123便は所沢の管制塔(正式名称は知りませんが)に捉えられ、交信していた

 所沢には、東京航空交通管制部が置かれています。そのため東京
付近を飛ぶ旅客機はすべて、所沢と交信しているんですよ。なので
この交信と新座市通過とは、とくに関係はありません。

Q高速道路の最低速度 時速50km

高速道路の最低速度である時速50kmをなんとか守っていればパトカーや白バイのお世話になることはないでしょうか。
ちなみに車はヘタレの軽乗用車です。

Aベストアンサー

元トラックダライバーです。
まず質問の回答、追い越し車線は追い越し時以外の侵入は原則禁止ですから50キロで入ったら進路妨害でまず捕まります。
走行車線ではごく稀に安全運転義務違反で捕まるという話は聞いたことありますが、多分嘘です。(言ってたやつが嘘つきでした)
しかし元プロの運転手としては頼むから制限最高速の-10以上で走ってくれ。邪魔だから、、というのが本音です。
因みに知らない人が多いですが、東京の首都高速は制限速度が60キロです。
でも、それ以下で走ると1時間以内に喧嘩になりますから、ご注意を!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報