AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

今中2なのですが、芸高に入学したいです。
参考に今年のピアノ科の課題曲はなんですか?
調べてもわからなくて。。。

あと今、ショパンのエチュード4番を弾いているのですがそれでは
遅いですか? 

A 回答 (4件)

芸高の課題曲は、多くの方が発表される日に毎年遠方から並びます。


また取り寄せることができます。
ですので、ここで公開してしまうのは差し控えたいので簡単に言いますね。
一昨年・・
・バッハ平均律から3曲指定されてその中から1曲選択(プレリュード&フーガ)
・エチュードもクレメンティー(2曲)、モシュコフスキー(1曲)から選択
・メンデルスゾーンの厳格なる変奏曲、またはベートーヴェン32の変奏曲
本年度・・
・バッハは昨年と同じく平均律の中から3曲指定がありそのうち1曲選択
・ベートーベンの指定されたソナタから1曲選択
・ショパンのバラードから1つ選択
その他に2次試験として学力考査(参考程度)、超ソル(それほど難しくない)
楽典(レベルが高い)があります。
また、内申点もある程度は必要ですし欠席が多いのは嫌われるようです。

ショパンのエチュード10-4をあなたがどのような演奏をするのかわかりかねるのでなんとも言えません。先に述べた課題曲を、1月程度で譜読みをし、その後2月で暗譜できる程度の能力が必要です。(テストの直前に、カット部分が発表されます。)そして、課題曲をみてお解かりになると思いますが、難曲を弾きこなせるかどうかという内容をみるのではなく着実にしっかりと勉強してきたかが大切といえます。
また、入試前には芸高の先生に少しは見てもらう方が多いと思います。
以上のことを含め、芸高の受験生を指導した経験のある先生に習われた方がよいでしょう。
    • good
    • 3

追記です。


1日目が課題曲のテストで15名から18名ほどに絞られます。
去年は60名弱の受験生がいました。
そして実技テストに通過した人は、2日間に渡り、楽典・聴音・初見視奏・英国数の学科試験となります。
そして最終的には11名か12名の合格者を掲示発表します。
このように長丁場の真剣勝負なので体力も必要です。
    • good
    • 1

No.1です。

私の弟は付属高校から芸大の学部/大学院で学んだチェリストですが、小学校の低学年から兄の同学年の芸大生に習い、ピアノは妹の先生に習っていました。芸高を受験することにしてからは芸大/芸高の先生にチェロだけは習い始めたと記憶しております。
ピアノは3人でとっ換えひっかえで練習しておりやりくりが大変だったのでは。勿論、専攻楽器以外に聴音、コールユーブンゲンや楽典などなど、、、勿論一般学科も手を抜かないようにしないと。
あなたが現在ピアノを師事している先生にもちゃんと意見を聞く必要がありますね。
    • good
    • 0

芸高ってどこのことを言っているのですか?


東京には東京芸術大學音楽学部の付属高校、と都立芸術高校(来年度名前が変わるかも?)がります。
芸大の付属の募集要項を入手されると課題曲を知ることができると思います。また、HPがある筈です。検索されることをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
東京藝術大学音楽学部の付属高校のほうです。

取り寄せてみることにしました。

お礼日時:2007/11/24 18:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京芸大付属高校(ピアノ)進学について

東京芸大付属高校について(ピアノ)教えてください。
現在小学5年女子の娘ですがピアノの先生に「高校から芸大にはいったら」と
進められてます。芸大の先生にこれから指導していただければ入れるみたいな事を
先生はいいますが、そのようなものなんでしょうか?
お金もかかるし、娘もそこまでは考えていないようです。
芸大付属から大学には内部推薦はないのは本当なのでしょうか?
先生は芸大付属から大学に進学できると考えています。
ピアノ科はどのぐらいの人数をとるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに、芸高は日本トップの音楽高校です。入れれば、必ず最高レベルの指導をして下さるでしょう。しかし、みなさんが思うほど簡単には入れる物ではありません。ピアノ科志望のようですが、ピアノ科が一番難易度が高い。近年は12人ほどがつうかするだけです。志望者は日本全国から来ます。僕もここの試験におちました。(最近です。)

芸高の先生に付ければ入るって訳ではありません。他の学校ならあり得るかもしれませんが、芸高に関してはゼッタイに実力Onlyでみます。実力が足りてなければ、入れません。もちろん、中の先生につければ、芸高の演奏法(その学校によって多少なりとも、好かれる演奏がある)が身につくので、また、芸高の先生はレベルがとても高いので、芸高に入る入らない関係なく付ければ、いい勉強はできます。ただし、○○先生の門下だから~、とかでは入れません。

200人前後うけて12人通るか通らないかぐらいの狭き門です。本気でやる気がなければ、ほぼ無理だと思います。すこし厳しいことかもしれませんが、経験者の意見として言わせて頂きます。

また、芸高は国立なので、お金はほとんどかかりません。

まだ5年生ということなので、まだまだ余裕があります。いまから芸高の先生につけるのならば、早く付いた方がいいと思います。できるだけ技術を能力を感受性を表現力を、豊かに高くしてください!

応援していますよ^^

確かに、芸高は日本トップの音楽高校です。入れれば、必ず最高レベルの指導をして下さるでしょう。しかし、みなさんが思うほど簡単には入れる物ではありません。ピアノ科志望のようですが、ピアノ科が一番難易度が高い。近年は12人ほどがつうかするだけです。志望者は日本全国から来ます。僕もここの試験におちました。(最近です。)

芸高の先生に付ければ入るって訳ではありません。他の学校ならあり得るかもしれませんが、芸高に関してはゼッタイに実力Onlyでみます。実力が足りてなければ、入れません。もちろ...続きを読む

Q首都圏の音大付属高校又は音楽科のレベルについて

中1の娘が音高受験を考えており、現在その方向で準備を進めております。
初歩の頃より国立音大卒の先生に就いてきたので、娘の中では音高=国立という図式が出来ていましたが、中学に入り音楽の先生が東京音大卒という事で他の学校にも目を向けるようになりました。
私自身そちらの情報にはあまり精通していないので、
掲題のとおり首都圏における音高各校(国公立及び私立も含めて)の技術レベルでのランキングがわかりましたら
教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

芸高は、課題にエチュードがたくさん出ます。
エチュードとは音階だとか、バッハだとか練習曲的なものです・・・
エチュード試験を合格すると、表現力も見る第2次へ進めると言う話を聞きました。
(ちょっとあやふやですが、感じだけでも・・・)
印象としては「技術の芸高」という感じです。


桐朋も課題は多いようですが・・・
ベートーヴェンのソナタとショパンのエチュードとか。
私は弦専攻ですが、技術は当時そんなになかったものの、表現力でかろうじて合格しました・・・

都芸は、グループで言えば【個人差】のグループに入ると思います。個人的には都芸より国立の方がいいかなーなんて思いますが。

今お嬢様は中1だそうですね。
学校をみてまわるためにも、そろそろ各学校の冬期講習・夏期講習を受けることをお勧めします。
学校のレベルとお嬢様のレベルの比較もできますし、学校見学、校風を知ることにもつながります。

東京音大の校風については、今知り合いの東京音大生に問い合わせ中(笑)なので、わかり次第書き込みます。

Q東京芸術大学音楽学部附属高校の受験に適している中学校ってありますか?

小学生の娘がいるのですが、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を将来的に受けようと考えています。
そこで悩んでいるのですが、都内にある音楽系の私立中学校に入れたほうがよいのか、公立でもいいのか。私立は経済的にも大変だと思いますが、娘も将来オーケストラに入りたいと言っているので、親としては出来る事はしてやりたいと思います。
芸高に入りやすい中学校があるのであれば教えて下さい。

Aベストアンサー

私は都内の某私立音楽大学の出身者です。自身の経験でなにかアドバイスになればと思い、書いています。

音大や音楽高校などの音楽学校で学ぶというのは必ずしも音楽が好き・楽しいというだけでは難しいところもあります。ましてや楽器を始めたばかりということであれば、まだ小学生ですし芸高に入りやすい学校というよりは、音楽を楽しく続けられる、音楽的にレベルの高い学校を探されるのが良いのではないかと思います。(弦楽器やピアノなどは英才教育のような早期教育も必要かもしれませんが、管楽器などであれば、中・高の部活で楽器に出会い、楽器歴3~6年くらいで音大進学というケースもわりと多いので)

もし芸高進学が本人の強い希望であれば、本格的にプロ奏者や指導者の方に師事し、その先生を通じて中学校を紹介してもらうのも良いかもしれません。レッスンと両立しやすい環境の学校や良い指導者がいる、学校に音楽科や音楽コースがあるなど・・・。あと、早い段階から副科的な科目(ピアノや声楽、ソルフェージュなど)も勉強を始め、受験前は専攻実技に専念できるような環境を整えておく必要もあるかと思います。

学校選びという面では、中学校で音楽に力を入れている学校というと2パターンあると思います。

1つは音大の附属中や中高一貫校で高校に音楽科のある学校の中学校など。
この場合は中学からソルフェージュや楽典の授業やピアノ・声楽などのレッスン等が授業の一環もしくは学校生活の一部として定着しており、卒業生の多くが音高・音大へ進学しているケースが多いと思うので、いろいろな情報も入手しやすいと思います。ただ、このような学校のほとんどは私立です。

もう1つは、クラブ活動として音楽に力を入れている学校です。
例えば吹奏楽コンクールやNHK音楽コンクール全国大会出場など国内外の著名な大会で優秀な成績を残しているクラブを持つ学校など。部活動の中で協調性などを学びつつ、みんなで音楽性を身に着けていくという形になるので、音楽学校への進学となると個人的にレッスンに通ったりして技術を磨いていくことも必要になるかもしれませんが、同じ考えを持って一緒に活動する仲間がいるのは励みにもなると思います。こちらは私立だけでなく、公立の学校もあるのですが、公立学校では地域差や指導者によって差があるので教員(指導者)の異動で左右されることもあるので難しいところです。

これらのことを踏まえて、色々な学校を訪れて校風に触れ、その学生さんたちの演奏を聴いてみるのが一番良いかと思います。

お嬢さんが良い指導者や良い仲間に恵まれ、音楽を楽しく学ばれ、夢を叶えられることを心よりお祈り申し上げます。

私は都内の某私立音楽大学の出身者です。自身の経験でなにかアドバイスになればと思い、書いています。

音大や音楽高校などの音楽学校で学ぶというのは必ずしも音楽が好き・楽しいというだけでは難しいところもあります。ましてや楽器を始めたばかりということであれば、まだ小学生ですし芸高に入りやすい学校というよりは、音楽を楽しく続けられる、音楽的にレベルの高い学校を探されるのが良いのではないかと思います。(弦楽器やピアノなどは英才教育のような早期教育も必要かもしれませんが、管楽器などで...続きを読む

Q音大教授レベルのピアノ1レッスン料の相場は?

今、高2の姪が音大を受けたいといってるようで、今習ってるピアノの個人の先生に言ったところ、受けたい大学の先生に個人的にもレッスン受けてると、色々違うんだというようなことを言われたようで、親のほうもそれならと思ってるようですが、レッスン料は個人の先生も分からないとの事。

音大レベルによっても色々でしょうが、それぞれご存知の範囲での相場を教えて下さい。あまり、直接先生には聞かないのが、なんか慣習のような…?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音大を受ける場合は、大学の教授に習うのと、そうでないのとでは、本人の気持ちの問題や、実力が大きく変わってくると思うので、ぜひ、教授のレッスンを受けてみて下さい。

レッスン料は先生によって様々です。
わたしは最初、ピアノはわりと有名な先生だったので1時間半くらいのワンレッスンで2万5000円でした。

でも次に就いたピアノの先生のレッスン料は、1時間1万円で見てくれました。でも1時間ではレッスンはもちろん終わらないので、2時間みてもらって、2万円をお渡ししていました。

最後についた先生は、わりと有名な先生だったのですが、レッスン料は1時間8000円で見れくれて、2時間で16000円でした。

ちなみに、ソルフェージュのレッスンになると、だいたいワンレッスン12000円が相場だと思います。

このようにして先生によって様々ですが、ピアノのレッスンの場合は、2万円が普通のような気がします。
その覚悟でいれば大丈夫だと思いますよ☆

わたしは受験のとき、2週間に1回のペースで大学の教授についていたので、レッスン代だけでけっこうかかって大変でした。しかも、ソルフェージュも大学のソルフェージュの先生に個人レッスンでついていたので、しかもこれは1週間に1度のペースで通っていたので、けっこうな額を親に負担させてしまいましたね。

わたしは楽理科だったので、楽理の先生のレッスンも受けていて、だいたい、1年間で全てのレッスン料を計算すると150万くらいにはなっていたと思います。

でも家はお金持ちではなく普通のサラリーマンの家庭で、それでもなんとかなって、音大にも受かって卒業して、今はさらに上に進んでいるので、お金がどうこうよりも、本人のやる気と意志を支え応援してあげることが大切なことですよね。

そうすると子供は親にとても感謝し、いつの日か、立派な親孝行をするようになると思いますよ☆

音大を受ける場合は、大学の教授に習うのと、そうでないのとでは、本人の気持ちの問題や、実力が大きく変わってくると思うので、ぜひ、教授のレッスンを受けてみて下さい。

レッスン料は先生によって様々です。
わたしは最初、ピアノはわりと有名な先生だったので1時間半くらいのワンレッスンで2万5000円でした。

でも次に就いたピアノの先生のレッスン料は、1時間1万円で見てくれました。でも1時間ではレッスンはもちろん終わらないので、2時間みてもらって、2万円をお渡ししていました。

最後についた...続きを読む

Q東京藝術大学付属音楽高校って・・・

子供が、音楽高校への受験を希望しています。ピアノ専攻です。
本人の第一志望は東京藝術大学付属音楽高校ですが、1学年に1クラスしかない様なので、かなりレベルが高くないと無理でしょうか。
自宅からかなり遠いので、近場で音高を探すと、私立で2校ほどありますが、まだ中1なので目標は高くてもいいのかなとも思いますが、実際に東京藝術大学付属音楽高校へいっている方、詳しいかたのご意見を伺いたく思います。
○○コンクール優勝とか、入選とかの肩書きがたくさんないと厳しいでしょうか?

Aベストアンサー

芸大の知人から聞いた話です。私は私立の音大に勤務しています。

付属の音高は、大学の芸大にはいるより難しいとのことです。と言うのも定員が少ないために、どうしても競争率が上がって、結果的に高いレベルが要求されるようです。

ただ、コンクールの入賞歴はあまり関係ないのではないでしょうか。音大でも、受験時の実技結果を何よりも重要視します。あとは、音楽以外のほかの教科もまんべんなく勉強している方が好ましいと思います。

Q芸高受験について

芸高受験について

現在、小学校高学年の子どもを持つ母です。
子どもの進路でご意見を伺いたくお願いいたします。
子どもはピアノ歴7年目になります。
何よりもピアノが大好きで、将来音楽の道を志す事を意識し始めています。

師事している先生は芸大卒の現役ピアニストです。

当初は中学受験をして6年間一貫校で過ごしてから音大受験をと考えていましたが、
最近になって受験を辞めて高校から音楽の道へ進みたい。と言っております。
先生からは、音楽的にはとても良いものを持っているので、伸ばしてあげたい。
芸高受験を決めたならすぐに知らせて下さい。と言われました。

芸高や芸大に行けるだけの力があるのならチャレンジさせてやりたいとは
思うのですが、まだコンクールに参加した回数も少なく、本選入賞はしていますが
そのようなお子さんはたくさんいる中、これからどれだけ伸び代があるかも未知数なので、
少し躊躇しています。

今まで、何人かの先生にレッスンをしていただきましたが、みなさんこどもには
良い物があると言って下さいます。
ただ、素人の私にはそれがどういうものなのかが分からないのです。

先生方の言葉を信じて、もう一段上の本格的なレッスンを受けて、こどもの好きな道へ進ませて
あげるのが良いのか、もう少し様子を見てから決めた方がよいのか踏ん切りがつきません。

音楽高校や大学へ進学を決めたみなさんは、どの時点で先生からどういうアプローチがあってから
決断したのか、ご意見をお願いいたします。

芸高受験について

現在、小学校高学年の子どもを持つ母です。
子どもの進路でご意見を伺いたくお願いいたします。
子どもはピアノ歴7年目になります。
何よりもピアノが大好きで、将来音楽の道を志す事を意識し始めています。

師事している先生は芸大卒の現役ピアニストです。

当初は中学受験をして6年間一貫校で過ごしてから音大受験をと考えていましたが、
最近になって受験を辞めて高校から音楽の道へ進みたい。と言っております。
先生からは、音楽的にはとても良いものを持っているので、伸ばしてあげたい...続きを読む

Aベストアンサー

私は音大付属音楽教室→音高→音大→大学院と進み、現在講師をしております。
自分の経験から思うことは、親の熱意と先生との出会いが一番重要なのでは?と思います。
もちろん、私にはそれがあったから今があるのですが。
私は、音楽教室時代(小学生)から将来は音高、音大に行くものだと思い込んでました。
ちなみに私の家族は音楽一家ではありませんが、先生と音楽教室の周りの友達に、親も私も触発されたのです(笑)みんな本気なので。

素質があると言われているのならば、早めに大学の先生にみてもらったほうがいいです!!
これは絶対に。
この世界は横のつながりが大きいので、教授や偉い先生の門下生になったほうが後々強いです。
なので、先生との出会いが重要なのです。
音大は芸大ばかりではありませんが、芸大の先生につくと、芸大へ・・・という雰囲気になるでしょう。


やるだけやったら、自分の実力がどの程度なのかが見えてきます。その時に将来を考えれば良いと思います。

本格的なレッスンは本当にお金がかかり大変です。
私も親には相当投資をさせてしまい申し訳ない気持ちもあります。ですが、今は感謝の気持ちの方が大きいです。

親御さんも覚悟の上、お早めに本格的なレッスンを開始して下さい。

私は音大付属音楽教室→音高→音大→大学院と進み、現在講師をしております。
自分の経験から思うことは、親の熱意と先生との出会いが一番重要なのでは?と思います。
もちろん、私にはそれがあったから今があるのですが。
私は、音楽教室時代(小学生)から将来は音高、音大に行くものだと思い込んでました。
ちなみに私の家族は音楽一家ではありませんが、先生と音楽教室の周りの友達に、親も私も触発されたのです(笑)みんな本気なので。

素質があると言われているのならば、早めに大学の先生にみてもらったほうが...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む

Q国立音楽大学付属高校の進学費用は?

小学生の娘がヤマハの個人レッスンに通っています。
先日、担任のピアノ講師から、
国立音楽大学付属高校への進学を考えてみませんか
とお話がありました。

私はピアノに関して全くの素人なもので、
少しずつ調べ始めているところなのですが、
まず学費について払える範囲なのか心配になってきました(一般のサラリーマン家庭です)。

高校進学後の学費については調べてみましたが、
入るまでの費用(夏期講習やレッスン料など)、
入ってからの納入金以外の費用は
どのくらいかかるものなのでしょうか?

曖昧な質問で申し訳ありませんが、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちはー。お金のことは、学費なんかはちょちょいとお調べになったら
具体的な数字はわかると思いますが、娘さん自身が音大まで行って、音楽を
やっていきたいってのがないと、やめておいたほうがいいです。
音大にいった、そういう社会性のない芸術の世界に身を置いてたという経験
だけしか残らないと思うので。。。

私の意見としては、音大付属なんかはいかないほうがいいということ。
音楽ばかりで音楽ずけで余計なことしなくっていいのは恵まれるけど、
他の柔軟性とかそれしかできない子になりますからねえ。お金にも余裕がないと、
いろんな経費、投資金は死ぬほどかかります。特に付属から入るおうちの子は
もちろん先生や本人の意志であったりもするけど、お金持ちがほとんどです。
サラリーマン家庭といっても、お父さんが一流企業とかの子だし。
手取り20万とか、そんな家庭の子はまずいません。でも奨学金をもらって
将来性のあるわりと貧乏な家の子も先生のバックアップでいたりします。

付属から入っても、音楽で仕事をしていける子なんてのは、学年に数人です。
みんな消えていくもんです。それに、付属から上にあがっても、外部生の方が
闘志を燃やして入ってくるので、負けます。だから、やる気がなくなって、
まったく練習せず、学校にも単位とるだけくるとかで、腑抜けになってますね。

ピアノだったら、これからもっと練習量も増えると思うし、防音室、
グランドピアノ、今の段階でありますかー?

少しでも可能性があったら、師事してる先生は勧めますが、その後音大まで
終了した後のことに責任を持ってくれないので(当然)、腑抜けになって、
音大まで行ったのに辞める子やぷらぷらしちやう子はいっぱいいます。

国立はどうですかー?といわれたら、これから今の先生からの紹介があったり
もするかもしれないし講習会に参加したり、付属受験をして、受かったとして
入ったら、そのお礼金なんかもいりますね。今勧められてるってことは、
今の先生と、紹介していただいたら、ダブルでレッスン通ったりになると、
お金はもっとかかります。紹介していただく先生と娘さんの相性がよければ
いいですが、そのほかに先生の地位や名誉など、力がどれだけあって名声など
あるのかも重要かな。

No.2さんが書かれてますが、ピアノ科の教授でも、しょっちゅう室内楽や
定期的にソロリサイタルをされるような先生は、その門下生がチケットを
さばいたりする役目を担うので、チケットをさばけるだけの器量とかも
ないと、自腹になります。よく、何万単位で泣きそうになってた先輩後輩、
同期生をみてきたので、・・・(-_-;)

国立だけを考えるんじゃなくって、学費も考慮する点ですがなんていうか、
音大に進まれる意志があるんだったら、師事したい先生の元で研鑚していく
ってのが一番だと思います。でもまあ、東京芸大、桐朋、あとは国立、東京
音大・・・・・・・・武蔵野、洗足、昭和・・・になりますねー。

付属なんかを目指して音大コースになると、嫌でもコンクールなどは
受けさせられると思います。そういった、コンクール参加費用もかかるし、
ほんと死ぬほどかかります。娘さんが行きたいと申されてから、親として
できる範囲を考えていけばと思います。うちはお金がこれだけしか出せない
というのは、初めからいっておいたほうがいいし、そうすれば、奨学金を
取るぞ!ぐらいの意気込みで娘さんがピアノと向き合ってやっていかれると
思うんで・・・。。。お金がなくてもやりたいんだっていう闘志があったら、
首席で入れますよ。奨学金つけば、学費全額、または半分で卒業できます。
なんで、そういう娘さんをその気にさせて力をつけさせていくのも、親御さん
のバックアップの仕方かなー。

こんにちはー。お金のことは、学費なんかはちょちょいとお調べになったら
具体的な数字はわかると思いますが、娘さん自身が音大まで行って、音楽を
やっていきたいってのがないと、やめておいたほうがいいです。
音大にいった、そういう社会性のない芸術の世界に身を置いてたという経験
だけしか残らないと思うので。。。

私の意見としては、音大付属なんかはいかないほうがいいということ。
音楽ばかりで音楽ずけで余計なことしなくっていいのは恵まれるけど、
他の柔軟性とかそれしかできない子になり...続きを読む

Qベートーヴェン ピアノソナタ 難易度

こんばんは!

ベートーヴェンのピアノソナタの全曲の難易度を知りたいです。

詳しく言いますと、難易度順に並びかえて頂きたいのです。

自分でどの曲から初めて良いのかわからないので、参考にさせてもらいたくて書き込みました。

楽章ごとに難易度が大きく違う曲もありますが、一番難しい楽章を基準にして教えて頂きたいです。

わかる範囲で良いので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

32曲すべてをランク付けなど到底無理だし、何をもって「難しい」とするのかは人それぞれでしょう。
ピアノを教えている人間として、「生徒にどんな順番で経験させたいか」という個人的な意見でとっかかりの数曲を挙げますね。

まずは19番と20番ですがこれはソナチネに分類されるものだし、ソナチネアルバムで経験済みな人が多いと思うので除外してもいいでしょう。

分厚いソナタ全集の第1巻を手に入れた時の感動、まだ覚えていますよ。

オレはまず5番から経験してもらいたい。テクニックも内容もベートーヴェンの世界への入口にふさわしいソナタだと思います。
その次からは生徒に合わせて色々だけど、1番、4番、7番、8番(悲愴)、9番、10番、14番(月光)あたりから選ぶね。
これらを経験した頃には第2巻を買ってもらいたい。

大切なのは、常に、少なくともハイドンとモーツァルトのソナタを間に挟みながら勉強を続けること。できればクレメンティなども「易しい」と思わずに弾いてみること。

ソナタという形式の中での勉強と、古典⇒ロマン という流れの中での勉強を同時にやっていくのはとてもためになると思う。

バッハの作品群が旧約聖書なら、ベートーヴェンのソナタ集をはじめ古典派のソナタは新約聖書。聖書が何度も何度も繰り返し読むことによって身に付くのと同様、「出来上がり」なんて思わずに繰り返し経験することはとても、とても、大切なことです。

32曲すべてをランク付けなど到底無理だし、何をもって「難しい」とするのかは人それぞれでしょう。
ピアノを教えている人間として、「生徒にどんな順番で経験させたいか」という個人的な意見でとっかかりの数曲を挙げますね。

まずは19番と20番ですがこれはソナチネに分類されるものだし、ソナチネアルバムで経験済みな人が多いと思うので除外してもいいでしょう。

分厚いソナタ全集の第1巻を手に入れた時の感動、まだ覚えていますよ。

オレはまず5番から経験してもらいたい。テクニックも内容もベートーヴェ...続きを読む

Q平均律クラヴィア曲集 第1集 演奏の難易度

上記曲集で J.S.Bach 自身が子息の練習用に
示した難易度順のランク付け を載せたサイト
を以前見かけたのですが 今見つかりません。
ご教示願えませんでしょうか。
FAQで恐れ入ります。

第1番のプレリュードは易しくて、第1番の
フーガに進んだところ、3声で私にはむずかし
過ぎますが、発表会ではできた所までを演奏
します。

懲りました。この「音楽の旧約聖書」につき
バッハが指示した練習の順位づけをご存知の
方はお教えください。

個人のサイトでの難易度順は検索済みです。
それは主観的ですので、Bach 自身の順位
づけをお願いします!

Aベストアンサー

記憶違いではないかと思います。バッハ自身が難易度順に配列したといわれているのは、2声のインヴェンションで、これは、息子、ヴィルヘルム・フリーデマンのためのクラヴィア小曲集の中での配列が根拠になっています。同曲集には、平均律クラヴィア曲集の断片も収録されてはいますが、第1巻の最初の方のプレリュード数曲のみです。フーガはまだ書かれておらず、配列もハ長調から半音ずつ上がっています。3声のシンフォニアは全曲収録されていますが、配列は、必ずしも難易度順とは思えない個所もあります。
長年音楽を職業にしてきましたが、バッハ自身による平均律クラヴィア曲集の難易度順というのは聞いたことがありません。平均律クラヴィア曲集の原典版楽譜の解説にもそのような話は記載されていませんし、同曲集の詳細な楽曲分析と演奏法解説で知られている市田儀一郎の著書にも出ていません。念のため、ドイツ語のサイトも検索してみましたが、そのような情報はありません。
第1巻第1番のフーガは3声ではなく4声で、技術的にも最初に弾くべき曲ではありません。ただ、平均律はどれもプレリュードとフーガの組み合わせで、技術的な難易度がそろっているわけではないので、プレリュードが易しくフーガが難しい曲もあれば、その逆もあります。プレリュードとフーガを組み合わせて弾く限り、全曲を番号別に難易度の分類をするのは簡単ではありません。大雑把な考え方として、フーガの声部が少ない方が易しく、シャープ、フラットなどの調号が少ない方が易しいということは多少ありますが、3声のフーガが4声のフーガより難しい場合もありますし、調号が少なくても非常に難しいものもあります。
基本的には、学習者の技術上の得手不得手や手の大きさなどを考慮して、教師が選曲すべきですが、参考になるものに、ハンガリーの作曲家で、優れたピアニスト、また教育者でもあったベラ・バルトークが難易度順に編集した版があります。これは、第1巻、第2巻の両方、全48曲を難易度順に並び替えたもので、順番も妥当なものだと思います。第1巻しか持っていない場合は、第2巻の曲を飛ばしていくしかありませんが、最終的に両方の巻を習得したいのであれば、第2巻も混ぜた方が少しずつ難易度を上げていくことができます。ほかに参考にできるのは、原典版を出版しているヘンレ社のホームページに出ている難易度の分類です。こちらの方は、バルトークのように具体的な順序を提案してはいませんが、その代わり、プレリュードとフーガも別々に難易度の分類をしていますので、別の意味で参考になるでしょう。ちなみに、第1巻第1番のハ長調は、バルトークの版では22番目になっており、ヘンレ社の分類では、プレリュードは「やさしい(等級2)」、フーガは「中くらい(等級6)」となっています。

バルトーク校訂版の配列
http://expiano.org/piano/bach/news/2010/08/bartok_wtc.html

ヘンレ社の難易度分類
http://www.henle.de/jp/detail/index.html?Title=The+Well-Tempered+Clavier+Part+I+BWV+846-869_1014

インターネット上の日本語の書き込みは、ほとんどがアマチュアやマニアによるものなので、参考にはなりません。
一つだけ私見を付け加えると、バルトーク校訂版の最初の曲が第2巻の第15番ト長調になっているのは、必ずしもすべての人に納得のいくものではないと思います。2曲目からの順番は大方妥当だと思います。

記憶違いではないかと思います。バッハ自身が難易度順に配列したといわれているのは、2声のインヴェンションで、これは、息子、ヴィルヘルム・フリーデマンのためのクラヴィア小曲集の中での配列が根拠になっています。同曲集には、平均律クラヴィア曲集の断片も収録されてはいますが、第1巻の最初の方のプレリュード数曲のみです。フーガはまだ書かれておらず、配列もハ長調から半音ずつ上がっています。3声のシンフォニアは全曲収録されていますが、配列は、必ずしも難易度順とは思えない個所もあります。
長年...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング