浮気相手のヤンが銃殺される直前に、ハートのD(クイーン)のカードを見せて笑った理由がわかりません。
見せたのは、側で撮影していたカメラに向けてなのか、オスカルに見せていたのかも謎です。

カードでタワーを作り上げた後、爆風で崩れたタワーの中から1枚拾ってニヤリと笑っていたように思えます。
その直後、建物から連れ出される時の大笑いは死期を悟ったからだと思うのですが…。

現時点で、自分の中では、
・ゲーム中に友人?が亡くなり「アグネス!アグネス!」叫んでいた時点で、既に彼の精神の限界が来ていた。
・クイーン=女王なので、彼の中の女性=アグネス(主人公オスカルの母)に見立てて拾った。
・見せたのは誰にでもなく、「アグネスは離さない」という彼の自己満足。
というなんだか腑に落ちない解釈をしています。

もっと、ストレートな解釈があるのでしょうか。
どなたか、個人的な意見でも、回答を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大昔、封切時に映画館で見ました。


全てが象徴的なシーンの連続で、ずいぶんと難解な、且つ衝撃的な映画だったと記憶します・・。

ヤンの最後ははっきりと覚えています。
カメラ目線でニヤリと笑いながらクィーンのカードをこちらに見せる。
脳裏に焼きついてますね。
当時私が思った解釈は、candystoreさんとほぼ同じでした。
ヤンは狂ったように母親を愛している。
肉体的に、まるで虜になっているように。
銃殺シーンのカードは、誰に・・と言うより見ているこちら側に見せ付けていたように思いました。
クィーンはもちろん愛する女の象徴で、どんな状況でも彼の心にあるのはアグネスであり、愛の狂気の表現なのかな、と思いました。
今、死が迫っているのに、彼にとっては亡きアグネスの元へ行く幸福でしかない、と言う狂気をカードと笑みで表現した。
また、クィーンである事で、彼が下僕のような、つまり虜になっていた事の強調。
大人を憎むオスカルですが、様々な大人の醜さ愚かさが描かれています。
ヤンと言う人間の、男の一つの愚かさの表現なのかな、とも思いました。

果たしてどうだったっけ・・・、と思い当時購入したパンフレットを見てみました。
難しい映画なので、全体的な解釈は評論家によって書かれているのですが、
このシーンの解釈は書かれていませんでした。残念です。
ですので、全くの個人的な解釈しか書けませんでした。
あまりお役に立てなくて、すみません。
懐かしい映画なので、思わず投稿してしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>クィーンである事で、彼が下僕のような、つまり虜になっていた事の強調
>ヤンと言う人間の、男の一つの愚かさの表現

映画全体が、大人の醜さ愚かさを描いている事は感じ取れましたが、そこまで踏み込めていませんでした!
鋭い見解でとても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/25 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブリキの太鼓にこんなシーンありましたっけ?

「ブリキの太鼓」はずーっと前にビデオで見たことがあるのですが、キンキキッズが出ているチョコレートのCMの一個前のパターンのを見る度にこんなシーンがあったような記憶がするけど、気のせい?と思ってました。
女性一人に男性二人という組み合わせで、一人の男性がその恋人らしき女性と隣に座って幸せそうな顔をしているのですが、その様子を後ろから映すと、男性の隣のもう一人の男性が女性と背中側で手をつないでいるというシーンです。
絶対以前に見た欧州系の暗め(?)で戦争が背景にあるような映画だったと思うのですが、ご存知の方は教えて下さい。
ブリキの太鼓にこんなシーンは無いとか、別のタイトルの映画であったとか情報が欲しいです。
よくあるパターンかもしれませんが…。

Aベストアンサー

ありました。
キンキキッズのCMは知らないんですが。

主人公の成長をやめた少年の生母に恋人が二人いました。一人が太ったパン屋(生母と結婚する婚約していたかも?)。で、もう一人がハンサムな新聞記者(主人公を守るためか?で死ぬ)でした。

この3人が連れ立って出かけるシーン(まだこのとき主人公は生まれていない)で母親はパン屋とべったり抱き合って歩きながら、パン屋の背中を超えて新聞記者と手をつないでいました。

男女の並び方は自信がないですが、このシーンはよく憶えています。

Q浮気相手がトンデモナイ相手

以下の内容の映画があるようなのですが、
ご存知の方いますか?

恋人の浮気相手の正体を知って驚愕する主人公、
その理由を確かめようと、
その相手と恋人との3人で(?)同棲を始める。
しかし、どうしても主人公は浮気相手を理解出来ない…。

その浮気相手というのが本当に想像を絶していて
それを知らないで見たほうが衝撃的かと思うので、
ここを見る他の方々の為にハッキリとは言わないでおきます。
知っている方はこの文章を読めばきっと判って下さると思います。
私は知ってしまいましたが、まぁ知らなければ
見ようという気持ちにもならなかったでしょう。
ハッキリ言って、凄く見たいです!

Aベストアンサー

「マックス、モン・アムール」でしょうか?
相手はチンパンジー。

Q「ブリキの太鼓」を観た方へ

今日、ブリキの太鼓をあらためて見ました。
主人公オスカルの母親と男性二人(マツェラートとヤン)の関係が不思議だったのですが、男性二人はお互いが同じ女性を愛しているのを認め合っていて、三人で恋人という状態が公認だったのでしょうか?ヤンとオスカルの母親は、かくれてホテルで会ってたけど、あきらかに他の人にもばれるような、いちゃつきをマツェラートやほかの人の前でしているし、しょっちゅう抱きしめたりピアノの前でもべったりくっついて見つめあって歌ったり。
 ヤンはいとこで、だから結婚できないのかお国柄で様々なのかはわからないのですが、母親はヤンさんを最初から好きなのに、なんでマツェラート(お料理上手なドイツ人男性)と一緒に暮らしているのか等、
ちょっとそれてるかもしれませんが気になっています。
 それともマツェラート(お料理上手なドイツ人男性)は知っていて気づいていて気付かないふりをしていたのでしょうか?
暗い日曜日 という映画でも女性1人と男性2人のカップルではなくトリオで愛し合っていましたが、その映画では認め合っていました。
なので当時のヨーロッパでは三人で愛し合うのも、割とあったことなのか?等とすごく気になっています。本を読めばわかるのでしょうが、
読み切る自信もなく、すごく気になっているので見解を教えてください。

今日、ブリキの太鼓をあらためて見ました。
主人公オスカルの母親と男性二人(マツェラートとヤン)の関係が不思議だったのですが、男性二人はお互いが同じ女性を愛しているのを認め合っていて、三人で恋人という状態が公認だったのでしょうか?ヤンとオスカルの母親は、かくれてホテルで会ってたけど、あきらかに他の人にもばれるような、いちゃつきをマツェラートやほかの人の前でしているし、しょっちゅう抱きしめたりピアノの前でもべったりくっついて見つめあって歌ったり。
 ヤンはいとこで、だから結婚で...続きを読む

Aベストアンサー

「ブリキの太鼓」は10年以上前に
みた限りですので、細かいストーリーは
忘れてしまいましたが、 

 「ブリキの太鼓」やヨーロッパ云々ではなく
古今東西 どこの国でも、ありうる出来事ですね。
日本の青春ドラマでも よくみかけると思いますが。

 一般論として
「 女性は男性に比して 本音と建前の使い分けがうまい 」
それだけだと思いますよ。年齢を重ねれば重ねるほど。
本音としてはA君 だけどB君と付き合うとメリットも
あるから、同時に付き合っちゃえと。
「 女性は男性に比して 経済的、精神的不安定さをおそれる 」
→「 終局的には 一人になることを おそれる」
傾向もあり、建前として キープ君 を残して置きたい
願望もあるわけです。
 極端なケースでは、メリットの多いキープB君と結婚しつつも
本音はA君の事がまだ好きで、B君との夜の生活に集中
できない 等々。

 そのあたりの女性の感情の動きが知りたい場合は
あれこれ考えずに、下記の作品をどうぞ。
【激動ヨーロッパ戦線 ~ファシズム、ムッソリーニの野望~
(2002)】前編&後編
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=326923
 
表向きは 女性1人と男性2人 でも、女性の本音は
ほぼ内的に一人の男の方に確立されているんですね。
気づかないのは鈍感な男だけです。あるいは気づいたとしても
(哀しみを感じつつも)その女を愛するがゆえに、その女を
あきらめる事がなかなかできんわけです。

ただ、「ブリキの太鼓」のケースでは若干ニュアンスが
違うと思いますね。
本音がヤンにあるのか、マツェラートにあるのか、
本人にも分からなく(→分からないというか
単なる肉欲のためだけかも)、ある意味「娼婦的感覚」で
二人に接しているのでしょう。ですから、お国柄という
レベルではなく、単に、オスカルの母親が貞節性が
ないだけで娼婦的要素が強いだけだと思います。
更に突っ込んで言えば、女Aが男Bといちゃついている
ところを男Cに見せ付ける事で男Cの嫉妬心を故意にあおり、
更には、同様に女Aが男Cといちゃついているところを
男Bに見せ付ける事で男Bの嫉妬心を故意にあおり、
その嫉妬心を故意に燃え上がらせて、夜の肉欲の
自己の性的オルガシズムに役立たせているわけです。
固く考えるほどの事でもないとおもいますか^^;
ただ、ヨーロッパ(特にイタリア、フランス)の方が日本よりも
精神的&性的 開放的民族性がありますので、トライアル状態
をオープンにしやすいでしょう。でも文明国は
基本的に一夫一婦制的思考で、
ヨーロッパ(特にイタリア、フランス)といえども、
貞節な女性が多数を占めると思いますよ。

ただ、細かいストーリーは忘れてしまったので
断言はできませんが^^;

「ブリキの太鼓」は10年以上前に
みた限りですので、細かいストーリーは
忘れてしまいましたが、 

 「ブリキの太鼓」やヨーロッパ云々ではなく
古今東西 どこの国でも、ありうる出来事ですね。
日本の青春ドラマでも よくみかけると思いますが。

 一般論として
「 女性は男性に比して 本音と建前の使い分けがうまい 」
それだけだと思いますよ。年齢を重ねれば重ねるほど。
本音としてはA君 だけどB君と付き合うとメリットも
あるから、同時に付き合っちゃえと。
「 女性は男性に比...続きを読む

Q映画ブレイブハート 処刑シーンでの幼子の意味

メルギブソン主演の映画「ブレイブハート」で、ウォレス(メルギブソン)が処刑台にあがったシーンで質問です。

見物人の中にいる一人の幼子と目が合ったウォレスは、死刑執行人の言葉をよそに、しばらく見つめあいますよね。
首になわをかけられるウォレスを見て、幼子は少し微笑みます。
ウォレスはちょっと首をかしげるようなそぶりで見つめかえします。

このシーンの意味がわかりかねるので教えてください。

初見では、幼子までがウォレスの処刑にワクテカしててこわ~と思いましたが、何度も見るうちに、そうではないようにも思えます。

見るたびにこのシーンでひっかかるので、お分かりになる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブレイブハートは私も好きな作品です。
あくまで私なりの当時の公開処刑の研究と、独断での解釈になりますが…
あの子供は、善と悪の世界に入る前の、純粋さの象徴ではないかと思っています。ウォレスは必死で戦ってきて、敗北した。そして公開処刑の中でも最高に過酷である刑に処された。
当時の公開処刑の中でも、首吊り3回から始まり、腸を抜き、斬首となるのは一番過酷な部類です。さすがに回数が少ないので、見物人は多かったようですが。
そんな刑の執行中、善悪の彼岸にいる純粋たるものが微笑みかけた。ウォレスの中にあった、俺はこれでよいのか、よかったのか、という自分への疑問への答えのように、幼子は微笑みます。そしてウォレスは最愛の恋人の幻影を群衆の中に見つけます。これでよかったんだ、俺はやれるだけやった、と、幼子の微笑みと、恋人の幻影のおかげでウォレスは満足して斬首されるわけです。
私の解釈はこんな感じです。
もしかしたらもっと単純に、処刑の恐ろしさを知らない幼子の純粋さと、恐ろしいものを見せてしまっているウォレスの戸惑いだけかもしれませんけどね。

Q「ブリキの太鼓」を観た方に質問です(トランプカードの意味)

浮気相手のヤンが銃殺される直前に、ハートのD(クイーン)のカードを見せて笑った理由がわかりません。
見せたのは、側で撮影していたカメラに向けてなのか、オスカルに見せていたのかも謎です。

カードでタワーを作り上げた後、爆風で崩れたタワーの中から1枚拾ってニヤリと笑っていたように思えます。
その直後、建物から連れ出される時の大笑いは死期を悟ったからだと思うのですが…。

現時点で、自分の中では、
・ゲーム中に友人?が亡くなり「アグネス!アグネス!」叫んでいた時点で、既に彼の精神の限界が来ていた。
・クイーン=女王なので、彼の中の女性=アグネス(主人公オスカルの母)に見立てて拾った。
・見せたのは誰にでもなく、「アグネスは離さない」という彼の自己満足。
というなんだか腑に落ちない解釈をしています。

もっと、ストレートな解釈があるのでしょうか。
どなたか、個人的な意見でも、回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大昔、封切時に映画館で見ました。
全てが象徴的なシーンの連続で、ずいぶんと難解な、且つ衝撃的な映画だったと記憶します・・。

ヤンの最後ははっきりと覚えています。
カメラ目線でニヤリと笑いながらクィーンのカードをこちらに見せる。
脳裏に焼きついてますね。
当時私が思った解釈は、candystoreさんとほぼ同じでした。
ヤンは狂ったように母親を愛している。
肉体的に、まるで虜になっているように。
銃殺シーンのカードは、誰に・・と言うより見ているこちら側に見せ付けていたように思いました。
クィーンはもちろん愛する女の象徴で、どんな状況でも彼の心にあるのはアグネスであり、愛の狂気の表現なのかな、と思いました。
今、死が迫っているのに、彼にとっては亡きアグネスの元へ行く幸福でしかない、と言う狂気をカードと笑みで表現した。
また、クィーンである事で、彼が下僕のような、つまり虜になっていた事の強調。
大人を憎むオスカルですが、様々な大人の醜さ愚かさが描かれています。
ヤンと言う人間の、男の一つの愚かさの表現なのかな、とも思いました。

果たしてどうだったっけ・・・、と思い当時購入したパンフレットを見てみました。
難しい映画なので、全体的な解釈は評論家によって書かれているのですが、
このシーンの解釈は書かれていませんでした。残念です。
ですので、全くの個人的な解釈しか書けませんでした。
あまりお役に立てなくて、すみません。
懐かしい映画なので、思わず投稿してしまいました。

大昔、封切時に映画館で見ました。
全てが象徴的なシーンの連続で、ずいぶんと難解な、且つ衝撃的な映画だったと記憶します・・。

ヤンの最後ははっきりと覚えています。
カメラ目線でニヤリと笑いながらクィーンのカードをこちらに見せる。
脳裏に焼きついてますね。
当時私が思った解釈は、candystoreさんとほぼ同じでした。
ヤンは狂ったように母親を愛している。
肉体的に、まるで虜になっているように。
銃殺シーンのカードは、誰に・・と言うより見ているこちら側に見せ付けていたように思いまし...続きを読む

Q映画のラストは結局、夫と愛人は銃殺される…題名は?

映画の題名をおたずねします

あらすじしか覚えていません。

夫は、妻を殺そうとしたが、妻はボートで嵐の海へ…どこかへ逃げる…
夫は妻はそのまま海で死んだと思っている

途中は覚えていませんが、

逃げた妻は誰かに助けられ
別人として、修道女として修道院に身を隠している

妻は自分を殺そうとした夫と愛人に復讐してやろうと
自分は死んだことにしてある

よく覚えていないけど、
別人に成りすました妻の協力者のさしがねだったかもしれないが、
妻の不在に警察が疑問を持つようになり
夫と愛人は容疑者となり、留置所へとらわれる

裁判になり、無実を主張していた二人が、
弁護士にうまく誘導尋問され、「殺そうとしたことはした」と打ち明ける

実は、弁護士は、殺されそうだった妻の協力者の手先の弁護士で
「素直に、殺そうとしたことはした、と言えば、無罪になる」と言う

実際に裁判で、法廷で夫はそう言う…

そして夫と愛人は
死刑を言い渡され、銃殺される…
という結末です

最後に、修道女として別人になって生きている、夫に殺されかけた妻が、
復讐をやり遂げて、笑っている
というシーンで終わりです

どなたか、題名をご存知の方、教えてください

よろしくお願いします

映画の題名をおたずねします

あらすじしか覚えていません。

夫は、妻を殺そうとしたが、妻はボートで嵐の海へ…どこかへ逃げる…
夫は妻はそのまま海で死んだと思っている

途中は覚えていませんが、

逃げた妻は誰かに助けられ
別人として、修道女として修道院に身を隠している

妻は自分を殺そうとした夫と愛人に復讐してやろうと
自分は死んだことにしてある

よく覚えていないけど、
別人に成りすました妻の協力者のさしがねだったかもしれないが、
妻の不在に警察が疑問を持つようになり
...続きを読む

Aベストアンサー

【真夜中の向こう側】でしょう。
先日、有線テレビで見ました。
最後の結末がよかったですね。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8621/comment.html

Qキネマ旬報社のマンガ夜話について

キネマ旬報社の「マンガ夜話」シリーズ(その名の通りNHK-BS2の「BSマンガ夜話」を本にしたもの)のvol.12以降って刊行されているのでしょうか?
vol.11までは何冊か持っているのですが・・・

Aベストアンサー

Vol.11までしか出ていないようですね。下記URLをご参照ください。

参考URL:http://www.kinejun.com/syuppan/mangayo/index.html

Qインサイドマン観たのですがサッパリ意味がわかりません

登場人物とその目的、達成したことを教えて下さい。
あと、意味ありげなあの穴はどんな意味があったのでしょうか?
あと、この映画の最大のみどころというか、ドンデン返しは何だったのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的なことを言いますが、この映画はほとんどの事について説明がありません。
犯人たちの動機、目的、犯人グループは何人だったのか、などなど……。
すべて、お客さんの解釈に任せる、ということです。

>登場人物とその目的、達成したことを教えて下さい。

目的は、お金ではなくて、宝石と危ないことが書いてある資料。
それを盗みました。犯人たちが何故、あの銀行にそういう宝石や資料が隠されていた
事を知っているのかは説明されていませんが、多分、映画冒頭で「引越しをしたい」
と言っていたおじいちゃんから聞いた、という設定ではないでしょうか?
最後の犯人グループの車にそのおじいちゃんは乗っていたので、間違いなくグルです。

>あと、意味ありげなあの穴はどんな意味があったのでしょうか?

あれはトイレですよ。犯人が言っていましたよね?主犯があの部屋に隠し部屋を作って
一週間隠れていた。その間のトイレです。

>あと、この映画の最大のみどころというか、ドンデン返しは何だったのでしょうか?

銀行強盗が、銀行の中に隠し部屋を作って、ずっと銀行の中に居た。
映画冒頭から、犯人が狭いところに居るシーンが何回か入れられていたのが、その伏線。

http://okwave.jp/qa2414322.html

http://okwave.jp/qa2264165.html

http://okwave.jp/qa2190657.html

最後にもう一度言いますが、基本的にこの映画は「意味不明」です。
謎だらけで終わります。見終わった後に、一緒に見た人とあーだこーだ言い合うための映画です。
なので、スッキリ終わる映画を好む人には、ものすごく嫌われています。

基本的なことを言いますが、この映画はほとんどの事について説明がありません。
犯人たちの動機、目的、犯人グループは何人だったのか、などなど……。
すべて、お客さんの解釈に任せる、ということです。

>登場人物とその目的、達成したことを教えて下さい。

目的は、お金ではなくて、宝石と危ないことが書いてある資料。
それを盗みました。犯人たちが何故、あの銀行にそういう宝石や資料が隠されていた
事を知っているのかは説明されていませんが、多分、映画冒頭で「引越しをしたい」
と言っていた...続きを読む

Qキネマ旬報ペスト・テン

2000年以降のキネマ旬報ペスト・テンの作品が知りたいのですが、掲載しているページをご存じでいたら教えて下さい。
1位はwikipediaなどで、すぐにわかるのですが、10位くらいまでみれるサイトを探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www1.harenet.ne.jp/~sato2000/movie/cinema/cinemabest.html
上記サイトに第1回から全部あります。

Q昔観た映画をもう一度観たい・・

うろ覚えなのですが映画の場面を上げて行きます。
 
・怪物が出る(地中を這う巨大ミミズみたいな化け物
・屋根から飛び降りバギーを発進させ怪物の注意を引く。
・怪物の退治方法はダイナマイトやコンクリートにぶつかる様追い込む
・ダイナマイトを怪物向けて投げたが投げ返されてこちらの予備のダイ ナマイトの束の上に転がり爆発。

多少違うところもあるかもしれませんが
上記の内容でわかる方居ましたら回答お願いしますm(_ _)m。

Aベストアンサー

『トレマーズ』('90・米)ではないでしょうか、↓ご確認下さい。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD6416/

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D112011031.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報