中小企業の働き方改革をサポート>>

質問させてください。
先日、UK版の「Harry Potter」を購入しようと、第1巻の大人版と子供版のペーパーバックを手に取ったのですが、
大人版の方が細長く、文字が大きいことに気が付きました。(その分、厚くなっていますが)

これは、第2巻以降のペーパーバックにも言えることなのでしょうか?
合わせて、ハードカバーの大人版・子供版もそうなっていますか?

私は、子供版の表紙の方がかわいくて欲しいなと思っていたのですが、
中身の文字が大きい大人版のほうが読みやすくてこちらのほうがいいかな、と購入を迷っています。
ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ハリーポッターペーパーバック第二巻の本の


寸法とページ数は下記のとおりです。

通常版
# ペーパーバック: 256ページ
# 商品の寸法: 19.4 x 12.8 x 1.8 cm

大人版
# ペーパーバック: 368ページ
# 商品の寸法: 18.2 x 11 x 2.4 cm

ページ数から推測するに、大人版の方が文字が大きいようです
(現物を比較していないので、あくまでも推測です)

ハードカバー

通常版
# ハードカバー: 256ページ
# 商品の寸法: 20.5 x 13.6 x 2.9 cm

大人版
# ハードカバー: 256ページ
# 商品の寸法: 19.8 x 13.6 x 2.8 cm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハリーポッター読めるのは、TOEIC何点くらいから?

 友人から、TOEICで何点くらいとれたらハリーポッターが読めるだろうか質問されたのですが、よくわかりません。なんだか、本を楽しむこととそういう試験で点数の取れることは、基本的に無関係というような気もいたします。

 友人の中には英検1級は合格していなくても、論文や小説を楽しそうに読んでるやつもいますし、1級合格していてもニューヨークタイムズの記事ひとつを辞書を引きながら3時間くらいかけないと読めないやつもいます。TOIECは英検とは違って、英語力ともっと相関関係があるのでしょうか?

 その友人は、ハリーポッターを読めるようになりたいけれども、あまりに基礎力がないので、まずTOEICの勉強をして点数がとれるようになってからにしようかと考えているのだといいます。それとは別に、TOIECは、とりあえず600点取っておきたいそうです。2年前に400点取って、それから文法を中心に1日2時間くらい勉強しているとのことです。

 本は本、試験は試験で別に考えた方がいいのでは、と一応答えたのですが、どうでしょうか? 経験のある方のご意見が聞ければうれしいです。

 友人から、TOEICで何点くらいとれたらハリーポッターが読めるだろうか質問されたのですが、よくわかりません。なんだか、本を楽しむこととそういう試験で点数の取れることは、基本的に無関係というような気もいたします。

 友人の中には英検1級は合格していなくても、論文や小説を楽しそうに読んでるやつもいますし、1級合格していてもニューヨークタイムズの記事ひとつを辞書を引きながら3時間くらいかけないと読めないやつもいます。TOIECは英検とは違って、英語力ともっと相関関係があるのでし...続きを読む

Aベストアンサー

「読める」というのが、どの程度読めるかという問題があります。一般的な読書では、知らない言葉がいくつかあっても、だいたいの筋が追えれば楽しめます。ハリー・ポッターを楽しんでいる英語ネイティブの子ども達も、完璧に理解しているとは限りません。

それから、ハリー・ポッターは最初の3冊は比較的読みやすいのですが、4巻からは、けっこう読みにくく、大人の大衆小説レベルの難易度だと思います。

私は、TOEIC600台でハリー・ポッターを3巻までは読み、それなりに楽しめました。何年か前に日本語訳を読んだことがあり、話の大筋は覚えていました。ときどき辞書を引いて知らない単語を確認するけれども、だいたいはわからないところはわからないまま気にせず読み進め、理解度は5割くらい、読む速さは辞書を引く時間は抜かして100語/分くらいかと思います。

TOEIC700台になってから読んだときには、8割程度は理解して、細かいところでわからない部分はあるものの、楽しく読めました。4巻以降も、理解度6、7割で話の筋は追えました。800台になってからは、細かい部分はわからないところはありましたが、だいたい問題なく筋を追うことができ、日本語訳を読んだことがない6巻、7巻も読みました。あとで日本語訳を読み直してみたところ、細かい描写は理解していない部分もありましたが、ポイントはほとんどはずさずに読めていました。

私は、日本語でも本を読むのが好きで、英語でも若い頃からかなり読んでいるほうだと思います。TOEIC600台の頃で200万語程度、700台で500万語くらいは読んでいたでしょうか。

私よりもTOEICスコアが高いのに、私よりもやさしい本を「読めない」という人はいます。TOEIC800台でも、ハリー・ポッターはとても読めないという人は、これまでの日本的な学習をしてきた人には、多そうですね。

多読学習などをきちんとしていれば、英語力があがればTOEICのスコアは自然に上がります。文法問題の見分け方など、テクニックに走って点を稼いだ人は、TOEICのスコアがとれても、読むのは苦手かもしれません。また、TOEIC600といっても、リスニング400でリーディング200なんて人もいるので、そういう人は読むのは苦手でしょうね。

TOEICはリスニングとリーディングの速さと理解度を測る試験です。一般的にそこそこコミュニケーションがまともにとれる人であればTOEIC600以上は取れるはずなので、スコアを目安に学習するのは悪いことではないと思います。

ただ、TOEICは文法知識の正確さを判定する試験ではありませんから、文法学習ばかりやっても、スコアはあまりあがりません。それよりも、音読やシャドーイングで英語に対する反応力を鍛えたり、多読で英語を理解する力を高めたりするほうが、スコアアップにもつながります。現在、ハリー・ポッターよりもはるかにやさしい本を大量に読み進む多読学習が流行っていますが、それでTOEICのスコアアップにつながったという人は、多いようです。

「読める」というのが、どの程度読めるかという問題があります。一般的な読書では、知らない言葉がいくつかあっても、だいたいの筋が追えれば楽しめます。ハリー・ポッターを楽しんでいる英語ネイティブの子ども達も、完璧に理解しているとは限りません。

それから、ハリー・ポッターは最初の3冊は比較的読みやすいのですが、4巻からは、けっこう読みにくく、大人の大衆小説レベルの難易度だと思います。

私は、TOEIC600台でハリー・ポッターを3巻までは読み、それなりに楽しめました。何年か前に日本語訳を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報