あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

女性のスカートの中を盗撮すると犯罪になるのは分かりますが、女性の後姿とか、顔とかを盗撮しても犯罪になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

撮影する場所によります。


一般公道や、公園など公共の場所においては、肖像権を放棄する場所と考えられており、撮影するだけなら問題はありません。

しかし、撮影した写真を更に展覧会などに出品するような場合は、本人の承諾が必要になる場合があります。

また、被写体が私有地にいる場合は、公共の場所から撮影してもプラバシー侵害に当たる可能性があるので承諾が必要です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

家の中にいるのを撮るのはマズいですよね。

出品などもしません。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/28 19:18

質問者さまが、どんな目的で撮影をしようとしているか、その映像を一般に公開するかどうかは、わかりませんが…。


刑事手続にかかわってですが「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌・姿態を撮影されない自由を有する」とした最高裁判決(最判昭和44.12.24判例時報577号18、京都府学連事件上告審判決)もあります。

ちなみに、ファッションを研究する財団法人が、無断で撮影された写真をインターネット上のサイトで掲載したということで、撮影された女性が、当該の財団法人に損害賠償を求めた訴訟で、賠償が命じられたという報道があるようです。
裁判所は「無断掲載は肖像権の侵害」としたようで、「ファッションを紹介する公益性は認められるが、本人が特定できる全身写真を掲載する必要はない」というのがその理由のようです(賠償認容額:35万円、参考URL)。

「犯罪」ということではないにしろ、やっぱり、やめたほうがよさそうですよ。

参考URL:http://taf5686.269g.net/article/908879.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

皆様の意見を頂戴して、撮影場所・被写体の撮られ方・本人の判別可能不可能・その使用方法・撮影の目的などいろいろな制約があって犯罪か犯罪でないかが議論されるのだと気付きました。

質問文を簡素に書きすぎたようです。

要するに、街中で好みの女の子を小型ピンホールカメラで盗撮して(もちろんスカートの中は撮りません)自宅のパソコンで見て楽しむのは犯罪か否かを聞きたかったです。(犯罪になりそうならやりません)

>裁判所は「無断掲載は肖像権の侵害」としたようで

上記の計画では肖像権を侵害してますよね。。掲載したり投稿したりはしませんが。
やっぱやめといたほうがよさそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/28 19:32

普通の街角スナップなら、事前に同意を取るのが原則です。


仮に事前同意がなくても、撮った後で事後承諾が得られれば
また、その人を特定・判別できないような画像であれば
結果的にはOKかもしれません。

しかし、「盗撮」という言葉を使われていることを思えば
相手に同意はなしで、しかも撮影している姿を
写される側の相手に分からないようにして
”盗み撮り”したということになりますよね。

いくらスカートの中身でなくとも、撮られている側にとっては
それが分かったときには気分悪いでしょうね。
何らかの法に引っかかる可能性は高いですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>また、その人を特定・判別できないような画像であれば
結果的にはOKかもしれません。

撮る時はその人を特定・判別できないように撮ります。(まだ撮ると決めたわけではありませんが。)

ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/28 19:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ハメ撮り」や「流出」で生じる法律上の責任

近年、カメラ付き携帯電話などが普及して、いわゆる「ハメ撮り」(=裸体や性行為の撮影)がたくさん行われるようになりました。
しかし、その手軽さゆえに、裸の写真がネット流出するという事件も起きているようです。

そこでそれに関連した質問なのですが、ハメ撮りをきっかけにして男女間でトラブルになった場合、次のケースでは法律上の責任がどうなっているでしょうか?
刑事と民事にわけて教えてください。

一応、事件の被害者は女性ということにしておきます。
以前からまじめに気になっていることなので、法律にくわしい方々に訊ねてみたいです!


【ケース1】合意のうえでハメ撮りをしたが、のちに関係が破局したため、女は写真を廃棄するように求めている。しかし、男はそれに応じようとしない。

【ケース2】合意のうえでハメ撮りをしたが、後になって女が何も知らないうちに、写真は第三者に公開されてしまっていた。(たとえば、男がうっかり過ってその写真を知り合いに見せてしまったり、パソコンのウィルス感染でインターネットに流出させてしまった)

【ケース3】男女は性行為だけを合意のうえでやったけれども、その際、男がこっそりと隠し撮りしていた。(夫婦・カップル間で盗撮が行われた)

近年、カメラ付き携帯電話などが普及して、いわゆる「ハメ撮り」(=裸体や性行為の撮影)がたくさん行われるようになりました。
しかし、その手軽さゆえに、裸の写真がネット流出するという事件も起きているようです。

そこでそれに関連した質問なのですが、ハメ撮りをきっかけにして男女間でトラブルになった場合、次のケースでは法律上の責任がどうなっているでしょうか?
刑事と民事にわけて教えてください。

一応、事件の被害者は女性ということにしておきます。
以前からまじめに気になっていることなので...続きを読む

Aベストアンサー

ケース1
写真や動画などは個人の思い出の範囲内であるため、
合意のうえで撮影した以上は破棄を強制することは出来ない。


ケース2
合意のうえの撮影であっても、
裸の写真や画像などは社会通念上プライバシーとして守られるので
流出させた場合は民事的な責任が生じる。

友達に見せた程度なら流出とは言えず私的利用の範囲なので責任は無い。


ケース3
性行為の隠し撮りは当事者間であっても迷惑防止条例違反。刑事責任が生じる。

Q盗撮とかよく聞きますがどこからが盗撮になるの?

ある法律番組で会社の上司が女子社員のうなじを隠れて撮ってたというので、弁護士の意見は「盗撮にならない」という意見でした。理由は「普段から隠す所ではなく、不特定多数の人も見える部分なので盗撮にならない」との意見でした。

では、女性の顔や足、腕なんか撮っても盗撮にはならないのですか?
内緒で撮ってるという事で盗撮と言われるかもしれませんが、普通に見えてる所は撮っても罪にならないのですか?

よく、夏のビーチで盗撮魔がでると聞きますが、同じみんなに見られるのでも、水着は罪になるのですか?

普段隠れてる部分を覗きこんで撮るのは盗撮になるのはわかりますが、普段から見えてるところはどうなんですか?

ちなみに盗撮と聞くと男が女を撮るというイメージですが、女性が男性の下着を撮るのも盗撮になるのでしょうか?

Aベストアンサー

●#4・5です。

>>では、被写体に「撮影」を認識させず、しゆう恥もさせず不安も覚えさせない撮影行為は、条例違反にならず、処罰できないのでしょうか?
>>それとも「させるような」は「させる可能性があるような」と読むべきで、実際に「しゆう恥させ、不安を覚えさせる」必要はないのでしょうか?
(#6さん)

●まず、被写体に「撮影」を認識させず、しゆう恥もさせず不安も覚えさせない撮影行為は、条例違反にならず、処罰できないのでしょうか。
これについては、迷惑防止条例(東京都の例)の第5条「人を著しくしゆう恥させ、又は人に不安を覚えさせる」にいう「人」が、いかなる人をさすのかが判らないため、以下これを検討します。

この点、「人」とは盗撮被害者のみを指すと考えることもできます。
たしかに、通常、最もしゆう恥し不安を覚えるのは盗撮被害者本人です。

しかし、迷惑防止条例の趣旨は、法益保護(被害発生防止)のみならず、社会秩序維持にもあると思われます。
そして、社会秩序を維持するためには、被害者本人のみならず、広く社会一般に対してもしゆう恥や不安を生じさせないようにしなくてはなりません。
さらには、5条が「何人も、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において著しくしゆう恥させ、又は不安を覚えさせるような卑わいな言動をしてはならない。」と規定していないことでも、同条の趣旨が広く社会一般に対してしゆう恥や不安を生じさせないようにするものである根拠になると思います。

したがって、5条に言う「人」とは、その他第三者も含むものと考えられます。
以上から、被写体が撮影を認識していない撮影行為であっても、第三者に対してしゆう恥や不安を生じさせる行為であれば処罰可能であると考えられます。

●では、「させるような」を「させる可能性があるような」と読むことは可能なのでしょうか。

この点、同条の趣旨を結果無価値論的に考え、法益侵害(しゆう恥や不安)が現実に生じない限り処罰できないと考えることも出来そうです。

しかし、行為の違法性を考えるにあたっては、結果無価値(法益侵害)の要素のみならず行為無価値(社会秩序維持)の要素も取り入れなくては、現代社会では適切な違法性の判断が出来ないと思われます。
また、盗撮行為については、実行行為が行われた瞬間に盗撮被害者が「撮影」を認識することは出来ません。にもかかわらず、被害者が現実にしゆう恥や不安を覚えていないことを理由に処罰できないのであれば、8条2項の処罰規定が無意味になってしまいます。
さらには、5条にて「何人も、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動により人を著しくしゆう恥させ、又は人に不安を覚えさせてはならない。」と規定していないことも、同条の趣旨が法益侵害のみならず社会秩序維持にもあることの根拠になると思います。

以上から、処罰をするための条件として、盗撮被害者が実際にしゆう恥や不安を覚える必要はないと考えます。
ただし、実際に盗撮被害者がしゆう恥や不安を覚えていない盗撮行為を処罰するには、もし盗撮被害者が撮影行為を認識した場合であれば、それにしゆう恥や不安を覚えなくてはならないと考えます。

●なお、私は法律家ではありませんし、この分野に詳しいわけでもありません。
これらの解釈は、警察実務や判例学説とは異なるかもしれません。
あらかじめご承知おきください。

●#4・5です。

>>では、被写体に「撮影」を認識させず、しゆう恥もさせず不安も覚えさせない撮影行為は、条例違反にならず、処罰できないのでしょうか?
>>それとも「させるような」は「させる可能性があるような」と読むべきで、実際に「しゆう恥させ、不安を覚えさせる」必要はないのでしょうか?
(#6さん)

●まず、被写体に「撮影」を認識させず、しゆう恥もさせず不安も覚えさせない撮影行為は、条例違反にならず、処罰できないのでしょうか。
これについては、迷惑防止条例(東京都の例)の第...続きを読む

Qスカートの中を撮ったら盗撮、では顔を撮ったら盗撮ですか?

ちょっと前にも似たような質問をしたことがありますが、
まだまだ納得いかなくて質問をさせてもらいます。

前に、電車内で私の顔写真を撮られました。
証拠はなくとも、電車内にはほとんど人がおらず、
私と犯人3名、そして他の乗客が数人だけでした。
なので、カメラの向きとか犯人と目が合ったことを考えて
あきらかに私が撮られたことに違いありません。(ケータイ音もしました。)

もし、実際に100%撮っていたとしたら、これは盗撮ですよね?
女性のスカートの中を撮ったり、プールで水着姿の女性を隠れて撮ったりしたら警察に連れて行かれますよね。
それと同じで赤の他人の顔写真を無断でコソコソ撮っていたらお巡りさんに連れて行かれるのが普通ですよね?

前に質問をさせてもらったときは、
盗撮罪なんてないから連れて行かれることはまずない。とか
顔写真は盗撮として問題にはならない。といったことを言われました。
じゃぁ電車内でもどこでも勝手に人の顔をパシャパシャ撮っても問題ないということなんでしょうか?
あきらかにおかしくないですか?

Aベストアンサー

肖像権の侵害になります。慰謝料が発生すると思います。

Q電車内で、許可なく撮影するのは違法ですか?

お恥ずかしい話ですが、微音カメラアプリの存在を知り、電車内で可愛い子がいたので、撮影しました。隣の人から咎められ、
駅員→警察→身上書の作成に至りました。

この場合、書類送検等の罰則は課せられるのでしょうか?撮影した写真は警察官の立会いの元、全て削除しており、警察官からは、まぁ書類送検とか迄は至らないでしょうと言われています。

被写体は、完全着衣・起きてスマホを操作しており、全身撮影で、胸や露出部分(脚など)を重点的に撮影した訳ではありません。

当方、精神障害で通院中で、尚且つかなりの飲酒状態であった事を追記させて頂きます。

Aベストアンサー

>この場合、書類送検等の罰則は課せられるのでしょうか?

警察官に「まぁ書類送検とか迄は至らないでしょう」と
言われたんでしょ?

 警察官の言葉よりココの回答者の回答を
選択するの?

>全身撮影で、胸や露出部分(脚など)を重点的に撮影した訳ではありません。

 だから何?
服を着ていて、全身撮影なら問題ないと?

>精神障害で通院中で、尚且つかなりの飲酒状態であった事

 だから、その程度の撮影は
大目に見ろ!とでも?

 アナタの論理だと
精神障害で通院中で飲酒をしたら
どんな、犯罪を起こしても「書類送検」される
事ではないという事?

 質問文を読む限り
反省しているとは思えない
 個人的には、「書類送検」して欲しい案件ですね

 そもそも、「微音カメラアプリ」を
使って撮影している時点で後ろめたさがあったんでしょ?

 堂々と「撮影させて」ぐらい言えないかね?

Q電車内での写真撮影は罪になるのでしょうか?

先日、電車内でスマホで写真を撮ったところ女性がうつりました。もちろん下着は写ってません。これはマナーが悪かったと思っていますが、罪になるのでしょうか?

Aベストアンサー

該当するとすれば肖像権の侵害でしょう。
ただし、日本には刑事罰を定める法律がありません。しかし、今までの判例があり法律同様の効果を持っています。
日本での、いわゆる「肖像権は」昭和33年の最高裁判決が始まりです。「何人も承諾無しで、その容貌・姿態を撮影されない自由がある」というのが骨格です。その後、高裁判決などで、「その写真の公表されない権利も含む」と明示されました。

要するに、(1)無許可の撮影、(2)撮影結果の無許可での公表、が侵害となりました。撮影拒絶権と利用拒絶権の二つですね。歴史的には警察がデモ隊を撮影したことがきっかけです。

無許可撮影が侵害にならない例外として、本人の同意があること、公共の利害に関する場合、公益、公表目的が妥当なこと、などがあります。報道が一つの例です(一般人の行為ではありません)。

誤解があるようですが、一般の目に触れている状態と、撮影して記録することとはまったく別です。

「隠し撮り」やその公表は明らかに侵害です。

電車のような、拘束された空間では、本人の非同意(拒絶)が可能とは言えないので、少なくとも同意とはなりません。たとえば、顔を隠すとか避けるという非同意の意思表示が困難ですし、隠し撮りと同様の撮影と見なされるでしょう。
刑法に定めているということではないので、その場で逮捕ということにはならないのですが、告訴は可能なので、痴漢同様に駅員に通知されれば、少なくとも迷惑行為と見なされるでしょう。電車内乗客の全員が見逃せば、その場では何も起きないでしょうが、公表(アップロード)等すると告訴対象です。

繰り返しですが、何かに利用しなくとも無許可撮影、まして狭い空間内での撮影は、権利侵害ですし、無許可での公表も同じです。警察や、報道でも厳密な規制がされています。

該当するとすれば肖像権の侵害でしょう。
ただし、日本には刑事罰を定める法律がありません。しかし、今までの判例があり法律同様の効果を持っています。
日本での、いわゆる「肖像権は」昭和33年の最高裁判決が始まりです。「何人も承諾無しで、その容貌・姿態を撮影されない自由がある」というのが骨格です。その後、高裁判決などで、「その写真の公表されない権利も含む」と明示されました。

要するに、(1)無許可の撮影、(2)撮影結果の無許可での公表、が侵害となりました。撮影拒絶権と利用拒絶権の二つです...続きを読む

Q相手の承諾のない録音等について

相手方の違法性等の証拠書類として、相手方の了解なし(知らない)で、録音ないし録画を行うことは、何か法律に引っかかるものはあるのでしょうか。電話での盗聴などと混同しているのかもしれませんが、確認の意味でお教えください。

Aベストアンサー

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しました。

これらの判例を鑑みると、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限ったうえ、通信の秘密の侵害などの反社会的手段でなければ、証拠能力があります。

これらの判例を熟知した悪者は、裁判官に、録音前に「芝居をするよう求められた」とか、録音後に「これまでの話しはなかったことにします」という話しがありましたと、陳述するかもしれませんね。
もしかして、録音前後の遣取りをでっち上げられて、録音の証拠能力が失う可能性も少なくないかも......。

http://www1.odn.ne.jp/tops/01/0102.htm#061
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kaiwarokuonnsaikousaihannketu.htm
http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/tokusimanijikai.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/furansu.htm

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しま...続きを読む

Q施設無断で写真撮影

企業の社屋や施設を、部外者が公道から無断で写真撮影することは、何も問題ないのでしょうか?

実例として。。。
勤務先の社屋を部外者が、無断で写真撮影をする、雰囲気からして記念撮影や好意的な感じではない、撮影意図は不明、注意をしても「公道から撮っている、何が悪いんだ、シンデレラ城を撮ったて怒られないだろ。。」と言い返される。

本当に問題じゃないのでしょうか?⇒なぜ?

Aベストアンサー

基本的に問題はないです。

建物デザインには著作権・知的財産権(意匠権)の範疇になりますが。
著作権には著作物を複製する権利が含まれています。
そして、著作物を撮影することも複製にあたると解されております。
なので、建物を撮影することも著作権侵害に該当すると思いますが、
著作権法は、建物(建築物)については建築(実際に同じデザインの建物を建てること)により複製した場合に著作権侵害になるとされています。
ですので、著作権法上は、建物を撮影しても侵害したことになりません。

知的財産基本法には定義として、
「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(以下省略) とされています。

その中で意匠については意匠権があり、この意匠権では建物は除外されています。

たまに、建物の肖像権というい方をする人がいますが、肖像権は人格権に由来する権利なので、人間(自然人)以外の肖像権は存在しません。

著作権の例外規定は、公衆の目に触れさせること(常態で公衆の目に触れるものを)によって得られる利益を特定の人が独占してはならないという公益を阻害しないためのもののようです。

ただし、建物に看板やすぐに建物名や社名が分かるようなシンボルマークなどが写っていて、その映像(胴が静止画含む)を公表することで写った看板やマークなどの所有者の事業に害を及ぼすような場合はこの限りではないです。
ただ、これは著作権等とは違います。
意図的に看板などを写し、映像のタイトルを不特定多数が不快に感じるようなものにしたり、
意図的ではなくとも、その映像を公開することで、何かしらの損害が出る場合には、
不法行為にあたります。

写真を取るのは問題ないのですが、使用目的によっては写真を撮らないでほしいとはいえると思います。

基本的に問題はないです。

建物デザインには著作権・知的財産権(意匠権)の範疇になりますが。
著作権には著作物を複製する権利が含まれています。
そして、著作物を撮影することも複製にあたると解されております。
なので、建物を撮影することも著作権侵害に該当すると思いますが、
著作権法は、建物(建築物)については建築(実際に同じデザインの建物を建てること)により複製した場合に著作権侵害になるとされています。
ですので、著作権法上は、建物を撮影しても侵害したことになりません。

知的財産基...続きを読む

Q勝手に家を撮影されて困っています。

どなたか、教えて頂けませんでしょうか。
先日、在宅の日に家の外から「カシャッ!カシャッ!」と写メールの様な音がするので、何か?と思い、2階から外を見ると、丁度また写したすぐ後らしい構えで携帯の画面を確認している男がいましたので「すいません、何してるのですか!」と聞いても、画面を見たふりなのか、2階からはうつむいて顔が見えないので、下に急いで降りてゆくと、その途中でも門の辺りから「カシャッ!」と音が聞こえましたので最後に表札か住居表示を撮ったのだと思います。
私が玄関を出ると、走り去ってうしろ姿が見えましたが、今のご時勢危険なので追いかけませんでした。
そこで、勝手に人の家の写真や表札住居表示などを撮影してゆくのは、法的に問題ないのでしょうか?
また、それを利用したり、写真を第三者に渡したり、所在地などを教えたりするなどは何か問題ないのでしょうか?

誰かに恨みを買うような事は覚えありません。
確かに玄関のデザインはもしかしたら普通よりはよいかも知れませんが、気味が悪いので、防犯カメラの設置も考えていますし、それにその人が写っていたらその時何か対策を取ろうと考えています。
どなたか教えて頂きたいと、お願い申し上げます。

どなたか、教えて頂けませんでしょうか。
先日、在宅の日に家の外から「カシャッ!カシャッ!」と写メールの様な音がするので、何か?と思い、2階から外を見ると、丁度また写したすぐ後らしい構えで携帯の画面を確認している男がいましたので「すいません、何してるのですか!」と聞いても、画面を見たふりなのか、2階からはうつむいて顔が見えないので、下に急いで降りてゆくと、その途中でも門の辺りから「カシャッ!」と音が聞こえましたので最後に表札か住居表示を撮ったのだと思います。
私が玄関を出る...続きを読む

Aベストアンサー

社団法人日本写真家協会・写真家のための著作権Q&A→http://www.jps.gr.jp/kenri/q&a.htm
によれば外観を撮影する分には違法性はないようです。
また表札も「外部」に出しているものですからこれを撮影されても違法性を問うことは難しいでしょう。
これらの写真をなにがしかの誹謗中傷とともに掲載されれば名誉毀損などが問えるかもしれませんが......。

◎ 玄関のデザインはもしかしたら普通よりはよいかも
ということから撮られてのではないか、そして「どこで撮ったかの記録」として住居表示を撮影.....したのかもしれません。
昨今の犯罪状況を考えれば用心に越したことはありませんが、過剰反応しすぎてもトラブルの元のような気がします。
むずかしいところですね。
少なくとも同じ人物がもう一度同じことをすれば問題視すべきかと。

Qビデオ撮影と肖像権について

先日、街角で町並みをビデオカメラで撮影していたところ、やめさせれられました。
理由は、映っている人の肖像権を侵害するからだ、とのこと。
警察の方に質問したところ、最近はうるさいからやめた方がいい、とのことでした。

しかし、その人を映すのが目的ではなく、偶然入ってしまう、またその可能性がある、というだけで撮影を禁止されてしまうものなんでしょうか?

また、それに関連して質問ですが、そうすると、観光地や運動会などでビデオや写真撮影をしているのはごく当たり前ですが、肖像権を舘にやめさせることも可能なのでしょうか?

また、テレビなどの、たとえば台風などが近づいてくると、町の映像を流しますが、その際放送されてしまったという事で、テレビ局に対し損害賠償請求などをすることも可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

肖像権という権利は最高裁判所も正面からそう呼んではいませんが、憲法13条から導き出す新しい人権の一つで、「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌姿態を撮影されない自由を有する」(京都府学連事件/S.44.12.24)としています。
憲法は国民が国家権力に歯止めをかける法律ですから、国民対国民の争いでは適用されず、国民(私人)対私人の争いは民法が適用されます。
そこで、民法に憲法の精神を反映させて、違法な権利(人権含む)侵害があった場合は損害賠償請等の私法上の救済をうけることができるとする憲法の間接適用説が通説・判例です。
したがって、肖像権についても、人が自己の肖像をみだりに他人に撮影されたり使用されたりしない権利として私法上保護に値する利益なのです。

質問者さんの場合、撮影された人からやめさせられたのでしょうか?いやだといわれても撮影するのは違法でしょう。あくまで「みだりに」なので。
観光地においてもおなじことが言えるでしょう。運動会などは、お互いがあらかじめ撮られることを認めているともいえなくはありません。承諾が推定できそうです。
私人が私人に対して「禁止」という不作為を要求できる場合は、主に契約内容やルールになっている場合であって、それ以外でいきなり撮影が禁止されるということはないでしょう。これはあくまでも法律上ですがね…。

肖像権という権利は最高裁判所も正面からそう呼んではいませんが、憲法13条から導き出す新しい人権の一つで、「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌姿態を撮影されない自由を有する」(京都府学連事件/S.44.12.24)としています。
憲法は国民が国家権力に歯止めをかける法律ですから、国民対国民の争いでは適用されず、国民(私人)対私人の争いは民法が適用されます。
そこで、民法に憲法の精神を反映させて、違法な権利(人権含む)侵害があった場合は損害賠償請等の...続きを読む

Qスーパー(店内)で写真(デジカメ)を撮ること。

皆さまこんにちは!いつもお世話になっております、チビオニと申します。

最近デジカメを買ったので、うかれて色んなところを撮りまくってたんですが、
今日スーパーで、商品棚を撮っていたら、店員さんに、
「撮影行為は禁止です」
と言われてしまいました。
そう言えば、スーパーとか店内で写真撮る人ってあんまりいないよな・・と思いました。
実際「スーパー等・店内で商品の写真を撮ること」は、法律で禁止されているのでしょうか??

Aベストアンサー

法律で云々いうと難しいですが、肖像権などの問題もありますし、そのお店独自の販売棚やイラストなどがあれば著作権への影響もあるかもしれません。美術館などと同じ内容だと思ってください。

まぁ、、、実際にはそういったことよりも一般のお客さんが出入りしていますので、勝手に撮影して商品を購入しようとしている人まで写ってしまえば、そのお客さんがいい気がしないこともあります。
人に見られたくないような商品を購入しているかもしれないですしね。

撮影したければお店の許可をもらってからでないと、お店の売上げに影響が出たとかで、業務妨害で警察沙汰になったり、損害賠償請求なんてされたら嫌な気持ちにもなるかと思います。

撮影するのは撮影者の自由ですが、人を撮ったり、建造物の中を写す場合には許可が必要な場合も多いので注意して撮影を楽しんでくださいね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング