[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

この前エヴァンゲリオンのTVアニメをいっきに見ました。しかし、分からない事がありずっと考えています。
それは「使徒とは何か?」ということです。ぜひ、わかる方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「使徒」でいいです。

劇中でもこの表記ですから。
おおかた明確な答えもあります。
エヴァンゲリオンが何を伝えたいのかというのは人によると思いますが、すべてが謎であるわけではありません。こんなことを言い出したらすべてのアニメにおいて明確な答えはないでしょう。

簡潔に言えば、使徒とは生命体のことです。
アダムとアダムより生まれし人類の敵(サキエル~タブリス)、リリスとリリスより生まれし人類。
アダムとリリスは生命の源たる使徒ですから、他の使徒とは異質とみるべきかもしれません。
劇場版エヴァ『Air/まごころを君に』でミサトが「人類は18番目の使徒である」こと、また「他の使徒たちは別の可能性であった」ということを話します。
TV版第24話でカヲルが「滅びの時を免れて未来を与えられる生命体は一つしか選ばれない」とも言っています。

つまり、未来を与えられる可能性のある生命体が使徒であり、人類もその一つ(18番目の使徒)であるということです。

本来、「使徒」とはこの意味ですが、これが明らかにされるのは劇中の終盤ですから、特に序盤では単に「パターン青の波長をもった謎の生命体」を指していますね。

『Air/まごころを君に』をご覧になっていないのであれば、ぜひご覧になってください。
    • good
    • 0

使徒と人は対極になるもののようです。


使徒は「生命の実」(S2機関)を食べ人は「知識の実」を食べた対極の存在。
ちなみにEVAの世界観でも使徒は何なのかはわかっていません。
No,2の人の回答に補足
使徒(第3~16使徒)はアダムより生まれた者となっています。
人(第18使徒)はリリスより生まれた者だそうです。

こんな感じで良いでしょうか?
詳しくはWikipediaに掲載されていると思います。
まあEVAの設定はアニメの中でも一番複雑なので製作側も後付やあいまいな部分があるのであくまでも推測だと思ったほうが良いと思いますよ。
    • good
    • 0

使徒じゃなくてシ徒ね。

(まあ、結局は使徒なんだけど)

色んなところで言われてる事じゃん(それに劇中でも言ってたかも?)
シ徒=生命の実を食べた方のヒト、って。シト≒ヒトらしいよ。(ヒトは善悪の木の実を食べちゃった方)

ただ、エヴァンゲリオンの裏設定(?)として”超古代先史文明”ってのがあるらしい。(←結局壮大すぎて盛り込めなかったみたいだけど。何クールって決まってるからねぇ)
不思議の海のナディアみたいな話にするつもりだったのかもよ?つまりヒトもシ徒も何らかの存在に作り出された(生体ロボットかなんかとしてね)的な。
欝なナディア=エヴァって感じなのかも?
    • good
    • 0

明確な回答はありません。

それを自分なりに考えるのがこの作品の楽しみ方の一つです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報