中小企業の働き方改革をサポート>>

なんとかならんものかな。。。と思い質問させていただきます。

私は、「自分に対するプレッシャーに弱い人間だ」と自分を認識しています。
(もうすぐ30歳・女)

プレッシャーに対して、泣くのを我慢するのが苦手というか、泣きそうな自分に対して思いを馳せてしまい(なんで泣きそうになってるんだろう。泣きそうになってなんて迷惑なやつ。こんなことで泣くなよ私バカバカ! etc)、よけいに涙腺に負荷をかけてしまうタイプの人間です。

こどものころは、「大人になれば、人前で泣くのを我慢できるようになるんだ」と勝手に思っていましたが
もうすぐ30歳のいい大人なのに、未だにプレッシャーを与えられると涙目。短時間で開放してもらえないと、涙がこぼれてしまいます。
思考回路(泣きそうな自分を哀れんで余計に泣きそうになる点)は、思春期の頃と変わっていないかも・・・なさけないです。

しかも困ったことに、プライベートでも、職場でも同じです。。。

プライベートでの感情の開放については、泣きたければ泣けばいい!と開き直れるのですが、
仕事場では、「泣く」もしくは「泣きそうになる」という行為が、業務の妨げになると思っているので、なんとか改善したいのです。

職場で泣きそうになる場面は、たいていが「自分の不甲斐無さを思い知らされたとき」です。
がつん!!と怒られることがほとんどない環境で、「この子は出来ないコだなぁ」というオーラを出されながら、対応されると、途端に悲しくなって泣きたくなります。
あぁ・・書いていて悲しくなります。自分の子供っぽさに(鬱)

どなたか克服された方、アドバイスいただけませんか?
わかりにくい点はご指摘いただければ補足させていただきます。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

言っても全然応えない奴だったり、逆ギレする奴よりはずっといいと思うけどな。


多分ね、人より向上心が強いから自分が許せないのだと思う。
それはとてもいいことであってけして恥じることではないと思うよ。
泣きそうになる自分を変えるというより、そうならない為の努力を忘れないことが大事じゃないかな。
そうすれば周りの見る目も変わってくるだろうし。
日々是精進!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>泣きそうになる自分を変えるというより、そうならない為の努力を忘れないことが大事じゃないかな。

assault852さんのおっしゃる「そうならない」 というのは「泣きそうになるシチュエーションを作らない」と受け取りましたが、間違っていたらご指摘ください。

「この子は出来ないコだなぁ」と思われないよう自分を磨くことに力を入れたほうがいいということですよね?
確かにその通りだと思います。

自信がつけば、泣きそうになったりしなくなるのかなぁ。。
そう思い続けて早○年・・・。精進が足りないのかもしれませんね(反省)

あと、向上心に関しては、上司から同じことを言われたことがあります。私には少し違和感があったりするのですが・・。
向上心があるからというよりは、自分に対する攻撃だとか評価に対して「弱い」。ただそれだけのような気がします。
それこそ精進が足りない証拠ですね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/26 16:34

私の長男はもう大人ですが、うつ状態になったとき、すぐに泣くようになりました。


主な原因は甲状腺機能の病気と思われます。病院に通い、薬を飲んで改善してきました。
このことがあって、人の性格と病気による症状の境目はどこにあるんだろうと思っています。
もともとの性格も、体質によるホルモン分泌に影響されているとすれば、あまり自分を「性格的に問題」とせめてもしかたないですね。
そんな要素はないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

病気と疑うことはまったくしていなかったので、目から鱗の思いです。
そういった要因で泣き虫になることもあるんですね。勉強になります。

病院に行き検査をしようとまでは思いませんが
体質からの影響によっても性格が形成されるという考えは
ただただ性格をなおしたいと思っていた私にとっては、とても斬新でした。

性格を直すというよりは、そういう自分と共存して落とし所を見つける感覚の方がいいのかなと、考えがすこし緩やかになった気がします。
(体質なんて生まれつきのものに影響を受ける「性格」を根本から直すのは無理な話ですものね)

ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/15 15:10

泣きそうになったら、飴を舐めるか冷たい水を飲んでみて下さい。


緩和されると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。

泣きそうになったときの応急処置ですね。とても助かります。
まずは業務机に飴を常備したいと思います。

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2007/11/28 10:38

>「泣きそうになるシチュエーションを作らない」と受け取りましたが


あ、その通りです。

私は、「弱い」からじゃなくて、そういう結果しか出せなかった自分が「悔しい」だと思うんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
認識間違っていなくてよかったです。

>私は、「弱い」からじゃなくて、そういう結果しか出せなかった自分が「悔しい」だと思うんです。

確かに!泣いてしまうときは、「悔しい」という感情はよく出ます。
ただ、悔しいの向かう先の"結果"が、「=仕事の成果」ではないことに気づきました。
・出来ないコという評価に対して「悔しい」
・泣きそうになっている自分に対して「悔しい」

ですから、assault852さんの言われる「向上心」といううれしいお言葉が、なんだか私を過大に評価してくださってるように思えてならないのです。

こうやって考えると、いらないプライドが私にはあるのかな?と思えてきます。
もしくは、謙虚に聞くということができていないのかな?
(やってるつもりで意固地になっている自分がいる)

・・・おもしろいですね。
なんだか一人で考えるより、しっかり自分と向き合えている気がします。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/26 17:23

泣く変わりにストレスの発散方法を見つける。


泣くエネルギーを別のことで発散させる。
いくら30歳と言えども絶対不安になることはあるわけで、それはしょうがない。
お勧めは自分の時間を持てるようにすること。ちょっとした事でいいです。植物を育てる、ペットを飼うなど。
世の中目まぐるしくて自分を見失いそうですが、傍らに何か自分のペースを保てる物を持っておくと追い詰められずにすみます。
たぶん。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かにストレス溜まっているときは、いつもよりさらに涙腺が過剰反応しますよね。
ストレス解消については、結構気を遣っているつもりです。

ただ、プレッシャーをかけられたときって、ストレスのゲージ?が一気に最大まで上がってしまうような感覚で、私の中では、平常時のストレスとは違う次元なんです。もうどうしようもないんです。

プレッシャーをかけられた際も、きちんと自分のペースを保てればいいんでしょうけど・・。それを模索するのも、ひとつの解決方法なのかもしれませんね。

#さきほどから修行僧のイメージが私の中で広がっています(^^;

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/26 16:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報