自分のお店を開く時の心構えとは? >>

はじめまして。年賀状の文章を考えていて、ネットで俳句が紹介されているのを見つけました。これはどんな意味か教えていただけませんか?
「元朝の 見るものにせむ 富士の山」
宗鑑という人の句です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私見ですが・・・



元旦の朝に見る富士山は、見る者にせまる程の迫力である・・・ってことじゃないでしょうか・・・
 

元朝・・・元旦の朝の意

せむ・・・せまるの意
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「せむ」を辞書でひくと3種類くらいあるので
迷ってしまったのです。
でもこれがいちばんすんなりきますね。
助かりました。

お礼日時:2007/11/28 12:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

年賀状 文章」に関するQ&A: 厚誼?交誼?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元日に合う和歌はありませんか?

昔の人の書いた今に伝わる和歌で、元日に詠んでも問題の無いような和歌はありませんか?
優雅で美しい和歌を探しているのですが、なかなか見つからなくて困っています。
詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんか?
*著作権の問題上、作者の死後50年たっている和歌でお願いします。

Aベストアンサー

大伴家持の和歌もメジャーですが、こんなのはどうでしょう。

*あたらしき年の始にかくしこそ
 ちとせをかねてたのしきをつめ 古今和歌集・巻第二十・大歌所御歌
新しい年の始めに、こんなふうに御竈木(みかまぎ)を積み上げるように、千年の繁栄を想い描いて楽しみを積み重ねよう。

*新しき年のはじめに豊の年
  しるすとならし雪の降れるは  万葉集・葛井諸会
あらたなる年のはじめに降る雪を見て「これは豊年になる端兆だぞ」と詠んだ、希望に満ちた歌です。

Q俳句の引用について

年賀状にとてもいい俳句があったので、引用したいのですが
著作権法に引っかかりますか、俳句は現代俳句で一般の方が
公表されたものです
教えてください

Aベストアンサー

まずその年賀状を書いた人に引用していいのかどうかを確認してください。
もしも、年賀状を書いた人の作品でなければ、出所を教えてもらうのです。
それが同人誌であれ、有名な出版社であれ、著作権法は原作者の承諾を原則
として要求していますので、俳句の公表にあたって、著作権者が原作者本人
か、それとも、出版社か、またはその俳句の権利一切を譲渡された団体_
たとえば、一般公募のコンクールなどでは、主催者に使用権一切が譲渡され
るケースが多いです_にあるか、それによって、無償の引用ができる、でき
ない、または、まれにどんどん公表してください、という答えがあるかも
しれません。
 著作権を心配されるようなら、権利者の承諾が第一条件です。

Q新年にふさわしい詩

新年にふさわしい詩があったら教えてください。
できれば子供にもわかりやすいようなものだとありがたいです。

Aベストアンサー

谷川俊太郎さんに『朝』という詩があります。
「また朝が来てぼくは生きていた」から始まり、
「百年前ぼくはここにいなかった / 百年後ぼくはここにいないだろう」と明るく歌い、
「今朝一滴の水のすきとおった冷たさが / ぼくに人間とは何かを教える」以下と続く全21行の詩です。
これは確かずいぶん昔、実際に某新聞の元旦に掲載された詩だったと記憶しています(語句は多少相違)。
詩集「空に小鳥がいなくなった日」に収録されています。
その詩集か、思潮社の現代詩文庫「続谷川俊太郎詩集」でご確認ください。

また、高橋睦郎さんの詩集『暦の王』は12ケ月を歌った散文詩ですが、その一月に相当する詩は、
太陽の死から再生へが歌われ、「この晨(あした)、私たちの裡なる太陽も浄められ、いきいきとあらたまるのである」
と力強く結ばれます。ただ、中学生までには少し難解な表現となっています。
思潮社の現代詩文庫「続高橋睦郎詩集」中に収められています。

これらは当然著作権がありますから、ごく内輪では問題ないでしょうが、お取り扱いにはご留意ください。
そんなことも考えあわせると、ここは「古今」「新古今」「小倉百人一首」などから、
新春にふさわしい何首かをお選びになるのもいかがかと思いました。みやびでめでたく伝統的ですね。
ご参考まで。

谷川俊太郎さんに『朝』という詩があります。
「また朝が来てぼくは生きていた」から始まり、
「百年前ぼくはここにいなかった / 百年後ぼくはここにいないだろう」と明るく歌い、
「今朝一滴の水のすきとおった冷たさが / ぼくに人間とは何かを教える」以下と続く全21行の詩です。
これは確かずいぶん昔、実際に某新聞の元旦に掲載された詩だったと記憶しています(語句は多少相違)。
詩集「空に小鳥がいなくなった日」に収録されています。
その詩集か、思潮社の現代詩文庫「続谷川俊太郎詩集」でご確認...続きを読む

Q年賀状の一言添える言葉

年賀状に一言を添えようと思うのですが、いい言葉が見つかりません。

親戚、友人とでも言葉を別にと考えているのですが、思いつきません。


一般的な一言さえも思いつかないのですが、いい言葉があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

友人:今年もよろしくねー(^_^)v

親戚:本年もよろしくお願いします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報