中小企業の働き方改革をサポート>>

Katong Commercial School (シンガポールにある商業学校)のKatongの中国語での綴りがわかりませんので教えていただけますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Katong Commercial School は、残念ながらみつけられませんが(1972年の開校の政府への申請)、加東などの中国語に当てた地名については、MRT(鉄道)の駅に大きく表示されています。

(公用語の4種で表示)
現地に近い駅は現在存在しませんが、将来サークル・ラインが完成すると、「Tanjong Katong」(丹絨加東)駅ができます。
その他、駅名については下記のサイトに一覧があります。
http://www.baikequanshu.org/44362

No.3 さんのおっしゃるように、従来からの住民だけでなく、各地からの移民の付けた(ちなんだ)地名がたくさんあります。
インド系の地名で有名なものは「ドービー・ゴート」があります。洗濯人、洗濯屋というような意味です。公用語のひとつ、タミール語です。
中国語も公用語の一つなので、地名、駅名についても、命名が何であれ、漢字表記が存在します。「Expo」が「博覧」であるとか。
公用語の中国語については、中華人民共和国の普通話が基本になりましたので、今後は新地名は、普通話での発音が近い漢字が使われていくものと思われます。

加東の街並みも、だんだん近代化で昔の面影が失われつつあるように聞いています。
http://bikers-heaven.hp.infoseek.co.jp/sinkakiku …

参考URL:http://www.baikequanshu.org/44362
    • good
    • 0

Cubicsさんのいうように加東だと思います。


Katong laksa(ラクサとはシンガポールの麺)という店がありますが、たぶんこれがその店の看板だと思います(中段の黄色い看板をクリックすると拡大)
http://102minutes.wordpress.com/2007/06/25/22/

シンガポールのスペルは、大陸のピンインと異なります。ピンインを簡体字とともに国家レベルで施行したのは中国ですので、台湾やシンガポールは同じ漢字を使ってきて普通話の語順で書かれた文章がよめても、アルファベットによる綴りや発音が異なっています。
また地名の呼び方は中国系の福建、潮州、広東、客家系などが多いですが、それ以外にも、英語から来た古い書き方の地名(例えばTomsonではなくThomsonなど)や、マレー語から来た地名などもあります。たぶんインド系の名前も。
    • good
    • 0

補足


地名が福建語という意味ではなく、旧来のマレー語などで呼ばれていた地名に福建語発音で漢字をあてて表記したという意味ですので、念のため。
    • good
    • 0

シンガポールのカトンは漢字表記は「加東」です。


これは中国語の中でも、福建語です。(福建ではないかもしれませんが、下記のどれかのはず。)

シンガポールの中華系は、福建、潮州、広東、客家、広東などの方々が主ですので、普通話(北京語)の伝統的な地名などの表記は、あまりありません。
(現在の公用語はマンダリン、つまりいわゆる北京語ですが)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング