中小企業の働き方改革をサポート>>

はじめまして。質問させていただきます。

一次関数の式は、  (X+7)×4
        21=―――――
            2

と、なりました。

ですが、分数をどう移項していいのか、よくわからなくなってしまいました。

解答よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

まず分母を払いましょう。


わかりづらい時は右辺と左辺をいれかえて(移項ではありません)

4(x+7)/2=21として
両辺に2をかけます。
4(x+7)=42
この先は出来ますね。
    • good
    • 0

 台形問題ということは「上底が x、下底が7、高さが4である台形の面積が21の時、上底の長さはいくらか」という問題でしょうか。

「一次関数」とありますが、これは「一次方程式」のことでしょう。

 一次方程式の解き方は、未知数だけが単独に取り出せるように式を変形します。式の変形は「両辺に同じ計算をしてやる」が基本ですね。

 さて、この方程式の右辺は「xに7を足し」「それに4をかけ」「それを2で割る」という形になっていますので、後ろから順番にはずしてやります。

(1)2で割っているのをはずすために、両辺を2倍します。
  21×2 = (x + 7)×4

(2)4をかけているのをはずすために、両辺を4で割ります。
  21×2÷4 =x + 7

(3)7を足しているのをはずすために、両辺から7を引きます。
  21×2÷4-7 = x

※実際には、未知数を含む辺を左にしておくことが多いかも知れません。また、上の例では各段階での計算はせずに進んでいますが、もちろん各段階で計算して次へ進んでもかまいません。

※なお、「分数を移項する」という言い方はしません。移項とは、足し算・引き算になっている項を反対の辺に移動する操作のことです。上の場合で言うと、(3)の操作が「7を右辺から左辺に移項した」となります。
 
    • good
    • 0

分数は2分の1なら 1/2 と表します。



一次関数とあるので、y={(x+7)×4}/2で
y=21のときのxを求めよう ということですね。
4と2は約分できるから
21=(x+7)×2になり
21=2x+14 とできます。
あとは移項して・・

(約分できない場合のために)
あるいは、21={(x+7)×4}/2の両辺に2をかけて
42=(x+7)×4
42=4x+28 ともできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました!
丁寧にありがとうございました!

お礼日時:2007/11/26 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング