初めての店舗開業を成功させよう>>

確率の求め方について教えてください(>_<)
天気予報は下り坂で、雨の確率は午前中20%、午後は50%だとします。
<午前-午後が>
 (1)晴れ-晴れ (2)晴れ-雨 (3)雨-晴れ (4)雨-雨
条件より、雨の降らない確率は、午前80%、午後は50%でいいのですか??もしそうだとして、それぞれの確率は、
(1)(80/100)×(50/100)=40/100 (2)(80/100)×(50/100)=40/100 (3)(20/100)×(50/100)=10/100 (3)(20/100)×(50/100)=10/100 
で良いのですか??それともそれぞれの確率をかけるのではなく足し算ですか??  よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

これはまた・・・予想してたのよりも


ずっと駄目駄目な問題。。。
これでは数学的には解けません.

そもそも「雨が降る」と客足が鈍るのは
感覚的には分かりますが,
それがどのように鈍るのかまったく不明.
客足が鈍ったとしても,それがどう売り上げに響くかも不明.
それに「雨が降ると混雑する」というのもあるんですよ.

そういう不明点を全部補って(解釈して)考えるなら
むしろ,勘と経験がものをいう「商売」の話です.
もしくは「問題を作る」つまり「適切なモデルを作る」ところから
始めるようなものです.
もしかすると,そもそもそういう問題なのかもしれません.
    • good
    • 0

 


別の回を・・・
確実に売れる200食と天候がよければ売れる800食のどちらが良いか。

学際が中止にならない限り学際の方が儲かる。
一日中雨でも晴天時の来客の1/4以下になるとは思えない。

 
    • good
    • 0

問題が可笑しい


室内での見本市会場での模擬店出店。やや小さめの商売だが、こちらは200食確実に売り切ることができる。
の方が多いのは確実です

100円仕入れれ・・1億円で売っても200食うれるんですから
問題が可笑しいからこんな解答になる
100%見本市ですは

それに経費が不明ですから経営管理学にもなりはしない

こんなアホナ問題誰が作ったの・・・
天気の確立の影響も不明だしね

また、片方は1日、見本市は無限日数
1日の利益によるのかトータルによるのか

粗利益が多いのか・・最終営業利益が多いのか
不明点が多すぎる
    • good
    • 0

問題がまずいというか,


なまじ天気予報とか「下り坂」とかいうから,
誤解を招きます.
実際の天気予報はNo.1さん,No.2さんのおっしゃるように
結構ややこしいものです.

どういう文脈の問題ですか?
純粋に数学の問題である(市販の数学の問題集なり,
入試の問題なり)ならば
「実際の天気予報の「確率」に関する予備知識」
を要求することはありません.
問題文に詳細に定義されているはずです.

もし「天気予報に関する予備知識」を何も仮定せず
ただ単純に「確率の積」の練習問題であるならば,
あなたの答えの通りですが,
安易に「天気予報」とか書いてあるならば
いい問題とはいいがたいですね。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3名の皆様、すばやい回答ありがとうございました。
問題のついてなのですが、

Aさんにある2つの模擬店出店の話が入った。同じ日にあるのでどちらかを選択しなければならない。
ひとつは、大学の学園祭での1日だけの模擬店出店。原価100円で仕入れて1日500円で販売できる。午前300食、午後500食、あわせて1日販売すれば800食は確実。
もうひとつは、室内での見本市会場での模擬店出店。やや小さめの商売だが、こちらは200食確実に売り切ることができる。
学園祭の場合、屋外のため天気しだいで当たりはずれがあることに気づいた。仕込んだ材料は売れなければ無駄になると仮定して、無駄になってしまうと考える。このときの天気予報の雨の確率が先ほど申し上げた数値です。学園祭に行くのと、見本市に行くのではどちらが儲かって、確率が高いのでしょうか、という問題です。注意書きとして、与えられた見込み、確率はすべて正しいものとします、と書いてありました。

お礼日時:2007/11/26 23:24

 


天気予報の確率は午前、午後、個別に考えます。
また天気予報は降らない確率とか降る確率でなく当たる確率です。
降水確率80%とは10回雨だと予報すれば8回は本当に雨が降ると言う意味です。

よって例題では
午前が、晴れ、晴れ、雨、雨、
晴れと予測した場合は2/4で50%の確率であった。
雨と予測した場合も2/4で50%の確率であった。

一方、午後も、晴れ、雨、晴れ、雨なので
晴れと予測した場合は2/4で50%の確率であった。
雨と予測した場合も2/4で50%の確率であった。

他の例として晴れ、晴れ、晴れ、雨の時
晴れと予測してれば3/4で75%の確率
雨と予測すれば1/4で25%の確率です。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答をありがとうございました。
問題については、A NO.3さんのところにのせました。
ちなみに、経営管理学での問題です。

お礼日時:2007/11/26 23:27

全く違いますね・・・・・



天気予報の降水確率は
1mm以上の雨が降る確率です

したがって降水確率は午前中20%は

雨が降らない確立は80%未満が正しいのです
1mm以下の雨は降水確率に含まれてませんのでこの分を減らす必要があります

80%なんかは有り得ません

80%未満が正しいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答をありがとうございました。
問題については A NO.3さんのところにのせました。
ちなみに経営管理学の問題です。

お礼日時:2007/11/26 23:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天気予報の降水確率はどのようにして計算しているのか?

天気予報を見ていると、降水確率は10%と出ているとします。
10回中1回の確率で雨が降ると言うことですが、実際に雨になることもあります。

「おいおい、今日の降水確率10%なのに何で雨がこんなに降るんだ?」と思ったことはないでしょうか?

実際のところ、天気予報の降水確率はどのようにして計算しているのか、教えてください。

Aベストアンサー

あまり詳しくないんですが・・・

降水確率って、感覚としていまだによく理解できないですね。
雨が降るか降らないか、晴れるか晴れないかが気になるわけですけど、
どうもそういう感じではなく、%になってますし雨の量や時間とはあまり関係ないようですので、
雨?が降る降らないという○か×かというより、
感覚的には、数字の多さは、雲の多さみたいな感じがあるのではないでしょうか?
あるいは急に不安定な天気が現れる可能性?
確率、可能性でしょうから、雨が降るとは言い切ってないですものね???

それで、どういう風に予報するのか、興味もあって自分なりに#1の方同様に次のサイトなどを参考に少し調べてみた感じでは、

(気象庁:数値予報とは)
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/1-3-1.html

予報は、
地球を細かい格子に分けて、分けられたそれぞれの点での気象データを求めることから始まるようです。
そのデータをもとにスーパーコンピュータで大気の動きをシュミレーションし、数値予報としていくようです。
そして、数値予報の結果と実際の天気の過去の統計的なデータから、数値予報の結果をより具体的な天気予報にする作業がコンピュータによって行われるそうです。(この作業をガイダンスという)
中でも、天気予報(短期予報)は、さまざまな数値予報の中の、「領域数値予報モデル」の結果が用いられるそうです。
この数値予報モデルは、極東アジアを約20Kmの格子に分けて扱う詳細なものだそうです。
予報官は、実際の天気との食い違いがないか常に監視して、食い違いがあった場合にはその後の変化を予測するなどして天気予報を作成するそうです。
週間天気予報(中期予報)では、降水確率は1日を通しての確率で示されていて、この場合には「アンサンブル数値予報モデル」が用いられ、精度の低下を補うようです。
(基本的な流れみたいなことで、実際のさじ加減?みたいなところは分かりませんが・・・。)
一般人で自信はないので、できれば再度調べてみてくださいね。

あまり詳しくないんですが・・・

降水確率って、感覚としていまだによく理解できないですね。
雨が降るか降らないか、晴れるか晴れないかが気になるわけですけど、
どうもそういう感じではなく、%になってますし雨の量や時間とはあまり関係ないようですので、
雨?が降る降らないという○か×かというより、
感覚的には、数字の多さは、雲の多さみたいな感じがあるのではないでしょうか?
あるいは急に不安定な天気が現れる可能性?
確率、可能性でしょうから、雨が降るとは言い切ってないですものね??...続きを読む

Q天気予報の確率

天気予報ではどうやって確率を出しているのでしょうか。
確率を算出する手法を教えてください。

Aベストアンサー

あなたが知りたい「確率」とは降水確率のことでしょうか。
でしたら、過去にもまったく同一の質問がありましたので、
下記参考URLをご一読ください。

参考URL:http://okwave.jp/qa3233446.html

Q日常生活の中で使われる身近な確率の例を探しています。

初めて「確率」の勉強をする中学生に確率の概念をまずつかんで欲しいと思って、身近で実感できる例を探しています。(1)くじ引き、(2)降水確率、(3)野球の勝率、ピッチャーの勝率,(4)野球の打率・・・等が思い浮かびましたが、これらはどうでしょうか?また、他に、良い例があったら教えてください。

Aベストアンサー

サイコロかなぁ。1が2回続けて出る確率とか。

勝率、降水確率などは「確率」というよりは「パーセンテージ」ですので、
なんとなく違う気がします。自信はありませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報