私の父親71歳のことなのですが、もともと前立腺肥大症の診断を受けて、薬を常用していました。
先日急病をして(脱水症、尿路感染症、腎不全)入院していた(今は治って退院しています。)のですが、入院と同時に、排尿できなくなってしまいました。その時に、バルーンカテーテルをしてもらって1500cc程でました。それ以来、バルーンは留置したままです。
一度、自力で排尿できるかバルーンを外してトライしてみたのですが、外して1時間後に少しだけ出て、その後6時間全く出ません。先生に診てもらったら「膀胱には150cc程あるなぁ~。微妙ですね~。」とおっしゃいました。出なかったら困るので、その日はまたバルーンを付けてもらって帰りました。また1週間後にトライしてみる予定です。
父は、要介護3の認知症でバルーンをしていても、それを理解していません。今のところ、無理やり外そうとしたりはないですが、そうしてしまうかもしれない、という心配があります。また、近い将来施設に入所する予定です。出来るならば、バルーンを外したいのですが、バルーンを外すには、手術という方法があるのでしょうか?主治医の先生が、ちらっと言ってたのですが、、手術はどのようなもので、入院日数とかはどうなのでしょうか?認知症があるので、入院日数の長いものは無理になってきそうです。手術以外にも方法はあるのでしょうか?教えていただけると大変助かります。どうぞ、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

普通、前立腺肥大症で尿閉すると「経尿道的前立腺切除術」を行います、またはレーザー光線で前立腺を組織焼却させるか、


高周波を使用して前立腺を温めて萎縮させる方法、ステンとを留置する方法等があります。
それぞれに特徴があり、入院日数も違うので主治医の先生とよく話し合って決めて下さい。
手術以外には適当な方法はありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

具体的に方法をあげていただきまして、ありがとうございます。主治医の先生の説明がとても少なく、こちらにも知識が少なく質問も出来ずにいました。大変助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/27 08:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 尿路感染症<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

     尿路感染症とは、腎臓、腎盂(じんう)、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道、前立腺(ぜんりつせん)、精巣(せいそう)、副精巣(ふくせいそう)などの尿路の非特異的感染を総称した名称です。高齢者では、加齢に伴う膀胱の排尿機能の低下による残尿の増加と感染防御機構の減弱が根底にあり、そこにさらに、表15のような尿路の異常が合併すると、外尿道口から細菌が逆行して尿路管腔内へ侵入し、容易に感染を引き起こすようになります。  ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尿閉 治らない病気でしょうか どんな病院がよいのでしょうか

75歳の母 9月はじめから、尿がでなくなりました。近所の病院では、尿閉と診断されました。・・・1
内服薬では、よくなりませんでした。(高血圧の薬は飲んでいましたが、いったんすべての薬を止めています。)・・・2
足が悪いので、リハビリして動けるようになったら、尿道に管を通すことをして自分で尿の始末を覚えてもらい、退院です・・・3

以前、動脈硬化で、足大腿部10センチ動脈を切って中の白いコレステロール?を取っています。そのときから足が痛いといっています。どこがどんなに痛いかはよく聞いてません。足が痛いから歩けないといって歩こうとしませんでした。ヘルニアだったかもしれません。それから1年間足が痛いと言っていました。今は、尿閉を患ってから、足が痛いとは言いません。また、8月に一人息子が亡くなって悲しみの局地でした。

そこで質問ですが、
1 尿閉という病気は、管を通すことで解決する病気なのでしょうか。2 完治はしないものなのでしょうか?(手術は無理関係なしといわれました。)
3 簡単なありふれた病気の一つで、あまり神経質になる必要はないものなのでしょうか?
4ストレスや、神経の圧迫で尿閉が起きることもあるそうですが、母には関係ありそうですか?
5病院を替えるには、どういう風に伝えたら角が立たないでしょうか?次から次に不幸が起こってきてたまりません、アドバイスよろしくお願いします。 
6早く替える方がよいのか、あまりそういうことは関係ないのか?
 

75歳の母 9月はじめから、尿がでなくなりました。近所の病院では、尿閉と診断されました。・・・1
内服薬では、よくなりませんでした。(高血圧の薬は飲んでいましたが、いったんすべての薬を止めています。)・・・2
足が悪いので、リハビリして動けるようになったら、尿道に管を通すことをして自分で尿の始末を覚えてもらい、退院です・・・3

以前、動脈硬化で、足大腿部10センチ動脈を切って中の白いコレステロール?を取っています。そのときから足が痛いといっています。どこがどんなに痛いか...続きを読む

Aベストアンサー

お母様大変お辛いでしょうね。kondoabusuさんも、ご心配と思います。

尿閉と言うのは膀胱に溜まった尿を出そうとしても出せない状態を言います。この状態が続くとお腹の下のほうが張ってきて苦しくなり、次第に痛み出し、冷や汗をかくようになります。この様な場合はすぐに診察を受け、管で尿を取ってもらわなければなりません。

>8月に一人息子が亡くなって悲しみの局地でした。

代表的なものが精神的ストレスから来る尿閉です。これは神経症と言われるものの一つで、欲求が満たされない、思うように物事が進まない、常に心配事がある等のストレスが長く続くと自律神経の働きに狂いが生じ突然尿が出なくなってしまいます。多くの場合は気分を落ち着け、楽な気持ちで排尿すれば出せるものですが、どうしても出ないときは診察を受ける必要があります。

>ヘルニアだったかもしれません。それから1年間足が痛いと言ってい
>ました。

様々な病気から排尿が困難になる事があります。特に糖尿病や椎間板ヘルニア、或いは子宮摘出等下腹部の手術を受けた方は、膀胱に通じる神経が麻痺している事があります。

1 尿閉という病気は、管を通すことで解決する病気なのでしょうか
2 完治はしないものなのでしょうか?

この二つの回答については、参考URLを参照下さい。少し字が小さい
かもしれませんが、治療薬についても詳しく書かれています。
カテーテルを挿入して残尿を排出することで膀胱の感染を防ぎます。症状が持続する場合には、自分でカテーテルを挿入するトレーニングを受けて、1日に3〜6回定期的に膀胱を空にすることで、感染を防ぐことができます。

3 簡単なありふれた病気の一つで、あまり神経質になる必要はないものなのでしょうか?

主治医と相談しながら、根気強く病気と向き合うことのほうが
大切だと思います。色々とご心配とは思いますが、お母様の方が
不安も大きいと思います。どうか心のサポートをしてあげてください。
そうすることで、病状が改善されることもありますので。

4ストレスや、神経の圧迫で尿閉が起きることもあるそうですが、母には関係ありそうですか?

尿閉を繰り返す人は精神療法が必要になる事もあります。又、良く膀胱炎にかかる方や、水分を取っているのに1日2、3回しかトイレに行かない方の中には、尿意を我慢し過ぎて出難くなる事があります。この様な方の膀胱は尿を押し出す力を弱くしてしまうので、尿を溜め過ぎない様時間を見ながら1日5.6回はトイレに行く週間をつけて下さい。

5病院を替えるには、どういう風に伝えたら角が立たないでしょうか?

まず、現在の主治医に、納得いくまで説明を求めてください。
それでも、納得いかない場合は、セカンドオピニオンといって
他の病院の医師に、意見を求めることが出来ますが、自費に成り
保険はききません。セカンドオピニオンを受ける場合、特に現在の
主治医に、御断りを入れる必要もないので、角も立たないと思います。
その代わり、説明する側が、ある程度現在のお母様の状態を、把握しておく必要があります。
 
6早く替える方がよいのか、あまりそういうことは関係ないのか?

精神的なものが原因の場合、治療は有る程度限定されるので
病院を変えても、治療法が劇的に変わるという事は無いと思います。
ですので、現在のお母様の病状を、良く見極めておく事の方が
重要だと、思います。

お母様、お大事になさってくださいね。

参考URL:http://ebrantil.jp/pdf/080315MN.pdf

お母様大変お辛いでしょうね。kondoabusuさんも、ご心配と思います。

尿閉と言うのは膀胱に溜まった尿を出そうとしても出せない状態を言います。この状態が続くとお腹の下のほうが張ってきて苦しくなり、次第に痛み出し、冷や汗をかくようになります。この様な場合はすぐに診察を受け、管で尿を取ってもらわなければなりません。

>8月に一人息子が亡くなって悲しみの局地でした。

代表的なものが精神的ストレスから来る尿閉です。これは神経症と言われるものの一つで、欲求が満たされない、思うように物...続きを読む

Q血尿の原因が心配です。

尿閉を起こした為現在、バルンカテーテルを留置していますが、今朝チューブの所に血液が相当量入っていました。その後は目で見た感じでは止まっているようです。気になるので病院を受診しましたが、止血薬を処方されただけで、どのような事が体の中で起こっているのかとても心配です。気をつける事があれば教えてください。

Aベストアンサー

尿閉になってしまったとは、大変ですね。
尿閉になってしまうと、質問者様のように膀胱留置カテーテル(バルンカテーテル)を挿入します。
カテーテルを挿入すれば、すぐに尿は排泄されますから、尿閉は解消されます。

しかし、カテーテルの管理には様々なトラブルがあります。
そのうちの1つが出血・血尿です。
理由はいくつかあります。

➀カテーテルの先端が、膀胱内の壁をつついた
➁挿入時に尿道を傷つけた
③それまで尿閉を起こして膀胱内がキンキンの高圧力に耐えていたのが解消され、圧迫されていた微小血管が解放されてそ の反動で出血を起こす

多くは、カテーテルを不用意に引っ張ってしまったことによる➀の理由が多いですが、膀胱癌による出血でなければ自然に止まります。
ただ、出血したあとは血液が固まることで、せっかく入れたカテーテルが閉塞してしまうことがあるので要注意です。

もし出血が続く、カテーテル挿入部の脇から尿が漏れ出る、流出量が少ないということがありましたら、泌尿器科を受診しましょう。
また、カテーテルを常時挿入していることが苦痛であれば、その都度使い捨てのカテーテルを自分で挿入する自己導尿という方法もありますので、ご検討くださいね。

ご参考になれば幸いです。
お大事に。

尿閉になってしまったとは、大変ですね。
尿閉になってしまうと、質問者様のように膀胱留置カテーテル(バルンカテーテル)を挿入します。
カテーテルを挿入すれば、すぐに尿は排泄されますから、尿閉は解消されます。

しかし、カテーテルの管理には様々なトラブルがあります。
そのうちの1つが出血・血尿です。
理由はいくつかあります。

➀カテーテルの先端が、膀胱内の壁をつついた
➁挿入時に尿道を傷つけた
③それまで尿閉を起こして膀胱内がキンキンの高圧力に耐えていたのが解消され、圧迫されていた微小血...続きを読む

Qバルンカテーテルの挿入の仕方のポイント

ある施設の看護婦ですが、非常勤の医師はいますが、殆どバルンはナースがいれないといけません。医師の介助はしたことがあるのですが実際挿入したことがないのでうまく入れるポイントなど男性、女性の場合どちらもどなたか教えてください。看護婦も少なく殆ど一人でしないといけないので困っています。

Aベストアンサー

これは私が新人のころ先輩に教わったコツなんですが、お役に立てればと思います。 
 まず男性の場合→はじめは下向いてるペニスをバルンを自分が入れやすい角度で持ち、挿入していきます。しばらく入れていくと、壁にあたったような軽い抵抗を感じます。そうしたら、ペニスを直角にするか、腹部のほうに向けて再び挿入していきます。男性の尿道の長さより2~3cm長く挿入し、バルンを膨らませます。初めから直角に持って挿入しても問題ないと思います。 
 また、仮性包茎の人は、しっかりと皮をむいてから挿入し、挿入後は皮を元に戻しておきましょう。勃起したときに、俗に言うカリの部分が締め付けられて亀頭がうっ血してしまうのです。(泌尿器科のDrが言ってました)
 前立腺肥大のある患者さんはこの方法でも入りにくい場合があります。そのときは無理をせず、Drに挿入してもらってください。 
 女性の場合→陰核の下あたりにバルンの先端を当て、まっすぐ滑らせていけば尿道に入ることが多いです。しっかりと開脚してもらい、尿道が見えるように、大陰唇や小陰唇を指で広げましょう。バルンの膨らませ方は男性と一緒です。
 たまに尿がチューブ内に逆流してこないときがありますが、くれぐれも入れ過ぎには注意してくださいね。膀胱を傷つけてしまいますから。

これは私が新人のころ先輩に教わったコツなんですが、お役に立てればと思います。 
 まず男性の場合→はじめは下向いてるペニスをバルンを自分が入れやすい角度で持ち、挿入していきます。しばらく入れていくと、壁にあたったような軽い抵抗を感じます。そうしたら、ペニスを直角にするか、腹部のほうに向けて再び挿入していきます。男性の尿道の長さより2~3cm長く挿入し、バルンを膨らませます。初めから直角に持って挿入しても問題ないと思います。 
 また、仮性包茎の人は、しっかりと皮をむいてから挿...続きを読む

Q尿閉でのバルーンカテーテル留置

24歳の大学生です。
私は普段、看護を勉強しています。
で、今は病棟実習をしています。
そんな中、今日、朝、起きた時からお腹が苦しいというような感じで12時頃、近所の開業医さんの所に行きました。
そこでエコーをして、多量の尿の貯留があり、尿閉の診断をされ、バルーンカテーテルを挿入されました。
それで800ml尿が流出してきました。
土日、このまま様子を見て、月曜日、大学病院に行くことを指示されました。
うつの薬か花粉症の薬の副作用だと思われるものの、詳しいことは何もわかりません。
確かに昨日も少ない量の排尿が2回あっただけで、尿漏れもありました。

自分自身、看護で勉強していて知識不足な部分はあるのですが、
・こういう場合、薬を止めたら、すぐに排尿が可能になるのか?
・このままバルーンカテーテルを留置し続けた場合、どれくらいになるのか?
・今、激しく尿意を感じているのだが、抜去したら、自排尿が可能になるのか?
ということを疑問に思いました。

誰か教えてくれると幸いです。

Aベストアンサー

・こういう場合、薬を止めたら、すぐに排尿が可能になるのか?
 おそらく、しばらくは継続するでしょう。

・このままバルーンカテーテルを留置し続けた場合、どれくらいになるのか?
 何がどれくらい?
 尿量であれば1日の総量1000ml程度ではないでしょうか

・今、激しく尿意を感じているのだが、抜去したら、自排尿が可能になるのか?
 やってみないとわかりませんが、月曜日の受診までは抜かないほうがよいと思います
 抜いて出ないと救急車です

医者ではありませんが、膀胱ロウの経験です

Q前立腺肥大症によい食べ物・悪い食べ物

父が前立腺肥大症と診断されました。
西洋医学的なアプローチに限定せずに、トータルに気をつけるべきことを教えて下さい。特に、前立腺肥大症によい食べ物・悪い食べ物を教えて下さい。酒がよくない、身体を冷やすものはよくない、というのは分かるのですが、その他にも教えて下されば幸いです。なお、交感神経が緊張し過ぎると悪化する、とも聞くので、副交感神経を刺激する(リラックスさせる)食べ物でも結構です。
なお、単に利尿作用がある、というものは逆に大変な状態になる場合があるようです(スギナ茶など)。

Aベストアンサー

私は医者ではありませんが、この領域に関する知識があります。
ご存知かもしれませんが、激辛食品などは交感神経を刺激しますので、避けた方が良いでしょう。大腸と前立腺の位置関係は大変近いため、便秘を避ける目的で、繊維質の多い食品をとることもお勧めします(便秘のときはいきみがちですが、いきむと交感神経が高ぶってしまいます。これを避けるためにも、便秘予防に気を使ってください)。
EricCarmenさんがおっしゃっている通り、適度な運動は体を温める作用があるとともに、全身の血行を良くし、前立腺のうっ血を取り除くといわれています。また特に、夜間頻尿などで夜の眠りが浅くなり、寝不足になってしまう状況は、大変つらい状態のみならず、神経を高ぶらせる原因になると思います。運動は、適度な疲れによって質の良い眠りへとつなげますので、是非行ってください。なお、激しい運動である必要はなく、ウォーキングなど気軽に続けられる運動がいいと思います。
それから、高齢になると体の中の水分が若いころと比較して減ってくるため、脱水症状を起こしやすくなります。ですから、頻尿症状が出るのが嫌だから無理に飲水を控える、ということは避けてください。ただし、夜間頻尿があるようでしたら、夜寝る前の水分摂取は控えてください。
お薬の中には、おしっこを出しにくくする作用のあるものもあります(風邪薬など)。市販薬を購入する際には、必ず医師、薬剤師に相談してください。
アルコールを飲まれて大変なことになったとのことですが、一時的な尿閉(簡単に言うと、排尿したくても全然おしっこを出せない状態)になられたのでしょうか。アルコールは前立腺をうっ血させることがあるので、急性尿閉になってしまうことがあります。これは相当苦しい状態で、とにかく膀胱の中の尿を外に出すため、病院ではカテーテル(細いチューブ)を尿道から膀胱へ入れます。しかし、病院にすぐに行くことが出来ないことってありますよね。その場合には、暖かいお風呂に入ると排尿が促されることがあります。すぐに病院へ行くことが出来ない場合には、応急処置としてお試し下さい。
利尿作用があるものは、尿量を増加します。ご存知かとは思いますが、前立腺肥大症は大きくなった前立腺や、過度に緊張した交感神経が尿道を締め付けるため、膀胱から尿が排出しにくくなる病気です。お父様は、スギナ茶の(おそらく)飲みすぎで尿の排出量よりも尿産生量が多くなってしまったため、大変なことになってしまったのでしょう。
ところで、お礼の文章をみますと、お父様は中等度くらいの前立腺肥大症のようですね。現在どのような治療をされているかは存じませんが、もし現在薬をのまれているとして、徐々に効き目が悪くなってきたな、と感じることがあったら、手術という選択肢も考えてみてください。
最後にお勧めのホームページを以下にご紹介します。
患者さんでもわかるように、簡単な用語をつかって、前立腺肥大症を説明されています(手術療法のところが「レーザー療法」に偏っているのが気になるところではありますが・・・)。それから、澤村良勝先生ご監修の「前立腺肥大症前立腺がん よくわかる最新医学(主婦の友社)」や、出口修宏先生ご監修の「前立腺の病気これで安心―前立腺肥大症から前立腺がんまで最新の治療と日常生活 ホーム・メディカ安心ガイド(小学館)」もお勧めします。(立ち読みでもいいので)一度読んでみてください。お大事に。

参考URL:http://www.tokachi.co.jp/~takayama/index.html

私は医者ではありませんが、この領域に関する知識があります。
ご存知かもしれませんが、激辛食品などは交感神経を刺激しますので、避けた方が良いでしょう。大腸と前立腺の位置関係は大変近いため、便秘を避ける目的で、繊維質の多い食品をとることもお勧めします(便秘のときはいきみがちですが、いきむと交感神経が高ぶってしまいます。これを避けるためにも、便秘予防に気を使ってください)。
EricCarmenさんがおっしゃっている通り、適度な運動は体を温める作用があるとともに、全身の血行を良くし、前立...続きを読む

Q末期がんの父が退院を迫られています。

何度もこちらで質問をさせていただいております。
今まで質問させていただいておりました状況から180度変わってしまい、家族で困惑している状態で質問をさせてください。

私の実父は5年前に末期の前立腺がんが発覚し、その時点で余命1年と言われました。
そして担当医から言われるがままに放射線、抗がん剤、ホルモン剤などのがん治療を行い、なんとか4年命を長らえることができました。しかしある時からまったく効果がなくなり、1年前の7月「あと1ヶ月程度の命ですからご自宅で看とられてはいかがですか?」と病院から匙を投げられ、自宅近くの総合病院に転院、あと1ヶ月なら自宅で過ごさせてあげたいという家族の思いから自宅介護が始まりました。

退院後は病院にいるときよりも体調は良さそうでしたが、痛みを取るための麻薬が多いため、常に意味の分からないことを話し、幻覚もみていましたが、訪問介護の方がとても良くしてくださって、時々とんでもない大騒ぎを起こすことはありましたが、とりわけ穏やかに過ごすことができました。

そして余命一ヶ月と言われ、あれから1年が過ぎようとしていた今年7月。呼吸困難、血圧低下、意識不明となり救急搬送、そのまま入院となりました。
そのときの内科の担当医から重度の肺炎を起こしており、あと1週間もてば…と言われました。
いつも側で見てきた私たちも「今回は本当にヤバい」と思い、家族4人交代で常に父の側にいました。

入院中は飲食は全くできず、意識は朦朧しており、せん妄がかなり強く出ており、1日1日弱っていく父をみんなで手を握りながら穏やかに過ごせるように努力をしてきました。

そして本日、早朝から担当医から急遽呼び出しを受け、入院のきっかけになった肺炎(肺に膿が溜まりそれに膜が張っている状態)でしたが、継続的に抗生物質を投与したことにより、肺炎がおさまって来たので、今日明日中に退院してくださいと言われました。

しかし父は2ヶ月近く一切の飲食を行っていないため身体は骨と皮のみ。自力で立ち上がることも自分で歯を磨くことも顔を洗うこともできません。
意識は朦朧としていることはありますが、1週間ほど前から母や子供である私達に涙を流しながら「今まで面倒を見てくれてありがとう」「夕べ親父と兄貴がきて(どちらも昨年亡くなっています)俺たちと一緒に暮らそうって言ってくれたんだ」と言ったりして、顔は今までの苦しみから解放されたかのような穏やかな表情をしておりました。

しかし本日は一転。今まで見たことないような鬼のような形相をしており、血圧計や心電図などを外していました。言葉は怒鳴って話しますが何を言っているか意味が分かりません。
飲食は本日よりリハビリの一環で口内洗浄用のスポンジに水を湿らせて口の中に水分を与えるということは始まりましたが、リハビリ師に「嚥下ができないため固形物を飲み食いできる状態ではない」と言われました。
鼻から酸素投与をしておりますが、本日より外す方向で投与量を少なくしているとのことでしたが、とても呼吸が苦しそうで、時々肩で呼吸をしています。
また尿について、尿道に管を通し直接尿を出していますが、ここ1週間ほどは尿パックには血液のみというくらい真っ赤な尿がたまっています。(麻薬投与により本人は痛みなどはありません)また尿量も入院時の半分以下になっています。
血圧は高い日もありますが平均60/40前後です。(あがっても70くらい)

また本日内科の担当医から聞いた話ですが、「泌尿器科の〇〇先生のお話では父の前立腺がんの進行はあと1年は大丈夫であろうという見立てです」と言われました。(〇〇先生は父の担当医ではありません)

根本的な話ですが入院時一切の延命措置はしない、命を長らえるための治療は行わない。
ただ痛みだけは取ってあげてください。という話をしたため、それ以降血液検査やレントゲンなどの検査を1ヶ月以上全くしていません。
本日の担当医も「レントゲンや血液検査などはしていませんが、熱が下がっているので肺炎は収まっている」と言っていました。泌尿器科の先生は1年前の転院時に行った検査資料でお話をされていると思います。

父と話がしたいし、生きていてくれることはとてもうれしく思います。
でもこんな状態で父はまだ生きていけるのでしょうか?
私たち家族はどのような選択をしていけば良いのでしょうか?
退院/転院させることで、父を苦しめることになるのではないか?と思えて仕方がないのです。

頭の中が混乱しており、状況説明がうまくできていないと思いますが、どなたか教えてください。宜しくお願い致します。

何度もこちらで質問をさせていただいております。
今まで質問させていただいておりました状況から180度変わってしまい、家族で困惑している状態で質問をさせてください。

私の実父は5年前に末期の前立腺がんが発覚し、その時点で余命1年と言われました。
そして担当医から言われるがままに放射線、抗がん剤、ホルモン剤などのがん治療を行い、なんとか4年命を長らえることができました。しかしある時からまったく効果がなくなり、1年前の7月「あと1ヶ月程度の命ですからご自宅で看とられてはいかがです...続きを読む

Aベストアンサー

初めて記入させていただきます。
お父さまのことさぞ心を痛めてらっしゃるでしょうね
お察しします。
質問がパッと目に入り、少し迷いましたが、
母を肝臓がんで亡くし、現在私も乳がんの再発で治療しており
何かお役に立てるかと思い、投稿しました。

医療関係者ではないので、専門的なことはわかりませんが
お父さまは厳しい状態のようですね。

今後のこととなれば、母の場合は、厳しい状態ではありましたが
亡くなる前日、いえ当日の午前まで普通に話もし食事も取りました。
ただ、父に呼ばれ嫁ぎ先から帰って一晩泊まった次の朝、
1日のほどんどを眠り続ける母に、モルヒネを少し少なくしてもらったらどうか?
つらければすぐ追加が可能だそうだからと、提案すると母は聞いてくれました。
ですが、その後苦しみ始め、すぐモルヒネを頼みましたが、その前に呼吸が停止したのです。
すぐ、送還して呼吸は取り戻しましたが、まもなく亡くなりました。

私は乳がんの手術後4年で再発し、抗がん剤治療が始まりました。
胸のリンパ節への再発で、手術もできない場所です。
いろいろ自分で調べたところ97%の確率で死に至ることを理解しました。

それから4年が過ぎました。放射線と抗がん剤治療の後、私のがんは消滅し(寛解 
ないとは言えないが、見えない状態)お医者さんも首をひねっています。
もちろん、治療は続きます。今後また姿を現す可能性は高いでしょう。
実際近所のママ友は2000年初発2008年再発で、先頃亡くなりました。
私はというと、今は元気に生活し、仕事もしています。

長々書きましたが、何が言いたいかというと、がん患者の場合どのような早さで病状が進むのか、
人によってものすごく差があるということです。

お父さまにしても、いつ頃まで生きられそうだという、たとえ医者の言葉でも
当てにはならないと思います。私の周辺で、医者の予測が当たった人など、少ないくらいです。
確かに厳しい状態ですが、今できる、いいと思うことをやられたらいいのでは と思います。
他の回答者の答えにもありましたが、あなた自身もよい選択をしておられるように思います。

ただ気になるのは、そんなに弱ったお父さまを『今日明日にも』退院させようとすることが
理解できません。病状が静かに安定しているならまだしも、怒鳴ったり、呼吸が苦しそうなど
目が離せない状態で、今動かすことがいいとは思えません。
同じ病院にホスピスなどがあり。速やかに動かせるならいいかもしれませんが。
こんな状態で動かすのはおかしいということを、主治医に話してみてはどうでしょうか。
移転先を探すのもなかなか大変なことですし。
なぜ、急に退院させようとするのか真意を聞けるといいかもしれません。
難しいかもしれませんが...。
認知症による徘徊など、病気ではないものに対して退院を迫るということは聞きますが
お父さまは、医学的な治療(痛みをとるだけでも)が必要な患者ですから
退院を強制することはできないはずだと思います。

お役に立てたかどうかわかりません
看護もたいへんでしょうが、合間には体を休めて下さいね。
ご自分の健康も大切ですから。
お父さまが少しでも楽になられるよう祈っています。

初めて記入させていただきます。
お父さまのことさぞ心を痛めてらっしゃるでしょうね
お察しします。
質問がパッと目に入り、少し迷いましたが、
母を肝臓がんで亡くし、現在私も乳がんの再発で治療しており
何かお役に立てるかと思い、投稿しました。

医療関係者ではないので、専門的なことはわかりませんが
お父さまは厳しい状態のようですね。

今後のこととなれば、母の場合は、厳しい状態ではありましたが
亡くなる前日、いえ当日の午前まで普通に話もし食事も取りました。
ただ、父に呼ばれ嫁ぎ先から帰っ...続きを読む

Q前立腺肥大の手術の決断要素

医師からそれとなく手術の話があります。しかし、「最終的には、あなたが決めることです」と言われます。施術をすべきか否かのポイント、決め手のようなことがあれば、お教えください。
私は76歳。酒を飲みすぎ?で尿閉を3回、カテーテルで排尿してきました。最近は、「急性細菌性前立腺炎」で7日間入院しました。現在はハルナールを飲んでいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
当方のブログです、今は他でお世話になっていますが・・・。
前立腺肥大症手術の際のことを事細かく書きつずった69歳の秋のお話です。

http://blog.livedoor.jp/gogowotanoshimu1/archives/51895736.html

暫く その話が日記に出てくるかと思いますが、良ければ読んでやって下さい。

あれから1年たった今年の10月の一年検診 その前に6か月間は診察は無しでした。
ほんの少しでも検出されていた血尿が止まったとの報告が先生からありました。

今は、夜間1回だけのトイレで十分です。

お酒を飲んでも コーヒーを飲んでも驚くほど尿意は催しません。 また、尿意があっても我慢できます。
それまでの私は・・・

尿漏れも頻繁なほどの醜態が続きました。 トイレに行ってパンツどころかズボンまで濡らして・・・トイレットペーパーで何度も何度も拭き取った思い出もあります。
間に合わないのです トイレに駆け込む時間すら・・・

質問者さんと同じように、トイレの前でおしっこが出ない状況が最初に現れました。
暫くして ポタポタ・・・って感じで放出ではなく漏れ出る感じ・・・。
終わっても残尿感で・・・。
数分後にはまた・・・。
 
排尿を促す薬と、頻尿を抑える薬 と、相反する薬を数年間飲み続けました。

私の前立腺肥大症の状況は前立腺が縦に膨らんでいるとのことでした。
結果膀胱内に前立腺が押し上がってきているために 常時200ccほどの尿が膀胱に溜まったままで排出されていなかったと云うことが判りました。

このままだと「腎臓に負担がかかる」との判断で、医師の勧めもあり手術に踏み切りました。
ただ、手術は痛い苦痛を伴うと、それまでのかかり付けの総合病院の先生は 常に口に出していました。
が、ブログにある泌尿器科専門病院 原泌尿器科にはレーザーでの治療が行われることがその夏の新聞に出ていました。

もし その設備を備えた病院であれば、苦痛を心配されることは有りません。
本当に 先生と会話さえできるような環境で手術は進みます。

術後ですが、さすがにミカンの中身をくり抜いたような状況ですので、血尿は続きます。
その予防のために尿道から差し込んだパイプ(術後すぐに装着します)から常時排尿できるように入院期間中は切り傷に尿が触れないようにしています。
退院前に抜き取って・・・1日様子を見て退院です。

血尿は暫くすると目には見えなくなります。
しかし、ある時一気に今まで出来ていた瘡蓋(かさぶた)が尿道から黒い塊になって出てきます。
あたかも射精したかのような感覚です。

それも3回ほどで瘡蓋は出なくなりました。

ついでですが、射精は尿道から外部には出ません。
射精しても 一物の先から放出しないみじめな感覚は「赤い球が出たら終わり」と年齢を考えて諦めることです。

それは直接、膀胱内に排出されます。
その後 おしっこに混じって出るようです。
従来の尿道を刺激しての放出感は得る事が出来ない・・・ 
少し悲しい事態は仕方ないと 私は諦め半分思っています。
別の意味で「男の子でなくなった」のかも判りません。

一日も早く手術されて、日々快適な生活が送れるように願ってやみません。

長々と 失礼しました。

こんばんは
当方のブログです、今は他でお世話になっていますが・・・。
前立腺肥大症手術の際のことを事細かく書きつずった69歳の秋のお話です。

http://blog.livedoor.jp/gogowotanoshimu1/archives/51895736.html

暫く その話が日記に出てくるかと思いますが、良ければ読んでやって下さい。

あれから1年たった今年の10月の一年検診 その前に6か月間は診察は無しでした。
ほんの少しでも検出されていた血尿が止まったとの報告が先生からありました。

今は、夜間1回だけのトイレで十分です。

お酒...続きを読む

Q尿道カテーテル取り外し後の痛み。

入院で尿道カテーテルを4日間実施しておりました。
尿道カテーテルの挿入は医者が丁寧に行って頂き(激痛もありました…)まして問題なかったです。
挿入した4日間は違和感はありましたが何とか耐えれました。

ここからが問題です。4日後に尿道カテーテルを抜きました。
取り外しはベテランぽい看護師さんでした。
カテーテルを抜いて5日間経つのですが未だに内臓が痛い時があります。
どこが痛いか分かりませんが尿を放出する際に感じるので膀胱の様です。
抜くまでとカテーテルを入れる前は何とも無かったのですが…
この内容を担当医に伝えましたら数日で慣れます(直る?)との回答。

正直、言葉で表せない痛みなのですが…膀胱に傷とかがあるのでしょうか?

昨日退院して…担当医から出勤許可も出て、明日から会社へ出勤予定です。
このまま数日続く事があれば他の病院で検査して頂こうかなとも思ってます。
どうすれば良いのか案等お願い致します。結構、急いでおります。

Aベストアンサー

尿道カテーテルはやわらかい素材で出来ていますが、体内に異物を入れていたわけですので、そういったことは良くあります。
小さな傷がつくことはありますが、血尿などがあるわけではないですよね?
質問者さんは男性ですか?
男性だと女性より尿道自体が長い構造ですので、カテーテル抜去後の違和感(痛み、不快感、尿意に敏感になるなど)が出やすいです。

挿入や抜去時の手技に上手い、下手がなくはないですが、よほどでない限りそれとの関係は薄いと思います。
医師だったから上手い、看護師だから下手というのはない。
職種よりは経験年数の方が関係あるかもしれません。
(ベテランの看護師ならその人が悪い事はほぼゼロでしょう)

先生のおっしゃるとおり「そのうち直ります」が正解です。
どんな事にも100パーセントはないので病院に行かれるのは自由ですが、きっと「様子みてください」で終了だと思われます。

Q酸素濃度が85%(救急車の中で)

5月5日に祖父(93歳)が吐血して救急車で運ばれました。
それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。
7日は誰も付き添いもお見舞いもできず、8日に病院へ行ったところ、祖父があまりにも変わっていてびっくりしたそうです。顔つきも変わっていたし、ずっと目を閉じていて、ご飯を食べるときも目を閉じたまま(食べたのはお粥を10口と牛乳1口)で、「目を開けて」と何度呼びかけても閉じたままだったそうです。
祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿しているのにトイレに行こうとしたりして危険なので7日は縛られていたそうです。
私は縛られていたせいで祖父がそうなってしまったのではないかと思いましたが、叔父は「救急車の中で測ったときに酸素濃度が85%だったから、脳細胞がやられたからではないか」と言います。
脳細胞がやられるのに2日も要するのでしょうか。
ほかには何が原因と考えられるのでしょうか。
また『酸素濃度が85%』というのはどのような影響を及ぼすのでしょうか。
祖父は食べることが一番の楽しみのようで、いつもおいしそうにモリモリ食べていたから、食べるときにも目を閉じたままというのはとても気になります。
(吐血は噴門部からのもので検査の結果はまだ出ていません。)

5月5日に祖父(93歳)が吐血して救急車で運ばれました。
それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。
7日は誰も付き添いもお見舞いもできず、8日に病院へ行ったところ、祖父があまりにも変わっていてびっくりしたそうです。顔つきも変わっていたし、ずっと目を閉じていて、ご飯を食べるときも目を閉じたまま(食べたのはお粥を10口と牛乳1口)で、「目を開けて」と何度呼びかけても閉じたままだったそうです。
祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。

健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。

私は喘息持ちで、酸素飽和度も普段から低くて、安静時で94~95%です。
階段などを上り下りして息切れしたりしていると92~93%。
ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。
かなりひどい状態になると安静時でも85~86%になって、身動きすると、本当に苦しくなります。
この位になると主治医に、このまま泊まっていきなさい(=入院しなさい)といわれて、酸素チューブで酸素を鼻からすって、しばらく病院にごやっかいになります。

今まで一番低かった酸素飽和度は、大発作をおこして、真夜中に救急車で運ばれていた時で、70%台だったと思います。さすがにチアノーゼといって体中が真っ青になっていました。意識もちょっと朦朧としていて、数値を思い出すことはできません。
救急車内で、すぐ酸素マスクをさせられましたが、それでも85~86%。この時は、病院でも一晩酸素マスクさせられました。(マスクはチューブより酸素吸収率が高いのです、息苦しくて大嫌いですが。そしてもっとひどい呼吸困難者は、酸素テントに入らされるはずです)

この時は高濃度の酸素を長期間吸いすぎると、二酸化炭素が体内から排出されにくくなるからと、安静時でも94~95%になる程度の酸素量しか許してもらえませんでした。

……などとえらく自分語りをしてしまいました。

ま、つまり酸素飽和度が一時的に85%になったからといって、それで脳細胞がやられてぼけたと言われると、じゃあ今の私は、何なんだ?ってことで。実際、倒れた次の日は元気そうだったんですよね?

あと入院をよくする者の経験談として……

入院すると高齢者の方は呆けることが多いです。特に個室に入った人などで身内の付き添いさんがいない人は、ぼけやすいです。
もともと認知症(痴呆)の治療として、最近は老人ホームでも身の回りに思い出になるものを置き、小さな家具などは家で使っていたものを使用することが望ましいといわれるくらいです。
それがいきなり、無個性な病院の、見知らぬ部屋、見知らぬ人(医者・看護婦・入院患者など)、窓の外の身知らぬ風景、そんな中に入れられるのですから、ぼけやすくなるというもの。
しかも、もともとかなりの高齢で痴呆もあったんでしょう?痴呆が一気にすすんだとしても仕方がないかも知れません。

できれば、細かいものでもいいので、家で普段使っていた思い出に繋がるものをどんどん持参し、ベッド周りに置くとか、短時間の見舞いではなく、なるべく長い時間いて、色々横で話してきかせるとか、してあげた方がいいですよ。
そして、病気も心配でしょうが、退院してよいとなれば、早く家に連れて帰ってあげてください。思い出の家で生活すれば、改善の余地があると思います。

かつて、同じ大部屋の入院して一気に呆けたおばあちゃまが、退院して次の通院時に、私のいる大部屋に遊びにきてくれたら、まともになっていて、驚いたこともあります。

ではでは、どうか、大切にしてあげてくださいね。

おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。

健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。

私は喘息持ちで、酸素飽和度も普段から低くて、安静時で94~95%です。
階段などを上り下りして息切れしたりしていると92~93%。
ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。
かなりひどい状態になると...続きを読む

Q前立腺肥大症 PVP手術 後遺症   

前立腺肥大症、PVP手術後遺症に悩んでいます。
50歳になったころから排尿困難があり泌尿器科でもらう薬も効かず最新のPVP手術を53歳で東京で受けて2か月経ちましたが
排尿困難は解消されず手術の後遺症である血尿、尿道口の痛みに悩まされています。泌尿器科から出血止めや効果のなかったハルナール等を処方されています。医者によると完治するのに3か月掛かる人もいると言うのですがPVP手術の広告からして自分には完治があるとは思えません。術後24時間後には尿道カテーテルもとれて尿が力むことなくドバッと出るという広告でしたが自分にはありませんでした。ましては日帰り手術をする病院もあるらしいですが無理ではないでしょうか?前立腺を削って焼いて止血する方法で尿道の傷口が痛いのに尿が勢いよく出ることはありません。私と同じ手術を受けた方や専門の医師の方からの前立腺手術の術後についてお聞かせ下さい。
出血は前立腺をレーザーで削ったのでカサブタができるまでは血尿が出るとのことです。人によっては3か月から1年。また尿漏れも半年から1年我慢せねばならないそうです。近視手術のレーシックもそうですが術前に医者からの十分な説明がなく特に後遺症については聞かれるまでは何も言わないという状況です。今回は尿閉鎖を恐れての判断でした。手術しか自分にはもうなかったですし保険が利くこともあって早速希望したのでした。
―――夜に10回近くの頻尿に起こされるのは苦痛です。(術前は1~3回)、また尿道口に尿が残っていますとしみるような尿道炎のような痛みがあることと膀胱に圧迫感があるのが術後に加わった症状です。
―――前に回答を頂き早速返事をしようとしましたが登録がうまくいってなかったようで失礼しました。登録のやり直しをして再度投稿させてもらいました。

前立腺肥大症、PVP手術後遺症に悩んでいます。
50歳になったころから排尿困難があり泌尿器科でもらう薬も効かず最新のPVP手術を53歳で東京で受けて2か月経ちましたが
排尿困難は解消されず手術の後遺症である血尿、尿道口の痛みに悩まされています。泌尿器科から出血止めや効果のなかったハルナール等を処方されています。医者によると完治するのに3か月掛かる人もいると言うのですがPVP手術の広告からして自分には完治があるとは思えません。術後24時間後には尿道カテーテルもとれて尿が力むことなくド...続きを読む

Aベストアンサー

前回、回答した者です。

はっきり言って、現状がどうなっているのか、
質問の内容からではわかりません。
このような問題は、類推しても、何のメリットもありません。

99%の方が何もしなくても治る
1%の方は再手術が必要
だとしましょう。
どうやって、それを判断するのでしょうか?
そのためには、「診察」するしかないのですよ。

別の医師に診察してもらってください。
そのためには、今の医師の紹介状をもらうのがベストです。
開業医ならば、大病院。
大病院ならば、大学病院の紹介状をもらってください。

もっとはっきり言えば、
貴方の手術が成功だったのか、失敗だったのか、
別の専門医に診てもらってください、
ということです。

成功だったら、時間とともに良くなります。
失敗だったら、時間をかけても良くなりません。
再治療が必要です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報