初めての店舗開業を成功させよう>>

ある保険会社のディスクロージャー資料を調べて見たのですが、
死亡保険の保険金額の平均値が約2400万円で、
実際に支払われた金額の平均(支払い金額÷支払い件数)は約800万円でした。
単純に考えると、死亡してもかけてる金額の1/3しかもらえないことになります。
ネットで調べると、このレートが1/3より少ない会社もあるようです。
このギャップを説明できる要因は何でしょうか?

自分が思いつく限りでは
1、ほぼすべての人対して、保険金支払いを1/3まで減額できる理由があらかじめ用意されている。(つまり最初から満額なんてもらえないようになっている)
2、満額もらえる人が約1/3いる一方で、残りの2/3の人は解約返戻金のような名目でスズメの涙ほどしかもらえない。
3、実際に死亡した人の保険金額の平均が800万円だ。(高額な保険をかけてる人ほど死なない)
4、高額な保険をかけてる人は支払拒否に遭っている。
5、上の計算方法が間違っている
6、その他

といった理由が考えられますが、実際のところどうなのでしょうか?

また、仮に減額されるのが常だとすれば、それを見越して
必要な補償額の数倍の契約をするといったセオリーがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

保険というものについて、根本的に誤解されているようです。


満期で満期保険金を受け取ることができる保険と、一定の期間がすぎると、何も受け取ることなく終わる定期保険(掛け捨て)の違いを理解されていないようです。

「満期または、死亡により、かならず2400万円が受け取ることができる保険に加入している人」がいて、その人たちの支払平均が800万円であれば、かなり問題です。

しかし、「必ず受け取るわけではない」を前提として、保険料は計算されています。
受け取ったお金の平均が800万円であっても、
支払った保険料の平均が800万円だったら、どうでしょう。

生命保険の保険料は、
死亡率(死亡時に支払わなければならない確率)
費用
運用
の三要素で計算されており、法律で保険会社の利益も厳しくきせいされています。

保険の種類も、掛け捨て、満期で受け取ることのできるもの、一生保障のあるもの、といろいろあり、それぞれ、保険料が違います。
    • good
    • 1

ディスクロージャーの資料は色々ありますが、質問者さんが疑問に思っているのは単年度の平均結果だけですよね。


こう言ったものは数年間の変化による比較、他社比較をしないと「だから、何」という結論にしかなりません。

1、は間違いです。(不払い問題は別とします)
2、は間違いです。解約率・解約返戻金については別の欄に出ている筈です。
3、実際に死亡した人の保険金額の平均が800万円だ。←正解です。
  (高額な保険をかけてる人ほど死なない)←間違いです。
4、は間違いです。(不払い問題は別とします)
5、間違っていないとは何処の保険会社の資料か知りませんからわかりません。

No1さんが指摘していますが、資料がおかしい?とか保険て詐欺?ということではなくディスクロージャー資料から、この保険会社がどのような保険を中心に販売しているのか、またどのような保険を中心に保有しているのかを分析できるということが重要なのです。
で、資料を、そうですね過去5年分ぐらいまとめて見れば、その会社が上向いているのか、苦しいのか解りますよ。
1年分でも過去の推移は出てますが、それだけでは無理です。
大事なところが隠れてしまうんです。
    • good
    • 0

死亡保険には、期限を決めて保障する定期保険、期限がない終身保険(つまり死ねば遺族がもらえる)、期限を決めて、なおかつ満期になると死亡保障額と近い額がもどってくる養老保険、という3種類があります。



かつては養老保険が主流でしたが、ある時期から、終身保険と定期保険がくっついた形の「定期付終身保険」というのが主流になってきました。

>死亡保険の保険金額の平均値が約2400万円

というのは、定期保険の死亡保障の部分です。

定年を迎える60歳とか65歳までを、手厚く保障するというのが定期付終身保険のメリットです。ただし実際は65歳までに亡くなる方はそんなに多くはないので、結局、定期保険の部分が終了したあとに残った終身保険の部分だけをもらうことになるわけです。

すべての保険は、メリットデメリットがあります。
だからその人が必要なリスクを保障するかたちで保険に加入するべきだと思います。ところが、そういうことをぜんぜん知らないで保険に加入している・・・というのが問題点でもあります。

定期保険・・・というのは保険会社的にはいちばん儲かるようです。
保険料をたっぷり払っても、期限が終了すれば、保険会社は一銭ももどさなくてもいいわけですから。

ある時期から定期付終身保険が主流になってきたのは、やはり保険会社の意図があったのでは、と思います。

>
    • good
    • 0

vid8080さん



>死亡保険の保険金額の平均値が約2400万円で、
>実際に支払われた金額の平均(支払い金額÷支払い件数)は
>約800万円でした。
>このギャップを説明できる要因は何でしょうか?

答えは、
>3、実際に死亡した人の保険金額の平均が800万円だ。
>(高額な保険をかけてる人ほど死なない)
です。

これまで多く売られてきた保険が、
(A)一生涯の死亡保障がある「終身保険」
(B)一定期間まで(例えば60歳まで、等)の死亡保障がある「定期保険」
この2つを組み合わせた保険でした。
(「定期保険特約付き終身保険」といいます。)
特に、大手生保では、少し変形した形ですが「定期保険特約付き終身保険」が現在も販売されています。(某生保では、(A)部分が10万円なんて金額の保険も販売しています。)

(A)部分の保障額は、例えば300万円程度。
(B)部分は例えば3000万円程度。

人間は必ず死にますので、何歳で亡くなっても保険金がもらえる(A)の保険を用意。この保障額は葬儀代程度の金額。
これに上乗せする形で、子育て期間中に一家の大黒柱に万一のことがあった場合に備えて(B)部分の保障額を大きくしておく。責任が重い時期を過ぎた後は、葬儀代程度に備えた保障(A)のみになるようにする。
ということで「定期保険特約付き終身保険」が売られていると思われます。

ですので、現役世代の人たちの死亡保障額は概して大きく、リタイア世代の死亡保障額は概して小さい。
保険契約が継続している人たちの保障額を平均すると、「死亡保険の保険金額の平均値が約2400万円」となるのでしょう。

このように保険契約している人たちのうち、死亡するのは、当然ですが、リタイアした人たちの割合が多いはずです。
その人たちの死亡保障額はというと、先に申したように、概して小さいと思われますので、「実際に死亡した人の保険金額の平均が800万円」ということになるのでしょう。

vid8080さんが、どこの保険会社のディスクロージャー資料をご覧になったのかはわかりませんが、私が依然聞いたことがある数値では、
「死亡保険金受取額の平均は300万円」などという話も聞いたことがあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫が亡くなり、ニッセイの生命保険が支払われました。

夫が亡くなり、ニッセイの生命保険が支払われました。
この保険は 夫の母が、夫が学生のときに契約したものらしく
受取人は私になっていました。
総額3500万円ほど支払っていただいたのですが、
お世話になった夫の母に約1500万円お渡ししました。
又、生前夫がニッセイと契約していた息子の学資保険を全納する事にし、
約200万円程振り込みました。

その後、ニッセイの担当者から、支払った生命保険で私と息子の生命保険に入るよう
勧誘されましたが、提案金額が1800万円ほどで、
受け取った金額をまたニッセイの契約に全納する形になるプランでした。
とてもいい物だから、というだけで 内容の説明ももらえず、
契約する事が旦那さんの遺志です!遺志です!と責められて
とても信頼できないと思い、新たな契約はお断りしました。

すると、
あなたを受取人にするべきじゃなかった!
私があなたを受取人するように取り計らったのに!
夫のお母さんを受取人にするべきだった!遺志を尊重しないなんておかしい
等、とても営業の方が言うとは思えない事を色々といわれました。

翌日、携帯の留守電に、ニッセイの営業から伝言が入っており
先日全納した 学資保険の金額が入金する7日前まで有効な金額だった
8万円ほど安くなるので、私の口座に入金したい。
それには署名捺印がいるので、書類に署名捺印して郵送して欲しい
という内容でした。
保険の内容は一切変わらない、との事でしたが、送られてきた書類に
詳細は何も書いておらず、署名捺印欄と、契約番号みたいな物だけでした。

私は不信感で一杯なのですが、このまま署名捺印して大丈夫なのかとても不安です・・・。
説明を同封して欲しいと電話しておいたのに、契約内容は変わらないという付箋のみでした。

7日間 全納する日が違うだけで8万円も金額が下がるなんて事はあるのでしょうか?
ずっともっとサービスの関係で値段が下がったと留守電に入っていたのですが
それはマイルがたまったり、記念日にプレゼントがもらえるサービスのようです。
留守電は全てPCに録音して保存しておきました。
どう対処していくべきか、アドバイスいただけませんでしょうか。
学資保険は、夫の母から頼まれているので、解約はできませんが
これ以上 日本生命さんとかかわりを持ちたくありません。。。

夫が亡くなり、ニッセイの生命保険が支払われました。
この保険は 夫の母が、夫が学生のときに契約したものらしく
受取人は私になっていました。
総額3500万円ほど支払っていただいたのですが、
お世話になった夫の母に約1500万円お渡ししました。
又、生前夫がニッセイと契約していた息子の学資保険を全納する事にし、
約200万円程振り込みました。

その後、ニッセイの担当者から、支払った生命保険で私と息子の生命保険に入るよう
勧誘されましたが、提案金額が1800万円ほどで、
受け取った金額をまたニッセイ...続きを読む

Aベストアンサー

kudakuda88さん

ご主人がお亡くなりになりましたこと、お悔やみ申し上げます。
また、このような中で愚かな保険営業員にも付き合わなければならないこと、ご心労をお察し申し上げます。

kudakuda88さんを担当している保険営業員は、まとまったお金を手にしたカモを逃すまいと、血眼になっているのでしょう。
営業所の上司から、保険営業を仕掛ける又とないチャンスだとばかりに、尻をたたかれているのかもしれません。

このような保険営業員の申し出に対して、自分が十分に納得するまで、署名・捺印をしてはいけません。

●「先日全納した 学資保険の金額が入金する7日前まで有効な金額だった8万円ほど安くなるので、私の口座に入金したい。
 説明を同封して欲しいと電話しておいたのに、契約内容は変わらないという付箋のみ」

回答No.4でrokutarou36さんが回答しているとおり、ご主人がお亡くなりになれば、学資保険の保険料は払込免除になるはずです。
ご主人が亡くなったという手続き、あるいは、ご主人が亡くなったので払込免除を申請すると言う手続きを行えば、今後の払い込みを一切しなくても、契約自体は有効に継続できます。
(保険金を受取った保険と学資保険とは別の保険契約です。学資保険に対しても「ご主人が亡くなった」という手続きが必要です。)

「息子の学資保険を全納する事にし、約200万円程振り込みました。」という、その振込金額は、保険会社から送付された"書面"で確認した金額ですか?
その書面には、「学資保険の全納額として・・・」などという文言は書いてありましたか?

「保険の内容は一切変わらない、との事でした」という文面から推察すると、「学資保険の全納額として」振り込んだはずの金額は、「保険の内容は一切変わらない」と保険営業員が勝手に主張している、まったく別の保険の保険料全納額に充てられようとしているとも考えられます。

「詳細は何も書いておらず、署名捺印欄と、契約番号みたいな物」は、新たな保険申し込み書ではありませんか?

だとしたら、この保険営業員の行為は、詐欺です。

その保険営業員に
「いかなる保障内容の保険であろうとも、新たな保険に加入する意思は一切ありません。先日銀行に振り込んだ金額(約200万円)は、加入済みの学資保険の全納保険料に充てるつもりでした。主人が亡くなったことによって、払込免除になったのであれば、その金額を振り込んだのは、私の誤認でしたので、その振り込んだ金額全額を返金してください。」ということを伝えるとともに、その保険営業員の上司である営業所長宛に、上記の文面を書いた書面を送付したら如何でしょう。

●今回届けられた保険金は、ご主人からの大切なプレゼントです。お子さんのために、kudakuda88さんご自身のために、大切に、大切に使ってください。
"詐欺師"とは関わりを持ちませんよう。

今回受取った保険金が有れば、kudakuda88さん家にとって、新たな保険加入は不要と考えられます。
突発的な出来事には、受取った保険金で対処していけば良いわけですから。
社会保障制度である、遺族年金制度もあります。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/kazunasemi/insu/social/59.html

●もしどうしても不安であれば、他の方も回答していましたとおり、保険募集と関係のない人にご相談してみたら如何でしょう。
お金の相談であれば、FPという資格を持った人に相談する方法もあります。
この場合には、おそらく有料でしょう。
仮に、相談料1万円を払っても、数千万円が守られるのであれば、安いとは思いませんか?
日本PF協会 http://www.jafp.or.jp/consult/

(保険営業員の中には、FPを名乗って「無料で相談に応じます」と言う人がいますが、このような人は、あくまで、保険加入させるのが商売です。「保険は不要です」などということはほぼ言わないでしょう。)

kudakuda88さん

ご主人がお亡くなりになりましたこと、お悔やみ申し上げます。
また、このような中で愚かな保険営業員にも付き合わなければならないこと、ご心労をお察し申し上げます。

kudakuda88さんを担当している保険営業員は、まとまったお金を手にしたカモを逃すまいと、血眼になっているのでしょう。
営業所の上司から、保険営業を仕掛ける又とないチャンスだとばかりに、尻をたたかれているのかもしれません。

このような保険営業員の申し出に対して、自分が十分に納得するまで、署名・捺印をしてはい...続きを読む

Q保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?

保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?
先日、4日間だけ入院したので加入していた生命保険2社(生協と住友生命)に請求を出しました。
保険金請求が初めてで、お金が振り込まれるまでにどれくらいの期間を要するのか見当もつきません。
保険会社によって違うのはもちろんですし、請求内容でも変わってくるのも当然だと思います。
あくまでも参考までに様々なケースを知りたいと思い質問させていただきました。

今までに保険金請求をした事がある方。
請求書類の送付から保険金の入金まで、どのくらいかかったか教えて下さい。

宜しくお願い致します。

生活費に費やしたいので入金を心待ちにしています…

Aベストアンサー

医療保険なら5営業日です。
保険担当者と話をし、また保険支払いの方とも確認してますので。
それ決まっているらしいですわ。

ただ、内部事情で5日で処理できない時は、遅延金利を払うみたいです。
(って感じで受け取ってます)

損保はダメですね。交通事故は長いことかかりますね。
ホント・・・ふざけるな!って感じですわ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報