中小企業の働き方改革をサポート>>

現在借金が消費者金融、カードローン等合わせて6社で350万程あります。
その内取引の長い消費者金融2社へ過払い請求を行おうと思っています。
消費者金融P社:取引年数9年、残元金95万、引き直し残元金-76万(過払い利息5%含)
消費者金融A社:取引年数7年、残元金60万、引き直し残元金-54万(過払い利息5%含)

身内から借金しP社へ95万全額返済→P社との契約解除→過払い請求をし、P社から入金され次第、身内への返済と同様にA社への手続きを行おうと思っています。

今後住宅ローンや車講入も考えてますので、ブラックにはなりたくありません。(先ず借金を完済するのが先ですが・・・)

そこで質問なんでしすが、このような場合弁護士または、司法書士どちらに依頼すべきでしょうか?(本人は平日休みがとれないので、何れかにお願いしようと思っています)
又、費用は合計でどのくらい掛かるものでしょうか?

長文で申し訳ありません。
どなたか良いアドバイスを頂ければ幸いです。

A 回答 (6件)

過払い返還に関しては、ご自身や司法書士でもできますが、140万以上の金額になりますと司法書士ではなく弁護士に依頼することになります。


業者側から和解案を提出されたり、それでいいかなって思っていしまったりと個人での請求も落とし穴があったりしますので、弁護士に依頼していただければ間違いないと思うのですが、力量により期間や満額請求の結果が変わってくることもあるようです。
一度専門機関に相談していただいて、ご自身にあったベストな方法を探してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

詳しくはわかりませんが、先週の私の事例で・・・参考になるかな。


親族の借金ですがまず、今までの取引すべて開示請求してもらいました。

ここからは本人でなく、親族であることを話して私がやりました。(ごく普通の主婦ですが・・・)

当然ながら法定金利を超えて請求してきているので、とりあえず弁護士に無料相談。
今回は後での返還請求を考えるのでなく、先にサラ金へ電話して
「これ、完済したいからちゃんとした金利で計算してもらえます?弁護士は相談してるけど、貴社が渋ったら正式に依頼して下さいといわれましたのでと・・・」
で2分後・・・○○○円です。
んー、以外に簡単でした。しかし、こんなに残金減るの!?とびっくりでした。実際借りてたものなのできちんと返済させましたが。
    • good
    • 0

過払い金が、140万以上になりますと、司法書士では、代理権が無理なので、弁護士が無難だと思います。


訴訟も考えられますよ。
金額も9割位と思ってた方が良いです。
契約書を返還されてから、取り掛かり、過払い請求が終わった数ヵ月後に、信用情報機関の登録状況を見てみましょう。
不利な登録があれば、削除や慰謝料請求も出来ます。返還交渉中にも話をすると良いでしょう。
法テラスで、紹介してもらったら?
私は、弁護士料は、1件42000円、成功報酬は、返還金の20%と言われました。
まずは、質問内容を相談してみて下さい。
    • good
    • 0

>今後住宅ローンや車講入も考えてますので、ブラックにはなりたくありません。



残念ながら、現在のシステムでは「過払い請求」もブラックになる可能性が高いです。
個人信用情報機関に「債務整理」や「強制解約」(俗にいうブラック登録)などとして名前を登録します。
過払い請求があった事実は、サラ金は汚名と考えていますから「自己破産・任意整理」と同じ分類にしているようです。

支払い不能になった上での自己破産・債務整理と、グレー金利返還(過払い請求)を同一視する事も問題ですけど・・・。
グレーゾーン金利は違法でない!のが原因ですから仕方がありません。
(違法にすると、出資法自体が無効になります)

>このような場合弁護士または、司法書士どちらに依頼すべきでしょうか?

費用に関しては、弁護士>司法書士でしよう。
#1の回答は、標準的な金額です。
    • good
    • 0

身内から融通してもらえるなら、少なくともP社とA社の両方を完済し、過払い請求をした方が良いです。


すぐに和解できるとは思わない方がいいです。
それも満額計算で満額入るとは言い切れません。満額交渉であるならば、時間も必要かも知れないし、訴訟となれば、最低で2ヶ月掛かりますよね。手元に入ってくるのは、半年近く先になります。
今は分割を言ってくる業者も居るほどなんです。
戻ってくるたびに、身内に返済されれば良いのではないでしょうか。

認定司法書士、弁護士どちらでも良いと思いますが、依頼するにあたり、満額交渉と一括払い、情報機関への気にかけている事を伝えて、受けてくれるところを探した方が良いと思います。155万円プラス130万円プラス利息で300万円ぐらいで、報酬が20%で実費が5万円ぐらい見て65万円、230万円ぐらいは手元に戻り、155万円は身内に返済、70万円は自分の残り200万円の残債にあてることになるでしょう。
でも、これらは机上の計算です。消費者金融のPはプロ○○ならば、かなり難航しそうです。それに今まででも、おまとめしようとして債務を増やしたことがあるのではないですか?
やはり本人の意思と現実はかなりかけ離れたところにあるのです。
それを埋めるには、自分だけで考えず、司法書士や弁護士に相談してみてください。何人か巡って、合致した事務所に受任してもらえばいいのですから。
引きなおし計算が終わっていて、満額が条件ならば、自然と報酬の話も決着するのではないでしょうか。
それよりも、受任後2社減った状況でも、債務を増やさないようにすることの方がかなり大変だと思いますよ。
    • good
    • 0

回答にならないかも知れませんが、私も10年ほど取引があり


完済した後、過払い請求をして65万円帰ってきました。

残債が95万もあったら、75万も返ってこないと思います。


費用ですが、司法書士で1社に付き2万円、過払い返金X20%の報酬
と言うことで、65万のうち13万は成功報酬でした。
65万のうち、15万(13+2)は司法書士の先生へ・・・・
ですから、返ってきたお金で返済は、少々きついですよ。
この20%は、調べたのですが、何処でも一緒でした。

また弁護士は、もうちょっと高かったような。。。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング