こんばんは、22歳女子です。
宜しくお願いします。

今年の4月に、母が糖尿病による脳梗塞で倒れました。
右半身の軽い麻痺と言語障害が残りました(歩行は可能です)。
一ヶ月ほど入院したのち退院し、現在は家におります。
まだ料理など家事で出来ないことが多く、私が仕事を辞めてこなしている状況です。

今回の相談なのですが、タイトルにもあるように母の性格の変わりように戸惑っております。
倒れる前から気は強かったのですが、現在のほうが感情の起伏が激しく些細なことでも怒り出します。
そのせいで父と喧嘩することが多くなりました。
父はぶっきらぼうな性格なため、誤解されやすいことは確かです。
なので、そういう点があれば私から父に気を付けてほしいと言うのですが、
別に何ともないと思うようなことでカチンとくるらしく、もうどうしていいか分からなくなる時があります。
まさしく今がそういう状況で、泣きたいけど頭の中はいっぱいいっぱいで混乱し過ぎて泣けないという感じです…。
また、人前で涙を見せるような人ではなかったのですが、良く泣くようになりました。
特に生き死に(特に死)に敏感なようで、そういった場面をテレビで見てしまうと号泣してしまいます。

そういった性格の変化に、ついていけなく辛いです。
もっと重い障害が残ってしまった方達からすれば贅沢な悩みかもしれないのですが、
私にとっては毎日が辛く、苦しいです。
友達もこういった経験をしている子はいないので、相談しても「大変だね」とだけ言われて終わってしまい、
身勝手ながら腹が立って余計苛々してしまっています。

こういった性格の変化は、時間が立つにつれ治るものなのでしょうか?
また、家族として気を付けるべきことなどあるでしょうか?
ご助言宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

母が、3年前、脳梗塞で倒れたことがあります。



私の母も身体的な障害はほとんど残らなかったのですが、性格、というか、物事の感じ方や、対処の仕方が変わってきます。
高次脳機能障害、というらしいです。
ネットで、高次機能障害、で検索すると、たくさんヒットすると思います。
先生には、認知症と似た症状が出る、といわれました。

私の母は、右脳にダメージを受けました。
倒れた当初は、幻覚や幻聴があったようです。
時間感覚がなくなったようです。
人の顔の判別が、難しくなったようです。(新しく知り合った人の顔がおぼえにくいらしい)
一度にたくさんの情報を、処理できなくなったようです。(大勢の人の中にいると、どうしていいか戸惑っていることが多いです)
整理整頓が苦手になりました。
涙もろくなったり、急に不愉快なことを思い出して不機嫌になったり、ちょっとしたことでも笑い出すこともあります。これは、感情失禁といって、脳梗塞や、脳疾患の後遺症の1つだそうです。

これらの障害は、年々軽くなるものもありましたが、変わらないものもあります。
最初の1年は回復の幅が変化が大きかったです。
家族としては、以前との変化に苦しみますが、病気なんだからしょうがない、と受け入れて、回復を長い目で見守るしかないと思います。
私も最初は苛苛しましたが、今は、母の出来ることと出来ないことを理解して、出来ることをたくさんやってもらって、優しい言葉をかけて、母の心を平静に保てるように心がけています。
現在は、他人には母の変化はわからないようです。

私の母は倒れたとき、既に75歳以上だったので、先生は「ほとんど回復はしないでしょう、次にまた発作がおこれば、命の保障はありません。」と仰っていました。
一番のリハビリは、生活の中で、お料理をするとか、掃除をするとか、家事をすることだそうです。

質問者様のお母様は、右に後遺症が残ったのですね。
ということは、左脳にダメージがあるのでしょう。
私の母とは違った傾向があるのかもしれませんね。
お母様は、おいくつでしょうか?
75歳過ぎの母でも、最初の頃から比べると、回復したと思います。
少しでもお若ければ、血管の再生などもスムーズでしょうから、回復する可能性も高いのではないでしょうか?
発作前のお母様とは違ってしまって、お辛いお気持ちは良く分かります。
どうぞ、お大事になさってください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答有難う御座います。

教えて頂いた「高次脳機能障害」、早速検索してみました。
…確かに母の症状の近い、というか全く同じでした。
近いうち、主治医に相談してみようと思います。

母は55歳です。仰る通り左脳にダメージがありました。
お医者様にも、若いぶん治りが早いと言われました。
母は逆に、若いのに倒れたことがショックのようで落ち込んでいますが…。

有難う御座いました。

お礼日時:2007/11/27 15:10

扁桃体の損傷による症状が疑われます


確実に軽快するというものではないです
かかりつけ医に相談して処方又は精神科紹介を
検討してもらうのがよいでしょう
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難う御座います。

扁桃体の損傷ですか…。
一時的なものとばかり思っていたので、そういったことは考えてもみなかったです。
次回の診察の際、主治医に相談してみようと思います。

有難う御座いました。

お礼日時:2007/11/27 14:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脳血管性認知症<脳・神経・筋の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    脳血管性認知症とはどんな病気か  脳卒中(脳血管障害)によって神経組織が壊れて、その結果認知症が現われるものをいいます。認知症のうち半分がアルツハイマー病で、3分の1が脳血管性認知症、後で説明するレビー小体型認知症が10%余りです。  主に60歳以後に現れますが、アルツハイマー病に比べて男性に多いようです。 原因は何か  (1)多くは、脳の太い血管(皮質性)や細い血管(皮質下性)が詰まり(梗塞)、酸素が運...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳梗塞による言語障害。(直る確率は)

脳梗塞で言語障害が重く残ってしまいました、
聞き取りは多少できますが、発声が言葉になりません、
リハビリを三ヶ月~六ヶ月行っても直らないと、
いろいろ検索しても直る確率が低いようで現実どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

父も、60代の時に脳梗塞になり、右半身麻痺と言語障害になりました。
退院後も呂律が回らず、何を言っているのか理解できませんでしたが、徐々に、生活を共にしている母が理解出来るようになり、偶に訪れる家族には、母が通訳してくれるので、やっとコミュニケーション出来るようになりました。

2~3年以上か経ってからは、少しずつ、母以外の者も大凡の事は理解できる程度には回復して来ました。
ただ、この頃は、単語を間違えました。
例えば、本人は、その日が「日曜日」である事を分かっていて、「日曜日」と言っている積りが、「水曜日」等と発言して仕舞う事もありました。

でも、最終的には、日常生活では、殆ど支障のない位に回復しましたよ。
体の麻痺の方も、最初は杖に頼ってよたよたとゆっくりな歩調でしたが、こちらも最終的には、杖も突かずにふつうに歩けるようになりました。

専門家ではないので、一般論は言えませんが。。。
病気の大小、本人の努力、周りの者の協力等によっては、ある程度の回復は可能なのではないでしょうか。
今日よりは、明日!という単位でなく、1年後、2年後、3年後という単位で見れば、徐々に良くなって行くように感じていました。

退院して来たころには、「俺も、あと5年だから。。。」と言っていましたが、その「あと5年」を3回+α生き、晩年は、体の麻痺も言語障害も意識するほどの事は無くなりました。
これも、第三者の家族から見ればであって、本人は、人知れず歯がゆい思いをしていたのかどうか分かりませんでしたが。。。

本人の努力と家族の協力があれば、少なくても現状よりは良くなるのではないかと思います。
勿論、個人差もあるのでしょうけれど、まったく希望がない分けではないと思いますので、頑張って欲しいですね。

父も、60代の時に脳梗塞になり、右半身麻痺と言語障害になりました。
退院後も呂律が回らず、何を言っているのか理解できませんでしたが、徐々に、生活を共にしている母が理解出来るようになり、偶に訪れる家族には、母が通訳してくれるので、やっとコミュニケーション出来るようになりました。

2~3年以上か経ってからは、少しずつ、母以外の者も大凡の事は理解できる程度には回復して来ました。
ただ、この頃は、単語を間違えました。
例えば、本人は、その日が「日曜日」である事を分かっていて、「日曜日...続きを読む

Q姉47歳が脳梗塞で要介護5。今後の行き先の施設で悩んでます。

今年の1月に姉が脳梗塞になりました。その後リハビリ病院へ転院して、
この9月で半年になり次の行き先を探している所です。
姉の状態は、「要介護5」で意識はハッキリしていて、寝た状態で両手両足を動かすくらいは出来ますが、
自分で起き上がったりは出来ません。
最近、声も出るようになってきましたがソレを聞き取るのは、まだ困難な状態です。

ただ、この1~2ヶ月の間で、大分、精神的に安定してきた感じで、身体的にもリハビリが進んでいるような
感じで、今後もリハビリを重点に考えたいと思っています。
また、両親が高齢で、尚且つ父も認知症が出てき始めたので、以前のように自宅へ帰る事は困難です。

そこで、この先に移る施設として老人保健施設や身体障害者施設というのを紹介されたのですが、
老健ではリハビリは出来ますが、当然ながら高齢者ばかりで、一方、身障は年齢層は若いものの、
姉の容態から受け入れが困難だったり、脳性麻痺の方が多かったり…。
当方は大阪市内ですが、仮に受け入れの施設があった場合でも、かなり田舎だったり…。
私も20件近く施設を回って話を聞いてきましたが、中々、ピンと来る所がありません。

最近、若い人でも脳梗塞などの発症が多くなってきたと言われますが、
皆さんは、どうされているのでしょうか?
やはり、高齢者の中でリハビリをされているのでしょうか?

姉が今後、何処まで回復するのか?分かりませんが、姉は独身なので、
後々には同世代の障害を持った方々と共同生活出来るような所で過ごした方がイイのかな? 
と思ったりもするのですが…。

何かアドバイスを賜れたら幸いです。

今年の1月に姉が脳梗塞になりました。その後リハビリ病院へ転院して、
この9月で半年になり次の行き先を探している所です。
姉の状態は、「要介護5」で意識はハッキリしていて、寝た状態で両手両足を動かすくらいは出来ますが、
自分で起き上がったりは出来ません。
最近、声も出るようになってきましたがソレを聞き取るのは、まだ困難な状態です。

ただ、この1~2ヶ月の間で、大分、精神的に安定してきた感じで、身体的にもリハビリが進んでいるような
感じで、今後もリハビリを重点に考えたいと思って...続きを読む

Aベストアンサー

保険制度は世帯単位で算出される仕組みになっています

だから世帯を分けることで、世帯分離され負担が軽減されます

お姉様については、障害年金の取得が必要だと思います
既に病院からも教示されて手続きされていると思いますが、年齢的に年金もなく収入が途絶えている状況だと思いますね。

高齢者の施設で若年の認知症を中心に受け入れる加算も新設されました。

ただ、気になるのは
年齢的に高齢者と同室は無茶です
しかし、個室になれば居室料の負担が発生します
収入に応じて限度額もありますが、収入の範囲内で生活が可能かどうかは施設に相談が必要です。

リハビリについては、施設の対応になります
個人的には格段の配慮を持って取り組む必要があると考えていますが、これも施設に相談してください。

*世帯分離の話も施設の相談員が教えてくれると思うので、早目に連絡して面接日を予約する事ですね。

複数の施設へ相談してみてください。

Q父が重度の脳梗塞になってしまいました。

父が脳梗塞で入院し、血栓を溶かす処置をしましたが、効果はありませんでした。血栓が直接、頭にいってしまった重度のものだそうです。入院してから1週間たち、目の感じは、当初よりはしっかりしてきたように思えます。右側のマヒ、言語障害が有り、ICUでの処置後に、主治医から、話すことはもう出来ないと言われました。父は、84歳です。質問は、
1.本人は、何処まで現実を把握しているのでしょうか。
2.リハビリに年齢は関係ありますか。
3.回復の見込みは、主治医が言うように、無理ですか。
せめて、歩けるようになって欲しいです。

Aベストアンサー

>1.本人は、何処まで現実を把握しているのでしょうか。

まだ、記憶が混濁していて
状況を正確には理解できていないのではと思います
ICUを出て、病棟に移ってしばらくすると
自分に何が起こったのか?
たぶん理解できると思います

>2.リハビリに年齢は関係ありますか。

歩行などの機能回復は、体力の問題などもありますので
筋肉が弱っている高齢者にはかなり厳しいのが現実ではないでしょうか?
ベットから、車椅子に移るころには体重もかなり減り筋力も相当落ちていると思います

>3.回復の見込みは、主治医が言うように、無理ですか。

脳梗塞の場合
血管が詰まった先の部分は、CTやMRIの画像を見ればわかると思いますが
完全に機能していません
運動に関わる部分、言語関わる分が機能していないのであれば
話すことと、動くことは困難です
ですから、回復は現実としてあり得ないと覚悟しておいた方が良いです
ただ、0ではなく
今言葉が出ないとしても、声が全くでないかと言えば
それはまだ現時点ではわからないでしょう
ただ、普通に会話ができないことは覚悟しておく方が良いです

>せめて、歩けるようになって欲しいです。

それは、残念ですが車椅子から立つこともままならないと思います
手すりに捉まって、何か歩けるくらいできれば、それだけでもすごいと思います
日常生活は、完全に車椅子になると考えて準備しておく方が良いと思います

今の病院でおよそひと月くらいの治療の後、リハビリ病院で半年の入院になると思います
その後は自宅で介護となります
これからの1年と、その次の1年が一番大変です
奥さんが24時間介護に付けないとなると、家族の誰かが助けなければなりません

奥さんが頼れず子供の支援が受けられない場合、特養のホームへの入所を考えなければなりません
地域によっては数か月前に申し込みをしておかないとならないようなところもあります

残された母親にすべてを任せるのは無理です
子供の内誰かが手を挙げて、事務的なことや病院、自治体との交渉役を
すべて引き受けてあげてください
母親は当面は傍に居るだけでいいように、子供たちが100%のバックアップを保証してあげてください

治療費は、予想しているより低く抑えられます
1割負担+食事代+雑費です
リハビリ病院は個室を選ぶと、毎月20~30万は掛かります
約半年後自宅に戻るまでに、150万くらいは現金が必要です
子供たちで何とかその分は立替でもいいので、用意してあげてください

退院の2か月くらい前には、介護保険の申請やケースワーカーとの打ち合わせなどやることがたくさん出てきます
自宅の改築、リフォームなどやるべきことは山積だと思います
様々な制度を利用すると、相当額の助成金が受けられます
使えるものは何でも使うことが必要です

家族で協力して、困難を乗り越えてください

>1.本人は、何処まで現実を把握しているのでしょうか。

まだ、記憶が混濁していて
状況を正確には理解できていないのではと思います
ICUを出て、病棟に移ってしばらくすると
自分に何が起こったのか?
たぶん理解できると思います

>2.リハビリに年齢は関係ありますか。

歩行などの機能回復は、体力の問題などもありますので
筋肉が弱っている高齢者にはかなり厳しいのが現実ではないでしょうか?
ベットから、車椅子に移るころには体重もかなり減り筋力も相当落ちていると思います

>3.回復の見込みは、主治...続きを読む

Q脳梗塞で右半身が麻痺しています

母が脳梗塞で右半身が麻痺しています。
右手足が全く動かず、その症状は毎日悪化しています。
今日はついに顔面まで麻痺し始めました。
明日からリハビリが始まるのですが
手足はどのくらいで動くようになるのでしょうか?
もちろん個人差はあると思いますが、本を読んでも病院で聞いても
さっぱり答えが出ません。

目安にしたり、今後の励みにしたいので
経験者の方、どのくらいで治ったのか教えて下さい。

また、毎日悪化するのが気になります。
そういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

脳梗塞症状は病巣の大きさや部位によって異なってきます。
とりあえずリハビリが始まるそうですが、私の職場で言うとリハビリテーションの以来は発症数日目にでます。まずは関節が固まらないように動かすところからですが、それはその患者の状態によります。で、徐々に進めて行くわけですが、一般的に麻痺の回復はやはり個人差がありますが急速な回復はだいたい1ヶ月、3~6ヶ月でくらいまでは回復していく時期と言われています。その後は全くないとは言い切れませんが、正直あまり期待できません。経験上でもそのくらいだと思います。
その時期に手足が動くかと言われても、こればかりは脳の損傷ですからみなさん同じようにいくわけがありません。何事も無かったかのように回復される方もいれば、重度の障害を負って寝たきりになる方もいます。そればかりは経過を負わなければ何とも言えません。

ちなみに、自分が訓練を担当した患者若しくは家族に同じコトを聞かれたらこのように答えます。

Q脳梗塞の発生→手術・治療→障害の流れについて

脳梗塞が発生した場合に、退院までどのような経過をたどるのか教えてください。

脳梗塞が発生し、すぐに病院に搬送されたとして、

すぐに手術を行うのか?
手術は何時間くらいかかるのか?

その後は集中治療室か、一般病棟か?
手術は1回で良いのか?
どれくらいで退院できるのか?

障害の内容や重度はどのタイミングでわかるのか?

という疑問がございます。
発生した際の重度にはよると思いますが、ご存知の点だけでも、だいたいで結構です。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

父が脳梗塞でした。

やはり重度でかなり変わってくると思います。
父の場合はすぐに脳の検査を行い、
医師から家族へ説明がありました。
手術が必要なこと、
言語障害、右半身不随になること、
また、
「どんなに回復しても車椅子の生活は免れないでしょう」といわれました。

なので、
重度は脳の検査をした段階でわかると思います。

正直言うと、いつ死んでもおかしくない状態でした。
それから数ヶ月は意識不明でした。
詳しい期間を覚えていないのですが、
それから数ヶ月経過後、看護婦や医師の呼びかけに
反応するようになりました。
「聞こえたら、手を握って下さい!!」などと
大声で呼びかけます。
この期間は集中治療室でした。
その後、意識も戻り、一般病棟に移され、
すぐにリハビリが開始されて、少しすると、
リハビリ施設が充実している病院への転院を
進められました。
転院し、ある程度自立歩行ができるようになったとき、
退院できました。
退院できるまで、2~3年だったと思います。
手術は1回でした。

Q脳梗塞による意識障害は治るか?

58才の妻が1月1日に脳梗塞で倒れました。
バイパス手術をし右脳のほぼ1/3がやられたとのことです。
病院側の説明によると、認知機能と抑制機能が失われたとのことです。
リハビリ師や家族の顔ははっきりと認知できますし、何かを訴えたい時は名前も呼びます。大好きだった孫の顔を見るとトタンに表情がほころび、孫の顔や体を触ります。丸で正常な意識をもっているかのように思えるのですが、他方では正常では考えられない要求を次々と出して来ます。
例えば、パジャマが「うっとうしい」と繰り返して脱ごうとします。「脱いだら裸になってしまうからダメだよ」と何回さとしても、「ハサミ、ハサミ」と言ってハサミで切る動作をします。
今、スプーンを自分で持って食べることは出来るのですが、持ちたくない時があって、その時はいくら持たそうとしても持ってくれません。やむなくこちらが彼女の口に運びます。
また、昨日は非常口を開けろと言ってききませんでした。「これは非常口だから開けたらいけないよ」と説明しても、何度もその要求を続けるのです。
認知症の患者か、我がままな幼児のような人格になってしまいました。
主治医は、今後杖をついて生活するか、車椅子生活になるかはこれからの6ヶ月間のリハビリで決まると言います。肉体的な面はよく分かるのですが、彼女の意識障害については、個人差があると言ってそれ以上の説明はありませんでした。
ほぼ発症から3週間が経ちましたが、この意識障害は治っていく可能性はあるのでしょうか?
治る人と治らない人の差は何でしょうか? 意識障害について詳しく書かれているサイトなど御存知でしたら是非教えて下さい。12月31日まで人生や生活について互いに話し合って来た人生最大の伴侶ですが、今はそれも出来なくなりました。58才だから回復の可能性は高いと希望的観測をしたい気持ちなのですが、実際はどうでしょう?
どんなことでも結構ですので、参考になることがあれば是非お聞かせ下さい。

58才の妻が1月1日に脳梗塞で倒れました。
バイパス手術をし右脳のほぼ1/3がやられたとのことです。
病院側の説明によると、認知機能と抑制機能が失われたとのことです。
リハビリ師や家族の顔ははっきりと認知できますし、何かを訴えたい時は名前も呼びます。大好きだった孫の顔を見るとトタンに表情がほころび、孫の顔や体を触ります。丸で正常な意識をもっているかのように思えるのですが、他方では正常では考えられない要求を次々と出して来ます。
例えば、パジャマが「うっとうしい」と繰り返して脱ごうとしま...続きを読む

Aベストアンサー

僕は2年前に脳卒中で倒れ、1ヵ月半で歩けるようになりましたが、意識障害は半年以上残り、右半身の感覚が出てきたのは1年半後くらいからです。
自分の回復を見ると、殆どのことは忘れていますので、一つの姿勢から別の市井に変わるときも、どの様な順番で遣れば出来るのかの判断が出来ませんでした。坐った姿勢から立つ姿勢になるのが出来ませんでした。
それと同じく全てのことがどの様な順番で、どの様にしたのかも忘れていますので、簡単なことが出来ません。
動きも全て、途中を忘れていますので、回復が遅くなります。
僕が歩けるようになったのは、倒れることを恐れず、出来ると信じて動作したからだと思います。
又、看護士の言動に怒りを感じて、思わず撮った高度を看護士は出来ないと思っていたことでしたので、身体の芯で覚えていることは出来るものだと知って、療法士が勧めたことには全て挑戦しました。

又、暑い寒いは身体の感覚が戻らないと分りませんので、二月の寒風が吹き込んでも右半身は寒さを感じませんでした。
2ヶ月で家に戻り、散歩をするようになったら、筋肉が収縮した部分が出て来て、突っ張った状態の歩行でした。
人の顔を見ても名前が出てきませんでしたが、思い出せたのは半年以上掛かりました。

ここまでは私の話ですが、色々読んでいたら、動作法と言うものがあり、身体を動かすことで記憶がよみがえることが出来るとのことを知りました。リハビリで顔のマッサージを欠かさずにすることで、言葉を思い出して、親子の会話が戻った人もTVの司会をしていますよね。
脳性マヒの子供たちにも身体を動かすようにさせると、歩くことなど、今までは出来ないことと諦められていたことも回復可能になっています。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=3&oq=%e8%87%a8%e5%ba%8a%e5%8b%95%e4%bd%9c%e6%b3%95&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADFA_jaJP445JP445&q=%e8%87%a8%e5%ba%8a%e5%8b%95%e4%bd%9c%e6%b3%95%e3%81%ae%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e3%81%a8%e5%b1%95%e9%96%8b&gs_upl=0l0l3l16656lllllllllll0&aqi=g5s1#hl=ja&rlz=1T4ADFA_jaJP445JP445&q=%E8%87%A8%E5%BA%8A%E5%8B%95%E4%BD%9C%E6%B3%95%E5%AD%A6%E4%BC%9A&revid=365174382&sa=X&ei=kdQDT9WVCaGViQf4rLCqAQ&ved=0CBwQ1QIoAg&fp=1&biw=1018&bih=445&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.,cf.osb&cad=b

検索の結果ですので、あなたがよく読んで利用できそうなものだと思ったのなら、試してみて下さい。
意識障害の点に関しては、脳出血の際に長柄こぼれた血液が残り、それが視野に見えますので、なくなるまで完全に戻るのは待たねばなりません。
身体を動かすようになれば、意識障害も改善されますので、リハビリを欠かさないようにして下さい。
何よりも最愛の人からの優しい言葉が励みになりますから、あなたが焦らず、仲の良い二人の為の時間が与えられたものと思って、一緒に楽しく過ごして下さい。それが何よりですから。

いってはマイナス効果しかないことは、奥さんの言葉の否定、説得、訂正など、知ってもらうための好意でも奥さんの気持ちを優先させて欲しいと思います。非常口の文字が読めなくなっているのか、奥さんの気持ちを知って欲しくて意固地になるのか、あなたの観察力の判断です。 当方67歳です。

僕は2年前に脳卒中で倒れ、1ヵ月半で歩けるようになりましたが、意識障害は半年以上残り、右半身の感覚が出てきたのは1年半後くらいからです。
自分の回復を見ると、殆どのことは忘れていますので、一つの姿勢から別の市井に変わるときも、どの様な順番で遣れば出来るのかの判断が出来ませんでした。坐った姿勢から立つ姿勢になるのが出来ませんでした。
それと同じく全てのことがどの様な順番で、どの様にしたのかも忘れていますので、簡単なことが出来ません。
動きも全て、途中を忘れていますので、回復が遅...続きを読む

Q脳梗塞によって倒れたあとの後遺症による性格の変化

脳梗塞によって倒れたあとの後遺症による性格の変化について教えてください。
まず、うちの家族構成から説明します。

父 57歳 定年直後 3年前に脳梗塞で倒れ右半身麻痺になるがリハビリの結果一
人で散歩できる程度まで回復
少しおっくうな話し方をするようになったが目だった言語障害などはなし。
倒れる前の性格はいつも怒ったりするわけではないが怒ると手を出す傾向がある。
子供に手を上げることはほとんどなく、母親には手をよく上げるがはたく程度。

母 55歳 主婦/パート 父とはいさかいも多かったが今までは離婚につながるような不仲というわけでもなかった。
三男の死で一番精神的にダメージを受ける。感情が外にでやすい。

長男(私) 32歳 10年前から実家を離れて仕事をする、独身。
立場上、家族の喧嘩などの仲裁役になることが多い。家族では三男が話したり一
緒にいることが多かった。

次男 28歳 諸事情により現在求職中、独身。
若い頃は母親に悪態をつくことも多かったが年を取るにつれ比較的冷静に家族内でまとめやくになった。

三男 19歳 大学生 歳の離れた兄弟なので一人っ子的な要素がある。幼い頃は母親、大きくなってからは長男の私を一番信頼しているようだった。
幼い頃に長い間海外に単身赴任していた父親にあまりなつかなかった。家族中で
は一番自分の意見をいわずになんでも言うことを聞くタイプだった。
1ヶ月半前に交通事故により他界。

父は倒れる前はさほど几帳面というような性格ではなかった。
倒れてからリハビリ終わりまでは倒れたことに対するショックであまり口もきか
なかった。
リハビリが終わった頃からなにか自分の意に反するようなことがあるとかなり激しく怒るようになった。
相手が言うとおりにするまで怒鳴り続ける。倒れる前にはなかった症状。
病気に起因すると思われる父の性格の変化にどう対処していけばいいでしょうか?

脳梗塞によって倒れたあとの後遺症による性格の変化について教えてください。
まず、うちの家族構成から説明します。

父 57歳 定年直後 3年前に脳梗塞で倒れ右半身麻痺になるがリハビリの結果一
人で散歩できる程度まで回復
少しおっくうな話し方をするようになったが目だった言語障害などはなし。
倒れる前の性格はいつも怒ったりするわけではないが怒ると手を出す傾向がある。
子供に手を上げることはほとんどなく、母親には手をよく上げるがはたく程度。

母 55歳 主婦/パート 父とはいさかいも...続きを読む

Aベストアンサー

御父様は脳梗塞後、《少しおっくうな話し方をするようになったが》となっていますが、その後のリハビリ中も含め現在も投薬を受けていらっしゃいますか?

実は母はうつ病なのですが、小さな脳梗塞が数カ所起きていたことが昨年の検査でわかりました。うつの原因の1つと捉え、脳梗塞後の意欲減退に処方するシンメトレルを服用しています。
ところがこの量が多いと(母にとって)ものすごく怒りっぽくなるのです。母じゃない人になってしまいます。

もし薬を服用されているなら調べてみて、先生に相談された方が良いです。

Q脳梗塞後、車の運転はいつからしても良いのですか?

10ヶ月前に脳梗塞で倒れ1ヶ月間入院しました。車の運転はいつからしても良いのですか?
現在は自宅療養中の55歳男性です。

仕事は25年間ほど公務員をしておりますが、この期に退職を考えております。退院後早いうちに復職したのですが、周りの職員たちと話すことが日々とても疲れ、会社から運転を禁じられているため通勤も大変であり、この調子がこれから先も続くことを考えると早期退職をして残りの人生を楽しみたいという思いが強くなった次第です。

妻もおらず、子供たちも無事巣立って行きました。自分がこれから死ぬまでどれほどの時間が残されているのか、明日死ぬのか、分からない以上今すぐにでも後悔しない生き方を選択したい気持ちです。

私は元から旅行が好きだったものですから、車や二輪車でまだ行ったことのない所を旅してみたいです。

しかし、私は病気から1年経っておりません。果たして運転はしても許されるのでしょうか?医者に聞いてもハッキリとした回答をもらえず、いつまで自粛すればいいのか分かりません。こういった病後の運転に関する決まりをわかりやすく教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

10ヶ月前に脳梗塞で倒れ1ヶ月間入院しました。車の運転はいつからしても良いのですか?
現在は自宅療養中の55歳男性です。

仕事は25年間ほど公務員をしておりますが、この期に退職を考えております。退院後早いうちに復職したのですが、周りの職員たちと話すことが日々とても疲れ、会社から運転を禁じられているため通勤も大変であり、この調子がこれから先も続くことを考えると早期退職をして残りの人生を楽しみたいという思いが強くなった次第です。

妻もおらず、子供たちも無事巣立って行きました。自...続きを読む

Aベストアンサー

脳梗塞後の自動車運転に関しては、いつになったらして良くなるかという問題ではありません。

現在の状態で、運転ができるかどうかが問題です。
現在の状態で運転ができれば、運転してもかまわないでしょうし、現在の状態で運転ができなければ恐らく今後もできないでしょう。

法律的には、道路交通法第六十六条「過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」というのが問題になります。

何が「正常な運転ができないおそれ」に該当するかはちょっと悩むところです。
視野が欠けている、道路標識を見ても意味が理解できない、けいれん発作をくり返している、といった場合は「正常な運転ができないおそれ」に該当するでしょう。
逆に、右手足が麻痺している、舌もつれがあり上手に話せない、といった場合は正常に運転している方もおられます。
両下肢麻痺でも、補助具を使い運転されておられる方もおられます。

主治医の先生が、「運転は不可」とはっきり断定されていないのであれば、あくまでも自己責任で、練習していかれてはいかがでしょうか。
また、障害者受け入れをやっている自動車教習所もありますので、相談してみても良いかもしれません。

脳梗塞後の自動車運転に関しては、いつになったらして良くなるかという問題ではありません。

現在の状態で、運転ができるかどうかが問題です。
現在の状態で運転ができれば、運転してもかまわないでしょうし、現在の状態で運転ができなければ恐らく今後もできないでしょう。

法律的には、道路交通法第六十六条「過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」というのが問題になります。

何が「正常な運転ができないおそれ」に該当するかは...続きを読む

Q助からない脳梗塞はあるのですか

主人の父の脳梗塞が再発しました。もう手術が無理だという話なのですが、助かる道はないのでしょうか?助かっても植物状態だということで、延命か処置をせず楽にすべきか決断を迫られています。病院を変えたら助かるということはないのでしょうか。脳梗塞の病気に関しては知識がないので、なにかいい方法はないのか教えてください。
病院の対応なのですが、倒れたその日(今日です)に延命処置をするべきか否かどうか聞かれ、治療を投げ出しているようにも思えてしまいます。

Aベストアンサー

脳梗塞とは脳の細胞が死ぬことですから一度完成してしまうと細胞が生えてくるということはありません。
脳梗塞は理論的には15分程度で完成し、MRI画像では2時間後ごろから十分に診断可能です。つまり、予後の見通しはすぐに分かる。治療をする前から例外なしに確定なので別に治療する意思が無いわけではありません。
脳梗塞と一口にいても症状の全くない小さいものから、死亡の直接の原因となる大きなものまであります。お父上の場合は診察しないと分かりませんが意識状態として開眼が無いのなら重症です。
大きな脳梗塞の場合、特に優位半球又は両側の場合・高齢の場合は助かっても植物状態にしかならない状態も珍しく有りません。延命をしないという選択枝もおおいにありえる状況です。
他の病院に転送しても、結局方針は変わりませんし、転送すること自体搬送中に急変する可能性が少なくありません。(どちらも何度も経験あり)他の病院や救急隊に負担がかかるだけで益はありません。
脳卒中はいつも突然に起こるので、ご家族の理解が難しい場合もしばしばあります。そういう時はそばに付き添っていただいてます。だんだん病気の実感がわいてくるからです。

脳梗塞とは脳の細胞が死ぬことですから一度完成してしまうと細胞が生えてくるということはありません。
脳梗塞は理論的には15分程度で完成し、MRI画像では2時間後ごろから十分に診断可能です。つまり、予後の見通しはすぐに分かる。治療をする前から例外なしに確定なので別に治療する意思が無いわけではありません。
脳梗塞と一口にいても症状の全くない小さいものから、死亡の直接の原因となる大きなものまであります。お父上の場合は診察しないと分かりませんが意識状態として開眼が無いのなら重症です。
大...続きを読む

Q脳梗塞になった場合の寿命

今年の三月に母(53歳)が脳梗塞になりました。
検査の結果、末端の細い血管が詰まっていて見えないほどだったそうです。
発見が早く、治療は点滴だけで済み、一週間で退院しました(本当はもっと早くできた)。
母はもともと高血圧なのですが、退院してからは食生活に気をつけています。
後遺症もなく、以前と同じように生活しているのですが、母は寿命の事を気にしています。
再発する可能性があるのは重々承知なのですが、それがなかったとしたら、母の場合寿命はどれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

お母様が脳梗塞、それもこんな若くて・・・心配ですね。
でも、細い血管で済んで良かったですね。
そのおかげでこれからの生活に注意を払うようにもなりますから、いきなり大きな脳梗塞を起こして寝た切りにならずに済んだことに、感謝しなくては。
小さな脳梗塞のおかげで、大きな脳梗塞を予防できると考えてもらえるといいのではないかと。

質問者様・お母様が気にされている寿命ですが。
これは一概に答えられるものではありません。

まず第一に、脳梗塞の再発は確かに可能性が高いのですが、それは今後一生つきまとう問題です。
過去に一度細い血管が詰まるラクナ梗塞を起こしても、その後20年と何も起こさない方もいらっしゃいます。
ですから、次にいつ命を落とすような大きな脳梗塞を起こすかは、誰にもわからないのです。

第二に、脳梗塞を起こす人は全身の血管のどこかしらを詰まらせるリスクが高いので、脳だけでなく、心臓や肺といったところへの可能性もあるからです。
心筋梗塞の場合は、今回の脳梗塞のようにはいきません。
予防をしていても、心筋梗塞を起こさないとは言いきれません。

第三に、脳梗塞の急性期を脱している場合、脳梗塞で亡くなるということは考えにくいですね。
それよりも、何かしらの癌にかかったり、交通事故で亡くなることの方が可能性は高いと言えるでしょう。

身近な人が脳梗塞になったら、心配になることは当然です。
でも、何の障害も残さずに回復されたことですし、寿命を今気にされることはないでしょう。

脳梗塞の理由が生活習慣病によるものなのか、心房細動という不整脈によるものなのかにもよりますが、現在は何かしら治療をされていると思います。(血液をサラサラにするような薬ですね。)
お母様はまだお若いのですし、今後はしっかり通院を続け、全身の病気の早期発見(定期的な健康診断)と血圧だけでなく脂質異常症や糖尿病といった血管閉塞に関わる生活習慣病予防に努めることをおすすめいたします。

お役に立てれば幸いです。

お母様が脳梗塞、それもこんな若くて・・・心配ですね。
でも、細い血管で済んで良かったですね。
そのおかげでこれからの生活に注意を払うようにもなりますから、いきなり大きな脳梗塞を起こして寝た切りにならずに済んだことに、感謝しなくては。
小さな脳梗塞のおかげで、大きな脳梗塞を予防できると考えてもらえるといいのではないかと。

質問者様・お母様が気にされている寿命ですが。
これは一概に答えられるものではありません。

まず第一に、脳梗塞の再発は確かに可能性が高いのですが、それは今後一生...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報