ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

シンプルだけど何故か深い。現代人をフッと立ち止まらせるような話.国内国外をとわずそんな物語を探しています.絵本などでもいいです。よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中1~10件)

絵本が好きなので、絵本中心で。


■「あついあついひ」著者: しのづか ゆみこ/出版:佼成出版社
季節がズレちゃいましたけど、新人作家で個人的に現在イチオシの本です。
蛙の視点から、夏の日に降り出しす雨の風景を活写した絵本です。
それ以下でも以上でもない話(^^;)。とにかく絵の表現力が素晴らしい。

これからの季節でしたら、有名物ですけど
■「モチモチの木」
■「八郎」共に著者:斎藤 隆介作&滝平 二郎絵/出版:岩崎書店
この二冊はとにかくデッカイ版のものがオススメ!どちらも泣ける系です。
「ベロ出しチョンマ」と同じ作者です。

可愛い系なら
■「だんまりこおろぎ」
■「パパ、お月さまとって!」共に著者:エリック=カール/出版:偕成社
どちらもタイトル通りのお話です。
「~お月さまとって!」のほうは、小さい娘に「お月さまとって!」と頼まれたお父さんが、なが~~~いハシゴでいそいそ空へ昇っていく様子が微笑ましいです。

冬に向けては雪の話題で
■「はたらきもののじょせつしゃけいてぃー」著者:バージニア・リー・バートン/出版:福音館書店
“けいてぃー”の地道でけなげな活躍ぶりが可愛らしい。
バートン作品は息が長いものが多いです。同社発行の「ちいさいおうち」も有名です。

冬の本といえば、あの大ヒット映画「ロード・オヴ・ザ・リング」の原作者トールキンが、生前自分の子供たち宛にサンタのフリをして(し通して)書いた絵手紙を紹介した本があったんですが、生憎絶版で、子供向けのダイジェスト版しかありません。
映画があんなに売れたんだから、便乗商売で今年のクリスマスにでも大人向けも復刻してくれないかなー…。復刻したら買いです。「サンタ・クロースからの手紙」という絵本です。
    • good
    • 1

「おおきな木」


シェル・シルヴァスタイン(文・絵) 絵本
子供の頃に読んだ時は、へぇ?としか思わなかったのに。
http://www.j-energy.co.jp/hanataba/square/wadai/ …

「あらしのよるに」シリーズ
作:木村裕一 絵:あべ弘士  絵本
http://www.imaibooks.co.jp/books/200208/arashi/
親友っていいな。

「幸福の王子」
オスカー・ワイルド
こうふくのおうじ・しあわせの王子・幸福の王子様などいろいろ訳され方があります。ご注意。
    • good
    • 1

「夜にみちびかれて 」


ロイス・ダンカン/文 スティーブ・ジョンソン/絵 ルー・ファンチャー/絵 成沢栄里子/訳
BL出版
絵本ですが、どこかあやしい、ミステリアスな雰囲気があり、大人の読むものという感じの本です。どきっとする様なせりふもあります。
    • good
    • 1

ハンス・ウイルヘルム「ずーっとずっと、だいすきだよ」評論社


をおすすめします。
飼い犬との別れを描いたお話ですが、
シンプルで平易な語りで、ぐっと来させます。
子どもにもウケが良く、大人として読んでもまた、ひとしお。
    • good
    • 1

こんばんわ。


ナカムラミツルさんの「やさしいあくま」は泣けます。絵本です。
私はこの人の絵が好きで偶然書店で手にとって読んだのですが、人前であるにも関わらず思わずうるっときてしまいました。

教科書シリーズもいいですねえ。「ごんぎつね」は学習発表会で演じた経験上思い出深い物語です(村人Cでした・・・私の配役は。泣)。「てぶくろを買いに」子供のころを思い出します。個人的には小学校2年で習った「スーホの白い馬」も印象深いです。
    • good
    • 0

 すでに回答で出ている「白い犬とワルツを」は絵本も出ていますよ。


 
 私のおすすめは「だいじょうぶだいじょうぶ」(講談社)著者はちょっと
思い出せませんが・・・です。柳田くにおさんが大人にすすめている絵本です。
 絵本ですとともだちやシリーズの「ともだちくるかな」もかなり感動しますよ。(内田麟太郎作・降矢なな絵)
 あ、もうひとつ!「だってだってのおばあさん」は人生は自分次第で楽しくなってくるんだなって思える作品です。「100万回生きたネコ」をかいた佐野洋子さんの作品です。よかったら読んでみてほしいです。
    • good
    • 0

すでに紹介されていますが「泣いた赤おに」はいいですよ。


今でも泣いてしまうし、いつまでも手元に置いておきたいなって思います。
いもとようこさんイラストの絵本で読むのがお勧めです。
http://www.esbooks.co.jp/bks.svl?start&CID=BKS50 …

あとご存知かとは思いますがオスカー・ワイルドの「幸福な王子」。
童話ってだけじゃない童話ですね。

あと、今月の「ダ・ヴィンチ」という本とコミックの雑誌(表紙は柴咲コウ)で「泣ける本特集」っていうのが載ってるんですが、そこで童話が結構紹介されてましたんで、参考になるかもです。
    • good
    • 0

息子(2歳)のために妻が図書館で借りて来た「チロヌップのきつね」をお薦めします。



暇つぶしに試しに読んでみたら、なかなか感動しました。内容は、悲しい物語です。

アニメ版もあって、これも見ましたが感動ものでした。記憶に深く残ったのはアニメ版です。

「チロヌップのきつね」は「金の星社」から出ています。
http://www.kinnohoshi.co.jp/

アニメはこちらをご覧下さい
http://www.cinemawork.co.jp/cwhp/list/fox.htm

その他参考
http://home.catv.ne.jp/kk/gen/book5.htm

http://homepage2.nifty.com/heartbeat/heartbeatco …

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/5089 …
など

参考URL:http://www.rakuda.ne.jp/ehon/1nen/fox.html
    • good
    • 1

私のおすすめの絵本は、


「アンジュール~ある犬の物語~(作者:ガブリエル・バンサン)」です。
文字も色もないエンピツでのデッサン画の作品ですが、
とても心に訴えかけるものがあります。
「やさしいあくま(作者:なかむらみつる)」です。
イラストレーターの326さんの作品で、絵がとっても可愛くて、
大切なことを教えてくれる作品です。
どちらの作品も涙が流れてきちゃいます(T_T) ウルウル
    • good
    • 1

gimletさん、こんにちは。


みなさんそれぞれお勧めされているお話
どれも素敵だと思います。

わたしがお勧めしたいのは「魔女の宅急便」の
作者である角野栄子氏の童話です。
そのなかでもわたしのお気に入りは「ネッシーのおむこさん」というお話で
幼稚園児でも読み聞かせで楽しめるくらいのシンプルなお話なのですが、
ところどころクスッと笑えるような楽しいところもありつつ
奥の深いはなしだとおもいます。
お時間ありましたらぜひ読んでみてください。

「ネッシーのおむこさん」  角野栄子著  金の星社

参考URL:http://home4.highway.ne.jp/kiki/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感動する絵本

同じような質問はたくさんあると思いますが、ぜひ教えてください。
泣ける・感動する・改めて子供や家族が愛おしくなるような本を探しています。
泣けるといっても「悲しいお話」ではなくて、ほんわかしたり、純粋さに心がうたれたり・・など、
やさしい気持ちを取り戻せるような絵本探しています。

Aベストアンサー

私が読みながら、うるっときてしまった絵本をいくつか。

 『100万回生きたねこ』
有名な絵本なので、すでにご存知でしたらごめんなさい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061272748/qid=1129068277/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-2566835-8749156

 『おまえうまそうだな』
純粋無垢なアンキロサウルスの赤ちゃんと、ティラノサウルスの心温まるお話。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591076431/ref=pd_ecc_rvi_f/249-2566835-8749156

 『きみはほんとうにステキだね』
乱暴者の陸の恐竜ティラノサウルスと、穏やかな海の恐竜エラスモサウルスの友情のお話です。
上記絵本のシリーズで、他に『おれはティラノサウルスだ』もあります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591082407/qid=1129068843/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-2566835-8749156

 『どんなにきみがすきだかあててごらん』
読んでいると、ついつい顔がほころんできてホノボノした気持ちになります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4566003418/qid=1129072725/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-2566835-8749156

 『ラヴ・ユー・フォーエバー』
今の自分が読むと、親として子として両方の立場からの想いでジーンときてしまいます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4265800815/qid=1129068158/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-2566835-8749156

 『いつだってともだち』
感動というか…落ち込んでいる時に読んで、優しく励まされた絵本です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062621509/qid=1129071722/sr=1-12/ref=sr_1_0_12/249-2566835-8749156

とりあえず思いつくままに挙げてみました。お気に召すものがあれば幸いです。

私が読みながら、うるっときてしまった絵本をいくつか。

 『100万回生きたねこ』
有名な絵本なので、すでにご存知でしたらごめんなさい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061272748/qid=1129068277/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-2566835-8749156

 『おまえうまそうだな』
純粋無垢なアンキロサウルスの赤ちゃんと、ティラノサウルスの心温まるお話。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591076431/ref=pd_ecc_rvi_f/249-2566835-8749156

 『きみはほんとうにステキだね』
乱暴...続きを読む

Q小六男子 童話発表会向きの本って?

小学校6年の男の子ですが、童話発表会の本(暗記して7分以内で発表する)ってどんなのがよいんでしょうか?短くしたりしてもよいので絵本である必要はないんですが・・・困ってます。

Aベストアンサー

小学校で読み聞かせをしています。
暗記して発表すると言うことは、「語り」になります。絵本は文章が絵と共に成り立っているので、語りには向きません。
6年生なら「日本昔話百選」稲田浩二・和子(三省堂)など外国物でも日本物でも、出版社のものでも、昔話は覚えやすいしお話の長さや内容にバラエティーがあるので選びやすいです。
また小学生高学年は昔話が実は好きなようで、知っている話でも良く聞いてくれます・
またすこしハイレベルなものだと、「ムギと王さま」ファージョン/作 石井桃子/訳(岩波少年文庫)
「まぬけなワルシャワ旅行」I.Bシンガー/作 工藤幸雄/訳(岩波少年文庫)短編が8編のっていますが、どれもお勧めです。
頑張ってくださいね。

Q大人でも楽しめる児童書をおしえてください。

最近大人の小説に食傷気味で久しぶりに童話の世界に浸りたいなあと思っています。そこで大人でも読める児童書を教えていただきたく思います。
たとえば私が今まで読んだ中でおもしろく、児童書なんだけど大人も楽しめるなあと思ったのは…

「クレヨン王国の十二ヶ月」福永令三
「夏の庭」湯本香樹実
「川の名前」川端裕人
「西の魔女が死んだ」梨木香歩
「大どろぼうホッツェンプロッツ」プロイスラー
「チョコレート工場の秘密」ロアルドダール
少年少女世界文学全集、安房直子さんの作品全般

などです。
似た好みをお持ちの方、ぜひアドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

荻原規子「これは王国の鍵」理論社
中央公論社から大人向けにした本がでています。
他に勾玉三部作とかアニメになった「西の善き魔女」なんてのも書かれてます。

Q子供に読んであげたい悲しい話・絵本

小学校の低学年で月に1回(15分間)、読書ボランティアをしています。それで思ったんですが、なぜか他のボランティアの方も私も悲しいお話を読みません。子供をわざわざ悲しませるのも・・・・と思って何となく避けていたのかもしれませんが、考えてみれば悲しみを感じられるのも大切な事かな、と。人生ハッピーエンドばかりじゃないんだから、疑似体験としてもそういう本って良いのかもしれないし・・・・。
そこで!みなさんが小学校低学年の子供向けに、読んであげたいなぁ~と思う悲しい話や、単純ハッピーエンドじゃない絵本や物語を教えて下さい。できればどの辺りが良いのか、どんなメッセージが込められているのか、なども解説していただければ、と思います。
ちなみにうちの悲しい話好きな小学1年生の娘は、「人魚姫」「赤い靴」「イカロスの翼」「幸福の王子」が好きです。

Aベストアンサー

『マッチ売りの少女』
『赤いロウソクと人魚』
なんだか、大人とか社会とかに対して陰鬱とした思いになった記憶があります。たぶん『フランダースの犬』の時と似たような気持ちだったと思います。あちらは、アロアの父に対して怒りがこみあげてきたことを覚えています。


『ごんぎづね』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9971514346
気持ちが、うまく相手につたわらないことがあるんだってことをしみじみ感じましたね。


『なまりの兵隊』
もしかしたら、兵隊さんは幸せだったのかなあと思いつつ、でも寂しい思いもしました。


人気Q&Aランキング