肥料の重要な成分として、窒素、リン酸、カリウムの三種類があるといいますが、これらの成分は、それぞれどんな働きを持っているのでしょうか。
特に、リン酸、カリウムについてご存知の方、またはこれについて説明されているサイトなどをご存知の方いましたら、回答お願いします。

A 回答 (5件)

窒素:細胞の原形質を構成するタンパク質の成分として必要。

一般に土壌中からは硝酸態(畑地土壌で主)かアンモニア態(水田土壌で主)で吸収されます。一般に欠乏すると下葉から枯れてきます。

リン酸:核酸や細胞膜(リン脂質)、酸化還元酵素のNADP(NADPH2)、ATP(光合成などの際のエネルギー転換に使われる)の成分として必要。欠乏すると葉色などが濃くなると言われますが・・・。火山灰土壌の場合土壌に収着されるため大量に与えます。ただ、植物による要求量は他の窒素、カリと比べると少なく、溶脱もしにくいので土壌中に大量に蓄積されたりします。実肥(みごえ)といわれ生殖成長時に特に必要とされますが基肥でそのほとんど(あるいは全量)を与えます。

カリウム:他の成分と違いほとんどが植物体中にカリウムイオンの形で存在。細胞のpHや浸透圧の調整、炭水化物代謝や窒素代謝に一役買っている(らしい)。植物体内での役割は他の必須元素とくらべて不明な点が多いです。窒素とともに栄養成長期の要求量が多いようです。


なんか教科書的な説明ですね。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、カリウムに関してはまだ不明な点が多いのですね。炭水化物や窒素の代謝に関わっている可能性もあるというのは意外でした。
回答が解りやすくてよかったです。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/05 11:17

チョ~狭い範囲の情報です。


私は茶師(茶を作る職人)です。
職業ガラ茶葉を生産する農家の人から茶葉の生育方法を良く聞くのです。
まとめるとこうです。
茶の品質はアミノ酸含有量と比例します。そこで農家は品質を高めるために、冬季に大量の窒素系肥料を設肥します。

なぜ窒素系肥料なのでしょうか?
土壌中の窒素は速やかに大気中に発散されます。しかし土壌中には窒素固定微生物や窒素固定植物が存在しており、それらが植物界に窒素分を供給しており、植物界は窒素を吸収できます。(呼吸では窒素を固定できないらしい)
しかし、茶畑にはそのような環境を実現できるはずも無く(中国西部では実現していた)、窒素系肥料の設肥に窒素分を頼っているそうです。
なぜ冬季なのでしょうか。
茶樹に吸収された窒素は代謝によりアミノ酸を合成して茶葉に蓄積しますが、冬季においては茶葉への移行は少なく、根に多くを蓄積し、気温が上がると茶葉への移行をはじめます。このときアミノ酸は日光の被爆により新葉形成の資質となり、一部はポリフェノール類成分にに変換します。
甘味の多いお茶にはアミノ酸含有量が多いのですが、この茶葉は日光の被爆が少ない環境で生産されたか、もしくは人工的に日光の被爆を避けて生産された物なのです。(だから価格が高い)
リン、カリウムも茶中の成長に欠かせない物ですが、嗜好品である(アミノ酸含有命)茶では重要度が低くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私は主にイネを扱っているので、イネでは、最終的な収量に大きく関わる糖が、出穂までは稈や葉に蓄えられて、出穂をきっかけに穂へと移動するという話は知っていたのですが、茶でもそのような物質移動が起こっているというのは初耳でした。なるほど、気温が移動の引き金になっているのですか。調べてみれば面白いかもしれませんね。

興味深い情報をありがとうございました。

お礼日時:2001/02/03 12:48

植物の灰分分析をしてみたら分かりますがカリウムイオンは圧倒的に多いです。


細胞膜の内と外で濃度勾配をつくり能動輸送(物質輸送)が行なわれるのですが、この勾配をカリウムで作っています。そのために存在量が多くなります。動物では同様な機構にNaーKが使われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まとめると、「カリは、能動輸送のための濃度勾配を作り出すために大量に必要だから、三大必須元素の一つとして挙げられている」というわけですね。納得。

以前の回答から、カリは病害抵抗性などにも関わっているらしいことが解りましたが、では、これはなぜなんでしょうか。また、他にもカリの働きというものはないのでしょうか。この件に関してご存知の方がいましたら、さらに回答をお願いします。

お礼日時:2001/02/03 12:33

以下の参考URLサイトは如何でしょうか?


「表4.3-1 植物・動物性廃棄物の再利用技術に関する用語の説明(3/3)」
これは特許庁で出版しているパテントマップの中の用語解説です。

更に
http://www.ruralnet.or.jp/taikei/tebiki/toto620_ …
(養分過剰段階での土壌診断と処方)

ご参考まで。

参考URL:http://www.jpo-miti.go.jp/ryutu/map/ippan09/4/4- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度ありがとうございます。

「肥料の三要素」の欄ですね?窒素、リン、カリの働きが大体わかりました。やはりそれぞれに働きは違うものなのですね。

ですが、カリに関する記述がちょっと大雑把なような気がします。この辺を補足しているようなサイトをご存知の方などいらっしゃいましたら、さらに回答をお待ち致しております。

お礼日時:2001/02/02 16:37

窒素   葉・茎の成長


リン酸  根の成長
カリウム 果実の成長

に効果があるそうです。

参考URL:http://tobari.farm.gr.jp/farm/f2002.html

この回答への補足

回答ありがとうございます。

大変解りやすくて良いのですが、できればもう少し詳しく知りたいのです。
例えば、窒素(肥料としては硝酸態窒素)はアミノ基の材料として使われ、タンパク質、核酸、各種ホルモンの合成に必須であるのはわかるのですが、ではリンやカリは何に使われているのか、その辺のことを知りたいです。

何かご存知の方いらっしゃいましたら、回答をお願いします。

補足日時:2001/02/02 15:16
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコンの基礎知識って何?

採用条件に、「パソコン基礎知識のある人」とあります。
基礎知識ってどんなことでしょうか。
ちなみに、仕事内容は書類作成、端末入力業務です。

Aベストアンサー

求めるレベルで変わってくると思いますが。

・アイコンやクリックやウインドウといった専門用語がわかる。
・ファイルやフォルダーの概念がわかる。
・マウスが使える。キーボードから入力できる。
・日本語変換できる。
・その上で、ワードやエクセルが使える。
・場合によっては、メールを出したり読んだりできる。
・もしかしたら、プリンターやメールの設定もできる。
・ソフトウエアのインストールができると、楽しいかも。
・たぶんないと思うけど、リソースがいじれる。

最後のほうは冗談です。すみません。

Q窒素、りん酸、カリウムの働きは?

肥料を見ていると、窒素、りん酸、カリウムが主成分になっていますね。
あの窒素、りん酸、カリウムのそれぞれは、植物体内に取り込まれた後、どのような働きをしているのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

#3です。回答に対するお礼拝見しました。
下記サイトは参考になりますか。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=cache:yNgFsc4m8icJ:sizai.agriworld.or.jp/tisiki/h_tisiki.html+%E8%82%A5%E6%96%99%E3%80%

Qパソコンの基礎知識を習得でき、将来役に立つ資格を教えてください

パソコンの基礎知識をしっかりとマスターしたいのですが、基礎知識を習得でき、将来役に立つ資格はないでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

民間資格でよろしければ。
試験そのものは、丸暗記で対応できると思いますが、
旺文社のP検定用の3級の参考書は、結構初歩的な事が書かれています。
(最初は、3級位でいいと思いますが、難しいようであれば、4級から。)

ア○○で宣伝してるのとは別物ですので、ご注意ください。

参考URL:http://www.pken.com/

Q空気中の成分の78パーセントは、窒素ということですが、 呼吸してれば、酸素よりも当然窒素の方が多く、

空気中の成分の78パーセントは、窒素ということですが、
呼吸してれば、酸素よりも当然窒素の方が多く、肺に入ってる事になると思います。
呼吸は酸素を吸い込んで、二酸化炭素を排出するガス交換と聞きますが、窒素は呼吸の際どの様になってるんでしょうか?
血液中に取り込まれたりしないんですか?

Aベストアンサー

基本的に、反応性が高い物質では無いのです。
酸素なんかは、鉄と反応して酸化鉄を作っちゃったり、方々で反応しますが、窒素は。
農業分野で、肥料、なんてのがあるわけですが、窒素分、アンモニアやら硝酸やらも肥料のうちなのです。
豆科に多いのだろうと思いますが、空気中の窒素を根っこで肥料分に変えてくれる、すげぇ~、ってな扱いなのです。
豆を植えておけレンゲを植えておけ、そうすれば畑が肥える、と。
ハーバーボッシュ法というのが開発されて、空気中の二酸化炭素からアンモニアが大量生成できるようになり、たぶんそこから化成肥料が作られるようになったのだろうと思います。
昔は豆でも植えておかないと土地が痩せてしまっていたのに、今ならお金を出せば、窒素肥料分だけならいくらでも増やせる。
それで耕作可能地が広がったのです。
人間が60億人70億人居て、それでも大して食糧問題が起きない(戦争で物資の輸送路が絶たれた、独裁者が自分の懐に入れている、というので無ければ)のはそういう理由です。

自動車の排ガスや工場の排ガスなどで、NOxという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これが窒素酸化物です。
窒素のNと酸素のO、窒素一つに酸素がいくつつくのか、その数がxです。
空気の78%を占める割には少ししかできない、とも言えます。
少し火をたいたくらいでは、畑の肥料として十分な量の窒素酸化物は得られないのです。
そのくらい反応性が低いのです。

我々が色々な化学実験をするとき、空気中の酸素や二酸化炭素があると、それと反応してしまって目的の化学反応が行えない、なんてことがあるのですが、そのとき、反応容器内に窒素ガスを満たして、酸素や二酸化炭素や水蒸気を追い出して実験する、なんてことがあります。

なお、ヘモグロビンは、二酸化炭素とも結びつきますし、一酸化炭素や青酸とも結びつくでしょう。
細胞中の二酸化炭素を肺に運んで放出する、という役割もあります。
二酸化炭素より酸素の方が遙かに結びつきやすいということです。
窒素ガスと結びつかないのは上記の理由です。
また、窒素ガスが血液も含む液体中に溶け込むということと、ヘモグロビンに結合するということとは別の現象です。
空気中の窒素ガスが、存在していてもたぶん我々に何もしてくれないのと同様に、血中に取り込まれてもたぶん何もしないでしょう。

基本的に、反応性が高い物質では無いのです。
酸素なんかは、鉄と反応して酸化鉄を作っちゃったり、方々で反応しますが、窒素は。
農業分野で、肥料、なんてのがあるわけですが、窒素分、アンモニアやら硝酸やらも肥料のうちなのです。
豆科に多いのだろうと思いますが、空気中の窒素を根っこで肥料分に変えてくれる、すげぇ~、ってな扱いなのです。
豆を植えておけレンゲを植えておけ、そうすれば畑が肥える、と。
ハーバーボッシュ法というのが開発されて、空気中の二酸化炭素からアンモニアが大量生成できるよ...続きを読む

Q株式の基礎知識が学べる無料HPを探しているのですが・・・

初心者でまだ初めてまもないため基礎知識が全くありません。
父親がやっているのですが、まだ始めたばかりなので聞いても曖昧で・・・

できれば個人の無料HPで基礎知識が学べる所を探しております。

おすすめのHPがありましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

株式の基礎知識が学べる無料HPならば、
【JCoffeの株式投資日記】がお勧めです。
読みきり形式になっていますので、
どこからでも株式に関する話が読めます。
かなり評判のいいHPで、話をまとめて出版されました。
投資のヒントも随所に書かれていますので、
投資の入門のサイトとしても最適です。
3日ごとに新しい話題の話が載りますので、
お気に入りに登録してお読み下さい。

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/J_Coffee/index.htm

Q吸入気窒素分圧肺胞気窒素分圧動脈血窒素分圧医学系

吸入気窒素分圧肺胞気窒素分圧動脈血窒素分圧
医学系の成書によると、大気の窒素分圧は760*079≒160、吸入気窒素分圧は飽和水蒸気発生し(760-47)0.79≒563、肺胞気は760から(PAO2+PACO2+PH2O)を差し引いたものとあり760-(100+40+47)≒573とあります。
窒素ガスは生体内では不活性なため出入りがないため、肺胞気=動脈血=静脈血ともあります。

気道から肺砲にたどり着くと窒素分圧が増加する???。どう解釈したらよいのでしょうか。



PAO2は(760-47)0.21-(40/0.8)、PACO2は0.863( VCO2/ VA)=0.863(200/4.3)から求めています。
(圧単位はmmHg、VCO2はVドットCO2、VAはVドットAです)

なお、この質問はカテゴリ間違え、以前物理学で質問しました。

Aベストアンサー

「VドットO2毎分250ml>VドットCO2毎分200MLはわかりますが、この差が起こる場所は動脈血と静脈血ではないでしょうか。そしてこの差は酸素とCO2のそれぞれの含量差ではないでしょうか。」

→(1)おっしゃるように抹消の組織で酸素を消費し二酸化炭素を産生します。平衡状態では、(平衡状態とは釣り合いがとれている状態のことですから)、消費された分量に等しいだけの酸素が肺胞から血液中へ取り込まれます。組織で産生されたのと同じ量の二酸化炭素は逆に血液中から肺胞へ移動します。

(2)もしこの両者の量が等しければ(つまり呼吸商が1なら)吸入気窒素分圧と肺胞気窒素分圧とは等しくなります。(吸い込んだ気体に含まれる酸素の一部が同量の二酸化炭素で置換されただけだから、全体の量は変わらないので、吸気中に含まれていた窒素には何も影響しない)。

(3)しかし実際は、肺胞気→血液へ移動する酸素の方が肺胞気←血液へ移動する二酸化炭素より多いので、吸気の量より呼気の量(肺胞気の量)のほうが少なくなります。そのため窒素は濃縮されたことになり分圧も高くなります(つまり、気道から肺砲にたどり着くと窒素分圧が増加することになります)。

(4)以前の説明では、この含量差の分だけ余計に新鮮な空気が流れこんでくるので窒素の量が増え、分圧も高くなると説明したのですがわかりにくかったでしょうか。

「VドットO2毎分250ml>VドットCO2毎分200MLはわかりますが、この差が起こる場所は動脈血と静脈血ではないでしょうか。そしてこの差は酸素とCO2のそれぞれの含量差ではないでしょうか。」

→(1)おっしゃるように抹消の組織で酸素を消費し二酸化炭素を産生します。平衡状態では、(平衡状態とは釣り合いがとれている状態のことですから)、消費された分量に等しいだけの酸素が肺胞から血液中へ取り込まれます。組織で産生されたのと同じ量の二酸化炭素は逆に血液中から肺胞へ移動します。

(2)もしこの両者...続きを読む

Qバイクの基礎知識

バイクの基礎知識を身に付けたいのですが、そういったサイトなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

http://www.biketel.com/kiso/
http://www.tossnet.or.jp/inspection.php?itemid=527
これなんかどうでしょう?

Q窒素ガスの成分のハテナ

学校にある窒素ガスボンベ?タンク?についてなんですがこの窒素ガスなのに酸素がなぜか8%含まれていますがこの意味がよくわかりません…きっちり8%でないといけない理由があるならばその理由と、なぜ酸素なのか。

無知な私によろしければ知識を分けて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは標準ガスというもので
その他の気体、濃度も色々選択できるようですが
そちらでの分析の基準として「酸素」「8%」を基準とする必要(測定系の精度など)があるからだと思います。

参考URLを参考にしてみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.sumitomoseika.co.jp/g-e/qanda/kako.html,http://www.sumitomoseika.co.jp/g-e/seihin/catalog/3.html

Qイミダスと知恵蔵と、現代用語の基礎知識

イミダスと知恵蔵と、現代用語の基礎知識農地1冊買うならどれがおすすめですか?

あなたはどれを買いましたか?

現代用語の基礎知識はなぜあんなに貧弱になったんですか?見劣りするのですが。

イミダスと知恵蔵は手帳と地図帳もついてあの値段はお得だと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

図書館に勤めていたころ、レファレンス業務で良く使っていたのですが。
知恵蔵が好きでした。個人的に・・・。
好みがあると思いますし、よく引くであろう分野に強いのかどうか・・・。
引き比べるのが一番だと思いますが・・・・。立ち読みできましたっけ?付録がいっぱいなので、縛ってありますよね?お近くの図書館で触らせてもらってはいかがですか?

Qリン酸化タンパク質の働きを見つけるためには

最近では、いろいろな解析方法が開発されてリン酸化タンパク質も網羅的に検出することができると聞きます。
しかしながら、例えばある疾患特異的に存在するリン酸化タンパク質を発見したとして、そのリン酸化タンパク質がどのような働きをしているかはどのようにして解析するのでしょうか?
発見したリン酸化タンパク質のノックアウトや過剰発現などをすることが多いのかもしれませんが、発現を変化させても必ずしもそのタンパク質がリン酸化されるとは限らないように思えます。
アドバイスがありましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

文脈から見て「リン酸化タンパク質」は「リン酸化されているタンパク質」という意味なのでしょうね?
だとすると、そのタンパク質がリン酸化されるアミノ酸残基は配列から推定可能だし、そのタンパク質を分析することで実際にリン酸基の付いている残基を特定することも可能です。
リン酸基の付加できるアミノ酸残基は限定されていますから、そのリン酸化されていた残基をリン酸基を付加できない物に置換したタンパク質や、負電荷を持つアミノ酸に置換してリン酸化された状態に似せたタンパク質などを元々のタンパク質のかわりに発現させて、影響を調べていけば良いのではないでしょうか。
「リン酸化を行うタンパク質」すなわちリン酸化酵素を標的にする場合は、リン酸化を行う為に必要な酵素活性部位のアミノ酸残基を置換することで解析ができるのではないかと思います。


おすすめ情報