只今、妊娠11週(3ヶ月)です。
来週、早産予防の子宮頸管縫縮術(子宮口を縛る)をうけるために
術前検査を受けました。
検査内容は、心電図、胸部レントゲン、採血だったのですが
胸部レントゲンをとる場合、全身を覆う防護服はあったのですが
胸部のみを撮るために下半身は看護師さんが、お腹側に手で押さえて
当てて撮りました。
撮影は、背中側からです。だとするとお尻のほうを隠すべき?ではないかな?と今更ながら考えていました。
妊娠初期なだけに不安になってきました。
防護服は通常どういう風につけるべきなんでしょうか。
胎児の被爆などが気になって。。。
どなたかお分かりの方、教えてください。
また影響の方はどうでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして。


放射線技師をしてるものです。

胸部撮影をされたという事ですが、これで胎児に影響が出る心配はありません。
大体胸部を一枚撮影するときの被ばくは0.1mSvぐらいです。
数値で言っても解りにくいと思いますが、たとえると、東京-ニューヨーク間の往復フライトだけでで0.19mSvの被ばくがあります。
それに普段普通に生活しているだけで、年間2.4mSv被ばくしています。
ですので、1回の撮影ではかなり微々たる量ですので大丈夫ですよ。

参考URLにわかりやすく説明してあるページを載せておきます。
つかってる単位が違うのでわかりにくいかもしれませんが、一度見てみてください。

つづいて防護服の話なのですが、わたしの勤めている病院では、おなかの防護の為に、腰に巻いてマジックテープで止める防護エプロンがあります。
妊婦さんの撮影などをする時には、これを必ず巻いてします。
機械によっては、体に巻かなくても腰の位置に防護用のプレートをおける陽になっている装置もあったりします。
おなか側に看護婦さんが手を置いたとありますが、意味がありません。
おしり側においたとしても、X線は人体を透過しますので、意味がありません。

その病院さんがどのような運用をなさっているかは解りませんが、どんなに微量な被ばくであったとしても、いいことではないので次撮影なさることがありましたら、おなかにに防護衣を巻いてもらってください。
もしエプロン型を置いてないといわれたとしても、全身のものを腰で止めてでも防護してもらった方がいいと思います。
心配も少なくてすみますしね。

ちなみに全身を覆うものは、子供さんを撮影するときにどうしても家族の方に入ってもらう時や、X線を使用する検査をする際に、ドクターや看護師さんなど、その検査に立ち会う人がつけたりしますよ。
他にエプロン型などもあります。
ちなみに中身は鉛ですよ。

これぐらいでしょうか。
長々と失礼しました。
元気なお子さんを生んでください☆

参考URL:http://www.city.tonami.toyama.jp/tgh/02_treatmen …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました
入院していたためにお礼が遅くなり申し訳ありません。
気にしない事にしました。今更気にしても仕方ないですしね^^;
大丈夫だとどーんと、構えて妊娠生活送ろうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/26 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレントゲン撮影、大丈夫な時期は・・・?

19週目の時に、妊娠中であることを告げたうえで鉛の板(エプロン?)をお腹に巻かれて、頭・首のレントゲンとCTを撮りました。

色々調べてみると、レントゲンを撮らないにこしたことはないが、微々たる放射線の量なので気にすることもない・・・というようなことなのですが、本を読んでいたら「・・・レントゲンを撮ったので(何度も、と書いてありましたが・・)中絶しました」という投稿があり、気になってしまいました。

いつ頃撮ってしまうと、胎児が奇形になってしまうのでしょうか?19週目でレントゲン(+CT)は大丈夫だったのか、よろしくないのか不明です。

気にしすぎかとは思いますが、同じ時期にレントゲン・CTを撮影した方、教えて下さい。

Aベストアンサー

私は、妊娠初期の頃に自分が妊娠しているのに気付かずに、会社の健康診断で胸のレントゲンを撮りました。
義姉がレントゲン技師なので、その時、心配になって色々と聞きました。
結果的には、大丈夫です。
妊娠何週であっても、一回くらいのレントゲンで胎児が奇形になることはないそうです。
それに私の場合、胸でしたがお腹からそれだけ離れていて、一度だけなら、お腹に放射線は殆ど浴びないそうです。
質問者さまの場合、頭と首なので、お腹からもっと離れていますし、エプロンをしていたのならもっと安心ですよ。

#1の方も書いておられますが、19週という週数からしても心配はないと思います。

いずれにせよ、病院で妊娠していると言ったのであれば、心配しなくても大丈夫だと思いますよ。

Q妊娠中の看護師のレントゲン介助

 よろしくお願いします。
 私は、現在妊娠4週で、内科のクリニックに勤務している看護師です。
 私は、レントゲンの撮影の介助をまかされていて、毎日5~6人、2方向撮影します。
 撮影の準備(レントゲンの高さを合わせて先生を呼び、2方向ある場合は、フィルムを入れ変える。撮影が終わったらすぐにレントゲン室に入り、フィルムを取り出し、現像する)をして、撮影のスイッチは先生が押します。

 私は、レントゲン撮影の直後に何度もレントゲン室に入らないといけないので、レントゲン室に残っている放射線が胎児に影響を与えるんじゃないかと思い、不安です。

 うちのクリニックには看護師が着るプロテクターはありません。

 大丈夫でしょうか?ご存知の方、おりましたら、教えてください。

(ちなみに私は2ヶ月前から派遣社員でそのクリニックで働いているので、妊娠したことをまだ言っていません。経済的な理由から、クリニックを辞めれません。)

Aベストアンサー

miho1979さん、こんOOは。

診療放射線技師をしております。

大雑把にいってレントゲン線すなわちX線は光の一種と考えていただいてかまいません。ですから、レントゲン装置を懐中電灯と置き換えれば、スイッチを入れている時は光が出ているすなわちレントゲンが出ている、スイッチを切れば光が消えるすなわちレントゲンは出ていないと理解していただいてよいかと思います。照射スイッチを先生が押しているときにレントゲン室内部にいなければ全く問題ありません。また、光と同様な性質のものですので室内に残留するなんてことはありませんので、撮影直後にレントゲン室内に入っても被曝はありません。ご安心を。

Q妊婦。防護服なしでのレントゲン

歯医者に妊婦という事は伝えてあります。なのでその時は気にならなかったのですが、あとから気になってきたので質問させて下さい。
普通レントゲンを撮る時に防護服を着けると思うのですが、その時は着けませんでした。なのでレントゲンではないのかな??なんて思ってもみたりしたんですが、でもやっぱり気になります。
防護服を着けずにレントゲンを撮る事ってあるんでしょうか?
なんだか心配になってきました。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

#3の者です。
率直な話として、実際上の問題はないと思いますが、赤福や白い恋人と同じで、食中毒が出ていなければいいのかということです。一事が万事というか配慮に欠けたりしている状況を考えると滅菌や感染防御あるいは感染防止に対して適切かどうか不安があります。例えば、先生が素手で治療しているか。手袋使用か?手袋は患者ごとに交換しているか?妊婦に対して適切に薬剤が使用できるのか(処方含め)?ドクターのモラルの問題です。健康被害がなければOKかといえば、これからの時代そういうわけにはいきませんよね~。開業医でもしっかりしているところがあるだけに、頭が痛い。

Q放射線防護服はどのぐらい放射線を防げるのか?

現在福島の原子力発電所では放射性物質の漏えいが続いているため、周辺で作業を行っている人たちが放射線防護服を着用して作業を行っています。

ここで問題ですが、放射線防護服はどのぐらい放射線を防げるものなのでしょうか。

例えば、100mSV/時間の環境下にいても、10mSV/時間の環境下にいるのと同じような効果があるとか?

Aベストアンサー

放射線についてはα線以外は防護服ではほとんど防げません。
β線、γ線、中性子線をあびるとバンバン被曝します。
防護服は、呼吸器や口から放射能を取り込んで起こる内部被曝を防ぐために着用しています。


α線=
透過力が弱く紙1枚で止めることが可能
外部被ばくを考慮する必要はない
内部被ばくでは強い障害を起こす

β線=
数mmのアルミ板、1cm程度のアクリル板で遮へいできる
外部被ばくで障害を起こすことがある
内部被ばくでは障害を起こす

γ線=
透過力が強いため遮へいには鉛や鉄の厚い板が必要となる
一般のX線撮影用の鉛エプロンではほとんど遮へいすることが不可能
外部被ばくで障害を起こすことがある
内部被ばくでは障害を起こす

Q医療ミス?!妊娠6ヶ月(20週)歯科レントゲン

初めまして。
海外在住です。
現在妊娠20週(妊娠6ヶ月)です。歯医者に行き、歯科医に妊娠していて6ヶ月であるということを明確に伝えたのにも関わらず、普通のチェックアップでレントゲン写真を2枚撮られました。
写真を撮る前に「大丈夫ですか?」と聞いたのに・・・。
もちろん、鉛エプロンなんてつけてくれませんでした。

撮影後、再度「本当に大丈夫だったんですよね?」と確認すると、「大丈夫!妊娠していないんでしょ?」と言われ、顔面蒼白です。すぐに「妊娠しているって最初に言ったじゃないですか?しかも20週ということも伝えたし、妊婦カードもみせましたよね?」と伝えると、「妊娠しているとは思わなかった」とありえない回答で。

その後、「歯のレントゲンは12週目までは使用しないけど、その後は大丈夫。しかも僕は君にレントゲンとるよ、いいですか?ときいたよね?だから僕は悪くないでしょ?」の1点張り。

私は誰が悪いかどうかなんてことはどうでもいいのです。ただ、赤ちゃんにどれほどの影響をでるのかをきちんと説明してもらいたくて・・・。今、朝の4時ですが自分がなぜ再度レントゲンについて確認ができなかったのかを後悔するばかりで眠れません。この先の20週、こんな風に昨日のレントゲンの影響ばかりを考えて悩んでばかりだと赤ちゃんに悪いなとも思うのですが、心配で心配でどうにもなりません。レントゲンの影響についてはネットで検索したのでわかっているつもりです。なぜ自ら防げなかったのか・・・。医師に伝えても防いでもらえなかった。後悔と自責の念で押しつぶされそうです。
いまさらレントゲンの影響についておききしたいわけでないので、どなたかこんな私にちょっとでも安堵となるお言葉をいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

初めまして。
海外在住です。
現在妊娠20週(妊娠6ヶ月)です。歯医者に行き、歯科医に妊娠していて6ヶ月であるということを明確に伝えたのにも関わらず、普通のチェックアップでレントゲン写真を2枚撮られました。
写真を撮る前に「大丈夫ですか?」と聞いたのに・・・。
もちろん、鉛エプロンなんてつけてくれませんでした。

撮影後、再度「本当に大丈夫だったんですよね?」と確認すると、「大丈夫!妊娠していないんでしょ?」と言われ、顔面蒼白です。すぐに「妊娠しているって最初に言ったじゃ...続きを読む

Aベストアンサー

産婦人科医です。歯科でのレントゲン撮影での放射線被ばく線量はわずかです。胎児に影響の出る可能性がある放射線被ばく線量に達するには、歯科のレントゲンでは約50,000回必要です。プロテクターをせずに撮影したとしても、妊娠初期であったとしても、まず問題にはなりません。歯科医の対応には少々問題があると思いますが。

Q子供のレントゲン時の防護衣について

3歳の息子が肘の骨折をして、骨折自体は無事に治ったのですが、レントゲン時に私は防護衣を着けてたんですが、息子は何もなしでした。
元々その病院には大人用のものしかなかったので、その時は「子供は付けないものなんだろう」と思っていましたが、後々気になって調べてみたら子供用の防護衣のある病院もあるようなので、何も付けなくて大丈夫だったのか心配しています。転位の生じやすい部位ということもあって結構頻繁にレントゲンを撮りました。骨折した日に4枚(この時だけ大人用の防護衣を息子の下腹部に乗せて撮影しました)、3日後に4枚、1週間後に4枚、2週間後に4枚、5週間後に4枚、そしてこれからも定期的に変形が出てこないか経過観察していく予定になっています。
レントゲンの放射線量は微量だから大丈夫というサイトもいくつか見たのできっと大丈夫なんだろうと思うのですが、1回目の時はわざわざ大人用のものをのせて撮影していただけに、2回目以降の時に何も防護していなかったのが今になって気になっています。

Aベストアンサー

すでにお二人の方がおっしゃっているのと同じ意見です。もし補足になればと思い、筆をとる次第です。
(医療情報技師というのも珍しい資格ですね、私も同様の変な資格を持つものです)

放射線って自然界に存在するもので、日本だと平均で年間2.4mSvほど
浴びております。
公衆被曝や職業被曝について規制はありますが、医療被曝については規制がありません。
医療被曝については、規制しようにも何mSvあびたかよくわからない、というのもありますが、そもそも放射線を放射線治療や核医学を包括的に規制することに無理があります。放射線の強さや量も桁違いですし、それを同じ基準で規制しようとしても、生物学的な効果も違います。

前置きが長くなりましたが、放射線が怖いものであるというわけではないということをご理解いただければと思います。

一般撮影(←レントゲン撮影のこと)における被曝は微々たるものです。特に肺や四肢の場合はそうです。
今回は肘ということですが、撮影部位以外の被曝は、散乱線によるもので、少ないのです。つまり、肘は滝の下で直接浴びますが、それ以外の部分は滝の飛沫だと考えてください。そして滝の下である肘の被曝量は健康に影響が全然ないレベルです。飛沫による被曝が微々たるものであることをご想像いただければと思います。

じゃぁ、なぜ防護衣をするのか。
健康に影響がないと言えるにもかかわらず、防護衣によって放射線を(条件によって違うこともあるのですが、今回の場合)殆どカットできるとわかっている以上、つけましょうね。ということなのです。

とくに若い人の生殖腺から重点的に防護していくことになるのですが、後は、患者さんの体格や撮影体位、を含めて現場の技師さんが判断なさることだと思います。いずれにせよ健康に問題というのはないと思います。

長々と書いてしまいました。
参考になれば幸いです。

すでにお二人の方がおっしゃっているのと同じ意見です。もし補足になればと思い、筆をとる次第です。
(医療情報技師というのも珍しい資格ですね、私も同様の変な資格を持つものです)

放射線って自然界に存在するもので、日本だと平均で年間2.4mSvほど
浴びております。
公衆被曝や職業被曝について規制はありますが、医療被曝については規制がありません。
医療被曝については、規制しようにも何mSvあびたかよくわからない、というのもありますが、そもそも放射線を放射線治療や核医学を包括的に規...続きを読む

QIVR看護師 妊娠したのですが・・・。

放射線部勤務の看護師です。最近、妊娠していることがわかりました。
私の勤めている病院の放射線部で、看護師が妊娠した例は過去なく、師長も処遇に対して判断できないとのこと、「放射線部で自分でできるところとできないところを選んでください。」との返答が・・・。
部署移動される施設もあると聞きますが、放射線部内で勤務を続行されている施設はあるのでしょうか?
私の病院の放射線部では、アンギオ、心臓カテーテル、透視室、造影CT室と造影MRI室の介助(穿刺、注入、抜針)、婦人科のヒステロと泌尿器科のUG,DIP、腎漏増設などの介助などです。
カテ室はプロテクターをしているとはいえ、常に放射線が出ているなかでの介助が含まれるため、除外されるとは思います(放射線技師より看護師の方が被爆率が高いというデータもあります)。その他のCT,MRIでの介助はまったく問題ないのでしょうか?MRIは放射線がでていないにしても、ガントリーに近づくことでMRIを受けていると同様の影響があると聞きました。私の病院では3テスラのMRIを使っています。
放射線部勤務を持続するとしても、一番影響を受けやすい15週までは、なんとか安全な状態で、安心して勤務をしていきたいと思っています。
ご意見、ご経験などよろしくお願いします。

放射線部勤務の看護師です。最近、妊娠していることがわかりました。
私の勤めている病院の放射線部で、看護師が妊娠した例は過去なく、師長も処遇に対して判断できないとのこと、「放射線部で自分でできるところとできないところを選んでください。」との返答が・・・。
部署移動される施設もあると聞きますが、放射線部内で勤務を続行されている施設はあるのでしょうか?
私の病院の放射線部では、アンギオ、心臓カテーテル、透視室、造影CT室と造影MRI室の介助(穿刺、注入、抜針)、婦人科のヒステロと泌尿器...続きを読む

Aベストアンサー

診療放射線技師です。

放射線管理区域内(X線・CT撮影室など)で、
X線に曝露される状況であれば、放射線業務従事者に該当しますから、
当然フィルムバッジなどで個人被曝管理をされていると思いますが、
職業被曝には医療被曝と違って被曝限度が設けられています。

妊娠予定のある女性の職業被曝限度は、
5年で100mSv,
1年で50mSv,
3か月で5mSv. 
となっています。

さらに妊娠中の女性については、妊娠予定のある女性の規則に加えて,
妊娠の事実を知った時から出産までに内部被曝限度1mSv, 腹部表面被曝限度2mSv.
となっています。


ただ、個人的には限度が設けられているから、
それを超えなければ良いということではないと思います。
統計的に安全だと分かっていても、何らかの障害があった場合、
それが放射線に拠るものかどうかなど、分かり様が無いからです。


技師が何人か居る施設でしたら、
放射線管理士認定を取っている技師はいませんか?
あるいは放射線技師長に相談できませんか?
自分がそちらの施設の技師長であったら、
看護師長に配置転換を進言すると思います。
放射線よりも、あれこれ心配する事の方が、胎教に悪いと思うからです。
交代できる要員があれば、配置転換が普通だと思います。


また、MRIの強力な磁力の影響は、
100%分かっているわけではないと思います。
胎児への影響など、実際に治験など出来ませんし。
国内で3テスラが使われるようになったのも、ここ最近ですよね。
それまでは長いこと1.5テスラが最大でした。
撮影中で無くとも、磁力は発生しています。

それから、プロテクタは散乱線には有効ですが、
直接線は透過しますので、過信しないように。

診療放射線技師です。

放射線管理区域内(X線・CT撮影室など)で、
X線に曝露される状況であれば、放射線業務従事者に該当しますから、
当然フィルムバッジなどで個人被曝管理をされていると思いますが、
職業被曝には医療被曝と違って被曝限度が設けられています。

妊娠予定のある女性の職業被曝限度は、
5年で100mSv,
1年で50mSv,
3か月で5mSv. 
となっています。

さらに妊娠中の女性については、妊娠予定のある女性の規則に加えて,
妊娠の事実を知った時から出産までに内部被曝限度1mSv, 腹部表面被...続きを読む

Q6週4日で胎芽と心拍が確認されませんでした。流産してしまうのかとても不安です。

現在妊娠6週6日の者です。初診は4週5日で、子宮内に3.5mの胎嚢が確認できました。
2回目の検診は6週1日で、胎嚢は17.7mでしたが胎芽と心拍は確認できませんでした。
一応、胎嚢の中にうっすらと白いものが見えており、
先生は「多分これなんだと思うけど、動きが確認できないからまだ何とも言えないねぇ」
とおっしゃっていました。
また1週間後に来るように言われましたが、次回の検診まで待ちきれず
その3日後の6週4日に再びエコーで見てもらいましたが、依然として状況変わらずでした。
先生には、「今の段階でまだ胎芽と心拍が確認されないのはちょっと遅いねぇ、
最近は、胎嚢は確認されても胎芽が確認されないまま流産してしまう事が多いんですよねぇ」
と言われ、とても心配になってしまいました。

また、私は未だにつわりらしい症状が全くなく、出血、お腹の張りもありません。
基礎体温が平均37℃(36・8~37.2℃位の間)をキープしている事と
普段より眠気を強く感じ、睡魔で主人が帰ってくるまで待っていられない事、
あとは胸の張りぐらいしか、妊娠を実感できる体の変化がありませんが、
昨日ぐらいから、胸の張りも次第に治まってきたような気がします。

長くなってしまいましたが、
(1)6週4日で胎芽と心拍が確認できない場合、流産の可能性が高いのか?
(2)普通、何週目ぐらいまでに心拍の確認がされないと、流産と診断されるのか?
(3)胸の張りが治まってしまうという事は、流産の兆候なのか?

を教えていただけると有り難いです・・・。
ちなみに、基礎体温と排卵チェッカーを併用しての妊娠で、排卵日は特定できており、
排卵の遅れ、週数のズレはありません。

どうか宜しくお願い致します。

現在妊娠6週6日の者です。初診は4週5日で、子宮内に3.5mの胎嚢が確認できました。
2回目の検診は6週1日で、胎嚢は17.7mでしたが胎芽と心拍は確認できませんでした。
一応、胎嚢の中にうっすらと白いものが見えており、
先生は「多分これなんだと思うけど、動きが確認できないからまだ何とも言えないねぇ」
とおっしゃっていました。
また1週間後に来るように言われましたが、次回の検診まで待ちきれず
その3日後の6週4日に再びエコーで見てもらいましたが、依然として状況変わらずでした。
先生には、「今...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちよく判ります。
現在2人目を妊娠、7ヶ月です。
私も基礎体温を計って計画的に妊娠したので、排卵日は特定していました。
同じように6週での診察時、袋は確認できたけど、
心拍がまだ確認できないので1週間後、と言われ、
大変不安な1週間を悶々とすごしました。
ネットで調べても、その頃には確認できる、などと
あり本当に不安になりました。
知り合いの助産士に主人が電話で聞いてくれ、
「そんなことはしょっちゅうよ!」と励まされました。1週間後、無事に確認できましたよ。
現在は技術の発達のせいか、なんでも早く早くという
傾向があるように感じます。検査薬も性能がいいですしね。
確認できた後も、安定期に入るまでは基礎体温を計り続け、流産の傾向がないことを確認しました。
(流産の場合は体温がさがりだすとのことなので)
(2)についてはやはり8週くらいがボーダーでしょうか…次回の7週の検診時にも確認できず、また来週ということになれば聞いてみてはどうでしょうか?
しかし、6週でそのように言われる先生でしたら、なんだか嫌ですね。私のときは、判る人は判るけど、この時期は判らないからといってすぐに流産という判断はくだせないから安心してね、と言われました。
どうかあかちゃんが無事でありますように…

お気持ちよく判ります。
現在2人目を妊娠、7ヶ月です。
私も基礎体温を計って計画的に妊娠したので、排卵日は特定していました。
同じように6週での診察時、袋は確認できたけど、
心拍がまだ確認できないので1週間後、と言われ、
大変不安な1週間を悶々とすごしました。
ネットで調べても、その頃には確認できる、などと
あり本当に不安になりました。
知り合いの助産士に主人が電話で聞いてくれ、
「そんなことはしょっちゅうよ!」と励まされました。1週間後、無事に確認できましたよ。
現在は...続きを読む

Q障害持ちの子供が生まれる理由

障害持ちの子供が生まれる理由

何故、障害持ちの子供が生まれるのでしょうか。
運ですか?それとも親に原因があるのですか?それとも両方ですか?

例えば、どちらかが病気持ち、医薬品を飲んでいる、喫煙者だと出来やすいとか母親の体が弱いと出来やすいとか・・・。

私の彼女は体が弱くうつ病なのですが、(症状はだいぶ良くなって見た感じはうつ病には見えないぐらい元気です)可能性はあがりますか?

今、生まれる前に検査できるとかも聞いたのですが、それも出来ますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「障害」とは何かの定義が全然出来ていないようですね。

まず染色体異常等の「生まれてすぐわかる奇形」(該当者の方には申し訳ない表現ですが)を避けることはむずかしいと思われます。
遺伝子を複写する段階である一定の確率でミスコピーが起きるため、運が悪ければ両親とも健常者でも子どもに障害が出る場合があります。
お子様が先天的な知的障害を持って生まれた家の場合、何かのせいにしたくて「アレが悪かった」「コレが悪かった」という原因探しが始まって家族全体が疲弊することがあります。
気持ちは分かりますが、世の中には「原因はわかっていても、原因を防止することができない」ことが存在するということを認めるしかないと思います。


次に鬱病ですが、うつ病の「原因」ですが、脳内のある物質が少ないとうつ病になると言われています。
反対に多すぎると妄想が見えたりするそうです。
この分泌物の量は遺伝します。
しかし、遺伝的要因だけでうつ病になるのではありません。
多くの精神疾患は遺伝的要因+外的ストレスによって発動しますから、お子様が発動しない可能性もあります。

最後に、生まれる前の検査で分かる障害ですが、前者がわかるのではないですか?
貴方の彼女も、うつ病になる前は健常者として生活してきたはずです。
さらに追い討ちをかけますけど、障害の検査をして、障害が発覚したらどうするのですか?
中絶ですか?

不安なのは分かります。
しかしこの質問の隠れた本音として、「うつ病の彼女と結婚したいか、したくないか」「うつ病の彼女と子どもを作りたいのか作りたくないのか」というあなた自身の、彼女に対する愛情の多寡の問題を、遺伝や出産に責任転嫁しているように見えます。

「障害」とは何かの定義が全然出来ていないようですね。

まず染色体異常等の「生まれてすぐわかる奇形」(該当者の方には申し訳ない表現ですが)を避けることはむずかしいと思われます。
遺伝子を複写する段階である一定の確率でミスコピーが起きるため、運が悪ければ両親とも健常者でも子どもに障害が出る場合があります。
お子様が先天的な知的障害を持って生まれた家の場合、何かのせいにしたくて「アレが悪かった」「コレが悪かった」という原因探しが始まって家族全体が疲弊することがあります。
気持ちは分...続きを読む

Qつわりが消えた!?

妊娠7週に入ったところなのですが、
2週間ほどまえからあったつわり(吐き気)が昨日の午後から
ピタッとなくなってしまいました。
つわりがなくなるのが、流産のしるしのような気がして、
とても不安です・・・。
明日、病院へ行く予定なのですが、
不安で不安で仕方ありません・・・。

どなたか、早い週数でつわりが終わってしまっても
流産されなかった方、いらっしゃいませんか??
よろしければ、体験談をお聞かせください・・・!!

Aベストアンサー

つわりのなくなる時期は人によってさまざまです。
確かに流産したときにつわりがなくなると言いますが、流産でなくてもつわりが感じられなくなることはありますよ。

かくいう私も急に悪阻が感じられなくなったときに、ものすごく心配して医師に尋ねました。
私の場合は出血もあり切迫流産で入院中だったので余計に心配だったのですが、医師に「つわりのことは関係ないですよ」と言われました。
(ちなみに無事、元気な子を出産しました)

心配やストレスはお腹にさわりますから、あまり気にしない方がいいと思います。
子供の生命力を信じてゆったりとした気持ちで過ごすのが一番です。

安産でありますように。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング