すんません教えてください。
東京OR横浜で、割と小さめでライブを聴きながら
飯/酒が安めにtakeできるお店は無いでしょうか?
関西(茨木市)にいた頃、ローカルバンドの演奏を
聴きながらビール(500円)を飲んでいたのが懐かしく
ふとこちらでも無いものかと思い、質問させて頂きました。
ご存知でしたら是非、教えてください。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

調布でしたら福生まで足をのばしてみてください。



いろんなセッションを日替わりでやるUZUや店の名前は知りませんが駅前にも
JAZZの生演奏の店があります。

その他でも小さな飲み屋に大滝えいいちや外道の加納さんが立ち寄ったり
なかなかハプニングが多い街ですよ。
    • good
    • 0

全部、横浜の関内ですがこんな店があります。



Oldies Club
http://www.yk.rim.or.jp/~s-bonjo/

ヨコハマ リトルダーリン
http://gnavi.joy.ne.jp/gn/jp/p160400s.htm

あと、HPはないようですが、「BoTToms Up」という店もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答有難うございマス。
関内は友達が住んでいてたまに行くので、
こんどさがしてみます。
私も良い店をみつけたら報告いたします。
有難うございました。

お礼日時:2001/02/02 16:58

テーブルチャージのありなしはどうでしょう?



うちの近所であれば結構そういう店ありますがうちが
あなたの言う東京に含まれるかどうか>西多摩

新宿ならココロコ(歌舞伎町)って店がそんなに高くなくてのめる店かな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うちは調布なので西多摩でもぜんぜん大丈夫でございます。
こういう店はやはりローカルで楽しめるものがよいですよね。ちょっときがるに立ち寄るような。
よろしければ是非おしえてください。
お願いいたします。

お礼日時:2001/02/02 17:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q聴き栄えのする連弾の曲はなんですか?

聴き栄えのする連弾の曲はなんですか?

中学・高校の全校生徒の前でピアノ連弾を披露しようと考えてます。
選曲に悩んでます。

・聴き栄えがする(みんなが「オッ」と思うような)
・ある程度の難易度のもの
・誰もがわかる有名な曲

という条件にあう連弾の曲はありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中高生が分かる有名な曲ということですが、スコット・ジョプリンのエンターテイナーはどうでしょうか?
映画『スティング』で使用された曲ですが、CMなどで今でも使用されているので
どこかで必ず聞いていると思います。

難易度もそこそこあります。


ベーレンライター 連弾のためのピアノアルバム
http://repertory.jp/item/score/BA6559/

この楽譜に30曲ほど入ってて、ハイドンやJCバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンからストラヴィンスキー、ドビュッシー
サティ、リスト等の曲もあります。

この中で1番耳になじんでいる曲はやっぱりエンターテイナーですが、1冊買って
弾きながら選ぶのも良いんじゃないでしょうか。

円高だからか、私が買ったときよりも安いですね。

Q作り手と聴き手、音楽共感(共に感じる喜び)の大切さ

 何でだよ曲作り(笑)を質問したIAMAGODです。前回このような軽率な質問をいたしまして大変反省いたしております。今回このような反省を含めまして改めて質問をさせていただきます。前回あまりにも悪ふざけにも度が過ぎました前回のURLです。http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=488692

オリジナリティーとは、つまり、その人それぞれの音楽的経験により「個性」は自ずと違ってくる。作り手と聴き手の共感(ともに感じることができる)
 ここで、初めて作り手と聴き手との意思疎通が成り立ったといえるのでしょう。これを表現できたというのでしょうか? それなに、独りよがりのオリジナルを作ったとわがままに自己中心的な曲を相手に押し付けているのは、聴き手にとっては大変聞苦しい曲でしかないのかもしれません。私自身本当は、オリジナリティーって、大事なものなのかと考えております。自分で作ってて本当につまらない音楽なのです。
 楽しくない音楽を聴き手のリスナーは求めているのかなと思うと、やっぱりリスナーは本当に共感できる音楽を求めているのでしょう。楽しい音楽はやはり沢山聴かれます。よくインディーズでもオリジナリティーを重視しています。と書かれているので聴いてみると、結局は自分の押し付け音楽だったりしますし。

 気持ちい音楽を大事にしていきたいと思いました。有名な作曲家の言葉で、「音楽には2つしかない。よい音楽と悪い音楽だ」やはり共感できる音楽を作りたいものです。メロディーは沢山出てきますが、やはりどこかで聴いたことのあるメロディーしか出てこないこれに、コードやリズムの制限が出てくるとさらに、限定される。そこから気持ちよい共感できる音楽を探すことが大切だと感じました。そこで、皆様の考える

【作曲者と聴き手が共感できる音楽とはどのようなものなのでしょうか?】 お教えいただければ幸いです。

 何でだよ曲作り(笑)を質問したIAMAGODです。前回このような軽率な質問をいたしまして大変反省いたしております。今回このような反省を含めまして改めて質問をさせていただきます。前回あまりにも悪ふざけにも度が過ぎました前回のURLです。http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=488692

オリジナリティーとは、つまり、その人それぞれの音楽的経験により「個性」は自ずと違ってくる。作り手と聴き手の共感(ともに感じることができる)
 ここで、初めて作り手と聴き手との意思疎通が成り立っ...続きを読む

Aベストアンサー

満足いく回答ができるかどうかわかりませんが、無理矢理書いてみます。

あなたの音楽を聴いている瞬間のリスナーの顔をよく見ていますか?

聴き手と共感云々を論じる前に、聴き手の感じ方を肌で感じる、
そして音楽の中で対話することが近道ではないでしょうか。

私は趣味で楽器を演奏する素人です。
高々数百回程度のステージ経験しかありませんから自信を持って言えるわけではありませんが、
演奏中にお客さんの顔を良く見ることができるようになってから、
お客さんの反応が良くなったな、と感じられるようになりました。
具体的には、たとえばアドリブソロを演奏するときに、
集中するために目を閉じて演奏していた時期には、
最初は新鮮だったのかウケが良かったのですが、
そのうち飽きられたのか拍手も小さくなるようになりました。
そこであるときから必ずお客さんの顔をじっと見ながら演奏するようにしたら、
段々と反応が良くなってきたような気がしました。
お客さんが変わったのではなく、きっと自分が変わったんだと思います。
自分がどう変わったのかは残念ながら言葉で表現できませんが、
きっと自分の中で対話を大切にしようという意識を持ったからこそ、
結果的に気持ちが伝わるようになったんじゃないかと思うんです。

音楽だけでなく、たとえば芸人さんとかもそうなんじゃないかな、と思います。
ご参考になれば幸いです。

満足いく回答ができるかどうかわかりませんが、無理矢理書いてみます。

あなたの音楽を聴いている瞬間のリスナーの顔をよく見ていますか?

聴き手と共感云々を論じる前に、聴き手の感じ方を肌で感じる、
そして音楽の中で対話することが近道ではないでしょうか。

私は趣味で楽器を演奏する素人です。
高々数百回程度のステージ経験しかありませんから自信を持って言えるわけではありませんが、
演奏中にお客さんの顔を良く見ることができるようになってから、
お客さんの反応が良くなったな、と感じ...続きを読む

Qバック演奏の聴き方

教えて下さい。
まずはブルースからということでアドリブの練習を始めたのですが、どうしても「迷子状態」になってしまいます。
拍数をいちいち数えるのではなくバックの演奏を何回もよく聞こめば、今どこを演奏しているのか分かるようになる、ということですがもう一つ何をどう聴き込んだらよいのか分かりません。
バック演奏の何をどう聞き取る訓練をしたらよいのでしょうか。
その他、「迷子状態」を克服するための練習方法として具体的にアドバイスいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

NO1の者です。
「コードの追求」というのは、要は、今バックでどういうコードが流れているかというのを認識することです。勿論、繰り返し聞くというのは絶対条件なんですが、聞きながら、実際にギターのコード弾いてみて、
あっているかあっていないかを確かめていくんですよ。例えば、メジャーCのコードを弾いてみて、合わなかったら、他のコードで試す。これの繰り返しですね。難儀な作業だとは思いますが、これで、コード感ってのを掴んでもらうと良いと思います。
コード感っていうのは、そのコードが持つ特性みたいなものです。例えば、メジャーCのコードなら、構成音がルート、メジャーサード、5度なわけじゃないですか?7THのコードなら、その7THの音が、特性音なわけです。そのコードを特徴づける音というか、そういう感じです。これは、繰り返し、聞いていただいて、
弾いていただいて、掴むしかないと思います。あとは、コードの構成音の初歩的な勉強もすれば、さらに良いかと。長々とすみません。

Qベースの聴き方がよくわかりません。

ツインギターのバンドが好きでよく聴くのですが、
ベースの役目がいまいちよくわからずに聴いています。

ドラムとのリズム隊、グルーブ感をだす・・んだろうなぁと
思いながらも、時々、今ベースの音する?どれ?と
見失いそう(聴き失いそう)です。
ギターの音に気がいっているせいもあるかもしれません。

ベースを聴く楽しみ方を初心者の私に教えてください。

Aベストアンサー

ミキシングの仕方にもよりますが、非常に音を拾いにくい曲もあります。自分はベースを弾くのですがこういう曲をするときはほんとに困ります。

それはともかく、ベースの音は「聞く」というより「感じる」ものであるという面もあります。

ドラムがリズムを刻みギターやキーボードが中域より上に乗る、ベースは中低域を音圧で満たすという感じです。ベースを抜くと「足は地面についているが下半身がスース-するような感じ」がします。

極端な例を一つ
http://mora.jp/package/80312032/0724349691650/
IRON MAIDEN ですが特に初期の荒々しい音作りの中でベースが硬質な音で暴れまくっています。ツインギターの合間を縫ってときに全面に出てきます。このような音作りをするバンドもいます。

Q平均律と純正律の違いは凡人の耳でも聴き分けできる?

平均律と純正律の意味を最近知った者です。
まったく同じ曲をそれぞれの調律法で演奏したデータを聴き比べたのですが、あまり違いがわかりませんでした。
一箇所、明らかに響きの違う和音は見つけましたが、それ以外はどちらも違和感なく聴けたし、どこがどう違うのかわかりませんでした。
これって、絶対音感を持つ人のように、周波数の微妙な違いも聴き分けるような耳を持ってないとわからないのですか?
そんな私は絶対音感持ってません。
日ごろ耳コピー演奏を好きでよくやり、音感はどちらかと言えば良い方だとは思いますが、絶対音感テストにあるような、同じ「A」の音でもわずかな周波数のズレとかになるとまったくわかりません。
純正律と平均律の違いを実感してみたいです。

Aベストアンサー

音階ではほとんどの凡人?は聞き分けられませんが、和音なら体感できます。
多分、質問者さんは、ギターを弾かれると思います。
純正の協和音というのは、もともと自然界にある倍音を鳴らしたもので、当然によく溶け合います。クロマチックチューナーがあれば、ギターで純正な和音を簡易的に体験するのは簡単です。
まず各弦をチューニングメーターで完全に合わせます。
次に、第6弦の4フレットのハーモニクスを鳴らします。(実際は、4フレットより2mmほどナットより、3.9フレットあたりです。)
これが、第6弦の開放弦ミ(E)に対する、純正長三度のG#(ソ#)の音です。
このときに、クロマチックチューナーなら、「G#」と表示され、かなり低いところを示します。(「もっと上げなさい!」という表示になるはずです。)もちろん糸巻きは触ってはいけません。
その表示を覚えておいて、今度は第3弦の1フレットの音ソ#(G#)を、覚えておいた表示になるように合わせます。本来のチューニングからかなり下がりますが、それで正解です。要するに第3弦1フレットのG#を第6弦Eに対する純正長三度に合わせるのです。そうしておいて、ローコード「E」を押さえ、ドロ~ンと鳴らします。非常に各弦が溶け合った柔らかい響がします。まるで6本の弦が1本になったような響です。この響が純正な協和音にかなり近いものです。いかがでしょうか?非常にマイルドな響に感じませんでしょうか?一流の弦楽合奏団が合奏でEコードを弾けばこんな風に響きます。
そして次にローコード「C」を押さえ、第5弦からドロ~ンと鳴らしますと、「これがC?」と思うほど濁った響がします。
せっかく「E」がキレイに響いても、「C」がこれでは、ギターとしては使い物になりません。ここから第3弦を少し上げると、また聞き慣れた「C」の響に戻ります。このときに第3弦の開放をチューナーで測定すると「G」と表示され、もとのチューニングになります。「E」を弾くといつもの「E」の響に戻っています。これが平均律の響です。特別に良く響くコードも無ければ、特別に聞き苦しく濁るコードもなくなり、「平均にまあまあ」な響となります。各音どれも平均にまあまあ合格点になるようにと微調整した結果が平均律ということです。
先ほどの体験のとおり、第3弦を少し下げた結果の、純正に近い「E」と、濁った「C」の響の違いが聞き分けできなければ、残念ながら純正ハーモニーを味わうことは不可能です。なお、上記の体験は、目分量で第3弦を下げても体感できます。第3弦は相当下げても「E」コードの響は濁りません。しかし、「C」を弾くとヒドイことになります。それで大体感じは分かると思います。

音階ではほとんどの凡人?は聞き分けられませんが、和音なら体感できます。
多分、質問者さんは、ギターを弾かれると思います。
純正の協和音というのは、もともと自然界にある倍音を鳴らしたもので、当然によく溶け合います。クロマチックチューナーがあれば、ギターで純正な和音を簡易的に体験するのは簡単です。
まず各弦をチューニングメーターで完全に合わせます。
次に、第6弦の4フレットのハーモニクスを鳴らします。(実際は、4フレットより2mmほどナットより、3.9フレットあたりです。)
これが、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報