ある水溶液からの換算について
CaCO3からCaOに換算する方法を教えてください。
 Ca 1当量
 Mg   2.5当量です。
 CO2は、20ppmです。

ここまでは考えたのですが?
Mg(OH)2は、2.5*58.3/24.3=6g
CaCO3は、0.0020*100/61=0.033g
この後はどういうふうに考えてCaOの%をだすのでしょうか?
すいませんが教えてください。

A 回答 (1件)

質問自体が意味不明ですので、回答不能です。



>CaCO3からCaOに換算する方法
CaCO3を分解することによって生じるCaOの量のことですか?

>Ca 1当量、Mg 2.5当量です。
???意味をなしていません。

ここまでは考えたと言われても、何をどう考えたのかさっぱり想像が付きません。MgとCaの関係は???
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水の硬度について(なぜMgをCaCO3に換算できるか)

水の硬度についての質問です。

硬度は「水1リットル中に含まれるカルシウム・マグネシウムの量(ミリグラム)を、炭酸カルシウム (CaCO3) の量に換算する。」と定義されているようです。

硬度 (mg/L) =[カルシウム量 (mg/L)×2.496] + [マグネシウム量 (mg/L)×4.119]

と、一般的に書かれていると思います。

カルシウムは炭酸カルシウムだと仮定して
CaCO3(100.1)÷Ca(40.1)=2.496
の数値を導いているのだと思いますが、

「CaCO3(100.1)÷Mg(24.3)=4.119」の式が理解できません。

CaCO3を構成する成分にMgは関係ないので、なぜこの式が成り立つかわかりません。

ご存じの方、この式が成り立つ理由を教えていただければ嬉しいです。
ヒントでも構いません。

Aベストアンサー

専門ではありませんので推測で書きます。
化学の分野では物質の量をモルを用いて表します。モルは数を問題にしています。

水の硬度を考える場合も基本はモルなんだろうと思います。
Mg2+の数とCa2+の数の合計が仮に100個あったとすると50,50でも20,80でも硬度は同じと考えていると思います。

1L中に含まれているCa2+の量をag、Mg2+の量をbgとします。Ca2+はCaCO3の形だけで含まれているとは限らないでしょうから一度Ca2+の形で量を考えているのでしょう。Mg2+についても同様です。
合計のモル数は
a/40.1+b/24.3
です。
これだけのイオンがあれば全てCa2+であっても同じと見ています。

これでもいいのですが測定に対応させやすいようにまた硬度のイメージが取りやすいように「Ca2+がCaCO3の形で存在しているとしたらいくらになっているか」の量で示すとします。上の式に100.1をかけると出てきます。
(a/40.1+b/24.3)×100.1
この式は質問の中の式と同じです。

Qppmからmg/hrへの換算

オゾン濃度75ppm 2L/minの場合 mg/hrだとどれぐらいの数値になりますでしょうか?
比重が1ではないと思いますので計算できません
比重が1でも出来ないのですが・・
どなたか、わかる方いらしたらご教授ください

Aベストアンサー

標準状態のオゾンの密度は、2.2kg/m3です。
2L/min→120L/h、オゾン容積に換算すると、120××75×10^-6=0.009L、オゾン重量=0.009×10^-3×2.2=0.0000198kg→19.8mg
したがって、19.8mg/hです。

Q濃度換算について(mg/m3→ppm)

「環境空気中のベンゼン濃度95mg/m3をppmに換算せよ。
ベンゼンの分子量は78とする。」という問題を解きたいのです。ちなみに回答は29.8ppmなのですが、換算過程を教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっと情報不足ではないでしょうか。
試行錯誤して一応解答の29.8ppmにたどり着きましたが。

仮定1 求めるのは質量のppmではなくて、molのppmなんでしょう。
仮定2 温度は25℃、気圧は1atm

とした上で進めます。
(1)25℃での空気1m^3に含まれる分子のmol数=(1000/22.4)×(298/273)  
∵標準状態で気体1molあたり22.4リットル、1m^3=1000リットル

(2)空気1m^3に含まれるベンゼンのmol数=0.095/78

(3)
(2式)÷(1式)=29.78×10^-6

ppmはご存知かと思いますが、parts per million、いわば百万分率です。
したがって、29.8ppm

Q濃度(ppm)からミリグラム(mg)に換算方法を教えてください。

仕事上で濃度ppmからミリグラムに換算して、回答にしなければならないのです。回答方法が解らないので、教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#6です。補足見ました。

5×350/1000000=0.00175g=1.75mg

5g中に三酸化アンチモンは1.75mgあります。

Q .01-.10ppm を g/m3 に換算

オゾン濃度 .01-.10ppm を g/m3 に換算したいのですが 教えてください。

Aベストアンサー

#2です。

温度t[℃]、圧力p[kPa]の気体とする。
温度は絶対温度に直すと、T=t+273[K]
標準状態は、0[℃]、101.3[kPa]だから、
モル体積は、

22.4×T/273×101.3/p=22.4×0.371×T/p[L/mol]

になる。
したがって、前の回答の計算の22.4の代わりにこれを使えばいいが、
結局、前の回答の結果に1/(0.371×T/p)=2.70×p/Tを掛ければいいから、

1[ppm]=0.00214×2.70×p/T
=0.00578×p/T=0.00578×p/(t+273)[g/m^3]
になる。

ちなみに、常温(20[℃])、大気圧(101.3[kPa])なら、

1[ppm]=0.0020[g/m^3]

になるので、温度や圧力がこの付近のふつうの計算では、これで換算するのが実用的だろう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報