先日実家に行ったら、かなり古いウイスキーが
置いてありました。ウイスキー好きの私としては
即【イタダキ】となったんですが、
古すぎてコルク栓が乾燥してしまい、ちぎれてしまいました。

あと3本ほど同じような状態のウイスキーがあるのですが、
ちぎらないで取る方法はありますか?お知恵をお貸しください。
一応、ワインのように傾けるように置きなおしたのですが、
その程度で、解消されるんでしょうか。

A 回答 (3件)

飲む前で大丈夫ですよ。

30秒くらい。(それでダメならもう少し染み込ませるために置きます)で、徐々に抜いていけば大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
残りの3本は失敗しないように
がんばります。

お礼日時:2001/02/02 17:23

中に入ってしまったコルクのかけらは、クレラップを袋状にしてビンの中に入れて、その袋の中に箸などでコルクを入れて、引き出せば取れると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
先日落としてしまったコルクを
取るのにひと苦労してしまいました。
是非ためしてみます!!!!!!

お礼日時:2001/02/02 17:27

ボトルを逆さまにして、しばらく置きます。

(コルクに染み込ませる。)そしてコルクを抜くと大丈夫です。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
しばらくというのは一晩程度でOKという
ことでしょうか?

補足日時:2001/02/02 16:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q擬似ワインコルク栓について?

擬似ワインコルク栓について?

前に、擬似ワインコルク栓について質問しました。
私が気がついたのは、フランス、南アフリカ、そしてアルゼンチンのワインでした。

コルク栓に supreme corq と印刷していたので、調べてみましたらアメリカの会社
(http://www.supremecorq.com/index.htm)でした。コルクくずが入らないとか、
上向き保存(upright)など、擬似コルク栓の効用が解説してしました。

ソムリエが(あるいはワインの解説書)、コルク栓を抜き、そのコルク栓の
臭いをかぐのは、悪いコルクで(カビ)ワインが傷んでいないかを確認する、
とのことですが、この擬似コルク栓であればそのような心配はないことになります。

そこで、皆さんのどんなコメントでも良いですから、この擬似コルクについて再度お願いします。 擬似コルク栓は嫌、擬似コルク栓の優れた機能を評価 など。

また、日本のワインメーカーで採用しているところがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

リーズナブルなワインに使用される割合が高まるでしょうね。
実際、天然コルク栓の価格が安い物でも1個20円位するみたいですから・・・
疑似栓に換えるだけで、収益がアップするのをメーカーは見逃すはずが有りません。
天然栓から安価で品質一定の疑似栓に切り替えていくのは時間の問題かと思います。

消費者も、「安いワインなら仕方ないか」くらいに思うでしょう。
ただし、高級ワインが疑似栓だと、中身が本物でも安っぽく感じてしまいイメージダウンになり、売り上げに影響する。
メーカーもワイン価格によって、使い分けていくだろうと・・・

そして、コルク需要が減少する事により、コルク製造会社の将来も気になるところです。

Qウイスキーのコルク

少し古いウイスキーのコルク栓を抜きましたら、コルクがつぶれてウイスキーの中へ入って、一部だけが栓になっている上のキャップに、少しだけが着いています。

じゃまなので取ってしまいましたが、現在、キャップがウイスキーボトルの上においてあるだけの状態です。

このコルクだけでも売っていたら買って差し込むか、したいのですが、それ以外に何か良い方法があるでしょうか。

また、コルクはどこで売っていますか?
酒屋で聞いても「知らない」というのです。スーパーで聞いても「取り扱ってない」というのですが・・・。

Aベストアンサー

お酒売り場に行くと、ゴムのキャップとか色々有ります。バー用品ですね。

Qワインのコルク?

お正月用にワインを買い込みました。 ワインのコルクを開けるのも、ある種の楽しみです。 で、ふと気が付いたのですが、コルクでないコルク栓のボトルがありました。 「コルクでないコルク栓」は、プラスチックのチューブにスポンジのようなものが詰め込まれた「擬似コルク栓」でした。多分、コルクの機能(空気を適度に通す?湿度で収縮?)をそれなりに持っていると思いますが、ワインとコルク栓のイメージがあるものですからなんか腑に落ちません。 もちろん、コルク栓の代わりに、金属キャップのワインボトルは昔からあるのは知っています。擬似コルク栓になんとなく違和感?寂しさ?を感じました。 皆さんのコメント、何でも良いです、教えてもらえれば幸いです。 2005年は良い年で有りますよう、祈念し.......

Aベストアンサー

最近は偽コルクのワインが増えています。アメリカに住んでいるので、カリフォルニア産ワインを飲むことが多いのですが、大手メーカー(モンダビなど)でも、偽コルクを使っています。スポンジ見たいのをゴムのシートで包んだようなものもあるし、ただゴムの塊みたいなのもあります。本物のコルクよりも、コストが低く、最近の偽コルクは栓としての機能はコルクと変わらないそうです。あと、コルクは木からできるものなので、コルクを使わないほうが自然保護になる…といった考えもあるようで、わざわざ「偽コルクを使っている」と宣伝しているワインもあります。でもゴムやスポンジも環境によくなさそうですけどね。

でも私はコルクを集めているので、偽コルクを使っているワインは一切買いません(笑)。

Q古いウイスキーが見つかりました

28年前のサントリーオールドが見つかりました。(干支のウサギのラベル)
箱に入って物置にあったので直射日光は当たっていないと思います。
飲んでも問題はないでしょうか?

Aベストアンサー

ワインビジネスに従事しています。

28年前というと、1987年ぐらいのものですね。
きちんとした保存状態であれば、アルコール度数も40度以上ありますから、まず問題なく飲めると考えます。
実際に影響があるかどうかはあけて香りをチェックしなければわかりませんが、コルクなどを使ってないキャップシールであればさほど心配する必要はないと考えます。

Qワインのコルクがうまく抜けない

ワインが好きで時々楽しむのですが、コルクがうまく抜けません。
てこの原理でコルクを押し上げる、初心者向けのコルク抜きを使っているのですが、3回に2回はコルクが途中で切れてしまいます・・・。
こんな私にコルクをうまく抜くコツを伝授してください・・・。

Aベストアンサー

スクリューをまっすぐ入れること。
コルク抜きはできれば、上等の物を使ってみて下さい。それと、大きめの物を使ってみて下さい。スクリューの強さが違います。
後は、経験ですね。
瓶を逆さまにして、コルクを濡らしておけばやや抜きやすくはなりますが、年数のたったワインでコルクが乾燥しきっている場合は、コルクがつぶれるのは仕方がない場合もあります。

Qかなり古いウイスキーは飲めますか?

多分20年くらいは経っていると思います。
大きい方は、開封して半分飲んだもの、小さい2本は未開封です。
私も家族も下戸ですので、未開封のものは、誰かにあげたいと思うのですが、非常識でしょうか?
捨てるのも、もったいないような気がして、質問します。
教えてください。

Aベストアンサー

スーパーニッカなら、私もいただきたいくらいです。
いずれにしても、好きな人なら問題ないでしょう。
http://www.nikka.com/start/trivia/keep.html
製造年などは、表記されていませんが、表記する必要がないということもあると思います。
それに、ウィスキーの場合、普通に流通しているものはいくつかの樽で熟成された原酒をブレンドしています。それらは8年のものもあれば、10年、12年など様々です。
シングルモルトやピュアモルトというウィスキーだと、12年とか21年とかラベルに表記しているものもありますが、こういうのは一番新しい原酒の熟成年数です。なので、もっと長く熟成された原酒がブレンドされているわけです。
ということもあり、ビールのように鮮度が重視されるものではないので、製造年などは気になさる必要はないと思います。

Qワインの栓。コルクじゃない!!

最近、ワイン(そんなに高くない物)を買ってコルクを抜くとコルクじゃない事が多いのですがあれは何なんでしょう?見た感じ発泡ウレタンみたいな物なんですが?
少し前までコルク以外の栓は見たこと無かったんですが

最近はコルクじゃないものが多いような気がします。
これには何か理由があるんですか?(コルクの価格高騰とか、資源枯渇?)
またコルクと比較してメリット、デメリット等があるんでしょうか?

Aベストアンサー

ダンナがワイン好きで困っている者です。。笑

今手元にないのですが、漫画「ソムリエ」か「瞬のワイン」にコルク問題についてが載っていました。

メリット
・コルク臭の問題が防げる
・コルクを守るためのキャップシールのコスト削減
デメリット
・コルクと同じような熟成が得られない
・化学物質なので、自然に還らない

というようなことが書いてあったと思います。
高いワイン≒熟成の必要なワインには利用されることは少ないとか。

参考URLにも似たような記事があります。

参考URL:http://www.worldfinewines.com/wineclosure1.html

Q古いウイスキーに価値はあるのでしょうか?売り方がありますか?

自宅に古いウイスキーが10本ほどあります。
母が30年以上前に、空港の免税店で購入したものです。
当時1本7000円~10000円ほどしたそうです。

我が家は誰もお酒を飲まないのですが、「ウイスキーを長く置いておいたら熟成しておいしくなるはず」と母が思い、大切に保管していました。
しかしここ5年ほど、湿気の多い場所においてしまったため、ウイスキーの瓶自体は未開封ですが、箱やラベルがボロボロになってしまいました。

このウイスキーを、「そろそろ価値が出てきたかもしれないから、売ったりできないかな。インターネットのオークションで売れたらすごく嬉しいんだけど」と母に相談されました。


お酒のことがさっぱり私にはわからないので、以下のことを教えていただけたらと思います。

1.ウイスキーは長くおくほど価値がでてくるものなのですか?
  むしろ、古いと価値がないのでしょうか・・? 
 (未開封の瓶のウイスキーです)

2.もし価値があるとするなら、オークション以外に売る方法はありますか?

3.箱やラベルがボロボロのウイスキーは、たとえ未開封でもオークションで売るべきではないのでしょうか?(食品衛生上の問題で。)


どれかひとつでもいいので教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

自宅に古いウイスキーが10本ほどあります。
母が30年以上前に、空港の免税店で購入したものです。
当時1本7000円~10000円ほどしたそうです。

我が家は誰もお酒を飲まないのですが、「ウイスキーを長く置いておいたら熟成しておいしくなるはず」と母が思い、大切に保管していました。
しかしここ5年ほど、湿気の多い場所においてしまったため、ウイスキーの瓶自体は未開封ですが、箱やラベルがボロボロになってしまいました。

このウイスキーを、「そろそろ価値が出てきたかもしれないから、売ったりで...続きを読む

Aベストアンサー

1.瓶詰めでは熟成しません。
 栓がしっかりして、日に当てなければ品質の悪化は無い
 でしょう。悪化か維持か、どちらかです。

 価値は希少なものがあるかどうかです。
 例えば、数十年前のグレンリベット12年物は今の12年
 物と品質の悪化が無ければ同じ価値です。
 数十年前は免税店でなければ1万円以上したと思います。
 今は3千円ほどで買えます。2千円切ったこともあります。

 なので、殆どは買った時よりも安くなっていると考える
 のが自然です。
 ただもう生産が終了して、世界に何本も無いような酒であ
 れば、当時安くても話は違います。
 アブサンとかは当時でも無かったでしょうが、今、1本出て
 きたら幾らの値段が付くか想像出来ないです。凄い高値で
 しょう。

 ボロボロでもラベルを読み、何の何年のものかを明らかに
 するのが先決でしょう。何年ものというのが樽で熟成され
 た年数です。
 ワインと違って作られた年は関係が無いです。
 またウィスキー以外も混ざっているかもしれませんね。

2.分かりません。なんらかの方法で価値のあるものが
 安く出ていたら私は買いたいです。情報が得られるか
 どうかでしょう。

3.栓さえしっかりしていたら関係ないでしょう。
 何かが分からないほどにボロボロだったら、まあ価値はほぼ
 ゼロでしょうけど。

1.瓶詰めでは熟成しません。
 栓がしっかりして、日に当てなければ品質の悪化は無い
 でしょう。悪化か維持か、どちらかです。

 価値は希少なものがあるかどうかです。
 例えば、数十年前のグレンリベット12年物は今の12年
 物と品質の悪化が無ければ同じ価値です。
 数十年前は免税店でなければ1万円以上したと思います。
 今は3千円ほどで買えます。2千円切ったこともあります。

 なので、殆どは買った時よりも安くなっていると考える
 のが自然です。
 ただもう生産が終了して、世界に...続きを読む

Qワインボトルのコルクが抜けません

ワインボトルのコルクが抜けません!

使用している器具はコルクに回転させて引っ張りあげるタイプのコルク抜きです

どうしたらコルクが抜けるでしょうか?

それとも空ける器具を変える必要があるでしょうか?

Aベストアンサー

元調理師で、ウエイターもしていました
瓶のふちにナイフ等で一周回して、瓶の上にある蓋上のラベルをはがして
ワインオープナーを回し刺して回転部が無くなるまで挿して足に挟んでで思いっきり抜いてください(^-^)
ウエイターナイフも使えますが一度コルクワインオープナーを刺した場合には、コルクがもろくなっていますので回し刺して居る段階で砕ける心配があります
その様な時には逆にコルクを瓶の中に落としてください
そして茶漉し等で、こしてください
只コルク自体は、上の方以外は間違えて食べても問題ありません
上の方は、キャップ自体で覆われていますので判りにくいのですが、古く保管がシッカリしていない物は表面がかびている事も有りますので、上の方だけは注意してください

Q和食に合うウイスキー、洋食に合うウイスキー

好みの問題でしょうが、皆さんのそれぞれの愛飲しているウイスキーを教えて下さい。
晩酌時の参考にさせていただきたいと思いますので、3000円までで買える定番ウイスキーでお願いします。

Aベストアンサー

どちらかと言えば、安いウイスキーのほうが料理を選ばずに飲めると言う印象です。

なので、食事時にはニッカのクリアブレンドの水割り(ウイスキー1:水4程度。氷は入れずに冷水だけで割る)をよく飲んでます。
食後は同じくニッカのオールモルト(ウイスキー1:水1、水は室温より若干冷たい程度)でしょうか。

両方とも質問者さんのおっしゃる予算からはかなりお安いウイスキーなので、参考にならないかもしれませんが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報