【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

あれだけ中日で大活躍した中村ノリですが、5000万の契約って少なすぎませんか?福留よりよっぽど活躍したと思いますので、1億くらいあげてもいいと思うんですけど。育成選手からはい上がってきたというのは理解できますが、もともと実績があった選手です。その点も考慮しても少なくないですか?

ちなみに昨シーズンの契約は500万だったみたいですが、中日は特別ボーナスを払ったんでしょうか?あれだけ仕事して500万って安すぎます。中日は好きなんですが、福留いなくなるんだし、もうちょっと太っ腹になった方が良いような・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

いろいろ経緯もあり、今年は0からの出発ということでしたが、過去の実績があるとはいえ、育成枠からシリーズMVPまで登りつめたのは立派ですし、感動を与えた選手だと思います。

また、一般社会でも中年のリストラ社員などに勇気を与える活躍だったのではないでしょうか。立場的にもチームの勝利優先ということで、かつてのフルスイングを止め、つなぎに徹していたようですが、私はパ中心に見てて、中日についてはCSや日本シリーズくらいしか見ていませんが、右打ちに徹していた印象で、それでもフェンス直撃とか、やはり並の選手にはないパワーや技術を見せてもらったと思いました。個人的にはプロ野球はチームの勝利が優先されることは当然ですが、それでも豪快なホームランやそれに準じた打球を見るのは爽快ですし、そういう長距離砲の打球は後々も印象に残ることが多いです。同じ1点かもしれませんが、長距離砲という野球の華という部分は勝利にプラスアルファの印象・感動などを長くファンに植え付けるので、そういう意味では私も中村選手にはもう少しあげて欲しいと思いますね。

まあ、育成枠からシリーズMVPですから、もちろん彼の技量だけでなく、経験なども生きた成果だと思います。長く修羅場を経験してきたからこそ、CSやシリーズでの大活躍があったと思います。仮に新人や1軍未経験者が今年の中村と同じ成績を残したとして、それは立派なことですが、同じ年俸では中村に失礼な感じがします。

今まで高額だったため、税金の支払いも大変だったようですし、携帯も最も安いプランに変更するなど私生活も苦労が多かったようですが、0からの出発で、かつての暴れん坊から謙虚な姿勢にも変わっていますし、個人的には日本一への貢献は大きいと思うので、7,000~1億くらいはあげてもいいと思います。おそらく、中村本人は「もう少し」という気持ちもあったかもしれませんが、契約交渉でも今年の自分の立場も考慮して、言われた金額で納得したのではと推測します。でも、来年はもう中日の一員ですから、活躍すればそれなりの報酬をあげていいと思います。
    • good
    • 0

こんばんは。



近鉄ファンですが、ノリって手首骨折3回やってんだよね。
確かに改心したのかどうなのかは判らんけど(球界再編でFA時の仰木さんの言葉を振り切って、行ったけど3Aどまりで戻ってきての「罰ゲーム」発言にオリックス球団ともめた問題で正直ファンだったとはいえまだ疑問な部分はある)骨折したら余計に強くなるって説はあるんだけど今度やったら完全におしゃかでしょ?

その辺と球団のリスク及び将来のサラリーキャップ導入への問題もあるんじゃないかな?

寧ろアラ・イバや森野にどーんと増量してもと思うんだけど。

ある意味では5さんの意見に賛成だね。
    • good
    • 0

 これまで、自由契約は一度首になった選手として、きわめて低く扱われています。

過去にも経験のある選手に対して、あくまで昨年度年俸を交渉のベースにするのは間違いだという主張が選手側から散見されました。ただノリの場合は、各チーム監督が獲得を求めたのに、どのチームもフロントが獲得させないという、球団にたてつくものは苛め抜くという(中日以外の)他球団の一致した行動があったため、ノリがその主張をするのはきわめてリスキ-でしょう。

 しかしいままでは他球団からの評価のある選手でも球団側の都合で一方的なダウンをさせられていましたが、今年の労使交渉で40%以上のダウン提示の場合、日本シリーズ終了直後に選手の意思で自由契約となることができるよう、決まりました。その結果、ロッテを自由契約となった藤田選手もそれなりの額で再契約しています。ノリだけでなく石井など同じトラブルはバッファローズで頻発していましたが、もはやそういったトラブルがおきる素地はなくなっていくでしょうし、自由契約後に再契約した額が、市場評価によるものだという認識が生まれますので、そこをベースとするのも妥当という流れになっていくものだと思います。
 ノリは救済されませんでしたが、ノリのおかげでこういった問題がおきないような対策が図られたわけです。同じ球団がこの問題を起こす、にもかかわらず、その球団を他球団が援護するといった構図は、野球ファンとして悲しくはありますが。
    • good
    • 0

需要と供給の世界ですから結果的にはしょうがない額でしょう。


昨年どこもノリを獲る球団がなかった。つまり需要がなかったんです。
そこで中日は600万で獲得することができました。
結果として彼は活躍しました。
だから今回の契約交渉でアップしたわけです。
ただ算定の基礎は昨年の年俸ですからしれてます。

5000万は安いかもしれませんが、600万から5000万になる選手はそうはいませんよ。史上初といってもいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

約10倍のUP率だし、


彼のイメージアップには良かったんじゃないですか?

変に高額にするとか、
交渉で揉めて一発サインしないとかだと、
またイメージが悪くなってしまいますから、

いいイメージのままでいれば、
引退後に中日関連(地元TVや新聞なんかで)の仕事も回ってきますし。
    • good
    • 0

確かに今までの実績を考えればその通りかと思います。



ただ、今年あれだけ活躍できたのは育成選手としての契約でどん底だったわけですから、いわゆる「初心」かえって野球に打ち込んだからあのような成績を残せたのかと思います。もし最初から5千~1億以上の契約だったらどうでしょうか?
近年は成績も下降し、大リーグ契約もドタキャン、わがまま、怪我もあり、チームメートからもどちらかとと言えば人望もないほうで、いわゆる問題児だったわけですから、チームに溶け込み、あの活躍を想定できたひとはあまりいないかと思います。

あとは、年俸の裁定は基本的に前年度を基本に査定するので、いきなり数億円にすることはないかと思います。中日としては実績がまだ1年ですから、もし消滅した近鉄だったら億前後はいったかもしれませんね。基本の金額が低いとはいえ、アップ率は相当なものですし、本人も拾ってくれた球団に対して義理もありますから、多くは望まないとは思います。
    • good
    • 0

気持ち判ります。


しかし、確かに実績はありましたが、近年は下降気味でしたので妥当な評価だと思います。
年功序列ではありませんが、球団への貢献年数とかも考慮されているのではないでしょうか?
しかも前半は不調でしたし、ホームラン21本は少ないと思います。私は落合監督がよく使い続けたなあと思います。
厳しい見解ですが、ヒットを打って派手なガッツポーズをしたり、ヒットを打ってバックホームの間に2塁へ進塁しなかったり、一流選手にはあるまじきだとガッカリした場面もありましたよ。

確か育成選手で400万、登録選手になって600万に上がったのではないでしょうか?そうすると、600万→5000万で833%年棒アップとなります。過去にここまでの上昇率があった選手は居ないのでは?

それに、堂上兄弟や平田選手にシーズンフル出場の確約を与え、自由に打たせると、20本塁打ぐらいは打てそうな気がします。そちらの方が単純に残り稼動年数を比較した場合、球団にメリットがありますよね。
また、年齢的にもあまり高年棒だと、それがネックになって後年の契約が危ういとも思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング