電気化学を初めて1年近くになりますが、参照電極の意義がいまいち理解できません。なぜ使用するのかと、なぜ一定なのかを教えてください。一応化学と生化学のバックグランドはありますが、物理化学は完全に理解していません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


更に、
1.http://www.bas.co.jp/cvkiso1.htm
(CVの測定条件ならびにデータ解析の基礎)
2.http://www.aist.go.jp/NIMC/recent/r99-10-01.htm
(燃料電池等ガス拡散電極性能評価試験法の開発)
3.http://www.waseda.ac.jp/projects/future/ohdomari …
(高配向性グラファイト(HOPG)上銅の析出挙動)
4.http://www.sv.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~tnagaoka/j_E …
(電気化学クロマトグラフィー)
5.http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/letterj/095/com …
(Self-Assembled Monolayers (SAMs)研究用試薬)
6.http://www.toshiba.co.jp/tech/review/1996/05/f01 …
(溶液中での力測定に用いられる電気化学セルの構造)

ご参考まで。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/Ryo/chem/electrod.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく参考になりました。
こんなにサイトがあるなんて・・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/16 12:10

 電池を構成し、理論的に起電力を求めるとき、その構成金属などの標準電極電位をもとにして、計算します。

まあ、直接電池を作って求めれば、なんですが、この間の抵抗値が0、すなわち、電極間の距離を0としなければいけません。現実的に不可能なので、参照電極(照合電極)を使って、標準電極電位(単極電位)を測定し、求めます。
 一方の極を標準水素電極(SHE:白金黒に電解した純粋な水素ガスを常に吹き付けている電極)とし、他方の極を測定物質として、標準溶液中で、2極間の距離を変えて、起電力を測定し、距離0の時の起電力を計算します。この方法は大学でやってますね。
 あの、ウン十年前の大学実験を思い出して記述しましたので、誤りがあったらゴメン。

参考URL:http://www.jpo-miti.go.jp/ryutu/map/kagaku05/1/1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
ご丁寧な解説でしたが、小生電気のことがまだ良く理解し切れてはいません。もっと勉強に精進させていただきます。

お礼日時:2001/02/16 12:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多孔質材料の比表面積の測定について

多孔質材料(発泡ガラス,軽石等)の比表面積を測定したいのですが,私が知るところBET法,水銀..法でサンプルも1mmサイズのものしか測定できないそうです。1mmサイズに加工すれば孔のサイズも変わり,現実的ではありません。多孔質材料はせいぜい40~60mmサイズを使用しようと考えていますが,そのサイズで表面積を測定する方法は何かありますか?お教えください。

Aベストアンサー

比表面積の測定をしたことがあります。
>多孔質材料はせいぜい40~60mmサイズを使用しようと考えていますが…
とのことで、求める回答に沿わないかもしれませんが、粒度分布から比表面積を求める方法もありますよ。

Q物理化学の活量及び標準電極電位について標準電極電位の電位の定義は反応に関与する全ての科学種の活量が

物理化学の活量及び標準電極電位について
標準電極電位の電位の定義は反応に関与する全ての科学種の活量が1とされていますがこの時の活量は

固体は1[無次元]
溶媒は濃度×活量係数[dm^3]
溶液はモル分率×活量係数(大過剰にある場合は1)[無次元]

という解釈していいのでしょうか?
つまり教科書に載っている標準電極電位の値はこの時の値ですか?


また活量がモル分率×活量係数だったり濃度×活量係数だったりして混乱するのですが、これは
本来、活量はモル分率×活量係数だが溶媒を扱うときは濃度のほうが便利
標準状態(標準電極電位など)を取り直せば活量の代わりに濃度×活量係数を用いても問題ない
例えば
E=E0−RT/F×ln(活量)
の式は活量×濃度を用いてもE0を新しく取り直せば成立する
という解釈であってますか?

Aベストアンサー

おおよそそれで結構ですが、もしあなた様が学生なら物理化学ないし分析化学の教授でも助教授でも
良いからとっ捕まえて訊きなさい、なお確実に「これ読め」と電気化学の教科書を押し付けられますので
しっかり読んで疑問には付箋を付け再度訊きなさい。大卒の理工系なら母校へ戻って訊く。内容から見て
高卒で就職したとは思えないので、問題は文系出たが仕事は理工系というのが一番嫌。

Q多孔質モデルについて

数値解析に用いる多孔質モデルとは何ですか?また、どのような基礎式を用いるのですか?誰か教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

何を求めるために、数値解析をするつもりなのでしょうか?
多孔度?比表面積?細孔分布?
パラメータは何を想定してますか?
実際のサンプルの測定法は?

多孔質モデルにもいろいろなケースがあります。
補足お願いします。

Q生化学の一年です。今のうちに化学を勉強したいとおもったのですが、調べたところ生化学はPHや、酸と塩

生化学の一年です。
今のうちに化学を勉強したいとおもったのですが、調べたところ生化学はPHや、酸と塩基や化学均衡が大事だと聞きました。そこでこれらを基礎から勉強して講義に挑みたいのですが、オススメの参考書はありますか?高校のものでもかまいません。
基礎から学びたいです

Aベストアンサー

いや、それはすでに高等學校の化学(化学基礎と化学)で学んでいるはず。
参考書は、査読はいりませんからいい加減なものが多いので、高等学校の教科書がよいでしょう。
PHじゃなく、pHです。
酸と塩基、酸化還元は化学反応の基礎です。
化学均衡じゃなく、平衡です。
生化学だったら、有機化学、特に三大栄養素と酵素はしっかり復習しておきましょう。

 高校卒業したのじゃないの??

★理系科目共通ですが、教科書の指定があるなら、その教科書を読んでおくことは必須です。復習じゃなく予習だよ。

Q参照電極の換算。

参照電極の換算。
非水溶系で使用するAg/Ag+の参照電極をSHE基準やSCE基準へ換算するには、どのように行えばいいのですか?
参照電極の電位の相互関係を教えてください。

Aベストアンサー

http://old.iupac.org/publications/pac/1986/pdf/5807x0955.pdf
でも読んでみるといいでしょう.
原理的には,その溶媒系でのAg/Ag+系なりの電位が真空準位の下どのくらいになるかを見積もればいいのです.
通常のSHEに替えて,有機溶媒を使ったSHEというものを考えることはできます.その電位については水系のSHE同様の議論を行った例はいくつかあって,上記文献にも出てきます.
とはいえ,SHEの場合でさえ 4.44 eV くらいに話が落ち着くのに,喧喧諤諤の議論が延々と続くことになりましたから,見積もりに必要なパラメータの推定はそれだけ困難だとも言えますけどね.
あとは,そのSHEもどきとの電位差がどうなっているかで Ag/Ag+ 系の電位を考えていくわけですが,最初から Ag/Ag+ 系で同じ議論をやってももちろんかまいません.

Q【生化学】生化学って何ですか? 分かりやすく説明してください。 生物学ですか?化学ですか?

【生化学】生化学って何ですか?

分かりやすく説明してください。

生物学ですか?化学ですか?

Aベストアンサー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%8C%96%E5%AD%A6

Q複合粉末をポーラス型多孔質材を均一に分布させる方法

初めまして,未熟ながらもどうか宜しくお願いします.
ポーラス型多孔質体の表面だけでなく,中にも3種類粉体を混合させた混合粉体を中にも均一に分布させようと思っていますが.良い方法が考え付きません.

現在考え付いた方法は,矛盾を感じますが粘性が高くかつ高揮発性(若しくは焼結する際に燃えずガス化する)液体の中に複合粉末を入れかき混ぜ,複合粉末が沈殿する前に多孔質体の中に入れ圧縮をしようと思っていますが.

この様な液体は存在するのでしょうか?若しくは他に均一に分布させる方法は無いでしょうか?
どうか宜しくお願いします.

Aベストアンサー

似たような方法になりますが、金属酸化物粉末ですとポーラス多孔体と金属エトキシドなどのアルコール塩の必要元素種誘導体を混練し、水と時に微量の有機酸で加水分解後焼成します。
このときポーラス多孔体の穴がつぶれない温度で焼くのがミソでそのために純酸素を流して低温で長時間かけて焼いたりします。
TG/DTAなどで分析しながら焼くと早く良い条件が見いだせます。
まあ、ゾルゲル法ですね。

Q生化学の大学一年です まだ生化学はならっていないのですが 重点的に予習をしたいのですが、 化学均衡や

生化学の大学一年です
まだ生化学はならっていないのですが
重点的に予習をしたいのですが、
化学均衡や、酸と塩基らへんをやればいいですか?
ほかに数学の微分などもしたほうがいいですか?
初心者なので、アドバイスをください!
なるべくわかりやすくおねがいします!
不安なのでついていけるかしんぱいです
化学の質問です

Aベストアンサー

>ほかに数学の微分などもしたほうがいいですか?
あなたは数学無しの受験をしたのですね。何年留年するかわかりません、これから常微分、偏微分、解析数学が入って来ます、数学で稼ぐ奴らでも、油汗、だから数学の試験など試験官が居ません、教授が問題を板書したらとっとと帰っちゃう、目の前に山と積まれた真っ白な計算用紙に解を書かなきゃならない。
隣どころか教室中で合議したって解けないし、同じ解答が並んだら卽赤点、大体そいつらの答えは間違っているに決まっている。
出来る奴だけが油汗を流して解き、教壇の上に放り出し、こいつも帰っちゃう、残りの奴はそれを見て議論するが「無駄」なぜここでこの手続を導入するか、定理を使うか分けが分からない、意味が取れないから、正解が目の前にあっても無意味、そもそもそれが正解だという事が分からない。
少なくとも、化学均衡と教授の前で言ったら殴り殺されます。

Qコールコールプロットの参照電極に関して教えて下さい。

電気化学でのコールコールプロットの参照電極に関して教えて下さい。

手元にある「電気化学測定法の基礎」という本の中で
Ag/AgCl電極は応答速度が比較的遅く高速サイクリックボルタンメトリーなどでは他の電極と組み合わせる必要がある、というようなことが書かれてあるのですが、これは本当なのでしょうか?

応答速度が遅いのだとすると、コールコールプロットでもその遅さが高周波領域に影響して来そうな気がするのですが、大丈夫なのでしょうか?


実際のコールコールプロットを測定結果を見てみるとAg/AgCl電極と飽和カロメル電極を見かけますが、特に参照電極に工夫をこらす必要はないということなのでしょうか?

また、コールコールプロットに限らずとも高速サイクリックボルタンメトリーに適した応答速度の速い参照電極を教えて頂けますでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

3極での測定なら,本来は関係ないんですけどね.
まあ,安心のための方策の一つとして,通常の参照極と並列に,白金電極をコンデンサを介して接続するという技もあります.あんまり有名ではないですがw

Q薬学部 一回生です。 僕の学校では一年の後期、二年の前期に 「基礎化学」「物理化学」「生化学」「機能

薬学部 一回生です。
僕の学校では一年の後期、二年の前期に 「基礎化学」「物理化学」「生化学」「機能形態学」があります。一年生前期のうちにこれらをさらっと予習しておきたいと思ってます。詳しすぎたり分厚かったりすると予習し辛いと思うので、各科目なるべく薄く、少し問題があるものを探してます。何かあれば教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

6年制の卒業者ですが、CBT対策本や国試対策本をやるのが効率的にも一番いいです
虹本がわかりやすくていいんじゃないかな


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報