よく、コラーゲン入りの食べ物やコラーゲン入りの化粧品が売られていますが、イオンが証明されていないようにコラーゲンもお肌に良いというのは証明されているのでしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

コラーゲンは爪や皮膚など、どこにでも含まれているタンパク質です。



 それを食品として摂取しても、必ずアミノ酸に分解されてから吸収されるので、コラーゲンを摂取することに優位なメリットは無いと言われています。ただし、良質なタンパクを摂取するという意味では価値があるかも知れません。ただ、良質なタンパクはこれ以外にもたくさん有ります。

 また、肌に塗ったとしても残念ながら吸収はされません。

 コラーゲンを皮膚の中に注入するしかありません。この手術も、コラーゲンが分解あるいは吸収されていくため2~3ヶ月で効果が失われてしまうようです。

 つまり肌に塗っても保湿剤程度にしかならないといわれています。
    • good
    • 0

 ご質問中に「イオンが証明されていないように」とありますが


どういう意味でしょうか?
 そのイオンとはマイナスイオンのことでしょうか?
    • good
    • 0

化粧品のコラーゲンは保湿成分を目的に配合されており、保湿効果についてはゼラチンの固まり方を見れば一目瞭然かと…


そもそも、普通に健康的な食事を摂取していれば不足することはなく、それ以上摂取したところで肌に良い、関節に良いというのは、良いとされる論文と、逆説をとなえる論文が存在し、一部では証明されていますがその説は確立している状態ではないともいえます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング