某葬儀社関係の者です。私は、とある寺(仮にA寺とする)の檀家ですが、
A寺の檀家さんの葬儀施行の際、そのA寺は、うちの葬儀社を良く思っていないのか、色々難癖を付けていきます。かといって地域密着でやっているので、施主や親族からはとやかく言われた事はありません。前は火葬場委託管理を並行してやっていた為、火葬場での仕事もありましたが、「火葬場やっていた人間が葬儀に関わると穢れるから葬儀の際は出入りしないでもらいたい」と言われた事もありました。
その難癖に対し、逆に突っ込むと、「私が言ったのではない、他の人がそういっていた!」と回避します。(率直に嫌なら嫌と言って頂いた方がまだマシです)。
最近は、A寺の檀家さんのご不幸が出来、搬送に行き、商談を施主から御願いされていざ行くと、A寺が他の葬儀社を推奨し、施主から詫びられる始末・・・・(証拠がないので断言できませんが)
他にも、A寺さんは、年金生活者へ寺の備品に対する布施の要求。一括払いが出来なければ分割要求。或いは息子娘から捻出してはとの要求。
実際A寺と檀家(一部)との裁判沙汰がありましたが、その関連した檀家にご不幸が出来た際、「裁判に関わった檀家への供養はいきません」とおっしゃた為、代わりのお寺さんもみえず、その檀家さんは平謝りで御願いし、葬儀を勤めてもらった経緯があります。他にも「あなたの為でなく先代の為に仕方なくお勤めするんです」と難癖つける始末・・・
本山も和解で済ませるようにという見解でしたので、仕方なく和解。問題は解決していません。他の檀家さんは正直抜けたいのですが、大昔からその寺に関わっているから・法事やってもらわないと困るから・檀家抜けても受け皿がない(近辺の寺は身近から出た檀家を受けずらい)・そういった理由で出来ない状況です。私も職業上関わっているから仕方なく檀家になっているのですが、A寺はかなり檀家の数が多い為、その寺を抜ける事はA寺さんの性格上収入が絶たれると考えます。他の寺さんや創価の葬儀だけでは葬儀社やっていけるかどうか難しいです。

檀家変えも周囲の同じ宗派の寺や宗派異なる寺は、身近にいる手前受けるのを断ります。本山も和解推奨(和解が一番でしょうが・・・)
A寺さんは本山へかなりの布施をしている為、位が高いから本山としても、強い事は言わないとの話も聞きます。

地元を離れて新天地で別の仕事に就けば良いかもしれませんが今はかなりの就職難。年齢的に正社員は難しい。地元民には頑張れと言われ自分のやり方を信じれば大丈夫など色々助言は頂きますが、A寺さんが私の葬儀社ではお勤めしませんと言えば、檀家さんは従わざるをえない状況です。地元民の声に応えたい気持ちと、今の精神的状況から逃れたい狭間にいます。

難しい質問かもしれませんが、アドバイス頂ければ幸いです。

A 回答 (1件)

曹洞宗の僧侶です。



人間の眼は顔についているので、残念ながら自分自身を見る事ができません。自分がどんな顔をしているのか、どんな状況にあるのかは、周りの人の方がよく見ています。
周囲の方から「自分のやり方を信じてれば大丈夫」と励ましの言葉を頂けているのであれば、それにすがってお仕事を続けられることをお勧めします。

「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉があります。今は、何もA寺さんを止めるものがないように見えても、いつかかならず状況が反省を促すことになります。やりたい放題のまま上手く逃げ切れるかといえば、誰の人生もそんなに甘くはありません。
so-so-uさんが思い悩まれなくても、それはA寺のご住職の人生ですから、放っておけばよいのです。A寺さんの人生のためにso-so-uさんの人生まで左右されることはありません。

A寺さんとの関わりをできるだけ薄くしたいという事なら、現状でできる事は、拙速な離檀や廃業、転職ではなく、新規サービスや新しい市場開拓などにつとめて、事業内容を少しづつでもA寺さんへの依存度を薄めて行く努力をされた方が良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

難しい質問の為か、なかなかご回答頂けない所を1件でも回答頂けると大変ありがたく思います。(しかも僧侶さんから)

>so-so-uさんが思い悩まれなくても、それはA寺のご住職の人生ですから、放っておけばよいのです。A寺さんの人生のためにso-so-uさんの人生まで左右されることはありません。

ある人の為に自分や家庭まで振り回されるというのは、何とも腹立たしいというか、悲しいというか、言葉が思いつかないのですが、何故ある人の為に精神的に病んで生きて行かないと駄目なんだ・・・という喜怒哀楽の怒り哀しみの気持ちになります。関わりを回避できるとしたら、ご回答に頂いている内容でしょうか。


>新規サービスや新しい市場開拓などにつとめて、事業内容を少しづつでもA寺さんへの依存度を薄めて行く努力をされた方が良いのではないでしょうか。

最近それとなく考えていますが、父親は高年齢の為か出来るわけがないと反対です。A寺のやり方や同業者参入の影響において、ポジティブ思考なら、ここで方向転換するなり、攻めるなりの考えが出てくると思いますが、全員ネガティブ思考なので、疲れた・廃業しようかといった考えになりました。私も半分思考が、ポジティブ思考とネガティブ思考のやじろべい状態に陥っています。

もう少し周囲の意見を求めてみたいと思います。
本当に有難うございました。

お礼日時:2007/12/17 02:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無知で、すみません。 葬儀をする際のお坊さんはうちの場合そのお寺にお墓はありませんが、一応檀家なので

無知で、すみません。
葬儀をする際のお坊さんはうちの場合そのお寺にお墓はありませんが、一応檀家なので頼んで来てもらっております。そのお寺の客殿及び庫裏新築のため、各家庭20万の寄付を頼まれました。これは必ず払わなければいけないものでしょうか?

Aベストアンサー

半分の10万円とか寄付しておけばよいのではないでしょうか。

お寺の檀家であり、でも、お墓は別の場所にある。

それは、”みなし墓地” とかにあるのかもしれませんね。昔から私有地などにお墓が
あり、明治時代とかにこれを”みなし墓地” とみなすという風になりました。

一般的に、遺骨という人を火葬した後の骨は、霊園などの登録した墓地に納骨する。
納骨は、事前に電話などでその日にちや時間を予約し、相手の承認を得ておくと、
その日のその時間に、遺骨を納骨するために作業してくれる人がお墓を動かして
もらえます。

その際に、「お経をあげてもらいたい」と希望しますと、お坊さんを1回あたり¥2,000
の手数料とかで呼んでもらえますので、どこかのお寺の檀家でなくても困りません。

納骨には、1回最低でも1万円くらいのお金を霊園の事務所に支払いますが、火葬許可証
という火葬した時の書類の原本を提出し、コピーを返してもらうしくみです。

人の骨が、あちこちの個人の家の庭とかにあると、それは殺人なども含めると捜査
しにくいという問題があるので、「墓地に火葬許可証の原本を提出する」という風に
決められています。

みなし墓地というのは、昔からとある個人の家の広い敷地の中にその周辺に住む人が
お墓を建てていったという歴史があり、昔から私有地の中に存在する墓地は、墓地と
みなすので、そこに納骨しても良いという風にみなされております。

みなし墓地とかにお墓がある場合、あまりお金も支払うこともないケースがあるかと
思いますが、そこを引き継いだ人のことを”墓守” と呼び、それはその家のずっと昔
からのお墓を守っていたりします。

正直なお話として、他人のお墓はどうでも良いようなところもあり、お金をもらうと
それを守る義務が生じるで、お金をいただかないというケースもあります。これは
お金をいただいていなければ、ある日そのみなし墓地をなくすことも可能だからと
いう考えになります。

そんな感じなので、お墓のある場所に、管理費とかを支払う方が良いので、お寺の
方はどうでも良い気がします。

よくお寺などに寄付でもすれば、その人の人生に良い結果をもたらすかのような
ことを言われる人がいらっしゃいますが、現実問題としては寄付をしてもしなくても
その人の人生に影響を与えることとかないと思います。

お墓がお寺にあれば、それはお金を支払っていかないと、お寺が破たんするとかと
いう結果になり、お墓が消えることもあり得ます。でも、そうでない場合には、
お寺が破たんしても影響はまずないと考えられます。

ただ、何かのご縁があって檀家になっているような気もしますので、1度くらい
少し寄付をして、その後で嫌になった時に檀家をやめれば良いのではないでしょうか。

檀家制度というのは、たぶん、キリスト教などを禁止した時代に、必ずどこかのお寺
の檀家にならないといけないという強制的な制度からそのようになったと考えられます。

よく言うじゃないですか。
「物事は始まりはどうでも良くて、終わり方の方が重要」だと。
何がきっかけでそのことが始まったのか? ということはあまりどうでもよいような
ことであり、その付き合いとかをやめる時に、何か気持ちなどで精算するという
感じでお世話になったお礼などをしてやめれば良いのかと思います。

半分の10万円とか寄付しておけばよいのではないでしょうか。

お寺の檀家であり、でも、お墓は別の場所にある。

それは、”みなし墓地” とかにあるのかもしれませんね。昔から私有地などにお墓が
あり、明治時代とかにこれを”みなし墓地” とみなすという風になりました。

一般的に、遺骨という人を火葬した後の骨は、霊園などの登録した墓地に納骨する。
納骨は、事前に電話などでその日にちや時間を予約し、相手の承認を得ておくと、
その日のその時間に、遺骨を納骨するために作業してくれる人がお墓を動かして...続きを読む

Q葬儀告別式を事前に準備する事項として、互助会などの葬儀屋さんに入会しています。 また、檀家ではありま

葬儀告別式を事前に準備する事項として、互助会などの葬儀屋さんに入会しています。
また、檀家ではありませんが寺院墓地も購入しています。
見積もりを検討していますが、互助会の葬儀は手続きなどを全て処置してくれて、親族の悲しみの中での運営を一通り行っていただけそうですが、金額的に安いのか高いのかわかりません。
お坊さんのお布施や花代と弔問者への食事は別料金です。
通夜と葬儀告別式を全て葬儀屋に任せると見積もり以上に高額な料金になりそうなのですが一般的なお葬式と必要最低限のお葬式とはどのようなものなのか教えていただきたいのです。

Aベストアンサー

葬儀の大小は喪主と葬儀屋との掛け引きで決まります。
葬儀担当者によって大きく変わる事も有ります。
全て説明を受けて、必要・不必要を決めましょう。
要らないものは要らないと宣言した方が良いです。
葬儀担当者は歩合性が多いので不要な事もぜひ?
そんな言葉は無視で依頼者の立場で依頼しましょう。
大手なら本部にクレームを出す旨ちらつかせましょう!
食事とお布施は別なら50~100万で御の字です。

Q檀家&お寺に払う年間費「灯明料」etcについて

こんばんわ。

母が5年半前に亡くなってから、本家=母の実家に
これからはお寺さんに払っていくように、と言われる がままだったのですが。。。
収入がなくても払わなければならないのですか?
…というか 必ず檀家にならなければならないもの
&払うもの、ですか?

年間費納付の振込み用紙が来ているのですが、
『灯明料について:
涅槃会・開山忌・檀家先祖代々供養・施食会の各供養
の志、および献香料の意味において、全檀家にご志納
いただいております』
書いてあります。

母のお墓はお寺ではなく、地元の墓地にある本家の
お墓の敷地に建てて貰ったので「墓地管理費」は
ないのですが、「護寺会費」「灯明料」
「施食会塔婆代」で年間7500円です。

お寺の集まりには参加したことがなく、
葬儀やお墓の開眼式、一回忌にお世話になりましたが
お盆etcの時には来てません。

私は1年半前から働けなくなってしまい、
心療内科でカウンセリングを受けていて、母ひとり
子ひとりだった為 頼れる身内が居ないので
生活保護を受けている身です。
本家や親戚に理解されずに圧力をかけられていたので
今は疎遠状態です。

働けるようになっても7500円払い続ける事は
苦しいです。

年間費の他にも、「年始に"御年賀"持ってけよ」と
言われていたのですが、去年は払っていません。

私も母も、熱心な仏教徒ではないものの全く信じて
いない訳ではない程度で、私的には「お寺にお世話に
ならなくても、お墓には行っているし… きっと母も
それでいいと思ってくれてる筈」と思っているんです
が。。。

宜しくお願いします。

こんばんわ。

母が5年半前に亡くなってから、本家=母の実家に
これからはお寺さんに払っていくように、と言われる がままだったのですが。。。
収入がなくても払わなければならないのですか?
…というか 必ず檀家にならなければならないもの
&払うもの、ですか?

年間費納付の振込み用紙が来ているのですが、
『灯明料について:
涅槃会・開山忌・檀家先祖代々供養・施食会の各供養
の志、および献香料の意味において、全檀家にご志納
いただいております』
書いてあります。

母のお墓はお寺...続きを読む

Aベストアンサー

> 疑問に思ってしまうのが、母は お寺と関わって
> なかった=檀家ではなかった=年間費の請求は
> されなかったのに、

お母様のご葬儀はその寺院に依頼したのではありませんか?基本的に寺院は檀家によって維持され、住職は檀家に対してのみ法要儀式を行います。したがって、葬儀を依頼した時点で檀家に加わって、檀家として葬儀を行ったことになっているはずです。
厳密には、檀家に加わるのは分家した時点からなので、今までも払っていてもおかしくないのですが、分家さんから申告があって入壇手続きを行わない限り寺院側もわからない場合もありますし、特別法要儀式が無いので加わる必要も無かったということでしょう。葬儀の依頼時に檀家と判明することも多いですし、また寺院側では分家さんは葬儀時からとしている所も多いです。

Q葬儀および法要の施主について

24年前に母親と家を出て、その後両親は離婚しました。
先日その父親が死んだという知らせを聞いて、告別式に出ました。(喪主は父の兄弟の長男)
その後何回か父方の親戚を会い、位牌は受け取らずその長男の家で置いてもらうこととなりました。そこで今後49日の法要が控えているのですが、施主というものをやれといわれており、妻や周りの人の話を聞くと喪主と施主が違うのはおかしい言われました。妻は一回もあったことのない人のために金額的負担を負うのは嫌だといっております。
また、父親の貯金の金額にかかわらず相続放棄を考えております。
その場合、どのような態度でいっても大丈夫なのでしょうか?
父方の親族とも20年ぶりにあったくらいです。
実子である自分が金額的負担として、告別式・49日の費用を持つ必要はあるのでしょうか?葬儀は家族葬形式で行いました。70万程度だと思います。
なにかアドバイス・注意点があればお願いします。

Aベストアンサー

 正直、難しい問題ですね。

 葬儀で喪主はお父様の兄弟の長男、つまりdandan818様のいとこに当たる方がされたとのこと、ということはお父様のご兄弟はすでに他界されていらっしゃるということでしょうか。仮にそうだと仮定したとしていとこさまの立場で今回のことを考えると、「父親なら当然だが、叔父さんの葬儀や法要をなんで自分がしないといけないんだ。実の子どもがいてるのに。」となっても仕方がないかと思います。

 でもdandan818様からすれば、いくら血の繋がりがあるとはいえ20年以上も会っていなかった父方の親戚より「お父さんが亡くなったから喪主や施主をお願い」と言われたら確かに困ってしまうと思います。

 さて、実際のところ葬儀はすでにいとこを喪主として終えられているのですよね。葬儀においては喪主(喪家の代表者)=施主(金銭の負担をする人でありお香典を受け取る人)が一般的ですから、葬儀においてのいろいろな取り決め、特に祭壇やお料理のランクなどの金銭にかかわる部分は喪主の判断になることが多いです。
 今回dandan818様は参列されたとはいえこのあたりのお話に関与していないのであれば、もし葬儀費用を負担することになれば「自分が決めてもいない内容の葬儀費用を支払う」ことになり「おい、ちょっと待ってよ。葬儀費用を負担するなら自分が喪主になったし、金額ももっと抑えて執り行ったのに。」となるかと思います。奥様からすれば「会ったこともない人」というのもあるでしょうけど、このあたりもひっかかる部分だと思うので「嫌」というお気持ちになったのだと思います。

 お父様がのこされた財産がどれくらいかわかりませんが、相続放棄を条件に葬儀費用および今後の法要のすべてをいとこ様にお願いしてみてはどうでしょうか?今後のお祀りもいとこ様がされるようですし。相続放棄の意向をお伝えしていない現在では、いとこ様からすれば「遺産は実子のもの、だけど費用負担は自分」では文句の1つもいいたくなると思います。
 お父様が残された財産がほとんどない場合やマイナスであるなら、難しいかもしれませんが。
 あくまでもお願いというかたちでよく相談されたほうがいいでしょうね。

 それと葬儀の喪主と法要の施主の関係ですが、異なることは決しておかしくはありません。喪主が何らかの事情で法要の施主になれないケースもあります。年忌法要だと代替わりしていることもありますが、四十九日法要でもそういうケースもあるのです。
 法要は祭祀継承者、言い換えると今後のお祀りをしていく人が務めることが一般的です。ということは今回はいとこ様がされたほうが自然では?と思います。dandan818様が施主になると、名前だけの施主になりますね。dandan818様は親族として参列し、施主に感謝の気持ちを込めてお供えを一般的な金額より多めにされたら相手にこちらの気持ちも伝わるのではないでしょうか。

 ここまで書き込みしていて気になったのですが、お母様はご健在でしょうか?ご健在ならば今回のことはご存知なのでしょうか?
 お母様からすれば20年以上も前に別れた夫の法要をdandan818様がするとなれば、やはりいい気持ちはしないのでは?と思います。

 どちらにしても「こうしないといけない」とか「こうすべき」というのはない問題だと思いますので、みなさまでよく話し合うしかないと思います。

 正直、難しい問題ですね。

 葬儀で喪主はお父様の兄弟の長男、つまりdandan818様のいとこに当たる方がされたとのこと、ということはお父様のご兄弟はすでに他界されていらっしゃるということでしょうか。仮にそうだと仮定したとしていとこさまの立場で今回のことを考えると、「父親なら当然だが、叔父さんの葬儀や法要をなんで自分がしないといけないんだ。実の子どもがいてるのに。」となっても仕方がないかと思います。

 でもdandan818様からすれば、いくら血の繋がりがあるとはいえ20年以上も会っ...続きを読む

Q檀家からみたお寺

嫁姑(舅)問題で揉めて旦那をおいて完全同居していた家から家出中です。
旦那実家はお寺のため、同居を解消すると檀家さんへの印象が悪くなり、お布施も減る、仕事も減る、と言って断固として同居解消を認めません。
私は一般家庭から嫁いでまだ半年なので、その意識がわかりません。
このご時世、同居の方が珍しいし、同居してうまくいかなくて別居にするなんてよくあることです。
檀家さんからしたら、お寺の住職夫婦と若夫婦が別居することってそんなに印象が悪いでしょうか?
率直な感想でかまいません。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お墓って、自分の先祖から自分の親、独身であればいずれは自分、男性で跡取りならいずれは自分とその子供が入ると思っている人が多いですよね。
女性の場合は、嫁ぎ先のお墓に入って、いずれは我が子も、とか。
お墓が無い場合は新たに購入するより自然葬などを選ぶ人も多くなりましたし、嫁ぎ先のお墓に入りたくないという人も増えましたが、私の身内でそういう身の上にある人も、歳を経ると「お墓があるならそこに入れてもらえればいいんだわね」と口にするようになった人を何人か見て来ました。
結果、お墓があるならそれを守ろうとする人の方がまだまだ多いと思っています。
あくまでも、身内と自分のためです。
御布施も、その一環です。
自分の親ならこういう戒名をつけてもらいたいだろうとか、法事は何回忌までやって欲しいだろうとかを基準に考えるものだと思います。
経済的に余裕が無ければ、先祖に申し訳ないと思いながら出せる金額を出す。
はっきり言って、ご住職の家族状況なんてどうでもいいんです。

私の実家のお墓は、一昨年母が他界してから建てました。
ご住職がおらず寂れる一方だったお寺だったのですが、同じ宗派のご住職が別のお寺と兼任しながら建て直して下さいました。
正直、その寄進の時の評判は悪かったんです。
私の叔母も同じ時期にそこで墓所を購入したのですが、後から後から寄進を募ってくるし、管理料の面でも当初の話と違うとかなんとかで、ご住職に正面切って文句を言った上でその墓所の契約を取り消させましたからね。

実際、母の戒名をつける時も、父や私たち子供は「清大姉」はつけてあげたいと申し出て、戒名の代金としては○○円と提示したら、ご住職が「それだけの金額を包んで頂けるのなら、『院号』になさいませんか?」と、それはそれは、かなり粘られました。
どうも、同じ宗派内の派閥争いというものがあるらしく、御布施の金額だけでなく、檀家に一人でも多く「院号」の戒名をつけることも、勢力争いのポイントになるようだと、後日、知人から聞かされました。
うちの家族は、お寺やご住職の立場に貢献するよりも、『母のために』を主眼に置いて、「清大姉」で押し通した次第です。
もちろん、その金額も変更しませんでした。

檀家の中でも力のある人達が、ご住職一家の家庭のあり方について口を出されることはあるのかもしれませんが、一般の檀家は、噂話はしても、御布施の額をどうこうすることはないと思います。
それに、なんだかんだ言ったって、平均寿命からして女性の方が長生きで、自分が守るべきお墓に口を出すのも女性が多いわけですから、今後は、同じ嫁の立場を解さないご住職家庭の方が、不評を買うと思いますけどね。

お墓って、自分の先祖から自分の親、独身であればいずれは自分、男性で跡取りならいずれは自分とその子供が入ると思っている人が多いですよね。
女性の場合は、嫁ぎ先のお墓に入って、いずれは我が子も、とか。
お墓が無い場合は新たに購入するより自然葬などを選ぶ人も多くなりましたし、嫁ぎ先のお墓に入りたくないという人も増えましたが、私の身内でそういう身の上にある人も、歳を経ると「お墓があるならそこに入れてもらえればいいんだわね」と口にするようになった人を何人か見て来ました。
結果、お墓があ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報