芸術療法の学べる学校を知っている方、どうか教えてください。また、文献などもありましたら紹介してくださるとうれしいです。関連ホームページやリンクの紹介もありがたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

インフォシ-クで「芸術療法」と「大学」をキ-ワ-ドにして検索すると26件ヒットしました。



その中から

京都大学大学院・教育学研究科・臨床教育学専攻・心理臨床学講座の山中康裕(やまなか やすひろ)教授が第一人者のようです。
大学院としては京都大学大学院・教育学研究科,大学としては京都大学・教育学部ですね。
http://www.educ.kyoto-u.ac.jp/shoukai.htm
http://www.educ.kyoto-u.ac.jp/j_index.htm

CIIS(カリフォルニア東西統合研究所)大学院修士課程・心理療法心理学部表現芸術療法学科
http://www.jps.net/sabala/schools.htm
芸術の分野によってはこのペ-ジの他機関も該当するかも。


また,日本芸術療法学会という学会もあり,会員数980名で,機関誌「日本芸術療法学会誌」も発行している様ですので,それらを参考にされても良いかと思います。
http://vr3.umin.ac.jp/gakkai/gakkai/2000/A00004. …

このペ-ジによると,芸術療法は専門分野として「医学/臨床医学/内科学/心療内科学」,「医学/臨床医学/精神神経科学」,「臨床心理学/臨床心理学/臨床心理学」に属するそうです。
これらをキ-ワ-ドにして「日本の大学(http://www.gakkou.net/daigaku/index.html)」やこのペ-ジの「逆引で大学探す」で検索されると良いかも知れません。
    • good
    • 1

文献はアマゾンコムで「芸術療法」「アートセラピー」で検索すると山のように出てきます。



学校はアメリカで
http://www.jps.net/sabala/schools.htm
があります。

大学ではないですけど「クエスト総合研究所セラピスト養成スクールというのもあります。
http://www.questnet.co.jp/index.html

音楽療法のリンク集
http://www.hiraki.gr.jp/hanzou/music/mu_link.htm

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/ …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神戸芸術工科大学と大阪芸大と京都造形芸術大学

何度もすみません
以前、質問させていただいた、神戸芸術工科大学と大阪芸術大学に
加え、本日、京都造形芸術大学にも娘が合格しました
専攻はテキスタイルです
娘は京都に行きたがっているのですが、これで良いのでしょうか
家は、北摂でも兵庫県の方です
親として、この分野は全くわかりません
何度も恐縮ですが、どこを選択するのが良いのか、教えて下さい
ちなみに、神戸芸術工科大学には入学金を納めています

Aベストアンサー

どこがいいも悪いもないと思います。
本人の意志に任せるしかないです。
大学(特に私立)は非常にお金が掛かるので慎重になるのはわかりますが。
本人が頑張れるように応援するのが一番だと思います。
親が大学を決めて、やっぱこの大学ヤダ、なんて言いはじめて後悔することになると、色々もったいないです。
入学金が無駄になるのは一時のことです。
これからを無駄にしないことを考えてあげてください。

あと、芸術という観点からこの三択をみると、環境としては京都が一番いいと私は思います。歴史のある街ですし、文化も残っています。美術館や博物館も多く、街も栄えているので観るべきものがたくさんありあます。娘さんがどんなことに興味があるのかわかりませんが。テキスタイル、染織という分野でなら着物の文化が今でもちゃんと残っている京都は一番勉強になるかと思います。

Q卒論の参考文献、引用文献の使い方について教えてください。

現在卒論を作成しようと資料を集めています。
質問なのですが、
1:本やネットで資料を集め、1つの資料を核にして複数の資料をつなげて多少アレンジした文章を作っていく場合、参考文献、引用文献どちらになるのでしょうか??
2:そしてそれは卒論として成立するのでしょうか(もちろん参考引用だけでなく、自分の意見はところどころに入れる予定です)
3:また著作権に触れるのでしょうか??
以上3点についてご回答いただけると幸いです。
またどのようにしたらいいかなどのアドバイスをいただけるとありがたいです。
わがままな質問で申し訳ありませんが、皆様ご協力よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1については、ある資料から得た知識を自分なりにアレンジしたわけですから、立派なオリジナルです。つまり、参考文献になるわけですね。

2についてですが、卒論の場合は先行研究について載せることが多いので研究の目的などはほとんど引用になることもある、と昔、大学の先生がいっていました。最も、それは担当の教員にもよるでしょうが、、、

3は特に神経質になる必要もないでしょうが、将来、学術論文などを出すような仕事を目指しているとかどうしても気になるのであれば『学術論文のための著作権Q&A―著作権法に則った「論文作法」東海大学出版会』を読んでみるのも良いかもしれません。

Q参考文献を要約して書いたレポートの参考文献の書き方.

参考文献の数を指定されて,かつそれがどこで引用してあるのかを明確にするように指定されました.
なにぶん資料が少なくて,とりあえず資料を探し一通り頭に入れたのですが,実際に書き始めてみると多くの部分が要約になってしまいます(もちろん自分なりの文章にしていますが).
このようなレポートの場合,参考文献の引用はどのように表せばよいのでしょうか. 

Aベストアンサー

引用の仕方は、さまざまです。eco-message様の読んだ参考文献のなかでの引用方法を参考にしてください。

とくに字数制限のあるレポートについていえることだと思いますが、まとまった長い引用は避け(下の[1](1a)の場合を避けるということです)、自分なりの要約をして、引用元とそのページを明記するとよいと思います。ただし、原文の曲解を避けるために自分の要約よりも原文をそのまま引用することを伝統的に重んじる分野では、そのかぎりではありません。

それを前置きにして、ひとまず大別すると、次のようになります。
  [1] そのまま引用する場合:(1a) 長い場合、(1b) 短い場合、
  [2] 自分で要約して引用する場合。
そして、それぞれについて、
  <A> 著者名を書くやり方、<B> 文献番号をつけるやり方
があります。

以下、一般的な注意点を挙げ、その後で上のそれぞれについて、例を挙げます。細かな形式の違いはいろいろとあるので、やはりeco-message様の読んだ参考文献を参考にしてみてください。下で私が「こう書け」と偉そうにいっていても、形式によってはまったく違うこともあります。

本文で引用するときの注意点:
1) 長い引用の場合は改行し、その引用ブロックを全体的に何文字分か段下げをします。「 」は不要です。
2) 短い引用の場合には「 」を使用し、改行しません。
3) 文献番号をつけるときは、かならず引用順にします。[1] *1 など、たんなる数字と思われないように括弧ないし記号を使います。
4) 文献番号をつけないときは、出版年度をつけます。
4i) プレマック夫妻の2003年出版、2005年に日本語訳出版の著作なら、“プレマックとプレマック(2003/2005)は〔……〕と述べた”となります。
4ii) “彼らは〔……〕と述べた(プレマック & プレマック, 2003/2005)”と書いてもよいです。
4iii) 4ii)の書き方と4iii)の書き方は、同じレポートのなかに混在していてもよいです。流れのなかで使いやすいほうを使います。ただし、文献番号をつける方法とは混ぜません。
4iv) また、日本語訳ではなくもとの英語版を引用したときは、Premack & Premack(2003)となります。ここでおわかりのように、本文では、日本語を引用したら、外国人でもカタカナで書き、英語を引用したら、日本人でもアルファベットになります。
5) 引用したページ数の書き方は、下の例を見てください。

参考文献のリストを書くときの注意点:
6) 参考文献は、文末に一覧としてつけます。文献番号を使用した場合には、それぞれのページの脚注に書く方法もあります。
7) 参考文献の書き方は、書籍を引用したときと、学術雑誌を引用したときとで、少し異なります。それぞれの文献について、2行以上にわたるときは、見やすいように、2行目以降の段を下げてください。
7i) 書籍の場合。著作名は斜体にします。著作名は、題の最初と副題の最初をのぞき、基本的にすべて小文字です。出版地名は、アメリカ合衆国なら州の略号まで、その他は国名まで書きます。ニューヨーク、東京など出版社が集中しているところは、州名、国名は必要ありません。ただ、たとえばケンブリッジは、イングランドにもアメリカ合衆国にも同名の地名があるので、注意する必要があります。
  著者姓, 名前のイニシャル. (出版年). 著作名. 出版地名: 出版社名.
  McGrew, W. C. (2004). The cultured chimpanzee: Reflections on
    cultural primatology. Cambrige, England: Cambridge University
    Press.
7ii) 雑誌の場合。論文題名は、題の最初と副題の最初以外、基本的に小文字ばかりで書きます。雑誌名は斜体にし、単語はだいたい大文字で始めます。巻数は、太字体または斜体。号ごとにページが1に戻る雑誌のときだけ、( )つきで号数を書きます。巻が次のものに変わるときだけ、ページ数が1に戻る雑誌のときには、号数は必要ありません。ページ数を表わす“pp.”の記号は必要ありません。
  著者姓, 名前のイニシャル. (出版年). 論文題名. 雑誌名, 巻 (号),
    xxx-xxx〔ページ数〕.
  Brownell, C. A., Ramani, G. B., & Zerwas, S. (2006). Becoming a
    social partner with peers: Cooperation and social understanding
    in one- and two-year-olds. Child Development, 77, 803-821.
8) 文献番号で引用を示すとき、参考文献の欄では文献番号順に並べます。
9) 著者名と出版年とで引用を示すとき、参考文献の欄は、著者アルファベット順。同じ著者の場合は、単独著者が最初で、以降、第2著者のアルファベット順。同じ著者の場合は、出版年の若い順です。

[1] そのまま引用する場合

(1a) 長い場合

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方)
プレマックとプレマック(2003/2005)は次のように述べた。
  言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面に
  は、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある。こ
  こでは、文化的特殊化――詩的言語(アイルランド)、音楽(ドイツ)、数
  学(ベンガル)、美術や料理(フランスが)一種の認知形式であり、それら
  の違いは、統語法や意味論によっては説明できないということを指摘してお
  こう(p. 158)。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
プレマックとプレマック [1] は次のように述べた。
  言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面に
  は、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある。こ
  こでは、文化的特殊化――詩的言語(アイルランド)、音楽(ドイツ)、数
  学(ベンガル)、美術や料理(フランスが)一種の認知形式であり、それら
  の違いは、統語法や意味論によっては説明できないということを指摘してお
  こう(p. 158)。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパン
    ジー, 赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original
    work published 2003)
===(例文終わり)

(1b) 短い場合

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その1)
プレマックとプレマック(2003/2005)は「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その2)
彼らは「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(プレマック & プレマック, 2003/2005, p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
プレマックとプレマック [1] は「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパン
    ジー, 赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original
    work published 2003)
===(例文終わり)

[2] 自分で要約して引用する場合。

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その1)
Tomasello (1999)は、言語の生得論を批判している。

参考文献〔本文の最後に〕
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
  Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その2)
彼は、言語の生得論を批判している(Tomasello, 1999)。

参考文献〔本文の最後に〕
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
  Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
Tomasello [1] は、言語の生得論を批判している。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
    Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

引用の仕方は、さまざまです。eco-message様の読んだ参考文献のなかでの引用方法を参考にしてください。

とくに字数制限のあるレポートについていえることだと思いますが、まとまった長い引用は避け(下の[1](1a)の場合を避けるということです)、自分なりの要約をして、引用元とそのページを明記するとよいと思います。ただし、原文の曲解を避けるために自分の要約よりも原文をそのまま引用することを伝統的に重んじる分野では、そのかぎりではありません。

それを前置きにして、ひとまず大別すると、次の...続きを読む

Q参考文献・引用文献について

大学で卒業論文や、修士論文を書く場合に、研究者の肩書きがない人の論文を参考文献や引用文献とするのは良いのでしょうか。
たとえば、一般の人(その道の人、NPOの人など)が書いた論文や、研究職でない人が書いた論文などです。

みなさまの意見を広く聞きたいと思い投稿しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何を引用してもかまいません。が、自説の根拠とするのならば、根拠していいだけの信頼性がある文献かどうかが問われます。

Q玉川大学の芸術学部と日本大学の芸術学部

私は将来、アニメ制作の現場で音響の職について働きたいと思っているので、
大学は音響の学べるところに行きたいと思っています。
それで今、進学を考えているのは、玉川大学と日本大学です。
どちらも芸術学部です。
玉川大学はメディア・アーツ学科、日本大学は放送学科です。
どちらとも音響が学べるみたいです。
そこで、どちらの大学の方が、アニメの音響の分野に関して学べますか?
どちらの方が私の学びたい分野に向いているのかがわかりません。
ややこしいことを聞いてしまい、ごめんなさい。
わかる方はお願いします。

Aベストアンサー

単純な比較で言えば、断然「日芸」です。
ネームバリューもさることながら、OBの人脈が違います。
途中でアニメに挫折しても、つぶしがききます。
玉川は歴史が浅すぎます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報