「黒田官兵衛」について興味があるのですが,面白いHPか本はないでしょうか?

 また,「黒田官兵衛」についてどんな印象があるかも教えて頂けるとありがたいです。

 なお,「播磨灘物語り」は読んでおりますし,一応ネット検索も行ないましたが,皆さまの印象(感想)も知りたいですので宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

こんにちは。



印象はずばり!!『野心家』です。月並みですが・・・理由は関が原合戦のあたりで、期を見て兵を挙げようとしたところです。合戦が1日で終わってしまったのが誤算でしたが・・・

また、秀吉に恐れられている事にいち早く気づいて、距離をおいたところなんかは処世術に長けていると見てよいでしょう。

この抜け目の無さは軍師としては最適ですが、当主としてはどうでしょうか・・部下をあまり信用せずに、ワンマンになりがちな気がします。また、第一に考える事は仕えていた秀吉よりも自分の事という感じがします。常に身の施し方を考えていると言うような・・・優秀な人間なのにいまいち人気がないのは(どちらかというと竹中半兵衛のほうが人気がある)、このあたりに原因があるかも。

こんなところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> 印象はずばり!!『野心家』です。
 ヤッパリそうですか。何かの本だったかに,そんな事が書かれていましたね。

> この抜け目の無さは軍師としては最適ですが、
> 当主としてはどうでしょうか・・
 そうですね・・・,どうなんでしょうか。私にはよく分りません。と言うか,そう言った事も知りたくての質問です。

> 優秀な人間なのにいまいち人気がないのは(どちらか
> というと竹中半兵衛のほうが人気がある)、
 なるほど。竹中半兵衛も好きですが(と言うより,軍師と呼ばれる人が好きです),私の印象では「竹中半兵衛=軍師」で「黒田官兵衛=策士」と言った感じです。お書きの特徴がこの辺の印象の違いになっているようにも思います。

お礼日時:2002/09/12 18:52

海援隊の「二流の人」という歌があります。


もろ「黒田官兵衛」の歌です。機会が有れば一度聞いてみてください。いい歌ですよ。

この回答への補足

nakaichi さん,yusei さん,改めて回答お礼申し上げます。

 yusei さんの回答から1週間経ちましたが,追加回答もありそうにありませんし,質問も「歴史」カテゴリーの3ページ目になってしまいましたので閉め切ることに致します。

 今後とも宜しくお願い致します。

補足日時:2002/09/19 10:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 そんな歌があったんですね。普段あまり意識して歌番組など見ないものですから全く知りませんでした。

 今度レコード店(今でもレコード店でしょうか?)に行く事があれば,探して見ようかと思います。

お礼日時:2002/09/12 18:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒田官兵衛?NHKの大河ドラマの軍師官兵衛の主人公

黒田官兵衛?NHKの大河ドラマの軍師官兵衛の主人公・黒田官兵衛?の右顔に青アザがあるのはなぜですか?

Aベストアンサー

ちなみに官兵衛の幽閉話は後世の創作です
鵜呑みにしないように

Q黒田官兵衛の策は賢いのかセコイのか

黒田官兵衛ブームがありますが、

「軍師」と言われても、申し訳ないと思いつつ、
若干、その策が賢いというより、セコイ・卑怯感を感じる部分もあります。

そういった、セコイ」・卑怯というものが、どういうわけか、賢い・勇気ある行動というようにされて、
今の世の中に浸透している人っていますか?

Aベストアンサー

アントニオ猪木があのモハメド・アリと異種格闘技戦をやったときに猪木が寝っころがったままひたすらアリにローキックばかりかましたのは有名ですが、当時は「せこい」「戦ってない」と散々でした。当時はNHKニュースにも取り上げられましたが、NHKのニュースキャスターが「茶番」と揶揄したのは有名な話です。
でも今、立ち技に寝技が対抗するにはああするのが最も合理的な判断であったと格闘技ファンの間ではいわれているようですね。

ちなみに朝倉宗滴さんという戦国初期のカリスマ武将が「武士っちゅうもんは、犬だの畜生だのいわれても戦さに勝つことが肝心だ」というお言葉を残しています。
セコかろうが、卑怯だろうが、勝てば官軍、負ければ賊軍。英語にも「might is light(力は正義)」ということわざがあります。

Q黒田官兵衛の名の読み方

戦国末期に日本にきたカトリックの宣教師の書簡には「くゎんひょうえ」と表音されている、と司馬遼太郎『播磨灘物語』で読みました。
今は「かんべえ」と呼んでいますが、いつ頃から読み方が変わったのですか。
「くゎん」は分かるのですが、「兵衛」の部分が分かりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

兵衞を「ひょうえ」から「べえ」と読むようになったのは江戸期のようです。現代ではないでしょう。
以下のサイトが参考になります。
http://homepage1.nifty.com/longivy/note/li0006.htm

Q意外と…地元の人って黒田官兵衛知らんの?

軍師官兵衛が始まりましたが…
福岡の人って意外と官兵衛の事知らないんですか?

実際は
秀吉から豊前中津12万石を与えられたのに
関ヶ原の後褒美として中津に12万石を与えられた
と言っていました(しかも福岡の要人です 言ってた人は)

他にも
官兵衛は播磨の人だけど元々九州の産まれだと思ってる人が意外と多かったり
(某ラジオで言ってました)


地元の偉人ってこんなものなんですかね?

Aベストアンサー

途中で、名前変わってますから、そのせいもあるのでは?

長州でも、桂小五郎は知ってても、明治になって改名した名前・木戸孝允の方で聞くと、誰?って感じで知名度ゼロに等しいありさま。

地元だけ知名度が高い人って、限られていると思います。

Q黒田官兵衛本人は中国大返しでどうやって移動した?

歴史はまったく分からない素人です。

秀吉の中国大返しはよく分からないことが多いのですが。

本能寺の変のとき、黒田官兵衛は毛利との交渉などのために高松城のところにいたはずですよね。

その後、中国大返しで驚異的は速さで行軍が行われたとされてますが、黒田官兵衛は体が悪く走ることはできませんから、やはり輿に乗って超高速で移動したのでしょうか?
それとも馬には乗れたのでしょうか?

黒田官兵衛も、とにかく秀吉と一緒に返らないと困る立場だと思いますが、輿に乗ってどうやって高速移動したのか?と疑問に思いまして。

Aベストアンサー

中国大返しで高速移動したのは秀吉・秀長の軍勢5000程
これがまず真っ先に掛けに掛けて姫路まで戻っています

黒田・蜂須賀などの部下は後から合流しています
ゆっくりとは言いませんが 秀吉ほどの高速では帰ってない様です
官兵衛は体が悪かったと思われてる(大河ドラマの影響か?)様ですが 実際はそんな事はありません
馬にも乗ってましたし走る事も出来ましたよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報