大西洋憲章でうたわれた「領土不拡大の原則」と「民族自決の原則」が、サンフランシスコ講和条約において、どのように実現しなかったのか、またその原因はなぜかということと、実現しなかった地域の住民(先住民族を含む)が、それによってどのように影響を受けたかについて、全体で600~1200字にまとめて下さい。自分にしかかけないような、独創性のあるレポートを高く評価します。
 以上がレポートのないようなのですが、歴史や政治が苦手であり、調べたのですがわかりませんでした・・・。簡単にキーワードとかでいいのでわかる人がいましたら教えてください。どうも、お忙しい中ありがとうございました。

A 回答 (1件)

大西洋憲章でうたわれた「領土不拡大の原則」と「民族自決の原則」が、サンフランシスコ講和条約においてなぜ 実現しなかったのかは キーワードは 米ソ冷戦 パレスチナ問題でしょう。


実現しなかった地域の住民(先住民族を含む)が、それによってどのように影響を受けたかは キーワードは東欧の民族紛争に焦点を当てればいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。これからレポートやる方針がたちました。
十分参考にさせていただきます。お忙しい中どうもありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/02/03 16:58

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ