たんぱく質を構成するアミノ酸には20種類あると聞いたのですが、どうして
20種類なのか教えてください。なぜ、21種類以上ではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そもそも、タンパク質がどのようにしてできるかはご存知でしょうか?


三つずつの塩基配列によって一つのアミノ酸は決定します。
コドン表というものを知っていますか。つまり、人間が自分の情報として持っている本(遺伝子)を読む際に暗号となるもの(塩基)が、三つ組になって一つのアミノ酸を示すのです。その塩基には4種類あって、記号化するとA,U,C,Gです。この中から、三つを選んで並び順を決める方法は64通りありますが、実際のアミノ酸は20通りですね。それは、同じアミノ酸を示す三つ組もあるからです。一つ間違えても(変異が起こっても)影響を与えないために、だそうですが、その結果アミノ酸はたまたま20種類になったのではないでしょうか。コドン表を見たら少しは納得が行くかもしれません。
質問の意図する答えではなかったら、ごめんなさいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

質問にこたえていただきありがとうございました。コドンの重複がキーワードに
なっている、ということですね。参考にします。

お礼日時:2001/02/04 15:39

何故なのかは私も知りませんが,偶然の結果ではないかと思います。

あるいは,まだ見つかっていないだけかも知れません。

ちなみに,細胞内のアミノ酸は20種の標準アミノ酸に限りません。その他の標準アミノ酸から誘導された特殊なアミノ酸がある限られたタンパク質の構成成分として見出されています。


例えば,

4-ヒドロキシプロリン,5-ヒドロキシリジン:結合組織中の繊維状タンパク質コラ-ゲン中に存在。

N-メチルリジン:筋肉の収縮タンパク質ミオシン中に存在。

γ-カルボキシグルタミン酸:血液凝固タンパク質プロトロンビン中に存在。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/06 12:21

 難しい、質問ですねー。

なぜ、19でも21でもなく20なのか。

 正確な解答はだれも知らないでしょう。学問的には化学進化という部類に入ります。下記のような学会に出席している先生方に直接お伺いすれば何かわかるかもしれません。最先端の研究者の方ばかりです。(基礎知識はひつようとなりますが、、)

 が、私の考えはこうです。生命が誕生するかしないかの時期の原始地球においては、いろいろな組み合わせで生命を維持しようという試みが行われていたはずです。15くらいのもあったでしょうし、30くらいのもあったかもしれません。もっというとたんぱく質を用いない系もあったでしょう。そのなかで、最も長く生命として維持されたのが、現在の生命だったというものです。20である必然性はおそらくないはずです。この系が偶然もっとも環境適応性が高かったのではないかと思います。

 しかし、残念ながら現在のところ「20個の必然性」の証明は不可能と思います。サンプルもこの地球における一例だけですし、計算が出来るほどにも科学はまだ進歩していません。遠い将来地球外生命体が数多く発見されて、統計処理が可能になれば何とかなるかもしれませんが。

 不十分な回答で申し訳ありません。

参考URL:http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/~syuasa/society …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

偶然である可能性がたかい、ということですね。参考にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/06 12:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタンパク質を構成するアミノ酸の数

タンパク質はDNAの塩基配列を参考に作られるならばタンパク質を構成するアミノ酸の数はDNAの全塩基の約3分の1なんですか?(例えばDNAの全塩基配列がACGTTCACAだったらそこからできるアミノ酸の数は3つなのかということです)。また、もしそうだとしたらヒトゲノムの塩基対は1億位あるのでタンパク質が巨大になりすぎませんか?そう考えるとタンパク質への翻訳作業は途中で終わるのかなどと考えてしまいます。

Aベストアンサー

ひょっとして, 「1本の DNA から 1種類しかタンパク質はできない」と思ってた?

QなぜDNAは2重らせん構造なのでしょうか。

 こんにちは。質問はタイトル通りです。以下、補足です。
 DNAが2重らせん構造をしていることは皆様ご存知のことと思います。しかしDNAの塩基対の組は決まっています。例えば「アデニン」に対しては「チミン」などです。片方の塩基の種類が決まればもう片方の塩基の種類も自ずと決まってしまいます。では、片方の塩基による「1重らせん構造」でも良いと思うのですが……。私には理由が分かりません。
 皆様の力をお貸しください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DNAはある程度安定で、ある程度不安定である必要があります。

安定である必要は、それが生命の設計図だからです。もし、不安定ならその生命は突然変異が多く、種の保存ができないでしょう。

不安定である必要は、DNAからRNAに転写する際、まず2本鎖を1本鎖にして、それを元にコピーします。もし、安定すぎるとこの2本鎖を1本鎖にすることが困難になり、欲しいときに欲しいものが作れなくなります。

さらには、2本鎖にすることで、どちらか一方の鎖が放射線などで変異したとしても、もう一方の情報を元に復元が可能です。

上記の理由で、1重らせん構造より2重らせん構造のほうが真核生物には適していると考えられます。


ウイルスの一種に一本鎖RNAウイルスがいます。
その構造においてもループを形成し、疑似二本鎖構造をもちます。

QDNAはなぜ2重らせん?

DNAの二重らせん構造を発見した人が死去した、というニュースを見ました。
ここで不思議に思ったのですが、なぜDNAは二重らせん構造なのでしょうか?塩基と塩基が結びつくだけなら、はしご状でも不思議ではないですよね。
それに、なぜ2重らせん構造だというのがわかったのでしょう?
素人の疑問なのでおかしな質問かも知れませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

DNAが二重螺旋構造をとっているのは、より小さい体積でより多くの遺伝情報を載せるためだと言われています。DNAの長さが同じだった場合、はしご状よりも二重螺旋構造の方が体積は小さくなります。また、途中でからまったりねじれたりしないこと、転写を行う際にきちんと一本鎖になれることなどが条件として挙げられます。
なぜ二重螺旋だということが分かったかと言うと、実際に分子量と体積を比較し、上記のような条件を満たす構造を考えた結果、でてきた結論が二重螺旋だったからです。ちなみに、最初に二重螺旋構造を提唱したのはワトソンとクリックではなく、そこで働いていた数学者の女性です。その女性が様々な条件に合う構造を探した結果、二重螺旋の可能性が強いと判断したのです。そしてワトソンとクリックが実際にそれを証明し、今では二重螺旋の発見者はワトソンとクリックということになっています。

Q人間の遺伝子の数は何個くらい

あるのでしょうか??
2万3千個とかあるようですが、少ない気がしますが
どうしてでしょうか??

Aベストアンサー

少ない方が進化論的には「コンパクトで良い」という視点も覚えておいて下さい。
またコーディングされたDNAからmRNAがスプライシング(特定の位置で分かれる)
される事により、互いに関連があったり、とんでもなかったりするポリペプチドに
分割され複数のポリペプチド及び蛋白質を同時にコーディングしている事が知られて
います、だから遺伝子は全長の個数では数えられない。これも進化論敵には有利。
全てのポリペプチド及び蛋白質が遺伝子上になければならないと非常に脆弱になる。
また既に遺伝子が読まれる前に「アイソザイム」がある事が知られていた、「冗長」
だとも言えるし「保護されている」とも言える、説明が遅れたがアイソザイムは
構造が異なるが同じ働きが出来るポリペプチド及び蛋白質のこと。
スプライシングのところで誤解を与える表現をしてしまったが、mRNAの全長が
必要なポリペプチド及び蛋白質がある、古典的には皆これを期待していた。
だがスプライシングされて再結合し、ようやくポリペプチド及び蛋白質全長に相当する
mRNAが出来上がる事が分かり、さらに上記の様にスプライシングされた部分だけで
充分機能するポリペプチド及び蛋白質や方々の「半欠け」が寄り集まってやっと機能する
例があることも分かった。ご存知だろうが「読めない」部分が莫大な数ある、これが
DNAの構造を「安定化」する為だけにあるのか、そこに何か書かれているのか分からない。

少ない方が進化論的には「コンパクトで良い」という視点も覚えておいて下さい。
またコーディングされたDNAからmRNAがスプライシング(特定の位置で分かれる)
される事により、互いに関連があったり、とんでもなかったりするポリペプチドに
分割され複数のポリペプチド及び蛋白質を同時にコーディングしている事が知られて
います、だから遺伝子は全長の個数では数えられない。これも進化論敵には有利。
全てのポリペプチド及び蛋白質が遺伝子上になければならないと非常に脆弱になる。
また既に遺伝子が読...続きを読む

Q栄養比率について

栄養素摂取量から求め、給食などを作るときに役立つ。自分が本などで調べた結果はこんなものでした・・・。もう少し、詳しい意味が知りたいです。
栄養比率の定義?を教えてください。

Aベストアンサー

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないとダメなのですが、注意しなければならないのは総エネルギー量です。この総エネルギー量が適正であることが基本条件です。
たとえば、脂質エネルギー比は1~17歳は25~30%、18歳以上は20~25%であることと日本人の栄養所要量食事摂取基準ではいわれていますが、こんな場合はどうでしょう。
総エネルギーが必要量の半分しかとれていないのに、脂質エネルギー比が40%だったら。たぶん、脂質量は適正です。その他のたんぱく質や炭水化物量がきっと不足しています。それらを適正量にすれば、脂質エネルギー比は範囲内に入るはずです。つまり、総エネルギー量とそのバランスをトータルに考えなければならないのです。

2.穀物エネルギー比率
以前は、日本人は「米ばっかり食」のことが多かったので、穀物だけでなく、もっといろいろなものを食べなければ栄養バランスがとれないということを考える目安とされてきました。
摂取した穀物のエネルギー量を合計し、総エネルギー量で割って100をかけます。50%程度が望ましいといわれています。でも、若い女性はもっと低いです。これは低すぎてもダメです。やはり、脂質エネルギー比の過剰につながるからです。

3.動物性たんぱく質比率
通称、動たん比とよんでいます。総たんぱく質量に占める動物性たんぱく質の割合です。
動物性たんぱく質量(g)/総たんぱく質量(g)×100で求めます。
アミノ酸組成のよい動物性たんぱく質はとても大切。特に、成長期には50%は摂りたいものです。

4.ほかにもいろいろ。。。
動物性脂質比率とか、
飽和脂肪酸(S):一価不飽和脂肪酸(M):多価不飽和脂肪酸(P)=3:4:3とか、
n-6系多価不飽和脂肪酸:n-3系多価不飽和脂肪酸=4:1とか、
まだ他にもあるかも。

いずれも、献立を作成したり、栄養診断する際に活用されます。

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないと...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Qグルコースの異性体

ガラクトースは立体異性体
フルクトースは構造異性体
αグルコースとβグルコースは互いに光学異性体

これって正しいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガラクトースは立体異性体:正
フルクトースは構造異性体:正
αグルコースとβグルコースは互いに光学異性体:誤、強いて言うなら立体異性体、普通はアノマーと言う。それと普通はグルコピラノースとか言う。それと、どちらもDLが同じであることが前提です。

Qアミノ酸とタンパク質の関係がイマイチ理解出来ません。

アミノ酸とタンパク質の関係がイマイチ理解出来ません。

・「アミノ酸」と「タンパク質」とは、そもそも別の栄養素なのですか?
・以前販売されていた「アミノバイタル」という商品の栄養成分表示では「製品3g中、タンパク質2.2gアミノ酸2.2g」となっていました。ということは、アミノ酸とタンパク質は同一の栄養素?
・一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

Aベストアンサー

> 一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

蛋白質とは、いろいろなアミノ酸が結合した物質です。
結合のしかたによって良質の蛋白質だったり、良質でない蛋白質だったりします。
次の割合でアミノ酸が含まれている蛋白質が良質で、この割合をアミノ酸スコア100として表わします。

イソロイシン 250mg
ロイシン 440mg
リジン 340mg
含硫アミノ酸 220mg
芳香族アミノ酸 380mg
スレオニン 250mg
トリプトファン 60mg
バリン 310mg

もしも、このような割合のアミノ酸であれば、置き換えることができます。

> 「アミノ酸」と「タンパク質」とは、そもそも別の栄養素なのですか?

蛋白質は胃でアミノ酸に分解されてから体内に吸収され、体内の各組織に必要な蛋白質に再合成されます。
ですから、サプリメントなどでないかぎり、アミノ酸と蛋白質は同じ栄養素といえます。

>「製品3g中、タンパク質2.2gアミノ酸2.2g」となっていました。ということは、アミノ酸とタンパク質は同一の栄養素?

たとえば、イソロイシン 2200mgが含まれている製品は蛋白質2.2gであり、アミノ酸2.2gでもありますが、
アミノバイタルに含まれているアミノ酸は疲労軽減が目的のアミノ酸に限定されているので、
このアミノ酸を身体に必要な蛋白質と同一の栄養素と考えることはできません。

> 一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

蛋白質とは、いろいろなアミノ酸が結合した物質です。
結合のしかたによって良質の蛋白質だったり、良質でない蛋白質だったりします。
次の割合でアミノ酸が含まれている蛋白質が良質で、この割合をアミノ酸スコア100として表わします。

イソロイシン 250mg
ロイシン 440mg
リジン 340mg
含硫アミノ酸 220mg
芳香族アミノ酸 380mg
スレオニン 250mg
トリプトファン 60mg
バ...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Qアセタール化&ヘミアセタール基

もうすぐ大学受験で、今は糖類を勉強しているのですが、
その中でヘミアセタール基というのが何度も登場しています。
”ヘミ”というのは1/2ということらしいので、
半分アセタール化されたという意味だと思うのです。
アルデヒドの反応のまとめにアセタール化が含まれているのですが、
これを見る限りアルデヒド基とヒドロキシル基が反応するようです。

  R-CHO + R’-OH → R-CH-O-R’
                       |
                       OH
  アルデヒド   アルコール    ヘミアセタール

確かにいくつか鎖状の単糖類などを見てみるとOHとCHOがすぐ近くに
あるので、同じような反応をしそうな気がします。
『あぁそれでくっついてピラノースとかになるのか~・・』と、
納得しかけたんです・・・が、ここで質問があるのです。(^^;
”ヘミアセタール基”とは一体どこのことを指して言っているのですか?
そして、それは例えばα-D-グルコースで言うとどこなのでしょうか?
よろしくお願いします。

もうすぐ大学受験で、今は糖類を勉強しているのですが、
その中でヘミアセタール基というのが何度も登場しています。
”ヘミ”というのは1/2ということらしいので、
半分アセタール化されたという意味だと思うのです。
アルデヒドの反応のまとめにアセタール化が含まれているのですが、
これを見る限りアルデヒド基とヒドロキシル基が反応するようです。

  R-CHO + R’-OH → R-CH-O-R’
                       |
                  ...続きを読む

Aベストアンサー

rei00 です。

> こちらでは、ヘミアセタール基はR’以外の部分
> (-O-CHR-OH)ということでしょうか??
 -O-CHR-OH 部分という事ではあってはいるんですが,R’以外と言われるとチョット違うです。糖の場合,お書きの式のRとR’が同じと考えて下さい。つまり次の様になります(等幅フォントでご覧下さい)。

HO-R’-R-CHO
  ↓
R--CH-OH
I  I
R’-O

 で,ヘミアセタ-ルと言った場合,R,R’が存在するという前提で,この中の -O-CH-OH 部分を指します。

 いかがでしょうか。分かり難いかな?


人気Q&Aランキング