人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

連日の防衛省事件の報道で、ふと、山崎豊子さん「不毛地帯」を
思い出しました。
山田洋行やミライズがやたらと注目されていますが、伝統的に
防衛産業に強い商社とはどこなのでしょうか?
三菱重工などが多く受注していると聞きますが、ということは、
やはりグループの・・・
という、単純な構図なのでしょうか?
ご存知でしたら、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ではどうして利益の少ない防衛産業にこだわるのでしょうか?



まず、高度な技術、ノウハウを要する防衛装備品を扱う事での企業ブランドイメージがあるでしょう。多少の愛国心、公共精神もあるのでしょうが、やはり随意契約による安定受注も大きいと思います。実績のある会社は継続的に契約が取れますので、山田洋行のような比較的規模の小さな会社にとっては、大きな旨みになります。山田洋行は元々不動産会社で、土地バブルの崩壊で青色吐息でしたので、多角経営で手を出した防衛装備品輸入業務を手放す訳には行かなかったのでしょう。
水増し請求などは全く許しがたい話ですが、では、全面的に競争入札制にすれば良いかと言うと、これも難しい話でして、ノウハウの無い業者が安さだけを売りに参入して来ると、納入された製品(兵器)が現場で使い物にならない、緊急時に輸入代行業者との意思疎通が円滑に出来ない等の問題が発生してしまうのです。国防の為の装備品でこれは深刻な問題ですので、どうしても実績のある、防衛省とツーカーで話の通じる業者に偏りがちになってしまうのが実情となっているようです。
因みに、装備品調達費の高騰に関して防衛省側も手をこまねいている訳ではないようで、ここ数年は集中的に調達する品目を適宜絞って、ある程度一括発注する事で経費を節減するなど、まだまだ手ぬるいとは言え、一応対策は講じているようです。遅きに失した感はありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。
そんなに簡単にコストで割りきれませんよね。
緊急性を要する分野ならなおさらです。
防衛産業を多角的に見ることができ、
愚直に努力している方々にも注目したいと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/05 19:02

>いずれにしても防衛産業は儲かるのでしょうね?



いえいえ、たいして儲かりません。世界レベルで観ると、軍需産業の売上世界一を誇るロッキード・マーティン社の年間総売上げでも、トヨタの十分の一ですし、二位のボーイング社は、売上げの半分が民生品の製造販売です(総売上げではロッキード・マーティン社より上)。
民生品を売っている方が、企業は断然儲かるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過去に「防衛汚職」「水増し請求」なんて言葉を聞く度に
さぞかし、限られた有入札資格社で談合を繰り返しながら
利益を配分し、甘い汁吸っているんだろうなぁと思っていました。
今回の事件で確信したのですが…
そう思っている人も多いのでは?
いずれにしましても、大恥をかかずにすみました。
ありがとうございました。

ではどうして利益の少ない防衛産業にこだわるのでしょうか?
株主的にも利益を上げ、企業価値を上げるほうを優先するのでは
と思いますが、そのあたりはいかがなのでしょうか?
何か深い意味でもあるのでしょうか?素人質問ですみません。

お礼日時:2007/12/04 19:21

伊藤忠や三井物産なども防衛装備調達では大手です。

一流と言われる商社は全て関与していると見て良いです。月刊軍事研究(ジャパン・ミリタリー・レビュー刊)の巻末あたりに、毎号「防衛産業ニュース」が掲載されていますので、そちらを参照すれば、どんな企業が防衛装備調達に関与しているか良く分かると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふ~む、やはり専門誌はあるのですね。
機会があれば読んでみます。って、書店に売ってます?
いずれにしても防衛産業は儲かるのでしょうね?
興味深い情報、ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/04 15:33

「不毛地帯」は、日商岩井がモデルでしたが、ロッキード事件の丸紅も


強いのでは?

この回答への補足

懐かしいです。
「蜂の一刺し」なんてのも、ありましたね。

補足日時:2007/12/04 15:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「学生生活を通して得たこと」の添削お願い致します。

初めて、投稿させていただきます。

履歴書に書く「学生生活を通して得たこと」という欄にとても悩まされています。
添削、アドバイス等いただけると大変助かります。
拙い、文章ですがなにとぞよろしくお願いします。

私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました。大学の授業で展示会をすることになり私はB2パネル4枚にボールペンでイラストを描くことにしました。約半年かけての制作だったためなんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし締め切りギリギリに利き手である右手の手首を骨折してしまいボールペンを握れる状態ではなく制作が出来なくなってしまいました。なんとか反対の手で描いていきましたが思い通りに書き進めていくことができず結果、未完成のまま展示することになってしまいました。もし、私が早い段階で計画的に進めていれば締め切りギリギリよりも前に描き終わらせることが出来たのではないかと思い自分の無計画さを悔やみました。この経験から事前に計画を立てることの大切さを学びました。

こういう感じで書き進めているのですが「計画を立てる」なんていうのは普通のことだとは思うのですが思いつかなくて.....。

本当にだめな文章だとは思いますが添削、アドバイス等何でも構いませんのでどうぞよろしくお願いします。

初めて、投稿させていただきます。

履歴書に書く「学生生活を通して得たこと」という欄にとても悩まされています。
添削、アドバイス等いただけると大変助かります。
拙い、文章ですがなにとぞよろしくお願いします。

私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました。大学の授業で展示会をすることになり私はB2パネル4枚にボールペンでイラストを描くことにしました。約半年かけての制作だったためなんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし締め切りギリギリに利き手であ...続きを読む

Aベストアンサー

1番気になったこと。それは、
あなたは今回の経験で学んだことを、社会人としてまたは入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?


こんにちは。
就活を終えた大学4年生です。
私の回答は全部で5部構成にしており、少々長いですが最後までお付き合いいただければ幸いです。


1.アドバイス

文章の最後を「大切さを学びました。」で終わらせていますが、この終わり方はあまり良くないですね。
この手の文章で最も重要なのは、"学びました"の次にくる一言です。

その一言とは、あなたは今回の経験で学んだことを社会人として、または入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?ということ。

「~を経験し、~を学んだ。~が身に付いた」このような文章は誰でも書けます。
大事なのは、今後どうしていきたいのか。どうしていくべきなのか。というように、文末に将来を見据えた一言を入れることです。






2.添削

~~私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました~~
ここで書くべき項目は"学生生活を通して得たこと"なのですから、最初の部分「私は~通して」は書かなくても大丈夫です。

~~大学の授業~~
大学なのですから、授業ではなく「講義」の方がいいでしょう。

~~ボールペンでイラストを描く~~
「ボールペン」は不要です。

~~約半年かけての制作~~
「約」などという曖昧な表現は絶対にダメです。
また、半年なら"6か月"、半月なら"15日"というように、数字で表現した方が説得力が増します。

~~ギリギリに利き手である右手の手首を骨折してしまい~~
「ギリギリ」は「直前」という言葉に替えましょう。
「利き手である右手」は不要ですね。書くとしても「利き手を骨折」だけで十分です。


~~もし、私が早い段階で計画的に~~
「もし、」というのは不要です。

**全体的に**
一文一文が長すぎる個所もあるので、句読点もっと意識した方がいいです。


3.文章構成について



文章構成の基本は「起承転結」です。

起:学生生活を通して得たことは何なのか。
承:具体例や経験談。
転:その後どうしたのか。
結:学生生活を通して得たことは何なのか。それを今後どう活かしていきたいのか。

ですが、今のあなたの文章は「起承  」になっています。
「結」もあるにはあるのですが、途中で終わってしまってします(1.アドバイス参照)。

あなたが書くべき「転」とは、悔しい思いをしたあと、二の舞を踏まないようにどのように行動したのか、その行動した結果はどうだったのか。ということです。




4.修正後の文章

1~3の項目を踏まえて、あなたの文章を書きかえてみました。修正する時の参考になれば幸いです。
上記に挙げたところ以外にも、ちょくちょく修正を入れています。


事前に計画を立てることの大切さを学びました。
大学の講義で展示会をすることになり、私はイラストを描くことにしました。この時の私は、6ケ月かけての制作だったため、なんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし、締切り直前に利き手骨折してしまい、イラストを描くことが出来なくなったため、未完成のまま展示することになってしまいました。この時、早い段階で計画的に進めていれば、締切り日から余裕をもって描き終えることが出来たのではないかと思い、自分の無計画さを悔やみました。

その後は同じ思いをしないために、出題される課題やレポートは締切りより2日前に終わらせることを目標にスケジュール表を作成し、計画的に物事を進めるように心がけました。その結果、最近は展示会で感じた悔しさを感じることはなくなりました。
私はこの経験から、学んだ「事前に計画を立てることの大切さ」を活かし、入社後は~~のようにしていきたいと考えています。




5.最後に

「計画を立てるなんていうのは普通のことだとは思うのですが思いつかなくて」

それでいいんです。
今は普通なことを「普通だ」と感じ、普通のことを普通にできる、普通な人のままでいいんですよ。
たかが大学生の歳で、人よりスバ抜けたことをアピールできる人なんてそうそういるもんじゃないです。「この人すごいな」と感じたら、それはその人が説明上手なだけで、元を正せばなんてことありませんよ。



今後あなたがとるべき行動は、
1.他の回答者様の意見も併せ、今の文章を修正する。
2.面接を受ける。そこでは質問されるので、質問内容を覚えておく。
3.同じ質問をされないように内容や表現を修正する。
4.面接を受ける。そこでは質問されるので、質問内容を覚えておく。
(以下、繰り返し)

書類審査のない企業も多々あるので、そのような企業にはバンバン書類を出してください。たとえ興味なくてもです。
面接を受け、上記リストを繰り返してください。そうすれば、文章は完成系へ近づき、面接などに場慣れすることもできます。
個人的にですが、就活で最も危機感を覚えるのは、面接や試験に場慣れした他の就活生がいることです。面接などに不慣れで緊張していると、自分の100%を出し切ることが難しくなってしまいます。しかし、場慣れ人たちは100%を出し切る方法を知っているので、いい印象を与えることができます。

面接を受けた後、次の日にでも選考辞退の旨を伝えれば、悪いことは何も言われません。
ここで受ける企業は本命ではないのですから、辞退することであなたの印象が悪くなろうと関係ありません。他の企業にあなたの評判が広まるなんてことはありえません。
堂々と選考辞退しちゃってください。


書類を出すだけでなく、興味のない企業でも説明会などには参加してください。たとえ本命とは他業他社でもです。得るモノがあるはずです。

私は建設業には毛頭興味はありません。ですが、友人の付き添いで建設系企業の説明会に行ったとき、人事の人が言った言葉があります。その言葉は「我々は建物に命を吹き込む仕事をしている」というのもでした。私はその言葉を少しアレンジし、本命の製造業向けに変えた言葉をESや履歴書に必ず入れていました。偶然か否か、その後の書類選考の通過率は高かったです。


「習うより慣れろ」です。

1番気になったこと。それは、
あなたは今回の経験で学んだことを、社会人としてまたは入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?


こんにちは。
就活を終えた大学4年生です。
私の回答は全部で5部構成にしており、少々長いですが最後までお付き合いいただければ幸いです。


1.アドバイス

文章の最後を「大切さを学びました。」で終わらせていますが、この終わり方はあまり良くないですね。
この手の文章で最も重要なのは、"学びました"の次にくる一言です。

その一言とは、あなた...続きを読む


人気Q&Aランキング