ほとんど何の知識も無いまま、青色申告ソフト「みんなの青色申告9」を購入しちゃいました。
経理処理のフローも良く分からないまま、単純に領収書の内容を打ち込めば青色申告書が出来る位の感覚でいましたが、どうも勝手が違うようでした(--;
初期設定は何とか出来たものの、帳簿コンテンツの第一段階でつまづいてます。(コンテンツの中に帳簿と言うものがあること事態、初めて知った状況です。)
帳簿の中にも色々なコンテンツがあるようですし、何が分からないのかも分かりません。
サポートスタッフに連絡しようにも週末起業家の為、自由になる時間も少なく、出来ればHOWTO本のようなもので自力で何とかしたいなと思っていました。
しかし幾ら探してみましたが、会計ソフトに特化したような本も見つかりません。
もしどなたか、おすすめのHOWTO本がありましたら、お教え願えないでしょうか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

簿記3級取得を目指されたらどうですか?


ただ簿記の勉強をするのも良いですが目標があった方が良いですし、3級に合格すれば一つの基準点に到達したという自負も芽生えるかと思います。

また、3級はとても簡単で基本中の基本が押さえられます。実際にご自身で一年通してやるのも良いですが、やるにも最低限の基礎は必要です。

簿記3級取得を目指しながら一年間実務をこなされてはどうでしょうか?

ちなみに3級の標準学習時間は70時間と言われています。そんなに膨大な量でも無いですし、「10日で合格(うか)る簿記3級」という本も出ています。試験も年に3回あるので良いタイミングの時期に受験されてはどうですか?

参考URL:http://www.kentei.org/boki/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
>>簿記3級取得を目指されたらどうですか?
⇒おお!なるほどぉ。そうですね。
スキルアップと実務の為にも資格取得を目指せれば、より身が入りそうですね。

>>ちなみに3級の標準学習時間は70時間と言われています。そんなに膨大な量でも無いですし、「10日で合格(うか)る簿記3級」という本も出ています。
⇒『10日で合格る簿記3級』ですかぁ。魅力的なタイトルですね!
ハッ!いけない!またうたい文句に釣られちゃう所でした(^^;
あくまでも身のある70時間を過ごせばと言うことですよね。気を引き締めて勉強したいと思います。

お礼日時:2007/12/04 12:29

No,4です。


お礼、有難うございます。
実は私も会社を経営し始めたのですが、会計処理が全くわからず、しかし、経営分析をはじめ会計関係の理解は必須と思い簿記3級資格取得を目指しております。(来年2月受験です)

実際に「10日で合格~」を使い勉強していたのですが、一日約3~4時間くらいで学習できたので一冊終えるのには30~40時間くらいではないでしょうか?すると、70時間未満ですが残りは過去問等で実際の問題を解く時間だと考えています。
「簿記は習うより慣れろ!」だそうですよ!!
時間は、個人差がありますが3級であればそんなに大変では無いと思います。何よりも基本が大切!!です。

下記に、簿記3級取得について判りやすい解説をしているURLも載せておきますね!
では、頑張ってください。(私もですが^^)

参考URL:http://www.get-boki.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たびたびのご回答、有難うございます。

>>実際に「10日で合格~」を使い勉強していたのですが、一日約3~4時間くらいで学習できたので一冊終えるのには30~40時間くらいではないでしょうか?すると、70時間未満ですが残りは過去問等で実際の問題を解く時間だと考えています。
⇒おお。。。そうですかぁ。
それなら10日で合格と言うのも伊達じゃないですね!
ご親切にURLまで有難うございました。

お礼日時:2007/12/13 13:44

会計ソフトの見事な文句に乗せられちゃったのですね。


こうなったら、手作業で処理しましょう。
少なくとも、1年間分を手作業と簡易帳簿でこなせば、
個人事業程度の簡単な簿記が理解できるようになります。
後は(=翌年分以降は)会計ソフトをどうぞ。

同じような質問があります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3541851.html

私の回答が、なかなかの好評のようです。
各サイト等も印刷をして、
1冊の本のようにすれば如何でしょうか。
これで確実に記帳・申告までできるようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。

>>会計ソフトの見事な文句に乗せられちゃったのですね。
はい(--;)見事なまでに乗せられちゃいました。
誰でも簡単!みたいなうたい文句は過剰表現だよなぁ。。。と、自分自身の知識の足りなさを棚に上げつつ、ひどいなぁ~と思っちゃいますね。

でもまずは皆様のご意見通り、簿記を覚えるべきですね。
簿記関連の書籍は、多数出てますし。。。
アマゾンなんかで評価見れますので、自分に合った本を見つけたいと思います。

それにしても会計ソフトを使ってる人向けの本が無いと言うのは、不思議ですね。僕と同じような思いをしてる方も多そうですし、販売したら結構売れる気が。。。何か支障があるのでしょうかね?・・・余談でした(^^;

お礼日時:2007/12/04 12:23

そのソフトは使ったことがないのでわかりませんが


個人事業者ならたぶん小遣い帳の感覚で使っていればなんとかなると思います。
振り替えも少しずつやっていればわかってくると思います。
たぶん四苦八苦するのは決済の際の減価償却とかだと思います。
青色申告に関する簿記の本を一冊購入して
(最新版の奴ね。本屋には古いもの置いてある時がよくあるので)
時間掛けて四苦八苦すれば小学生程度の算数ができればなんとかなります。
一回目は大変ですが少しずつわかってきますよ

頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
小遣い帳の感覚ですかぁ。。。なるほど。
勇気が沸いて来ました(^^

さすがに算数位なら分かりそうです。
まずは苦労しながら、覚えて行きたいと思います。

お礼日時:2007/12/04 12:17

まずは「初めての簿記」や「簿記入門」程度だけ読まれれば良いでしょう



「マンガ簿記入門」でも結構参考になるでしょう

簿記の概念さえ判れば青色申告ソフトは使いやすいと思いますよ

青色申告書もただの「小遣い帳」や「家計簿」の拡大版です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなりましてスイマセン。
>>まずは「初めての簿記」や「簿記入門」程度だけ読まれれば良いでしょう
なるほどぉ。。。やっぱり簿記が必要なんですね。
専門知識などは特に必要ないものかとばかり思っておりましたが、世の中そんなに甘くは無いですね。
有難うございました。早速、簿記の勉強をしてみたいと思います。

お礼日時:2007/12/04 12:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の経理について。

これから個人事業を始めるのですが全く経理について分かりません。そこで経理(会計)ソフトを使って経理を進めていこうと思うのですが、初めての人でも簡単に分かるソフトがあったら教えて下さい。現金商売なので掛けはしないです。あと青色申告も簡単に分かるソフトや方法があったら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

これを参考に ↓ 。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3504956.html

私の回答もあります。

Q個人事業主として初めての確定申告。帳簿について

ま~ったく分からない状態から、本とに今日初めて、税務署にいって、
申請の方法から聞いてきた。という個人事業主としてスタートもまだの段階の者です・・

色々本など買って、調べてはみるのものの、まず言葉から勉強しなくてはならない状態です。

私は、ネットオークションや、ネットショップにて通販をしているような業務ですが、

A)商品の発送(販売)は、ほとんどが、宅急便での商品代金引換発送です。
こういった場合、売り上げは、宅急便さんが回収の上、そのつど口座振込みをしてくれるので、
取扱いとしては、【売掛金】になるのですか?
売掛金は、商品を先に提供して、後から、商品代金を回収する。との解釈でいいのでしょうか・・?

B)商品仕入れ金額について。
私は、海外から商品仕入れをしておりますが、
個人事業主になろう。と思うまでは、相手が外国の方ということもあり、領収書などをもらっていませんでした。

あると言えば、注文時に作成した注文票(エクセル)くらいです。
しかも、海外仕入れは、為替があるので、例えば1000元のお買い物をして、為替15円だったときは、15000円支払いしますが、
商品発送時に、不良が出た。といわれ、100元分が次回相殺になった時、【元】で次回相殺をされるため、
繰り越す金額が、100元でも、その時、為替16円だと、繰越金額は、日本円で1600円になってしまい、帳簿になんて書いたらいいのか分からないのです・・・・

説明がすごく下手で、読んでくださる方に申し訳ないのですが、
帳簿を去年にさかのぼって、付けていこう!と思っている反面、
書き方が分からなくて・・

C)個人事業主の皆様。
今日、税務署で、38万円以上の利益がでた時点からさかのぼって、
帳簿をつくってください。
と言われてしまいました。

だいたい、一昨年くらいからでしょうか・・?
5年前までさかのぼって調べられるとの事なのでビクビクです。

自業自得ですが、個人事業主になるまでこの仕事を続けるとも思っていなかった私は、本当にドンブリ勘定で続けてきたために、
去年以前の利益や、経費等、はほとんど把握できていない状態です。

個人事業だし、利益も20万円程度で、見つからなきゃいいかなぁ~
なんて考えも正直あるのですが、

みなさんは、本当に税務署の方に言われたようにこまか~く、38万円以上の利益が出た時点から、申告しましたか?

7月に、まったく想像もしてなかったのですが、驚くことに、一ヶ月に160万円くらいの売り上げが出てしまい、8月はグンと下がって50万円程度の売り上げでした。たぶん大体、その半値くらいが利益。と本当にドンブリで・・
利益の計算なんてしてなかったので、確定申告!!と思い立ったのです・・。
(・・確定申告の前に帳簿が必要なんてことも今日知りました)

って焦っている私です・・。

本当、自業自得で申し訳ないのですが・・

アドバイスいただけたら幸いです。
宜しくお願いします。

ま~ったく分からない状態から、本とに今日初めて、税務署にいって、
申請の方法から聞いてきた。という個人事業主としてスタートもまだの段階の者です・・

色々本など買って、調べてはみるのものの、まず言葉から勉強しなくてはならない状態です。

私は、ネットオークションや、ネットショップにて通販をしているような業務ですが、

A)商品の発送(販売)は、ほとんどが、宅急便での商品代金引換発送です。
こういった場合、売り上げは、宅急便さんが回収の上、そのつど口座振込みをしてくれるので...続きを読む

Aベストアンサー

いざと言う時に、役に立つかな。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3450988.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3484771.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3489229.html

青色申告の場合、青色申告書の3ページの
「減価償却費の計算」の処で、
記入に際して、少し、ややこしい箇所がある。

「 ヌ = 前年のヌ - 今年のト 」、です。

消耗品費・旅費交通費等に関しては、
全く事業と関係がないのでも、
領収金額の1%~10%で記帳しておくか。
帳簿から領収書・レシートで行動を思い出して
アリバイを証明した事例がある。

http://j-net21.smrj.go.jp/establish/startup/cate04.html

http://www.shukuzawa.com/diary/daiary040906.html

上記2つ貼ったかな。
そろそろ、この辺で、おしまいです。

Q今から一年分の青色申告を作成したい

お世話になります。
実は、実家で農業を営んでいるのですが、突然、一年分の領収書と通帳を渡されて、帳簿を作成して欲しい、と依頼されてしまいました。
青色申告が初めてで、分からないままこの時期に来てしまったとのことなのですが、私もまったく素人なので、非常に困っています。
「やよいの青色申告」というソフトを使えば、何とかなるものなのですか?緊急を要しています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>実家で農業を営んでいるのですが、
>突然、一年分の領収書と通帳を渡されて、
>帳簿を作成して欲しい、と依頼されてしまいました。

今まで(昨年分までの)帳簿付けと確定申告は、どうしておられたのでしょうか。

会計ソフトと複式簿記は、初心者には少々無理のような気がしますね。
領収証等を月別・日付順に整理することからなります。
取り敢えず、
記帳が易しい家計簿のような簡易帳簿(=単式簿記?)で始めましょう。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3459030.html

この価値がお分り頂けますでしょうか。
関連サイトもしっかりと目を通うせば、
基礎中の基礎程度なら
それなりに一通りの知識は身に付きます。
本当に間(ま)が良かったですね。

関連サイトには、超初心者向け用の
手作業による「領収書等の整理方法・記帳の仕方」も掲載されています。

ちょっと知識があり、且つ、記帳の内容が複雑でなければ、
「10万円控除の簡易帳簿」から
月別総括表によって、「65万円控除の複式簿記」の申告に変更可能です。
出来れば、これは税理士さんにお願いしましょう。

>実家で農業を営んでいるのですが、
>突然、一年分の領収書と通帳を渡されて、
>帳簿を作成して欲しい、と依頼されてしまいました。

今まで(昨年分までの)帳簿付けと確定申告は、どうしておられたのでしょうか。

会計ソフトと複式簿記は、初心者には少々無理のような気がしますね。
領収証等を月別・日付順に整理することからなります。
取り敢えず、
記帳が易しい家計簿のような簡易帳簿(=単式簿記?)で始めましょう。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3459030.html

この価値がお分り頂け...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q期末繰越の前払金・未払金について

個人事業者です。
決算にともなう「前払」「未払」処理の仕訳で混乱しています。
下記仕訳で正解でしょうか?

Q1. 来期1月分の家賃を12月15日に振込みをした。

 12/15 前払金/普通預金
 1/1  地代家賃(1月分)/前払金
 ※1/1 計上で良いのでしょうか?


Q2. 1月25日に12月分の光熱費を振り込んだ。

 12/31 未払金/普通預金
 1/25 光熱費(12月分)/未払金
※12/31 計上で良いのでしょうか?

光熱費に関しては「未払金」ではなく、
その場合は「未払費用」になるのでしょうか?
(家賃も前払費用という科目になるのでしょうか?)

Aベストアンサー

これだけの情報では明確な回答が出来ないかな。

家賃、光熱費の計上を継続的にどのように行っているか教えてください。

家賃や、光熱費のように月分の支払が当月以外に行われる場合
継続的に処理されるのであれば、(少額、高額に関わらず)どちらでもよいことになっています
どちらとは、未払、前払を立てずに、支払好きで費用計上してよいということです。

質問者様が、毎月の処理をどのように行っているかにも寄りますので
まず、そこを明確にすることです。

毎月、未払いや前払いで処理されているのであれば、12月分も同じように処理すべきでしょう。
また、決算月以外は支払日に費用計上しているが決算月は未払い前払い計上しているということであれば1年前と同じ処理をすべきでしょう。

Q口座開設費用の科目は?

新たに口座を開設した場合の「初期預け金(?)」の勘定科目はなんでしょうか?
初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして!
普通口座なら
普通預金/現金
当座口座なら
当座預金/現金
また定期預金にする時は
定期預金/現金または該当口座預金
ご参考まで

Q青色申告の「赤字の3年間繰越」の記載方法

「青色申告決算書(一般用)」および「確定申告書B」における「赤字の3年間繰越」の記載方法について教えて下さい。
去年初めて青色申告を行いました。所得金額は赤字でしたが、確定申告書の「第四表(損失申告用)」というものを出していません。青色申告は赤字の3年間繰越ができるということですが、その記載方法について教えて下さい。
 1. 「確定申告書Bの第一表」の「本年分で差し引く繰越損失額(48)」に昨年の「青色申告決算書(一般用)の損益計算書」の「所得金額(45)」の赤字額を記載するだけで良いのでしょうか?
 2. 「青色申告決算書(一般用)」の方は1年分毎のもので、「赤字の繰越」は「確定申告書B」の方で行うのでしょうか?
 3. 今年は2年目なので、昨年の分のみですが、もし今年も赤字の場合、「赤字の3年間繰越」と言っても、今年と同じように「1.」の方式で記載すれば良いのでしょうか?
このような質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ANS2及び3です。
 まず、前回も書き込みしましたが、純損失の繰越制度を利用しようと
思えば4表提出が条件ですから、必ず所轄税務署でご相談ください。
 4表提出なきまま今年の所得から前年度の純損失を控除し申告・納税すれば修正申告書提出を余儀なくされることと思います。
 ですから、
(A)前年に「第四表(損失申告用)」を提出している場合
 のみの回答となりますが、
 (A2)前年の純損失100万円・今年の所得120万円の時、今年の(48) に100万円と書く。
 が正しいです。
  今年の所得マイナス(今年も純損失あり)あるいは100万円未満の場合48は記載せず、計算自体(前年の純損失100から今年の所得、例えば80万円を控除して残額翌年に繰り越す純損失が20万円ありますという計算です)は4表です。

 

Q飲食店の経理について

こんにちは。
近々夫婦二人で中華料理屋をはじめることになりました。
二人とも飲食店で働いていたり、知り合いに中華料理屋を営む方がいたりでだいたいのことはなんとかなりそうなんですが、経理に関してが全くわかりません。
旦那は楽観的で「まぁ適当にやればなんとかなるでしょ」という感じなのですが、私は不安でたまりません。あまりお金も使いたくないので本を読んだりネットで調べたり、独学で頑張ろうかとも思ったんですが本当になんとなーくしか理解できません。
本当に適当でなんとかなるのか、
個人飲食店の経理をはじめるにあたって、まず何からするべきなんでしょうか。
最低限この帳簿がいるとか、なんとか…
やっぱり青色申告会とかを活用したほうがいいんでしょうか?
何もわからない人でも青色会計ソフトを使えばなんとかなりますか?
もしくはこんなバカな人でもわかる本とかありますか?
悲しくなるほど本当に何もわかりません、焦る一方です。

それと、私が青色専従者になるのか、子供と扶養に入り続けて控除を受けるのか。
どちらが良いのかもわかりません。

自分の理解力の乏しさが嫌になります…
どなたかどんな些細なことでも構いませんのでアドバイスをお願いします。すみません。

こんにちは。
近々夫婦二人で中華料理屋をはじめることになりました。
二人とも飲食店で働いていたり、知り合いに中華料理屋を営む方がいたりでだいたいのことはなんとかなりそうなんですが、経理に関してが全くわかりません。
旦那は楽観的で「まぁ適当にやればなんとかなるでしょ」という感じなのですが、私は不安でたまりません。あまりお金も使いたくないので本を読んだりネットで調べたり、独学で頑張ろうかとも思ったんですが本当になんとなーくしか理解できません。
本当に適当でなんとかなるのか、
個人飲...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
相当お困りのように感じましたのでお答えしてみようともいます。
まず、知識は全くないという前提でお話しします。

お商売を始めたならとにかく、お商売に関する物は全て保管しておいてください。
これは全てのお商売の基本です。
領収書、請求書、レシート、商売に関する物全てです。
中には商売で使うものと個人(自分)で使うものも一緒に買ったりすると思いますが、レシートにお商売で使った金額に丸をしてわかりやすくしておきます。
そして出来るだけ『領収書』をもらってあて名書きにお店の名前を書いてもらって下さい。(金額が細かいものは結構です)

次に会計帳簿を付けていきます。
会計帳簿を付けるソフトはいろいろありますが、まずは手書きで帳簿を付けてみましょう。
会計ソフトが使えるならそちらでチャレンジしてみてください。
付け方は簡単。家計簿の付ける要領と同じです。

本来は振替伝票というものに仕訳を書いていくのが正しいやり方です。

1日の収入と支出を1日ごとに現金出納帳とういうノートを文具屋で買ってきてその日のうちに書きましょう。

具体的には、

収入…お店の1日の売上合計→「売上」

支出…お店の材料の仕入れ→「仕入」
    アルバイトの給料→「給料」
    仕入れなどに使った交通費→「旅費交通費」
    お店の広告、チラシ代→「広告宣伝費」
    お世話になった人へお歳暮などを贈る進物代など→「接待交際費」
    作業服、エプロンなど→「福利厚生費」
    お店の火災保険など(養老保険や生命保険は経費になりません)→「保険料」
    携帯電話など→「通信費」
    税金などに関する支払い→「租税公課」
    お店の調理器具や1年未満で消耗するもの→「消耗品費」
    お店の家賃やガレージ代→「地代家賃」
    その他上記に属さないもの(新聞代や税理士さんへの決算料など)→「雑費」   

  「」書きは勘定科目といって、1年間分をその分類ごとに集計する物です。
  その詳細「相手先、購入先」「何を買ったのか、使ったのか」を摘要という欄に記入します。
  そしてその買い物ごと、使った金額ごとに書いていきます。
  これを取引といいますが、取引はまとめないで事細かく書いていきます。

そしてお店のお金で自分の物を買った、生活費のために出金した、お店の為のでないものは→「事業主貸」という科目でまとめます。

また売上以外でお店のお金を返したら→「事業主借」という科目で入金欄に書きます。

『日付』 『勘定科目』 『摘要』 『金額』 という具合に書くように現金出納帳は線引きしてあります。

これが一般的な書き方です。

そして奥様の給料ですが、お店の経費にしようとおもえば「給料」若しくは「専従者給与」という勘定で処理します。
しかしこの給料をとれば「所得税」が掛かります。
1月88,000円以下であれば所得税はかかりませんが、これを超えると税金が発生します。

なので(給料)80000(現金)80000 という感じで88000円以下で月末に仕訳を記入します。

これより欲しいというのであれば「事業主貸」という勘定で出金します。
「事業主貸」はいくら引き出してもよいですが経費になりまん。

この所得税については割愛しますが、申告納付が遅れたら延滞税がかかってきますので給料をとるには注意が必要です。

経営者さん(ご主人さん)には給料として経費にする事はできませんのでご注意を。

そして支出では無いけど費用(経費)になるものとして→「減価償却費」というものがあります。
これは固定資産(機械や備品)などを使って価値が下がるものを費用として計上できます。
たとえば、飲食店であれば30万円以上の業務用冷蔵庫、エアコン、自動ドア、仕入れのための車両とかをいいます。
決算時には必ずこの言葉出てきますので備品の領収書や購入日、金額がわかるのを保管しておいてください。


まずここまでができれば初めてにしては立派です。
あとは、来年の確定申告(3月15日)までにすべて金額を集計して、税務署に申告するわけです。

税理士さんに頼めば決算料で5万円~8万円くらいは報酬として取られると思います。

またお店の経営がよくなってきて売上金額が1000万円を超える事になれば消費税の申告が掛かってきます。消費税の申告が発生したら慎重に経理をしなければいけませんよ。

補足ですが、売上金額も含め、すべての金額は税込経理として処理します。(租税公課は非課税です。)

一連の流れを書きましたが、お分かりいただけましたか?

それと事業を開業したら所轄の税務署長に開業届を届けないといけません。
開業届をだしたら青色申告という申請の手続きもありますが、これは正規の簿記の原則にしたがって帳簿を付けないといけないので初めての方は白色申告となります。

まだよくわからなければ質問してください。


 

こんにちは。
相当お困りのように感じましたのでお答えしてみようともいます。
まず、知識は全くないという前提でお話しします。

お商売を始めたならとにかく、お商売に関する物は全て保管しておいてください。
これは全てのお商売の基本です。
領収書、請求書、レシート、商売に関する物全てです。
中には商売で使うものと個人(自分)で使うものも一緒に買ったりすると思いますが、レシートにお商売で使った金額に丸をしてわかりやすくしておきます。
そして出来るだけ『領収書』をもらってあて名書きにお店の...続きを読む

Q開業前の費用の仕分けについて教えてください

初めまして。11月2日に飲食店を開業しました。
みんなの青色申告というソフトを買い、さあ入力しようと思ったのですが、開業前のかかった費用についての仕分けがわからないので教えていただきたいです。
(1)10月分の家賃、保証金、家賃保証会社の年会費をプライベート口座から振り込みました。
(2)内装工事会社に、厨房機器・椅子トテーブルも一緒に頼み、合計額をプライベートの口座から振り込みました。
工事費、厨房機器、椅子・テーブルはどのように仕分けるのでしょうか。またプライベートの口座からなので事業主借であっていますか。3回に分けて振り込んだので3回振込手数料がかかってしまっています。この分もどのようにしていいかわかりません。
(3)食器をプライベートのクレジットカードで支払いました。10月中に引き落とされたものもあるのですが、開業後に引き落とされたものもあります。この場合も購入が開業日前ならまとめて開業日に入力していいのでしょうか。勘定科目も教えて下さい。
(4)10月分の電気代を10月25日に事業用の口座から振り込みました。この場合、11/2 水道光熱費○○○円/普通預金○○○円であっていますか。
(5)試作もかねて、食材の仕入れを10月末からしていました。10月分の仕入を11月6日にまとめてプライベートの口座から振り込みました。
この場合の仕分けは
11/2 仕入○○○円/買掛金○○○円
11/6 買掛金○○○円/事業主借○○○円となるのでしょうか。

たくさんの質問で申し訳ありませんがお分かりになる方宜しくお願いします。

初めまして。11月2日に飲食店を開業しました。
みんなの青色申告というソフトを買い、さあ入力しようと思ったのですが、開業前のかかった費用についての仕分けがわからないので教えていただきたいです。
(1)10月分の家賃、保証金、家賃保証会社の年会費をプライベート口座から振り込みました。
(2)内装工事会社に、厨房機器・椅子トテーブルも一緒に頼み、合計額をプライベートの口座から振り込みました。
工事費、厨房機器、椅子・テーブルはどのように仕分けるのでしょうか。またプライベートの口座からなので事...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>(2)なのですが、9/24、10/10、10/30の3回に分けて振り込んだ為、315円ずつ振込手数料………合計945円

済みません。見落としていました。

三回分を一括仕訳します。
〔借方〕開業費 945/〔貸方〕元入金 945
【摘要欄】315円振込手数料3件


>(3)の開業後に引き落とされたものなのですが、引き落とされた11/28付で

はい。プライベートの預金口座から引き落すのですから、

11月28日
〔借方〕未払金 150.000/〔貸方〕事業主借 150,000

Q飲食代の交際費は誰と行ったかってバレるのか?

個人事業主で食事を行った場合に領収書を貰っているのですが
中には、仕事のパートナーであり、彼女でもあるパートナーとの食事の場もあります。
こういう場合の飲食代というのは、交際費として出来るのでしょうか?個人的な費用になるのでしょうか?実際に仕事の話がメインになる食事です。

誰と行ったか?が重要だと思うのですが、そもそも、人数や誰といったか?
というのはバレるのでしょうか??

Aベストアンサー

取引先との食事でしたら、交際費です。
仕事のパートナーとの食事でしたら、交際費です。
彼女なのだが、仕事のパートナーでもある人との食事なら交際費です。
彼女とラブホテルに入った領収書(が仮にあっても)は、交際費ではないです。
その他でしたら、領収書があっても事業経費とはなりません。

人数はレシートに打ってあればわかります。
個人事業主の飲食代の領収書で税務調査で反面調査がされるケースなどほとんどないでしょう。
その領収書一枚を否認してどうなるものではないからです。
ですから「バレない」です。

一枚の領収書が「事業用の支出かどうか」など、本人に確認しなくてはわからないです。
コンビニでタバコを買ったとします。一般には交際費ではないですが、顧客への手土産として買ったなら交際費です。
実地調査にて領収書を目にしてない状態で「この経費はダメだ」などと言われることはありえません。
ですから、誰と誰と行った、という事が説明できて、調査官が信じれば経費になるのです。
「バレル」「バレない」という問題ではないですね。

次のようなケースが考えられます。
8月15日に家族揃って食事に出かけた。レシートにはお子様ランチとビール2本、その他の料理となってる。
これって「お盆に家族で食事に出かけて、オヤジがビールを飲んだ」領収書です。
まさか、取引先とその子供を連れて接待したわけではないでしょう。
このような領収書の存在は「事業経費とならない食事代をすべて経費計上してる」と判断されて、個別判断せずに「交際費として計上されてる全額」を否認される可能性があります。

全額否認されたらたまりませんので、この日とこの日は取引先誰々と行ったので経費ではないかと主張するわけです。
主張の裏付けとして、記録があることが要求されます。
手帳に「何時から、誰と」と記録してあれば、調査官も認めざるをえないでしょう。

記帳や記録は面倒ですがしておくと、税務調査時には「調査官に対しての唯一の武器」になるわけです。






なお、接待交際を受けた相手は経済的利益を得ますが、所得税法上の事業所得にも雑所得にも該当しません。

「特定の取引先と何回も接待をしていれば、原則からいえば、交際費の相手方はその交際費分雑収入となるわけですからその金額が年間20万円以上である場合、相手方に反面調査を行い、真実であればその相手方の所得税申告を行わせるといったことも考えられます。」という記述がありますが、本当なのでしょうか。

雑収入??
所得税法の所得区分には[雑所得]がありますが、[雑収入]はありません。
雑所得となると言いたいのでしょう?
残念ですが、雑所得にもなりません。

20万円という数字が出てきてますが、おそらく所得税法第121条に登場してる20万円を指してるのだと推測します。
そうだとしたら、サラリーマンが接待交際を年間20万円を超えて受けていたら雑所得として確定申告書の提出をしなくてはいけないんでしょうか。
そんなことありませんから。

「原則からすれば」と言われてますが、その原則とは何なのでしょう。わかりませんね。
食事を何回を相手からおごってもらってるのが「贈与」だというなら、贈与税の問題です。
所得税法は無関係ですから、所得税法第121条の20万円も出てくる幕ではありません。
仮に贈与だというなら年間110万円までは基礎控除範囲内なので、贈与税かかりませんから。

接待交際を受けた相手がそれを雑所得と認められて、税務当局から修正申告等を求められるなどないです。
ひどく説得力のある記述ではありますが、間違いだらけです。
後々この質問を参考にされる方のために、間違ってる回答があることを述べておきます。

取引先との食事でしたら、交際費です。
仕事のパートナーとの食事でしたら、交際費です。
彼女なのだが、仕事のパートナーでもある人との食事なら交際費です。
彼女とラブホテルに入った領収書(が仮にあっても)は、交際費ではないです。
その他でしたら、領収書があっても事業経費とはなりません。

人数はレシートに打ってあればわかります。
個人事業主の飲食代の領収書で税務調査で反面調査がされるケースなどほとんどないでしょう。
その領収書一枚を否認してどうなるものではないからです。
ですから「バレ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報