電気式ファンヒーターの購入を考えています。
実際のところ暖房能力はどれくらいのものなのでしょうか。

使用環境は
1.木造1戸建て(築3年)の6畳間
2.真冬の外気温はおおむね終日10℃以下、夜間は氷点下の日もあり
3.雪はめったに降らない
4.機密性はそれなりにある模様(使用予定の部屋は、石油ファンヒーターなら5分から長くても10分以内に10℃→20℃に上昇する)
5.小さな子供(4歳と1歳)がおり、できれば安全&環境を考えたい
という状況です。

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

消費電力1200Wで、コンクリート造・約8畳前後の部屋全体を暖めることができるみたいですね。



【ファンヒーター・赤外線ヒーターの選び方とお勧め製品 [ヒーター・暖房機器・ストーブ] All About】
https://allabout.co.jp/gm/gc/19497/

A 回答 (2件)

春先くらいならいいけど、真冬はほとんど効かないでしょうね!



メイン暖房とは主にガス・灯油・電気ならエアコン(小さい部屋ならオイルヒーター)だけです。

セラミックヒーターは補助暖房になりますので、メインがあって足元が寒いから、といった場合に使用します。

電気代も1200Wであれば1時間当たり26.4円掛かります。うちでも3千円で買ったセラミックヒーターがありますが、これで部屋が暖まったら投資額がいかに安く済むか?ガスも灯油も必要なくなりますっよね!

状況から言えば、オイルヒーターといった選択肢はあるかと思います。火事・火傷・二酸化炭素中毒等の心配がないです。ただ時間は掛かるし、電気代は馬鹿高いですよ。それでいて部屋があまり暖かくならないかもしれません!

今年は灯油高で電気暖房に変更する方が多いみたいですが、電気暖房=最上位モデルのエアコンです。ご参考までに!
    • good
    • 18
この回答へのお礼

ありがとうございます。
オイルヒーターはまったく暖かくなかった経験があるので、今回はパスです。
昨晩、よそから800Wのハロゲンストーブを持ってきて部屋を暖めてみたところ、まあそれなりの効果がありました。何とか使えない範囲ではなさそうです。確かに即効性では灯油ファンヒーターの足元にも及びませんが。
我が家はオール電化なので、特に夜間の電気代は通常の1/3以下ですみます。灯油が近所のホームセンターでとうとう1リットル90円を突破しました。灯油ファンヒーターではなく何とか電気で暖まれないものか…、と今夜も考えております。

お礼日時:2007/12/05 23:44

セラミック段ヒーターの一般的な暖房能力としての目安は3~8畳用の物で


おおよそ1000~1300W程度になりますのでその程度を目安にしたらいいかと
思いますが、あくまでも一般的な目安ですので実際のところは店頭で
店員さんに確認するのがいいと思いますが・・・。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ありがとうございます。
メーカーのHPなどを参考にすると、いちおう1200Wで木造6~8畳程度が目安、とありますね。
やっぱり使ってみるまで分からない、ということでしょうか(笑)。

お礼日時:2007/12/05 23:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気ストーブとセラミックファンヒーターは、どちらが暖かいですか

現在6.7畳のワンルームに住んでいるのですが、
部屋全体を暖めるのには、遠赤外線やカーボンなどの電気ストーブ
と、温風のセラミックファンヒーターではどちらがいいのでしょうか。
又、速暖(すぐに暖かくなる)のはどちらでしょうか。
現在は、カーボンの電気ストーブを使用しているのですが、壊れてしまい、上記のどちらにするか迷っています。使っていた電気ストーブ
は、近くにいる分は足元などが暖まるのですが、部屋全体までは
到底暖かくなりませんでした。
セラミックファンヒーターは使ったことがないので、特徴などを
教えてください。

又、双方の良い点、欠点や、オススメのメーカーなども教えて頂ければ
幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在6.7畳のワンルームに住んでいるのですが、
部屋全体を暖めるのには、遠赤外線やカーボンなどの電気ストーブ
と、温風のセラミックファンヒーターではどちらがいいのでしょうか。
⇒「部屋全体」であればセラミックファンヒーターです。温風が部屋に行き渡りますので。

又、速暖(すぐに暖かくなる)のはどちらでしょうか。
⇒電源が入った状態ですぐに暖かくなるのは電気ストーブです。ただし熱線の近くだけですが・・・。

ファンヒーターは故障が多いのと、フィルターのメンテナンスが面倒なので、お勧めできません。メンテをサボってて、何か音が変だなと思ってたら、いきなり火を噴いたこともあります。
部屋全体を暖めるのには時間がかかりますが、僕なら迷わず電気ストーブを選択します。少しパワーが強めのものを選択してはいかがですか?
蛇足ですが、オイルヒーターは、電気は食うわ、暖かくなるのに時間を要すわ、値段張るわ、重たいわ、最悪の選択でした。

僕の経験ですが、よろしかったら参考にしてみてください。

Qセラミックファンヒーターについて教えて下さい。灯油ストーブが壊れて、買

セラミックファンヒーターについて教えて下さい。灯油ストーブが壊れて、買い替えようと考えておりますが、灯油の入れ替えのわずらわしさからガスヒーターにかえようにも、アパートの為工事をしようにも、退去時にもとに戻せと言われ、迷ってます。
そんな折、セラミックヒーターを知り、電気で温風が発生するものと知り、これにしようかと思っているのですが、実力がどうなのか知りたく投稿しました。1人暮らしの7畳のアパートなので、部屋がどれくらいの早さで暖まるとか、電気代は月どれくらいとか教えて頂きたく思います。

Aベストアンサー

>セラミックファンヒーターについて教えて下さい。灯油ストーブが壊れて、買い替えようと考えておりますが、灯油の入れ替えのわずらわしさからガスヒーターにかえようにも、アパートの為工事をしようにも、退去時にもとに戻せと言われ、迷ってます。

      ↓
仰っているように、暖房機は熱源「石油・都市ガス・プロパンガス・電気」や加熱伝達方式「輻射・対流・伝導」、目的「主に、お部屋用のメイン暖房・サブ(メインの暖房の補完)暖房・パーソナル(個人OR部分的暖房」で色んな商品が暖房ファッションと言われるように適材適所向けにあります。

今回の質問の石油と電気(セラミックファンヒーター)の違いですが・・・
石油ストーブ(石油を熱源とした自然対流または反射式で主にメイン暖房です)
セラミックファンヒーター(電気を熱源に強制対流式で主にパーソナル暖房です)

それは、暖房能力で言っても、石油ストーブは2KWから2.4KWに比べ、電気は0.8~1.2KWと半分程度しかないからです。(エアコンの場合、一般的なインバータータイプでは最大暖房能力で4~6KW)

しかも、電源(ブレーカー容量)の関係「W=V×A」から、大きな能力機器は無くて、他の電気機器との同一コンセントでの併用は難しい。
その為に、メイン暖房でお部屋を暖房するには能力的に無理(電気代は別としても)であり、エアコン等のメイン暖房があって、足元や個人に対する補助&補完暖房には成るが部屋をドライヤーで暖めるのは能力・効率・時間・維持費等からお奨め出来ません。

ただし、暖冬が続き、断熱性能の良い住居やお部屋が多くなり、アパート・7畳・一人でお使いになるお部屋でもあり、使用者の身近にセラミックファンヒーターを置いて使用すれば、ある程度は暖かくなる。
そして、安全安心でクリーンな暖房であり、操作も容易と言う面で、工事不要&燃料供給や灯油の保管も不要というメリットで割り切ればアリかもしれません。

要は、お部屋の気密性&断熱性能、お住まいの地域(寒冷地ではない?)と使用時間で選ぶ事になります。
また、電気代は消費電力と使用時間とkwH当たりの電気代単価から決まります。

◇電気代は<目安>
1KWHが23円程度で計算しますと・・・
1.2KWのセラミックファンヒーターを1日平均2時間使用した場合
1.2KW×2時間(H)×30日=1,656円/月
となります。


susumu-1様に於かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、ご希望に適った暖房機器を選ばれ、快適なホットライフを実現されますよう、心より祈念申し上げております。

>セラミックファンヒーターについて教えて下さい。灯油ストーブが壊れて、買い替えようと考えておりますが、灯油の入れ替えのわずらわしさからガスヒーターにかえようにも、アパートの為工事をしようにも、退去時にもとに戻せと言われ、迷ってます。

      ↓
仰っているように、暖房機は熱源「石油・都市ガス・プロパンガス・電気」や加熱伝達方式「輻射・対流・伝導」、目的「主に、お部屋用のメイン暖房・サブ(メインの暖房の補完)暖房・パーソナル(個人OR部分的暖房」で色んな商品が暖房ファッショ...続きを読む

Qガスとエアコンが使えない部屋を暖める暖房器具は?

都内に住んでいて
今、カーボンヒーターを使用しています。
起きている間はその場から動かなければ良いのですが
少し移動すると寒いです。ですからその場しか暖まりません。
寝起きも寒いし、ヒーターを付けてもお部屋は暖まりません。
毎日寒いです…

部屋全体を暖めたいのですが石油とガスは使えません。
となると電気しかないのでしょうか…?
また、その場合おすすめの暖房器などがあれば
教えて頂きたいです!

Aベストアンサー

灯油もガスもエアコンもダメ。
そんな状態で部屋を暖めるとなれば電気を使うしかないでしょう。

電気となった場合、カーボンヒーター、ハロゲンヒーター、オイルヒーター、セラミックファンヒーター、電気毛布、ホットカーペット、他にもありますがまぁそんな感じでしょう。

今現在使われているカーボンヒーターやハロゲンヒーターの仕組みとして人体に直接遠赤外線を照射することで温める器具であるため、書かれているように照射されている場所でしか効率的に暖を取れません。

部屋全体を温めるものとなるとオイルヒーター、セラミックファンヒーターになるかと思います。

オイルヒーターは人が触っても問題がない程度に難燃性のオイルを電気で温めて、それによって部屋の空気を温め、自然対流で循環させる製品です。
仕組みから分かるように暖かくなるのが非常に遅くなっています。
この部分に関してはそれを補うために初期に温風を出す機能を持っているものもあります。
あと、夏の蒸し暑さ対策のため換気を重視されている日本家屋では、とても効率が悪い場合があります。
また、1000W~1500Wとカーボンヒーター等と同程度の消費電力でありながら、あたたまるまで時間がかかるのでランニングコストが非常に高くなる傾向にあります。
安全性が高く、空気を汚さず、騒音もなく、メンテナンスを必要とせず、重いが移動が可能であると利点はあるのですが、質問者様の条件からは外れてしまうかもしれません。

セラミックファンヒーターはセラミックなどの電熱部分にファンで送風して空気を温める構造であるため、比較的速く部屋を温めることができます。
こちらも1200W程度とカーボンヒーター等と消費電力あまり変わりはありません。
ただ、こちらも余り発熱能力は高くなく、コンクリート造であれば8畳程度、木造であれば6畳程度が限度になるかと思います。
小型の500W程度の物の場合は、足元などの限定した使い方であればそれなりに暖を取れるかと思います。

環境からセラミックファンヒーターが合ってるような気もしますが、質問者様の環境では部屋全体を温めるには困難が伴い、満足な結果は得られないような気がします。


あとはそうですね、電気を使わずに衣類を着こむ方法でしょうか。
結局は本人が寒くなければいいと思いますので。
多少着こめばいいだけなので追加投資もいりません。

追加で買う、というのならば今現在話題の着る毛布という選択肢もあります。
毛布が大好きだというのならばこちらでいいでしょう。
4000もあれば購入できると思います。
布団に包まれてる感じのがいい、というのであれば、2万程度とかなり高いですが長丹前などがいいかもしれません。
半纏やどてらなども室内であればかなり高い保温効果を発揮します。
フリースも風がない状態ならば保温効果は高い衣類です。
吸湿発熱繊維を使っている下着を揃えるのもありだと思います。
歩ける寝袋……ま、まぁ、あとは予算と格好と相談して下さい。

部屋は暖かくならないため、手や顔など外気に触れる部分は寒いですが、それ以外の部分は快適に過ごせるかと思います。

灯油もガスもエアコンもダメ。
そんな状態で部屋を暖めるとなれば電気を使うしかないでしょう。

電気となった場合、カーボンヒーター、ハロゲンヒーター、オイルヒーター、セラミックファンヒーター、電気毛布、ホットカーペット、他にもありますがまぁそんな感じでしょう。

今現在使われているカーボンヒーターやハロゲンヒーターの仕組みとして人体に直接遠赤外線を照射することで温める器具であるため、書かれているように照射されている場所でしか効率的に暖を取れません。

部屋全体を温めるものとなるとオ...続きを読む

Qセラミックヒーターとカーボンヒーター

セラミックヒーターとカーボンヒーター、どちらを購入しようか悩んでいます。ちなみに、今まではハロゲンヒーターを使用していました。エアコンは壊れているので、現在は暖房器具が何もない状況です。

セラミックヒーターよりカーボンヒーターの方が約2倍ほど消費電力が少ないみたいなので、電気代については圧倒的にカーボンヒーターの方が良いです。

セラミックヒーターの場合、温風が出ると言う事は、エアコンや石油ファンヒーターに比べると劣るものの、ある程度は部屋(広さは6畳ぐらい)全体を暖める事ができるので、寝る時に布団に入る時や、友人が来て一人じゃない時は、セラミックヒーターの方が良いです。
また、カーボンヒーターはカーボンヒーターが当たっている部分(左半身のみとか右半身のみ)しか温かくない(ハロゲンヒーターはそうでした)と思うので、空間的に温める事ができるセラミックヒーターなら、身体全体が温まりそうで良いです。

真冬の寒い日はハロゲンヒーターだと辛かったので、温かさも重視したいのですが、セラミックヒーターなら風が出るので、カーボンヒーターより暖かいと思うのですが、実際はどうでしょうか?

他にもメリットやデメリットや特徴があれば、教えて頂けると助かります。また、アドバイスも頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

セラミックヒーターとカーボンヒーター、どちらを購入しようか悩んでいます。ちなみに、今まではハロゲンヒーターを使用していました。エアコンは壊れているので、現在は暖房器具が何もない状況です。

セラミックヒーターよりカーボンヒーターの方が約2倍ほど消費電力が少ないみたいなので、電気代については圧倒的にカーボンヒーターの方が良いです。

セラミックヒーターの場合、温風が出ると言う事は、エアコンや石油ファンヒーターに比べると劣るものの、ある程度は部屋(広さは6畳ぐらい)全体を暖める事...続きを読む

Aベストアンサー

セラミックファンヒーターとカーボンヒーターの電気ストーブとして比較すれば、
どちらも、消費電力だけの熱を発生します。
どちらであれ消費電力の小さいモデルは、発生する熱も少ないということです。
効率はどちらも同じです。
ただし、ファンヒーターの場合、温風暖房ですが、電気ストーブの場合、輻射成分が主体ですから、直進性が高く、部屋の空気が冷たくても、直接、体が熱せられるという違いが出ます。
なので、部屋を暖めるのではなく、人体を暖めるという点では、カーボンヒーター含む電気ストーブの方が有利でしょう(部屋全体を暖めると外に逃げる熱エネルギーが増えますから)。

>ある程度は部屋(広さは6畳ぐらい)全体を暖める事ができる

断熱が良くないと十分な温度にするのは無理があるかと思います。
また、最近のエアコンの5倍くらいの電気代がかかります。

Q寝室にエアコンか、オイルヒーターどちらが経済的ですか?

東京に住んでいます。寝室にエアコンと、オイルヒーターでは、どちらが快適で、経済的ですか?オイルーヒーターは、お部屋全体を暖めてくれるものですか?暖まるまでに時間がかかるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>快適性
● エアコンの風が寝ている所に直接当たらないようにすれば快適性は同等です。又 非常に微弱な風に出来るエアコンもあります。
● 部屋の乾燥は、エアコンとオイルヒーターは部屋温度を同じにすれば、乾燥は同じです。石油ファンヒーター等は石油の燃焼で水蒸気が発生し、湿度が保たれますが、換気が必要です。

● 電気代は5年以上前のエアコンでオイルヒーターの1/3程度、最新エアコンでは1/6程度の電気代です。
カタログに書いているCOP(効率)に反比例します。
COP5のエアコンではオイルヒーターの1/5の電力で同じ室温を維持できます。

● オイルヒーターの能力は精精1.2kw, エアコン暖房は6畳用で最大5kw程度の能力があり、電気代はオイルヒーター並みです。エアコンを使えば直ぐ温まり、温度が定常に成れば、能力を自動で下げ電気代の少ない運転となります。

結論 オイルヒーターは能力が小さく、電気代が非常に大きいです。私の息子もオイルヒーターを友達に貰ったが、すぐ処分をしました。

Q6畳の部屋に使う省エネ暖房器具

6畳の部屋に使う、消費電力の低いお勧め暖房器具はありますか?
(具体的な商品名があるとありがたいです)
ちなみに、別の部屋ではパネルヒーターを使用中です。
ガス・石油は好きではないので
電力で温まる暖房器具で、お願いします。

エアコンが設置されているのですが、
かなり古いため、消費電力が大きくて、使う気になれないので
その代用品を探しているのです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>6畳の部屋に使う省エネ暖房器具


         ↓
消費電力の低い暖房器具とのことですが・・・
ご存じのことだと思いますが、一応の基本・前提条件を述べておきます。
「エアコンの買い替えが望ましく、次いでセラミックファンヒーターか家具調こたつをお薦めいたします。」

それは、
暖房機には種類が多いこと。
電気暖房機の消費電力は→エアコン以外、若干の力率や熱ロスを除き、エネルギー消費効率(COP)が1.0ですから、結局は暖房能力に比例します。

※COP=出力(暖房能力:w)/消費電力(w)
※現在の超省エネエアコンはCOPが、約3~6ありますので、簡単にいえば同じ暖房の仕事量に対しては電気代が1/3~1/6で済む省エネ商品です。

つまり、電気代=消費電力kw×使用時間h×23円(kwh当たりの平均的な家庭での単価)になります。

従って、多少の暖房感の違いはあるが、省エネは同じ暖房負荷に対しては使用時間によって決まり、設定温度や運転モードを省エネにするにはお部屋の断熱構造と加湿器やシーリングファン等の活用による体感温度への配慮が補完する場合のキーポイントになります。

そこで、
~前提としての暖房機選びの概要~
<余計なお世話の場合はスルーください>

◇熱源
電気・ガス(都市ガス・LPG)・石油・その他(薪・練炭他)

※熱源と光熱費の大雑把な関係

石油<都市ガス<電気・LPG

但し、エアコン暖房はヒートポンプ(空気熱回収)とインバーター制御&高効率熱交換器により、暖房時、実際には石油機器の約1/3程度の光熱費となり経済性も高い。


◇熱伝導の方式・仕組み

対流:
暖められた空気が上昇し、冷たい風が下部に潜り込む事で、部屋の空気が攪拌を繰り返して徐々に暖まる。
この時に、自然に空気の温度による比重差で対流する自然対流式と、送風ファンで強制的に対流を起し、スピードや温風の到達距離を長くする強制式対流に区分される。

*ストーブ・オイルヒーター<自然対流>
送風音なし・温風の吹かれ感なしは良いが、部屋全体の暖房には時間が掛かり機器の付近と他の場所の温度差が出易い。

*ファンヒーター・エアコン<強制対流>
送風でスピード暖房・送風音や温風の吹かれ感が嫌われる事もある。

輻射(反射):
暖められた発熱体から、近赤外線や遠赤外線が発生し、身体の皮膚や温点を刺激して暖かさを感じる。
基本的に無音・無風と成る。
パネルヒーター・遠赤輻射ヒーター

伝導:
発熱体に直接に接触して熱を伝えるので無音・無風で快適だが、部屋全体とか接触面以外には暖感が伝わり難い。
電気カーペット・床暖房・電気毛布・電気アンカ・湯たんぽ


◇暖房目的

主(メイン)暖房:
お部屋の温度を快適にする為の能力を持つ暖房・長時間且つ大能力となりますので光熱費・効率が重視される。

副(サブ)暖房:
主暖房と組み合わせ(併用・又は主暖房で暖まった状態のキープ)て使用。
単独ではお部屋を適温にする能力は無い。
メイン機器に比べると、補完&相乗効果なので、快適性とか暖感を重視

パーソナル・局所暖房:
特定の場所、人を暖める。
その人の感性・TPOで選択の基準・優先順位は変わる。

◇暖房機(暖め方)へのコダワリ
暖房能力・ランニングコスト(維持費)・イニシャルコスト(機器&設置費用)・暖感(無風・無音・乾燥)・モバイル性・燃料供給の手間・デザインetc


そこで、ご質問の件ですが・・・

1.お部屋には、メイン暖房機としては・・・

超省エネエアコンへの更新(買い替え)が、快適性・スピード・省エネ性(光熱費の有利さ)・付加機能より(商品により、加湿・換気・衣類乾燥・結露予防・冷房・除湿他)お薦めです。


2.使用時間が少ない場合は・・・

必要な時だけ暖めるには、スピード暖房と身体に近寄せられるモバイル性から、セラミックファンヒーターがご希望に向いていると思います。

極端に、短時間だったり、省エネを追求するなら・・・
暖かセーターや丹前を1枚余分に着る。
<家具調こたつ>に、少し大きめの毛布&布団をして、こたつ内の電気ヒーターはこたつ内の温度アップにだけ使用、後は湯たんぽを利用すると安全と省エネになります。

3.さらに、省エネへの配慮としては・・・

加湿器の併用(湿度10%で体感的には1℃アップ)、天井付近への暖気たまりに扇風機でのサーキュレーション効果を出し、快適性と省エネの両面から改善を図る。

4.それ以外にも・・・

住まいの構造や暮らし方の工夫でも省エネを図る。
内・外断熱の住宅構造、既存のお部屋でも窓や間仕切りの隙間への断熱パッキン、サッシ等へのエアパッキンとかプチプチを貼る、厚手のカーテンを使用する事で暖房負荷&熱ロスは変わります。
当然、夜間はシャッターや雨戸等の確実な開閉、外気の影響を減少させる対策・暖房運転のパワー調節や使用時間の短縮が有効です。

以上、長々と申し上げましたが、表現力の無さと節分にて申し訳ございません。


09090909様におかれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、多くの暖房機の中から、快適で健康的な、さらに賢い省エネ機器を探され、満足感のあるホットライフを実現されますよう、心より祈念申し上げております。

>6畳の部屋に使う省エネ暖房器具


         ↓
消費電力の低い暖房器具とのことですが・・・
ご存じのことだと思いますが、一応の基本・前提条件を述べておきます。
「エアコンの買い替えが望ましく、次いでセラミックファンヒーターか家具調こたつをお薦めいたします。」

それは、
暖房機には種類が多いこと。
電気暖房機の消費電力は→エアコン以外、若干の力率や熱ロスを除き、エネルギー消費効率(COP)が1.0ですから、結局は暖房能力に比例します。

※COP=出力(暖房能力:w)/消費...続きを読む

Qオイルヒーターは本当に暖かいのか?

過去ログを見ましたが、今一分からないので、再度質問させて下さい。
書斎のエアコンが壊れてしまい、すぐに購入しようか、この際暖房をオイルヒーターにして、エアコンは来年夏にしようか、とも考えています。

以下のライフスタイルと環境でオイルヒーターを使えれば
静かで、空気が動かないし、いいなー、と思いますがアドバイスお願いします。

 ・木造、部屋は5畳、窓1、出口1、床はフローリング
 ・朝2時間、夜3時間程度、 100%椅子に座る
 ・足下に小さな保温マット使用可
 ・暑いのは平気だが、寒がり
 ・電気代はかかる、という事は過去ログで分かりました
 
本来がエアコンは嫌いで、夏も冬も1シーズンに10-15日位稼働させていました。冬は釣り用の厚手ズボン、厚手靴下、足下保温マット、机の下に遠赤外線パネルを使ってましたが、厚着をすると身体が重くなります。動くこともままならなくなり、活動性の悪化がこのスタイルの欠点です。

20年ほど前に一度オイルヒーターを購入し、直ぐに止めた(理由は忘れた、部屋は大きかった)経験があり、「どうなんだろ~」と迷っています。
なお、地域は恥ずかしながら、全国的にみれば、暖かい方のところです。

過去ログを見ましたが、今一分からないので、再度質問させて下さい。
書斎のエアコンが壊れてしまい、すぐに購入しようか、この際暖房をオイルヒーターにして、エアコンは来年夏にしようか、とも考えています。

以下のライフスタイルと環境でオイルヒーターを使えれば
静かで、空気が動かないし、いいなー、と思いますがアドバイスお願いします。

 ・木造、部屋は5畳、窓1、出口1、床はフローリング
 ・朝2時間、夜3時間程度、 100%椅子に座る
 ・足下に小さな保温マット使用可
 ・暑い...続きを読む

Aベストアンサー

オイルヒーターは暖かいかと言うご質問ですが,結論から言いますと,寒くはないが暖かくはありません。

私は,4台のオイルヒーターを使用しております。トイレ・脱衣所・寝室等に利用しています。極めて快適な暖房器具と思います。

電気代が高いのはその通りです。なぜかと言いますと,我が家では冬には電気は入れっぱなしです。オイルヒーターは切ったり付けたりするとほとんど効果のないものになります。

オイルヒーターは,他の暖房器具のように空気を暖めるのではありません。遠赤外線によって壁や床や家具を暖め,そこから放射される赤外線で間接的に体を温める暖房器具です。それらを暖めるには相当な時間がかかります。小さな太陽でひなたぼっこをしていると思ってください。ですから換気扇を回し放しでも,他の暖房器具のように寒くはなりません。

前にお止めになったとのことですが,おそらく入れたり切ったりして利用していたのではないでしょうか。ただし,驚くほどの電気代になることは承知していてください。

Qオイルヒーターとパネルヒーター。長所と短所を教えてください。

現在はクレダという夜間蓄熱式の暖房を使用していますが、
夜~朝方(PM10:00~AM9:00くらい)の冷え込み対策として、
追加暖房を検討しています。

デロンギのオイルヒーターは1台所有しており、寝室で活用しているのですが、パネルヒーターとの差異がよくわかりません。

デロンギからもパネルヒーターが販売されているようですが、
実際どういった、暖かさや実用性の差があるのでしょうか。

皆さん、教えてください。

Aベストアンサー

両方とも弱い熱で時間をかけ対流式で部屋を暖める物です。

風が出ないので乾燥しない、埃が舞わない、換気の必要がない、火事の心配がない等いい事も多い反面、電気を食う、小さな部屋にしか対応してない、部屋を暖めるの時間がかかり過ぎる(即効性がない)等のデメリットも多い商品です。

はっきい言ってお薦めしません!

さて、パネルヒーターとオイルヒーターの違いですが、

電熱線から直接熱を発するのが、パネルヒーター

長所(即効性・軽量) 短所(オイルより弱い)

電熱線でオイルを温め熱を増幅させるのがオイルヒーター

長所(熱が増幅される) 短所(オイルを温めるのに時間がかかる・重い)

Q6畳間の暖房に適したヒーター

よろしくお願いします。
自室の暖房に、これまでは石油ファンヒーターを使用していましたが、灯油の補給が面倒なので、故障を機会に処分しました。エアコンは冷房と除湿しか出来ないものを使っています。家電量販店に行くとパネルヒーターやセラミックヒーターなど色々な種類があり、どれが安価(燃費含む)で部屋を暖めるのに適しているのか分かりません。お勧めがあればアドバイスをお願いいたします。
また、オイルヒーターを6畳間で使用した場合、22度程度に温まるのにはどの位の時間が掛かるでしょうか?

Aベストアンサー

電力を、熱の移動(ヒートポンプ)として冷暖房を行う事は高効率(燃費安)です。
しかし、電力をそのままの熱源として使用すると、低効率(燃費高)です。
従って、ヒートポンプ式エアコン冷暖房以外の電気ストーブは燃費は高くつきます。

ご質問者様の使い方で選ばれるのが良いと思います。
ご質問者様が勤め人で、日中は不在。
朝、ポカポカな部屋で目覚めたい。
という事ならば「蓄熱ファンヒーター」をオススメします。
たとえば、、、
蓄熱ファンヒーターを朝6時にタイマーをセットしたとします。
朝4時に蓄熱体のヒーターが起動し、蓄熱体を加熱蓄熱します。
そして、朝6時に蓄熱体の熱とヒーターの熱をプラスしてファンにより一気に部屋を暖めます。
そのパワーは石油ファンヒーターと同程度です。
ただし、蓄熱体の蓄熱切れを起こすと暖房パワーが普通の電気ファンヒーターになります。
蓄熱体の熱とヒーターの熱で一気に部屋を暖めて、その後は、ヒーターで部屋の温度をキープする使い方です。
6畳位の広さならば、とても便利なファンヒーターだと思います。
もちろん、電気ファンヒーターなので部屋の空気は汚しません。
蓄熱ファンヒーターは電気ファンヒーターと比べ、どうしても高価になります。
安価なセラミックファンヒーターに対抗できず、100V用の蓄熱ファンヒーターは現在、ほとんど製造されていませんが、今ならばマダ手に入ります。

蓄熱ファンヒーター
http://www.sharp.co.jp/products/hx/index.html#hjm30g
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/6984/chikunetu.htm

電力を、熱の移動(ヒートポンプ)として冷暖房を行う事は高効率(燃費安)です。
しかし、電力をそのままの熱源として使用すると、低効率(燃費高)です。
従って、ヒートポンプ式エアコン冷暖房以外の電気ストーブは燃費は高くつきます。

ご質問者様の使い方で選ばれるのが良いと思います。
ご質問者様が勤め人で、日中は不在。
朝、ポカポカな部屋で目覚めたい。
という事ならば「蓄熱ファンヒーター」をオススメします。
たとえば、、、
蓄熱ファンヒーターを朝6時にタイマーをセットしたとします...続きを読む

Q夜間~明け方の寝室の暖房でおすすめは?

 お世話になります。

 最近、寒くなってきたので、追加で暖房器具を購入しようかと検討中です。
 現状は以下の通りですので、おすすめの暖房器具を教えてください。

・使うのは6畳和室(木造)
・使用したい時間は夜間から明け方の就寝時。(夜中1時ごろから明け方5時ごろまでの冷え込みの強い時間)
・寝ているのは私、子供2人(6歳、0歳)
・畳に布団を敷いて寝ています。
・寝室とふすまでつながっているリビングにガスファンヒーターがあり、寝る前にふすまを開けて、寝室を暖めてから寝ていますが、明け方の冷え込みでかなり寒くなります。
・子供にはスリーパー着させています。
・夜間の授乳(添い乳)あり。

 基本、布団をかぶっているので、そんなにパワフルに暖かくならなくても可です。
 個人的にはエアコンがいいのかなと思いますが、風でほこりが舞うのが心配です。(だったら、掃除しろ、と言うツッコミはなしでお願いします・・・)

Aベストアンサー

子供がまだ小さくしかも手がかかる場合には
エアコン又は強制給排気ガス・石油暖房機器
或いはパネルヒータ
等を強くお勧め致します
ガスでも石油でも強制給排気機器ではない場合には
一酸化炭素中毒の危険性が非常に強くお勧めできません
乳幼児の居る居ないで物事を図られる態度は肝心です
ちなみにわたくしの家ではわたくしが小学校4年生まで
電気暖房機しかなく非常に寒々とした家で過ごしましたが
これはガスや石油が非常に危険であり家や家族の命までも危険であるとの考えから来るものでした
これが親の子供への愛情の標だったと知った時には感動したものです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報