素朴な疑問です。
貸借対照表で、資産を借方、負債+資本を貸方と言いますが、文字だけを見ると、「借」は人から借りることを意味し、「貸」は他人に貸すことを意味するので、貸借対照表では逆の概念として使われているような気がするのですが。。負債は他人から借りたものなのに、どうして「貸方」になるのですか? 素人的な素朴な疑問ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私はつねづね、このような基本的な問いを大切にして、正しく伝えることが


重要だと思っていました。学校などでも「自明のこと」として見過ごされているようですね。

もともと財務諸表も財産目録から発展したものですね。財産目録では昔、人名勘定を使っていました。
たとえば(売掛金)山野益男 ○○円 というように。
この「山野益男」というのは、借りている人=借主(debtor)で、当方は貸主です。
(当方は自明ですから表記する必要はありません。)
で、借主名簿の金額欄の左側に貸した金額を書き、返却されたとき右側に書きます。
負債・資本の方も貸主(creditor)の名を書きました。複式簿記の成立に伴い、
その発生は右側に、返却は左側に書くようになりました。
こうしたわけで、左を借主=借方(Dr)、右を貸主=貸方(Cr)と表記するようになったのです。

「借主」「貸主」が日本で訳されたときに「借方」「貸方」となったのは、
人名でない他の科目もあるからとはいえ、わかりにくいものになったと思います。
    • good
    • 0

ちょっとうろ覚えです。


貸し方は資金の源泉で、借り方は資金の運用である。すなわち資金は右から入って左がその運用形態である、ということ。貸し方が借り方に金を貸す、借り方は貸し方から金を借りる、と学生時代の講義で聞いたような気がします。
    • good
    • 1

私の記憶ですと、貸方・借方という言葉は大航海時代にできたもので、その時代の経理というのは、1航海単位で完結していたといいます。


つまり、航海を始めるにあたって、必要な資材などを仕入れるための出資者を募り、その出資者を貸した人すなわち貸方と呼んだといいます。
したがって、出資を受けた航海者の方は借方となります。
航海が終わると貿易などで得た利益を貸方に分配して、今でいう決算されることになります。

貸し方から出資された資金で借り方が仕入れた資材などは、今でいえば、棚卸資産や機械・装置などであったはずですから、そういう呼び方と合わせて考えると、現在の貸借の意味と符合するような気がします。
    • good
    • 0

こんにちは。


どうして逆になるのか?
実は、私も不思議でしたが、専門学校の先生の答えを受け売りさせていただきますと、

「貸」「借」には、全く意味がありません。インターネットで言えば、「http://」と同じです。単なる昔の名残です。
ただ、昔はどういう風に使われていたかは、知りません。
「貸方」「借方」は、単なる記号と思って下さい。

でした。
その後いろいろ調べてみましたが、#1の方のおっしゃるとおり「謎」となってしまっているようです。
    • good
    • 0

簡単に書くと「お金に対する観点」が逆転するからです。


経理などで自社自身だけを見た場合、借りたお金でも「正のお金」になります。
反対に自社が保有する資産でも貸し出すと「負のお金」になってしまいます。

「貸借表」は世間で言う貸し借りではなく、会社自身の現状の資本力(すぐに
出せるお金量)を評価する手法なので、このように逆転すると考えて下さい...
っっと以前、経理システムを開発していたときに聞きました。
(それでも悩んでいたので、「左と右」って言われたのも覚えています)

正しい表現ではないかも知れませんし、理解し易いように歪めて説明してくれた
かも知れませんが参考として書きましたので、他の方の正確なレスも参照して下さい。
別畑の仕事をしていますんで...自信なくて済みません(^-^;

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/inskamisama/002029#04
    • good
    • 0

古代ローマの時代に決められたという説(参考urlをご覧ください)などいろいろ有りますが、決定的なことは不明なのです。



私は、習い始めの頃に、現金が入ったら、相手から「借りた」と考えれて「借方」に記入する。現金が出ていったら、相手に「貸した」と考えて「貸方」に記入するといえ考え方もあると教わりました。

又、理由はともかく、右が借方で左が貸方と覚えると、教える先生もいます。

http://www.b.kobe-u.ac.jp/aha/aha18th/resume.html
ワークショップ (報告要旨をダウンロード)
 片岡泰彦(大東文化大学) 「複式簿記起源論」 (resume_kataoka.pdf)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸方、借方とは?

貸方、借方とは?

簿記の貸方、借方がよく分からないのです。
本を見ても詳しく載っていないので・・・。
どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お金(もしくは品物)の流れで自分に入る方を借り方、相手に入る方を貸し方と言います。
たとえば、2000円の商品を仕入れると借り方に商品2000円、貸し方に現金2000円となります。
そして、2500円で売ると、借り方に現金2300円、貸し方に商品2500円となります。
自分から見て出て行くのが貸し方、入ってくるのが借り方だと思えばいいです。

Q連結貸借対照表と単独貸借対照表どっち?

貸借対照表でソニー、松下、シャープを比較したいんですが、
連結貸借対照表と単独貸借対照表どちらで比較すればいいですか?

Aベストアンサー

近年の比較なら、連結です。

Q売掛金の期間借方と期間貸方

先日、会社の残高試算表を見ていたら、

「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました。

・当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

・普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

簿記の初歩的な質問ですいません、よろしくお願いします

Aベストアンサー

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方から300,000という数字が減額されます

よって、質問文にある

’「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました’ということは当然のように毎月繰り返し起こります。


>普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

残高試算表は普通は1ヶ月ごとの「月次試算表」のことですから、例として7月の試算表であれば、7月1日から31日という「期間」に増減があった額が反映されているとうことです。

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方か...続きを読む

Q貸借対照表の借方・貸方

今年から青色申告を行うため会計ソフトを購入しましたが、借方・貸方の意味がわからず、決算表の辻褄が合わなくなりました。科目内のデータ記入の際、借方・貸方のどちらに記帳するのか、明確な定義を教えて下さい。

Aベストアンサー

簿記の仕訳の原則です。

借り方          貸方
資産の増加        資産の減少
負債の減少         負債の増加
経費(損失)の発生     利益の発生
事業主貸し         事業主借り
   
このように、なります。
1例として、現金は資産ですから、増加(入金)したら借り方で、減少(出金)したら貸方になります。

資産は、現金・預金・売掛金・備品などの固定資産・車両などで、財産となるものです。

負債は、買掛金・未払金・支払手形・借入金などの借金です。

Q貸方、借方とは何ですか?

貸方、借方とは何ですか?

簿記の貸方や借方の意味がよく分からないのです。
本を見ても詳しく載っていないので・・・。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

>貸方、借方とは何ですか?

私も長年、簿記をやってますけど、
(1)「貸方」とは仕訳の右側を言い、
(2)「借方」とは仕訳の左側を言う、
という程度の理解です。

学問的に詳しく研究すれば何かは得られるかも知れませんが、実務上はほとんど意味がありません。ですから「貸方」は「右側」、「借方」は「左側」と丸暗記しましょう。

Q貸借対照表の貸方と借方

ものすごく初心者です。

貸借対照表の左側が借方、右側が貸方であると本で読んだのですが、借方には売掛金、貸方には買掛金が入っていました。売掛金って物は売ったけどまだ現金を回収していない項目のことですよね?だとしたらこれは貸しているほうになるような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

語源からいうと、相手が主語で、
債権(借方)=相手が自分から借りている
債務(貸方)=相手が自分に貸している
ということのようですが、#1の方がおっしゃっているように、コトバにとらわれないほうが理解しやすいと思います。

Q会計ではなぜ「借方」と「貸方」という言葉が使われるのでしょうか?

会計ではなぜ「借方」と「貸方」という言葉が使われるのでしょうか?
「貸方」「借方」という言葉の起源をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

私が持っている本には

『 明治時代に福沢諭吉翁が複式簿記の必要性を著わし、その中で借方・貸方ということばが使用され、その後左側・右側という意味に解釈されるようになりました。この借方・貸方には特別の意味は無いと考えられ、もし文中において左方・右方などという言い方が使われていれば、現在の簿記で使用されることばも全く違ったものになっていたでしょう。 』

とあります。

一人で学べる簿記入門
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B9%E3%82%8B%E7%B0%BF%E8%A8%98%E5%85%A5%E9%96%80-%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%B0%BF%E8%A8%98%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/dp/4791601904/ref=sr_1_1/503-7941437-0911934?ie=UTF8&s=books&qid=1180629029&sr=8-1

Q貸借対照表で資本金が借方に計上されるのはなぜですか

貸借対照表を作成したところ、資本金が借方に計上されてしまうのはなぜでしょうか

小さな会社の決算手続きをしている者です。

21年度は会計士にお願いしていたのですが
22年度は自分で行うことになりました。

入力がすべて終わり、決算書を出力したのですが
そこで分からないことが出てきてしまいました。

21年度では貸方に計上されていた資本金が
22年度では借方に計上されています。

(添付画像をご覧ください)

資本金は基本的に貸方に計上されていないといけないと
思っていたのですが、なぜこうした出力がされてしまうのか
どうしてもわかりません・・・。

お分かりになる方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

小さくてわかりづらいですが、貸方計上されているように見えます。

もしかして、数字の内訳と集計のための欄を借方と貸方と見ていませんか?
報告式のため、借方貸方表記ではありませんね。
会計ソフトを利用していると思いますので、勘定式で印刷してみれば問題ないと思います。

私の会社では、貸借対照表は勘定式、損益計算書は報告式を利用しています。
申告などのためであれば、どちらの形をとっても問題ないと思いますので、わかりやすい形を使うことですね。また、税理士ではなく会計士?が作成したものと同じ形で印刷して比較される方が良いと思いますね。

Q仕訳日計表 売上の貸方と売掛金の借方が同額になるのは偶然?

たびたび質問してすいません。

106回の第2問で
売上の貸方と売掛金の借方が同額になるのは偶然でしょうか?
(仕入の借方と買掛金の貸方も同様)

もし仕訳日計表の作成の問題でこの法則が当てはまるなら
試験のときに同額かどうかで確認したいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●税込経理方式では、売上の貸方と売掛金の借方が同額になります。仕入の借方と買掛金の貸方も同様です。

〔借方〕売掛金21,000/〔貸方〕売上高21,000
〔借方〕仕入高10,500/〔貸方〕買掛金10,500


●しかし、税抜経理方式では、売上の貸方と売掛金の借方が同額になりません。仕入の借方と買掛金の貸方も同様です。

〔借方〕売掛金21,000/〔貸方〕売上高20,000
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税1,000

〔借方〕仕入高10,000/〔貸方〕買掛金10,500
〔借方〕仮払消費税500/

Q貸借対照表の資産合計と負債純資産合計の合致方法は?

合同会社を設立して第1期目の決算書を作成しております。
何分、設立したものの開業には至らず設立未開業状態です。従って売上高¥0,売上原価¥0,売り上げ利益¥0です。負債もありません。
県と市には、設立未開業届けを期末直前で出した為、地方税の均等割はかろうじてかからなくて済みました。しかし法人税申告はしなければならず、まず決算書作成で悪戦苦闘しております。
そこでおたずねしたいのですが、資本金200万で設立し、創立費20万円で、期中に管理費として租税公課が10万円だけかかってしまった場合の貸借対照表を作成する場合、資産の部の内訳は以下の通りになるかと思います(固定資産=¥0として)
I 流動資産
  1,現金及び貯金 170万円 
  2,創立費      20万円
    流動資産合計 190万円
  資産合計      190万円

ここで、負債及び資本の部の負債純資産合計=190万となるはずですが、資本金が200万なので、差額の△10万は、資産の部の利益余剰金で上げればいいのでしょうか?
こんなぐあいに↓

負債の部
 負債合計      0万円
資産の部
1,資本金    200万円
2,利益余剰金 △10万円
資本合計     190万円
純資産合計    190万円
負債純資産合計 190万円

何分ド素人故、とんでもない勘違いをしているかも知れません。ご指摘いただける光栄です
よろしくお願いします。

合同会社を設立して第1期目の決算書を作成しております。
何分、設立したものの開業には至らず設立未開業状態です。従って売上高¥0,売上原価¥0,売り上げ利益¥0です。負債もありません。
県と市には、設立未開業届けを期末直前で出した為、地方税の均等割はかろうじてかからなくて済みました。しかし法人税申告はしなければならず、まず決算書作成で悪戦苦闘しております。
そこでおたずねしたいのですが、資本金200万で設立し、創立費20万円で、期中に管理費として租税公課が10万円だけかかってし...続きを読む

Aベストアンサー

創立費は繰延資産
資本金の上の業は資産の部ではなく純資産の部
利益余剰金は利益剰余金

これだけ訂正すればOK


人気Q&Aランキング