ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

素朴な疑問です。
貸借対照表で、資産を借方、負債+資本を貸方と言いますが、文字だけを見ると、「借」は人から借りることを意味し、「貸」は他人に貸すことを意味するので、貸借対照表では逆の概念として使われているような気がするのですが。。負債は他人から借りたものなのに、どうして「貸方」になるのですか? 素人的な素朴な疑問ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私はつねづね、このような基本的な問いを大切にして、正しく伝えることが


重要だと思っていました。学校などでも「自明のこと」として見過ごされているようですね。

もともと財務諸表も財産目録から発展したものですね。財産目録では昔、人名勘定を使っていました。
たとえば(売掛金)山野益男 ○○円 というように。
この「山野益男」というのは、借りている人=借主(debtor)で、当方は貸主です。
(当方は自明ですから表記する必要はありません。)
で、借主名簿の金額欄の左側に貸した金額を書き、返却されたとき右側に書きます。
負債・資本の方も貸主(creditor)の名を書きました。複式簿記の成立に伴い、
その発生は右側に、返却は左側に書くようになりました。
こうしたわけで、左を借主=借方(Dr)、右を貸主=貸方(Cr)と表記するようになったのです。

「借主」「貸主」が日本で訳されたときに「借方」「貸方」となったのは、
人名でない他の科目もあるからとはいえ、わかりにくいものになったと思います。
    • good
    • 0

ちょっとうろ覚えです。


貸し方は資金の源泉で、借り方は資金の運用である。すなわち資金は右から入って左がその運用形態である、ということ。貸し方が借り方に金を貸す、借り方は貸し方から金を借りる、と学生時代の講義で聞いたような気がします。
    • good
    • 1

私の記憶ですと、貸方・借方という言葉は大航海時代にできたもので、その時代の経理というのは、1航海単位で完結していたといいます。


つまり、航海を始めるにあたって、必要な資材などを仕入れるための出資者を募り、その出資者を貸した人すなわち貸方と呼んだといいます。
したがって、出資を受けた航海者の方は借方となります。
航海が終わると貿易などで得た利益を貸方に分配して、今でいう決算されることになります。

貸し方から出資された資金で借り方が仕入れた資材などは、今でいえば、棚卸資産や機械・装置などであったはずですから、そういう呼び方と合わせて考えると、現在の貸借の意味と符合するような気がします。
    • good
    • 1

こんにちは。


どうして逆になるのか?
実は、私も不思議でしたが、専門学校の先生の答えを受け売りさせていただきますと、

「貸」「借」には、全く意味がありません。インターネットで言えば、「http://」と同じです。単なる昔の名残です。
ただ、昔はどういう風に使われていたかは、知りません。
「貸方」「借方」は、単なる記号と思って下さい。

でした。
その後いろいろ調べてみましたが、#1の方のおっしゃるとおり「謎」となってしまっているようです。
    • good
    • 0

簡単に書くと「お金に対する観点」が逆転するからです。


経理などで自社自身だけを見た場合、借りたお金でも「正のお金」になります。
反対に自社が保有する資産でも貸し出すと「負のお金」になってしまいます。

「貸借表」は世間で言う貸し借りではなく、会社自身の現状の資本力(すぐに
出せるお金量)を評価する手法なので、このように逆転すると考えて下さい...
っっと以前、経理システムを開発していたときに聞きました。
(それでも悩んでいたので、「左と右」って言われたのも覚えています)

正しい表現ではないかも知れませんし、理解し易いように歪めて説明してくれた
かも知れませんが参考として書きましたので、他の方の正確なレスも参照して下さい。
別畑の仕事をしていますんで...自信なくて済みません(^-^;

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/inskamisama/002029#04
    • good
    • 0

古代ローマの時代に決められたという説(参考urlをご覧ください)などいろいろ有りますが、決定的なことは不明なのです。



私は、習い始めの頃に、現金が入ったら、相手から「借りた」と考えれて「借方」に記入する。現金が出ていったら、相手に「貸した」と考えて「貸方」に記入するといえ考え方もあると教わりました。

又、理由はともかく、右が借方で左が貸方と覚えると、教える先生もいます。

http://www.b.kobe-u.ac.jp/aha/aha18th/resume.html
ワークショップ (報告要旨をダウンロード)
 片岡泰彦(大東文化大学) 「複式簿記起源論」 (resume_kataoka.pdf)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕分けをするイメージを教えて下さい

簿記3級を勉強中です。

進めていてもなかなか借方・貸方のイメージがわきません。借方、資産の増加、資本・負債の減少、費用の発生。貸方、資産の減少、資本・負債の増加、収益の発生を紙に書いて、うまく仕分けのイメージを作っているんですがなかなかうまくいきません。

例えば、現金過不足で、現金勘定の帳簿残高は\45.000であるが、実際有高は\49.000であった。

(借)現金4.000  (貸)現金過不足4.000

など、○○だからこっちというわかりやすい仕分けのイメージの仕方がありましたら是非アドバイス下さい。
何度もやっているんですが暗記になりつつあり、しっかり納得した答えが欲しいです。
お願い致します。 
 

Aベストアンサー

>進めていてもなかなか借方・貸方のイメージがわきません。
>うまく仕分けのイメージを作っているんですがなかなかうまくいきません。

そうだと思います。

簿記の勉強を始めて、まず最初に「とにかく覚えて!!」と言われるのが「借方・貸方」ですからね。

(ちなみに、既にご存知かもしれませんが、「借方」「貸方」がイメージしにくい場合には、「左側」「右側」と言い換えても特に不都合はありません。「借方」「貸方」という言葉には、特に意味はありません)

ここは単純に、テキスト等に書かれている箱(ボックス)をイメージするのがいいと思います。(下記のサイトの図)

「貸借対照表・損益計算書の構造」↓
http://www.bookkeep.info/boki/syou3-2-7.html

ポイントとなるのは次の3点です。

(1)貸借対照表(資産・負債・資本)と損益計算書(費用・収益)を分けて考える
(2)増加と発生を「プラス」、減少を「マイナス」とシンプルに考える
(3)その上で、最初は「マイナス」については考えず、「プラス」についてだけ考える

といったところでしょうか。

つまり、仕訳をイメージする時に「借方」「貸方」で考えるのをやめて、「貸借対照表」と「損益計算書」という2つの箱をイメージするようにしていくのです。
このようにイメージする事で、「減少」については考える必要が無くなります。

(今までの考え方)
 
 借方 → 資産の増加、資本・負債の減少、費用の発生
 貸方 → 資産の減少、資本・負債の増加、収益の発生

(これからの考え方)
 
 「貸借対照表」の借方(左側) → 資産の「プラス」
 「貸借対照表」の貸方(右側) → 負債・資本の「プラス」

 「損益計算書」の借方(左側) → 費用の「プラス」
 「損益計算書」の貸方(右側) → 収益の「プラス」

上記のように、まずは「プラス」になるのは「借方」「貸方」のどちら側になるのかを覚えるようにしてはいかがでしょうか。覚える量はかなり少なくなると思います。

その後で、「それぞれ反対側に出てきたら「マイナス」だ」と考えていけばいいと思います。
(例えば、「現金(資産)が減った場合には、反対の右側に書く」といった感じですね)

>現金過不足で、現金勘定の帳簿残高は\45.000であるが、実際有高は\49.000であった。

これは、「帳簿には\45000と書いてあるが、手元には\49000のお金がある」という事を言っている訳ですから、帳簿に書いてある金額を、実際に手元にある金額に合わせてあげないといけません。
(「貸借対照表」の左側に書いてある金額が、実際の金額よりも\4000円少ない状態なのです)

この時に、「貸借対照表」の箱がイメージできれば、自然と答えが出てくるようになると思います。

最初は面倒かもしれませんが、これから複雑な応用問題(精算表の作成問題等)を解いていく時には役に立ってくると思いますよ。頑張って下さいね。

>進めていてもなかなか借方・貸方のイメージがわきません。
>うまく仕分けのイメージを作っているんですがなかなかうまくいきません。

そうだと思います。

簿記の勉強を始めて、まず最初に「とにかく覚えて!!」と言われるのが「借方・貸方」ですからね。

(ちなみに、既にご存知かもしれませんが、「借方」「貸方」がイメージしにくい場合には、「左側」「右側」と言い換えても特に不都合はありません。「借方」「貸方」という言葉には、特に意味はありません)

ここは単純に、テキスト等に書か...続きを読む

Q仕訳けで「借方」と「貸方」

こんにちは。
最近簿記の勉強を始めたものです。
お恥ずかしい限りなのですが、4級の問題でどうしても理解
できないところがあります。タイトルにも書きました仕訳けの
「借方」「貸方」についてなのですが、例えば問題で

「4月25日 給料100,000を現金で支払った」
「4月30日 商品を500000販売し、代金を付けにした」

とあった場合、仕訳けすると

     借方            貸方
ーーーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーーーー
4/25 給料  100000  | 4/25 現金  100000   
4/30 売掛金 500000  | 4/30 商品  500000    
         
となりますよね?(多分・・)
何で給料が借方なのか?借方、貸方自体どういう意味を持っているのか?
さっぱりわかりません。
どういうふうに考えて仕訳けすればいいのでしょうか?
初心者なので、わかりやすく教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。

企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じません。

さて、販売した商品の仕入価額を40万円とします。

付けで販売した場合、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商 品 500000
は誤りです。

○分記法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商  品 400000
………{空欄}………/〔貸方〕商品販売益 100000

○三分法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕売上高 500000

が正解です。(実務ではほとんどの会社が三分法を採用し、分記法の会社は非常にまれにしかありません。)

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。

企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報