dポイントがお得になるネット回線は?

よろしくお願いします。

この「地理学」のカテゴリにおける すぐ下の質問では、
回答者の方から
「本当に赤道直下」ではバケツの穴から流れ出す水の渦巻きはできない。
との回答がありました。参考URLもそれなりに信用がおけそうです。

しかし、このサイトでは、過去に同様な質問があり、例えば
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=99400
では、コリオリの力よりも他の要素が圧倒的に大きいとされています。
(ちなみに私も現時点ではこの考えですが)

低気圧とか、海流とか、偏西風などならいざ知らず、
バケツの水や風呂桶の水などの事例で、
「真の赤道直下で渦ができず、
 少し(10m程度)北では反時計回り、少し南では時計回り」
というのは、センスとして否定しませんが、
ちょっと出来過ぎのような気がします。

皆様のお考えや情報などありましたらお寄せ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

参照URLの記事を読んだ後ちょっと実験してみたのですが、その記事の中で書かれているような結果には残念ながらなりませんでした


まず、浴槽と2種類の洗面台で5回ずつ、可能な限り水を平静にしてから栓を抜いたところ、例外無く反時計回りの渦になりました
次に洗面台の1つで5回ずつ時計回り、反時計回りそれぞれの流れを作ってから栓を抜いてみたところ、最初が反時計回りの場合は例外無く最終的な渦も反時計回りとなりましたが、最初が時計回りだと最終的な渦の向きは時計回りが3回、反時計回りが2回でした(なお、水の流れや渦の向きはイソジンを滴下して確認しました)
今度は、予め溜める水の量に変化をつけ、かつ、予め作る時計回りの流れの速さがなるべく同じになるように(具体的には同じ位置に滴下したイソジンの流紋の末端の周期が等しくなるように)して実験してみたところ、水の量が多いほど最終的な渦の向きが反時計回りに逆転しやすい、という結果が出ました

『コリオリの力は(少なくとも日本付近では)渦を作るのに十分な大きさだが、洗面台に溜めた水程度の質量に加わわっている力は、人間が覆せないほどの大きさではない』、ということになるかと思います
赤道付近では、コリオリの力は、『渦を作らないように働く』のではなく、『どちら向きの渦をつくるように働くにしてもきわめて小さい』ということのはずですから、『運がよければ渦が出来ずに落ちるが、何かの弾みでどちら向きの渦に転んでもおかしくない』、といったところになるのではないでしょうか

なお参照ページの、フーコーの振り子の周期が2日弱だからコリオリの力の大きさが不十分だとする議論は、ちょっとおかしいと思います
フーコーの振り子の周期から敷衍して言えるのは、もし水と容器との間に働く力を無視できれば、容器の中で溜まった水が、フーコーの振り子と同じ周期で回転するだろう、ということであって、栓を抜いたときに排出口に集中する渦の周期が2日弱になるわけではないでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Singollo様。ご回答をいただき大変ありがとうございます。
私の質問に、きちんと実験までして下さり、大変に感謝また恐縮しております。

実験の結果は、参考URLのpuni2さんのレポートとは少し異なる結果となった
ようですね。私には、お二人とも、大変誠実な文章を書かれていて、
故意による誤った報告などとは思えません。

大変失礼ですが、もし万一、Singolloさんの実験の方に弱点があるとすれば、
「お一人で実験したため実験環境が限られた」ということでしょうか。
洗面台のシンクや浴槽の形状、あるいは排水口の形状などで
反時計回りの渦ができやすかったということはないのでしょうか。
(私は別にpuni2さんが正しいといっているわけではありません。念のため。)

もし、それらに問題がないとすれば、Singolloさんが実験結果から出した
結論は、全く妥当なことだと思います。

また、最後にある「コリオリ力の弱さの説明の評価」ですが、
確かに少し論点がずれているような気もしますね。

フーコーの振り子が運動するとき、そのおもりは毎回の運動でつねに
ごくわずか(北半球の場合)右にずれながら運動するように我々からは
観測されますが、同じように、「排水口に向かう水」もごくわずか
右にそれるのでしょう。
問題はその「それの程度」が渦を巻くのに充分な大きさかという
議論になりますね。

お礼日時:2002/09/18 06:00

忘れていたことで、ひとつ。


「コリオリの力」は「自転」だけでありません。
太陽の周りをまわる「公転」でも働いているはずです。

大きさとしては自転の1/365で、問題にならないような印象を受けるのですが、「赤
道」ということになれば、また別です。

地軸が傾いているので、赤道上であっても「回転半径」にたいして角度が存在しま
す。(赤道おじさんやフェリーの実演が年に何回の日時指定で行われているわけでは
あるまい)
「公転」ではたらく、赤道上の「コリオリの力」を計算すれば、

※北極点での「コリオリの力」を「1」とした場合(sin90°)、

地軸が23°傾いているうち、まあ、中間の「10°」で計算して、
sin10°×1/365=「約5/10000」(2000分の1 )たしかに、ずいぶん小さいですが

自転だけで「赤道から10m北」では、(sin「ほとんどゼロ」= 10m/6400km)で
「64万分の1」になりますので、
「赤道の10mの行き来」にくらべれば、「地軸の傾き」による公転のコリオリの力
のほうがずっと大きい。

もし、本当に「10mの差で渦の向きが変わる」ぐらいコリオリの力が大きいなら
ば、「赤道上でも確実に同じ向きに渦ができる」、という矛盾する結果がでることに
なるんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

たびたびおじゃまします。


「赤道おじさん」の持っている容器は、
渦ができるまえに流れ出てしまうぐらいの大きさなんじゃないですか?
ペットボトルでは渦が出来ない、という回答もありますし。
自転車でも数秒ならこけない。

この回答への補足

nozomi500様。この補足欄をお借りします。
よろしくお願いします。

私の質問に回答を寄せていただいた全ての皆さまに感謝いたします。
特にnozomi500様には何度も回答をいただき、また議論をしていただき
深く感謝いたします。

gooからメールもいただき、私なりにほぼ見当がついてきたので、
この質問を締め切りたいと思います。

全ての皆さまにポイントを差し上げたいのですがそうもいかないようですので、
私の「結論」の内容に関係なく、
NO.4のSingolloさんにポイントを差し上げたいと思います。
私の質問に対してわざわざ実験をして下さり、
大変感動しました。また、その結論も、実験結果を素直に考察したもので
その科学的で事実に忠実な態度にいろいろ教えられました。

圧倒的な情報量のpuni2さん、何度も議論していただいたnozomi500さんなど
その他の方々にもポイントを差し上げたいのですが、
Singolloさん以外の方はちょっと甲乙つけがたいので、あえて
ポイントをつけません。大変申し訳ありませんがご理解いただけますよう。

補足日時:2002/10/14 02:16
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nozomi500様。たびたびご回答いただき、ほんとうにすみません。
お礼が大変遅れて申し訳ありませんでした。

比較的小さな容器で、穴が大きければ渦はできませんよね。おそらく。
ただ、その容器で、今度は北へ10m行って渦を作ろうとすると、
容器の中の水が動いているのがミエミエで、
バレてしまうのでは、とも思ってしまいます。

やはり実際に赤道に行って
件の「赤道おじさんの怪しげな実験」を
見てみたいものですね。

お礼日時:2002/10/09 22:59

>たとえば黒潮が右回りでも自然なのではないでしょうか。



まったくその通りだと思います。

「コリオリの力」が、右回転する洗面台の水を左回転するまで強いもの、あるいは10m離れただけで逆回転の渦をつくるほど「大きなもの」であれば、左まわりになっても当然ではないか、という考えです。

ボウリングの件も、だんだん回転が強くなるのは前提ですが、全部流れ出るまでに何秒かかるか、そのなかで「強くなっていく」のがどれだけのものか、ということです。

プールの水など、だいぶ時間がかかると思いますが、
逆に、それだけ時間がかかれば、赤道上でも渦はできると思います。
完全にどちらむきの渦もできない条件、というのは、止まっている自転車が倒れないほど微妙なバランスがないといけないだろうから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nozomi500様。5度目の回答ほうとうにありがとうございます。

>完全にどちらむきの渦もできない条件、というのは、止まっている自転車が倒れないほど微妙なバランスがないといけないだろうから。

そーなんですよね。水道から?水を入れてしばらく待ったくらいで、
「赤道おじさん」が渦を作らせないのが、逆に不思議なんです。
超絶テクの持ち主なんでしょうか?

お礼日時:2002/09/28 16:38

ところで、北太平洋の「黒潮」は「右回り」ですね。


南半球の「フンボルト海流」は「左回り」。

もし、北半球の洗面台の水が、コリオリの力によって「さいしょ右回りだったのが左回りになる」ほど大きなものだとしたら、「左回転」の「親潮」のほうが強くなって、北太平洋の海流も「左回り」になると思うんだけどなあ。

この回答への補足

nozomi500様。再度(4度目)の回答大変ありがとうございます。
何回も私の質問に答えて頂き、大変恐縮しております。

で、海流の渦の方向の件なのですが、

昔、大学でホンの少し海流について勉強したときに
その成因から、「傾斜流」とか「密度流」とか「吹送流?」とかあった
ような気がします。

風に吹かれて押されて流れる「吹送流(でしたっけ?)」の場合、
赤道付近の海面付近は東風の貿易風が、
中緯度では西風の偏西風が卓越しているので、
たとえば黒潮が右回りでも自然なのではないでしょうか。

その他の原因の海流でも、
北半球では何でも「左回り」になる必要はないのではないでしょうか?

水槽の渦は中心に向かって流れる「低気圧性」の渦ですが、
大気においても、高気圧が北半球では右回りであるように、海流でも
「高気圧性」の密度流や傾斜流があった場合、
右回りになってもまったく問題ないと思います。
いかがでしょうか。

補足日時:2002/09/26 23:50
    • good
    • 0

わかりにくい文章で申し訳ありませんでした。



仮に北極点で「ボウリング」をするとしましょう。
1日に1回転だから、1時間に15°。1分間に0.25°。
ボウリングのレーンを転がり終わるのに5秒もかからないだろうから、0.02°ほど。コリオリの力で曲がるのはこれだけですよね。ボールを1°も曲げずに転がす方が難しいとおもうな。

(北緯30度であれば、自転の影響は1/2だから、日本では0.01°ぐらい?)

「赤道から10mのところ」の桶の水って、何秒で流れ出るんでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nozomi500様。再びの回答大変ありがとうございます。
確かにコリオリの力は大変小さくて、人間の普通の生活のオーダーでは
ほとんど分かりませんよね。

ただ、前のほうにも書きましたが、
水槽がかなり大きなものである場合、中心の穴から離れた外側の水が
わずかでも左右にずれた運動をするなら、
角運動量保存の法則によって(見かけの力であるコリオリ力にも使えるのか!?)
中心の穴のところでは目に見える渦を作っても良いのでは、
とも思っています。

鉛筆に糸でとりつけた5円玉を回転させて巻き付けていくと、
半径が短くなるにしたがって、えらい勢いで巻き付いていくように。

お礼日時:2002/09/26 23:47

地球を地軸の方から眺めます。



「北極点」で実験するとしましょう。
自転は、24時間で一周。

北緯30度の地点では、sin30°で、地軸からみた「渦」は1/2の幅になります。
(回転の影響も1/2になると思いますが)

半径6400kmの地球で、10mの弧で扇形つくって、目に見える影響があるとすれば、それを基準にすれば、北極点で立ってられませんね。何倍の力になるんだ・・・。(「洗濯機の脱水槽」ですまないんじゃ・・・?)

この回答への補足

nozomi500様。再度のご回答大変ありがとうございました。

いつもユニークな切り口のご回答で、感心しております。
一瞬、理解できなかったのですが、何回か読み直しました。

「コリオリ力の影響がすごく弱いと思われる赤道から10mくらいの場所で、
 はっきりとした効果が出るとするなら、その何万倍?も影響が強いと思われる
 極で動く物体はどないするんねん。まっすぐ動けずによろけてしまうやん。」

てな感じでよろしいでしょうか。

補足日時:2002/09/20 23:43
    • good
    • 1

こんにちは。

No.4の回答・お礼でおかしいと言われた張本人です。
補足の機会ができてちょっとほっとしています。(あの回答を書いてしまったあとで気付いたのですが,すでに締め切られてしまっていたので…)
また,前の質問(赤道直下では渦巻きは左右どっちへ回る?)があっというまに締め切られてしまい,赤道直下では渦巻はできない!ということで全員一致してしまっており,おいおい…と思っていたので,このような補足質問を立ち上げてくださったこと自体に感謝しています。

まず,補足のほうから。
>参照ページの、フーコーの振り子の周期が2日弱だからコリオリの力の大きさが不十分だとする議論は、ちょっとおかしいと思います
(中略)
>栓を抜いたときに排出口に集中する渦の周期が2日弱になるわけではないでしょう
私が言いたかったのは,
「コリオリの力は回転の角速度に比例するが,その角速度はたいへん小さい(約7.3×10^-5 rad/s)」
ということでして,べつに排出口の渦の周期がフーコー振り子と同じになるなどと書いたつもりはなかったのですが,誤解を招きやすい書き方だったようですね。
きちんとコリオリの力の式(2mvωsinφ)を示さなかったことも,誤解を招いた一因かと思います。

それ以外の部分については,今も基本的に同じ考え方です。
つまり,日本でさえ,コリオリの力による渦とは逆回りの渦が簡単にできるのだから,赤道でだって,ちょっとした原因で渦は出来るはずだと思います。

また,赤道から10m離れただけで,逆回りの渦が明確にできたり,船が赤道を通過すると渦が一旦止まってから逆に回り出すぐらい,コリオリの力の影響が大きいのなら,日本でバケツに穴を開けて水を流したら,あっというまに洗濯機の脱水状態のような渦になってしまいそうです(きちんと計算していませんが)。
テレビで放映していたそうですが,No.7さんのおっしゃっている通り,乗客向けのショーか,そうでなければ,テレビ局の「やらせ」かもしれません。
NHKでは,「クイズ日本人の質問」の中で「赤道直下の町で観光客向けに行なっているあやしげな見せ物とは?」みたいな質問で,ケニアの実験が取り上げられていました。
そのときは,北半球で時計回り,南半球で反時計回りと,コリオリの力による影響とは完全に逆になっていて,早稲田大学の大槻教授に「これこそインチキの証拠」と言われていましたが,前の質問で紹介されていたページなどを見ると,「コリオリの力」と一致する回転方向になっています。
誰かに指摘されて,実験担当者が直したのかもしれません。

さて,誤解を招いたことの罪滅ぼしをかねて,いくつか,ネット上で得られる情報を補足しておきます。

まず,コリオリの力の影響を定量的に見積もった記事として,「理科教育メーリングリスト」のアーカイブから2つ紹介しておきます。(参考URL)
また,やや専門的な計算になりますが,「風呂の渦はどちら回り?」というQ&Aもあります。
http://www-ccce.kek.jp/People/morita/phys-faq/3- …
(参考URL欄に入りきりません。コピー&ペーストして下さい)
この記事の中に,参考文献としてTrefethen, L.M. et al, Nature 207 1084-5 (1965)が上がっています。
まだこの現物は読んだことがないのですが,マーティン・ガードナー氏が『自然界における左と右』の中で紹介しているところによると,
「水を円形の桶に入れ、18時間以上静かにおいた後で、中心の栓を抜いたところ、渦が時計回りになった」
という実験だそうです(時計回りなのはシドニーだから)。
ガードナー氏の記事によると,これに先立つ1962年に,マサチューセッツ工科大のシャピロ氏が,直径2m弱の丸い桶に水を入れ,数日間も静かにしておいて栓を抜くと,いつでも反時計回りの渦ができたそうです。
しかし,ジェネラル・ダイナミック社のメルウィン・ジバルキン氏が直径30cmの桶で行なったところ,うまくいかなかったそうです。
ガードナー氏は,「桶が小さいと、他のいろいろのことが介入してくる」として,次のように述べています。
>一番大きいのは、風呂桶に水を入れた時の流れが残っていることだ。水の「記憶力」は、驚くほど長いのである。水が完全に静止していると見えるようになっても、流れはずっと後まで、何時間も消えない。
「記憶力」という言い方はたいへんうまいと思いました。
なお,『自然界における左と右』はこちら
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/mathaki/note/ …
に紹介されています。

では,この前の質問で体験記が紹介されていた「ケニアの実験」は一体どうなっているのか,ということですが……
実はこれはトリックでして,ここのページ
http://www.asahi-net.or.jp/~nm3k-tgc/africa/13/
に手口が明かされています。
私もできれば実際に現地に行って見てみたいです。
(かなり長くなってきたので,このへんにしましょう。)

参考URL:http://rika.org/archive/rika/200112/msg00070.htm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

puni2様。どうもお世話になります。お礼が遅れて大変すみません。

今回の質問では、多くの皆様からいろいろな情報・考察が寄せられて、
仕事のある身としてはなかなか消化できずにいます。

ポイントの一つは、定量化でしょうね。
センスのみとしては「赤道の町の実験」は正しいわけで、
それが洗面器程度の水できちんとできるかという点で、
コリオリ力の強さのオーダー議論と、
正確な実験・検証が必要ですね。
それに関する情報を多数お寄せいただきまして
ありがとうございました。

「赤道の町の実験のトリック」のURLは見ました。
まあこんなものかなあ、とも思いますが、
1点、演示者が、できるだけ静かに水を入れ、少々の時間を稼ぎ、
水の運動が静まるのを待って栓を抜けば、そんな程度で
ほぼ毎回水が渦を巻かずに落ちて行くとすれば、
それはそれでとてもすごいことだと思いませんか。

中緯度でも訓練すれば、渦を巻かずに水を排水させられるのでしょうか。
puni2さんの前のレポートでは、北半球でも時計回りの渦が多かったんですよね。
とすれば、「家庭程度の渦」では、コリオリ力はほとんど関係なしということで、
やっぱり訓練次第で渦を作らせないこともできそうですね。

回答して下さった皆様へ。
もう少しだけ、この質問を開けさせていただきます。
何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2002/09/20 23:40

私も「コリオリの力の影響は、小さな渦を作るほど大きくない」と思います。



「止まった自転車は左に倒れる。なぜなら、人間の心臓が左にあって、肺の空間が大きい右側より重いから。人が乗っていない場合は、差がないから、どっちにも倒れない。」
というようなものだと思います。

論より証拠。北半球でも、「右まきの渦」はできますからね。
フェリーの「実験」は、乗客を楽しませるための「ショー」でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nozomi500様。ご回答いただきありがとうございます。
お礼が遅れまして大変失礼いたしました。

北半球でも場合により(作為が無くとも)右巻き渦はできると
考える人が多いので、やはりコリオリ力はさほど大きくないと
考える方が良さそうですね。
(Singolloさんの実験結果とは少し食い違いますが)

フェリーの実験の件ですが、大きな水槽の水が
中心あたりで例えばわずか(人がそれと分からない程度)に右回り、
外周部でわずかに左回りとなっていたときに、
角運動量の保存により、渦の回転のまさに中心部では、
回転が速まって渦の運動が強調されますよね。
そのため、テレビのような結果になったとは考えられないでしょうか。

水は、本当に静かにしていないと、
特に外側で水が回転していると、
中心部では(まるで竜巻のように)回転が強調されると思うのです。

お礼日時:2002/09/19 22:08

>転向力(コリオリの力)が非常に重要かと思いますがいかがでしょうか。


 はい、そうです(^_^;
 言葉のあやとして使ったつもりでしたが、混乱させてしまったようで申し訳ないです。

>中緯度でも、普通は(作為がなければ)容器の水は渦をつくらずに
 状況によりけりなんでしょうが、普通はあんまり出来ないみたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

deagle様。2度も親切なご回答を頂き、大変恐縮しております。
deagleさんのお考えでは、中緯度でも非常に静かな水なら
コリオリの力は渦を作るほど大きくないということですね。
私たちは普段風呂の水などが渦を巻いて流れ落ちていくので
漠然と「渦はできるもんだ」と考えがちですが、
たかだか風呂程度の大きさのオーダーの環境では
理想的な場合は渦ができない可能性も高いですね。

お礼日時:2002/09/17 05:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤道では渦巻きはどうなる?

台風やお風呂の栓を抜いたときなどにできる渦は
北半球と南半球では向きが逆になるという話を聞きましたが、
では赤道ではどうなるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

家庭の風呂や洗面台では、他の要因が大きすぎてこの実験
はできないと聞いたことがあります。まして観光客向けに
手持ちのボウルでやるのは、おそらくインチキでしょう。

ただし、ちゃんとした実験として行うならば、台風と同じ
向きの渦を起こせるようです。古い実験のフィルムをTV
で放映しているのを見たことがあります。屋内に直径数
メートルの円形のプールを作り、水を張ってから丸1日後
水が静まってから栓を抜き...てな感じで、一応成功
していたようでした。

Q排水の渦

水を流す時に排水口部分の渦が 北半球では時計回りに 南半球では反時計回りになりますよね? 昔、TVで見たのですが、赤道をまたいで実験してみると 赤道を10メートルも越えるて確実に 渦が逆になってました。理由がよく解らないので どなたか教えて下さい。長年の疑問でして…

Aベストアンサー

結論を言えば、台風の渦巻きのように非常に規模の大きい流れの場合には地球の自転に伴うコリオリの力の影響で渦の回転方向が決まり南北半球では逆になりますが、ANo.1のご回答通り、風呂桶や洗面台程度の大きさの容器ではその影響は無視できるほどわずかなので、渦の向きは他の要因によって決まります。
詳しくはこれまでに投稿された同様なご質問への回答(下記)をご参照下さい。

> 昔、TVで見たのですが、赤道をまたいで実験してみると 赤道を10メートルも越えるて確実に 渦が逆になってました。
それは多分「やらせ」の実験でしょう。
下記(※)のANo.8で紹介されていますが、ケニアの赤道直下地点では、南北20m地点で渦巻きが逆向きになるという「コリオリ実験ショー」をやって客寄せし、観光客に「赤道直下証明書」を販売しているそうです。一種の大道芸ですね。
 http://www.asahi-net.or.jp/~nm3k-tgc/africa/13/


・赤道直下では渦巻きは本当にできないか。 ←(※)
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/357461.html
・うずの方向はコリオリの力で決まる?
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/406950.html
・台風の目
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/99400.html
・南半球のコリオリの力について
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4515913.html
・コリオリの力について
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2154214.html
・コリオリの力
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6816695.html
・コリオリの力について
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7294350.html
・(以下多数につき略)

結論を言えば、台風の渦巻きのように非常に規模の大きい流れの場合には地球の自転に伴うコリオリの力の影響で渦の回転方向が決まり南北半球では逆になりますが、ANo.1のご回答通り、風呂桶や洗面台程度の大きさの容器ではその影響は無視できるほどわずかなので、渦の向きは他の要因によって決まります。
詳しくはこれまでに投稿された同様なご質問への回答(下記)をご参照下さい。

> 昔、TVで見たのですが、赤道をまたいで実験してみると 赤道を10メートルも越えるて確実に 渦が逆になってました。
それは多分「や...続きを読む

Q水の渦の回転方向

風呂の水を抜くとき、水は渦を巻きながら流れていきますよね。
そのときの渦の向きが北半球では左回り、南半球では右回りだと聞きました。
では、赤道上ではどうなるのでしょうか?
詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

赤道上では渦を巻きません

コリオリの力(コリオリ効果)と呼ばれるものです
コリオリと言う人が実験…をしたのですよ
直径10mくらいの大きな桶に水を張り十数時間水を静沈させ
桶の中心にある栓を抜いてどっち向きに渦ができるのかを厳密な実験で確かめています

北半球で左回りになる理由はご存じですか?
地球の自転による遠心力が赤道に近い方が強いので左に回る…です
だから、どちらも釣り合う赤道上では渦はできません
図の通りになります

Q赤道上でのコリオリの力について、質問です。

赤道上でのコリオリの力について、質問です。
赤道上では、働かない、と言われますが、重力に対し「直角方向」に動く物は、そうだと思いますが…
例えば、真上にロケットを打ち上げた時、見かけ上、西へずれるのではないでしょうか?
(同様に、真下に打てば、東へずれるのでは…?)
これは『コリオリの力』とは、関係ないのでしょうか?

…宜しくご教授お願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

コリオリの力は物体の速度ベクトルと地球自転の角速度ベクトルの外積に比例しますから、赤道上であろうとなかろうと、速度ベクトルが自転軸に平行でなければ働きます。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Q魚の生き造りは、なぜ動くのですか?

アジの生き造りなど、刺身にされた後も、動くのは何故ですか?
頭や尾を切られても、刺身だけが動く映像も見たことがあります。
魚の体のしくみについて、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉が収縮するためです。
動物種やその動物の年齢、健康状態などにもよりますが、
魚だけでなくどんな動物でも死んですぐの肉(筋肉)は動きますよ。
筋が収縮するエネルギーが無くなるか細胞が死ぬまでは動きます。
血液を失うと出血を止めるために自律神経が働いて筋(と血管)が収縮するのだそうです。


お刺身が不味くなるような解説で申し訳ないです…。

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報