「改」という漢字なのですが、
今日小学校の先生が「改」の「己」の最後の画は「はねない」という風に教えているのを見て驚きました。今まで自分は己は「はねる」ものだと思っていたので。
調べてみると、辞書にもはねるものとはねないものがあるようです。
ちなみにこのパソコンでははねてますね。。→「改」

実際どうなんでしょう。はねるべきか、はねないべきか、どっちでもいいのか。
気になるのでどなたか分かる方教えてください。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。 

A 回答 (3件)

書体の差です。


漢和辞典の字は明朝体ですのではねます。
学童の書写は教科書体なのではねません。
このような瑣末な差にこだわる必要はありません。
「切」「七」なども同様です。
「家」「外」を漢和辞典の字体の通り書いている人はほとんどいないでしょう。
私は明朝体で「糸」を八画に書きますが、一般の人は六画に書くでしょう。
「女」の「丿」と「一」は教科書体では交叉します。
明朝体 (ゴシックはさらに明確) の女へんは「く」+「フ」で「一」が右にはみ出しませんが、教科書体は微かに交叉してはみ出し、かつ止めないで右上がりにはねます。
「北」の左下は教科書体では「地」「球」の左下と同じです。
「令」の下部も教科書体は「マ」です。
雨かんむりの四つの点が明朝体では短い横画になりますが、教科書体では点のままです。

いずれも手書きの際に明朝体そっくりでなければならないことはありません。

http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&i …
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&i …
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧で分かりやすい回答ありがとうございます。
なるほど、納得です。よく考えたら自分の身の回りにこういった例はたくさんあったのですね。
「改」についてだけでなく、漢字の基礎知識として非常に勉強になりました。
結論としては、「どちらでもいい」ということですね。
みなさんありがとうございました!

お礼日時:2007/12/07 23:16

国語教師です。



ずばり言うと、「どちらでもよい」です。
楷書の場合は通常「はねる」と思います。
逆に行書なら「はねない」ことがほとんどでしょう。
子どもの書き取りとしては、「はねる」で教えることが圧倒的に多いと思いますが、子どもが鉛筆で書き取りをする場合において「はねない」形で書いても許容範囲です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

楷書と行書ですか、なるほど!
私も「はねる」タイプを基本形として今までずっと使ってきたので、この考え方はすごくしっくり来ます☆
ただ、下の方のURLのページや一部の辞典で「はねない」タイプがメインで使われているのが気になりますね。。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/12/07 23:09

http://kakijun.main.jp/
の「改」のページが↓

http://kakijun.main.jp/page/07121200.html

こちらは「はねない」を採用しているようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き順ページ…!こんなページがあるんですね~。
やはり基本的には「はねない」なんでしょうか。
便利なページですね。ありがとうございます!

お礼日時:2007/12/07 23:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q習字 【改】の‘己‘はねるかはねないか

書き初めで改という字を書くことにしました。
この字の左側、最後ははねるのでしょうか?

Aベストアンサー

書道は「行書、楷書、草書」とゆう三体で書き表します。
教育漢字(平成10年12月14日付、当時の文部省告示第175号、改正小学校学習指導要領別表「学年別漢字配当表」)1,006文字及び平仮名46文字に就いて、毛筆に依り「楷書、行書、草書(崩し字)」に書き分け掲載して居ます、目的の文字をクリックして下さい。
画面の「右側に大きく行書」、「左上に楷書」、「左下に草書」が表示されて居ます。

http://www013.upp.so-net.ne.jp/santai/santai.htm
か行、「改」右角に在りますね、クリック。

此れが正式の書体です、如何ですか?
どの書体を選ぶかはpokeblackさんの力量次第です。
詰まり、「書」は教科書に在る教科書体や明朝体等の様な活字とは又別の時限の所謂「書体」で書き表しましょう。

Q「今度は」なのか、「今度に」なのか、「今度ね」なのか

 日本語を勉強している外国人です。会話の本を読んでいます。理解できない助詞がありますので、質問します。

「A:ねえ、Bさん、いっしょにショッピング、行かない?
B:ちょっときょうは…
A:うん、いいよ、また今度は。
B:すまん。」

 「今度」の後ろになぜ「は」なのでしょうか。「に」(「今度にしましょう」の省略)と「ね」(柔らかく聞こえるために)にしたら、よろしいのでしょうか。この会話の本の作者が日本人ではないので、疑問に感じるところです。もしかして、印字ミスなのでしょうか。ご教示お願いします。

 日本語を何年間も勉強していますが、まだまだ文章がうまく書けません。質問文の中で不自然な表現があれば、それも併せて指摘していただければ助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は日本語学者でもなく、普通に日常日本語を話すただの人間ですが、この場合、単純に「また今度"ね"」の「印字ミス」だと思います。

>「に」(「今度にしましょう」の省略)

「また今度"に"。」というならば、「また今度"にね"。」というほうが私はすっきりと読めますが、「また今度"に"。」も普通使うでしょう。awayuki_chさんの書かれている通り「今度にしましょう」の略でしょう。

または、
A:うん、いいよ、また今度は。
(この文章の「。」が印字ミスで、実は「?」であり、Aさんは「また今度はどうか?」と誘っている)
B:すまん。
(「すまん。」と、Bさんは再度誘いを断っている)


最近は日本人も日本語の正しくない使い方をするので、日本語を通常使っている日本人にとっては「は」でも「に」でも「ね」でも気にしないかもしれません。
(正しくない使い方をすることが、この頃は特に指摘されているように思います)

それは、私たち日本語常用者にとって、外国語の文法がすぐに理解できないこと、外国語にも流行の言い回しがあることがわからないことと同じですね。

ちなみに、awayuki_chさんの書いた文章に不自然な表現は感じませんでした。
強いてあげるのなら、引用部の「」がいらないのではないかと思います。
また、「会話の本」が「日本語の"小説"」なのか「日本語の"会話の教科書"」かを書いてくださると、尚わかりやすいです。
(「日本語の"会話の教科書"」だろうと予測はできますが、念のために)


…awayuki_chさんが読んで、私の日本文は適切に思えましたか?
美しい日本語を使おうと気をつけているつもりですが、外国の方からみてどのように思えたか、逆にawayuki_chさんにお尋ねしたいですね^^

私は日本語学者でもなく、普通に日常日本語を話すただの人間ですが、この場合、単純に「また今度"ね"」の「印字ミス」だと思います。

>「に」(「今度にしましょう」の省略)

「また今度"に"。」というならば、「また今度"にね"。」というほうが私はすっきりと読めますが、「また今度"に"。」も普通使うでしょう。awayuki_chさんの書かれている通り「今度にしましょう」の略でしょう。

または、
A:うん、いいよ、また今度は。
(この文章の「。」が印字ミスで、実は「?」であり、Aさんは「また今...続きを読む

Q「毒も食らわば皿まで」の「皿まで」の解釈ですが、「皿の上のもの全て」なのか「皿も」食べる?

こんにちは、お世話になります。

ことわざの「毒も食らわば皿まで」の意味は知っているのですが、直接的な文章の意味として、「皿まで」は、

・皿まで食べる→「毒を食ってどうせ死ぬんだから、食べ物じゃない皿も食べちゃう。」

かと思っていたんですが、何気なく国語辞典を引いたら、

-----------------------------------------------
2 供応の膳(ぜん)などで、1に盛って出す料理。
----------------------------------------------ー
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%9A%BF&stype=1&dtype=0

とあり、


・皿の上に出された料理を最後まで食べる→「どうせ毒を食べちゃったなら、途中で止める事無く最後まで料理を食べよう」

の意味になるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

皿まで食べるわけないでしょ。
皿まで(ねぶれ)です。皿までなめろということです。

Q「安いものは良くなく、良いものは安くない」、「いいものは高く、悪いものは安い」、「高値を出せば良いものが買える」

 日本語を勉強中の中国人です。次のような意味で、口語の中で使えそうな諺や慣用句を探しています。

「安いものは良くなく、良いものは安くない」、「いいものは高く、悪いものは安い」、「高値を出せば良いものが買える」のような意味に近く、普段の会話の中で使えそうな諺や慣用句を知りたいのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。よろしければ、その諺や慣用句を使って、短い会話も作っていただけないでしょうか。

 また、質問に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「安物買いの銭失い」などはどうでしょう。
安いものを買うのは、銭(ぜに:お金の古い言い方)を失うのと同じこと、という意味です。

例文
A「このラジカセ、1000円だったんだよ。安いでしょ!」
B「ちょっと安すぎない?本当に動くの?」
3日後
A「このあいだ買ったラジカセ、一日で壊れちゃったよ」
B「そういうのを、安物買いの銭失いって言うんだよ」

Q「食べるもの」と「食べられるもの」を言い換えて

『食物連鎖』や『弱肉強食』でよく聞く、「食べるもの」と「食べられるもの」ですが、この言葉を、「被害者」と「加害者」のような別の言葉に出来ませんか?
調べようにも、どのように調べたらいいのかわからなくて……
どうか、よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

食べるもの・・・・・捕食者
食べられるもの・・・被食者


人気Q&Aランキング

おすすめ情報