「哲学を勉強することは、とても非現実的なことだと見られていた」
studying philosophy seemed an impressively impractical thing to do
でなぜ to do があるのでしょうか?
なくても訳が成り立つようにみえてしまうのですが・・

A 回答 (3件)

単に書き手が、これからやるべきことの一つとして意識しているからでしょう.誰がやるかは別問題として、誰か、多分、読者がやるべきことの一つのような意識があるからでしょう.


そう言った意識がなければ、当然、to do は、なくてもかまわないと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、意識して伝えたいかどうかのフィーリングの問題なんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/28 01:19

 なるほど。

でもね、次の語を知っていらっしゃいますか? 

>>to-do list(しなければならないことのリスト、やることリスト)

 つまり、「to」は、「すべきこと、特定の、選択的」といった意味があるので、強調の意味でつけているわけで、なくてもかまいませんが、あったほうがいいように感じられませんか? つまり、文法的にどうかというより、自分の感想をつよく述べたい気持ちがあるかどうかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかにdo listでも良いですね。
ありがとうございます。
ポイントなのですが、基本的に早い順にしています、すみません。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/28 01:30

アメリカに住んで40年目になりました。

 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

#1さんのご回答の補足というか言い換えになります。

もし次のような文章を見たらこのto doがなぜしたの表現にしなかったのかわかるのではないでしょうか。

studying philosophy seemed an impressively impractical thing to advise.

studying philosophy seemed an impressively impractical thing to talk about.

studying philosophy seemed an impressively impractical thing to
follow nowawadys.

studying philosophy seemed an impressively impractical thing to appreciate.

studying philosophy seemed an impressively impractical thing to teach today's youths on.

studying philosophy seemed an impressively impractical thing to do in Greek for the Japanese people.

どうですか? 

なぜ、to toが使われたかお分かりですね。

It seems to be an impressively impractical thing to xxxと言う表現であれば分かりやすかったかもしれませんね。 つまり、することが、なのか、教えることなのか、議論することなのか、区別したいフィーリングがあったと言うことになるのです。 他のことではなくただするということをこの文章では言いたいわけですね。

この区別の必要性を感じないか区別したいとは思わなければ、当然to doは必要ないということになり、追加しないと言うことになるわけです。

to doを書かなくてはならないと言うことではなく、書きたいと言う欲求があったと考えるわけです。 ですから、いつか、この文章を使いたいときに、哲学を弁することに関して教えるのは、と言いたいときにはm、toの後を省きたいとは思わないですね

つまり、文法ではなく、何を相手に伝えたいのかを表現するための、フィーリングの伝達をするための表現だと言うことなのです。

ここにいくら文法を専門的に勉強しても表現力がつくかと言うと非常に疑問となるわけで事実既に証明されていますね。

参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり文法だけでは限界があるのですね。
口語の文も積極的に勉強していきたいと思います。

お礼日時:2007/12/28 01:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI don't know if I'll have enough to time to do all the good deeds I need to eras

映画の中で聞き取れない部分をアメリカの人にチェックしてもらったところ、
「I don't know if I'll have enough to time to do all the good deeds I need to erase all the bad ones I did.」
(スクリプトは
「I don't know if I'll have enough time...to do enough good deeds to erase all my bad ones.」)
とのことでした。
「I'll have enough to time...」の「to」があるので、
この文の組み立てがわかりません。
どこで区切ったらいいのか教えてください。
それとも単純な間違いかな、と思いますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!!! 何か自分のことが書かれていると感じてしまいました。

今日はそれを土台として説明したいと思います。

ご存知のように私はここで回答をするときに、日本語文は変換ミス、英文は単語が抜けたり入っていたりするときがあるのに気がついたと事があると思います。

ここで私が書くときに普通2つ位の他の事を同時にやっていますのここでタイプするときにささっとタイプしてしまいます。 指の動きと脳の流れがマッチしていれば思ったままタイプして問題ありません。

しかし、時にその動きがマッチしないとタイプのほうが先に行ってしまったり脳のほうが先に行ってしまったりしてしまいます。 そのままずれていればいいのですが、どちらかがスピード調整をしなくてはならないのですることになりそのときに次の句や説の最初の部分が入ってきたり、前の句や説の最後の部分が消えたりしてしまうのですね。

これを武道では「先々(せんせん)の先(せん)による隙間」と言う表現をしていますが、腕が上がれば上がるほど命取りになる矛盾の証しともなるものなのですね。 ですから武器を持った複数を相手にするときの大きな壁となりこれを経験すると言うことはすなわち人間の限界に近づいている可能性がある、と言う理解をしています。 去年の秋に殺された私の護身術の弟子はこれが実践において起こってしまったとしか考えられないわけです。 私のこの1月の件も非常に似た現象だったわけです。

本題です。

これは多分その人に同じようなことがおきたのだと思います。 つまり、I don't know if I'll have enough timeと書くところをI don't know/if I'll have enoughとタイプしているときに、脳はすでにto do allの句に入ってしまっており、そのシグナルがtoをタイプしろと伝えそして調整作業が入り,time to doとタイプしたのに気がつかなかった、と言う解釈を私はします。

つまり、脳ではちゃんとenough time to doと言っているにもかかわらずタイプしている指は動いてしまっているわけです。

一万分の一のスピードで脳の反応と体の動きというものがマッチしないことが多くのプロのスポーツ選手がやることなんですね。 体調によって、この「同機調整」が鈍るときがあるわけです。 しかし、人間としての限界、その作業の、と体調、また、同時にやっていることによって、これが起こり普通ならまったく問題ないことを「チョンボ」することになるわけですね。 

ということで、これは単なるミスと私は考えます。 経験者ですが<g>いつものとおり一般者として回答させてもらいます。<g> 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは!!! 何か自分のことが書かれていると感じてしまいました。

今日はそれを土台として説明したいと思います。

ご存知のように私はここで回答をするときに、日本語文は変換ミス、英文は単語が抜けたり入っていたりするときがあるのに気がついたと事があると思います。

ここで私が書くときに普通2つ位の他の事を同時にやっていますのここでタイプするときにささっとタイプしてしまいます。 指の動きと脳の流れがマッチしていれば思ったままタイプして問題ありません。

しかし、時にそ...続きを読む

QWhat do children seem to know by heart? 訳してください

What do children seem to know by heart?


訳してください

Aベストアンサー

子供は本能的に何を分かっているのだろうか?

Qhave a lot of things to do

1, I have a lot of things to do.
2, I have to do a lot of things .
いつもお世話になります。1,2は、意味がどう違いますか。

Aベストアンサー

1.やるべきことがたくさんある
2.たくさんのことをしなければならない

意味はほとんど変わりません。1.は名詞中心の表現で、2.は動詞中心の表現と考えてください。たとえば、彼は泳ぎがうまい というのを英語にすると、以下のようになります。

He can swim well.(動詞中心の表現)

He is a good swimmer. (名詞中心の表現)

英語は話す人の気持ち次第で、2通りの表現があると考えた方がいいと思います。

Qseem likeとseem to likeの違い

seem likeとseem to likeってどうやって使いわければいいか、区別ができません。いいアドバイスをください!

Aベストアンサー

seem likeは「~のように見える、思われる」という意味であるに対して、seem to likeは「~を好むように見える、~が好きなようだ」という意味になります。
前者のlikeは{~のように」という一種の前置詞であるのに対して、後者のlikeは「~を好む」という動詞です。したがって両文は全く異なります。

He seems like a teacher.(先生のように見える)
He seems to like apples.(りんごが好きなようだ)

Qdo things to meの意味を知りたい

How the thought of you does things to me
の意味を教えて下さい。

名曲Unforgettableの歌詞の一部なのですが、色んな個人ブログなどでの和訳がみんな違います。
意訳も良いですが、この文章だけ見て、一番確実な、平易な意味を教えて下さい。

How the thought of you
どんなにあなたの(への?)思いが
(How + 主語)

does things to me
私にしていることでしょう。
(動詞)

という直訳になると思うのですが、

1. the thought of youは、『あなた[への]思い』で合っていますか?

2. (主語) do things to meは、『(主語)は私に(何かを?)する』という意味ですが、何かを及ぼす、影響を与えているという意味でしょうか?
このdo thingsがよく分かりません。

英語のニュアンスに自信のある方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わかりました。
あなたの疑問にダイレクトにお答えします。
あまりきれいな日本語にはなりませんけれど。

the thought of you は 「あなたを思うこと」「あなたのことを考えること」です。

does things to me は 「私にとって物事がなされる」「私のために事をなす」というのが直訳です。

これでは本来の意味からは少し遠いですが、
そこから想像力を使って、前後の文書と意味がマッチするように、
ご自身で良い訳を考えてください。

これで大丈夫ですか?
文法的なことが理解できたら、日本語に変換せずに理解できるようがんばってください。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報