はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

旅行中にスーツケースごと落してしまい、中に入っていたビデオカメラとデジカメが壊れたので、旅行保険の携行品補償で修理したいのですが、保険の説明には購入時の価格から減価償却した価格が上限と書いてあります。

この場合、減価償却は年率何%ずつ償却されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1年間に10パーセントの償却で5年以上は50パーセントが限度です。


すなわち、5年以上は半分が時価(残価)となります。
時価より修理代が安ければ修理代で、修理不能であれば時価で支払われます。
修理代が時価を超えれば時価での支払いとなります。
    • good
    • 10

年15%が基本と聞いています。

    • good
    • 2

ま~ぁ 概ね1年10%でしょうか? あまり減価償却とりますと顧客にも多に不満がのこるでしょうからね。


損害品の価格にも影響、勘案されて提示されるようですが、案外アバウトなものです。

>減価償却は年率何%ずつ償却されるのでしょうか?
厳密な決まりはあってなきがごとき??
税務上の減価償却を適用する場合もあるし、5年経過したものなら0円
というわけにもいかないでしょうからね。

結構 ファジーではありますね。
    • good
    • 2

http://www.m-net.ne.jp/~k-web/genkasyokyaku/genk …

カメラ、撮影・映写機、望遠鏡 5 年
ですから
1年で20%です

1年後 8割
2年後 6割
って価格になります

また中古価格の方が安ければその価格になります 
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q携行品損害のメガネの時価額について教えてください

2010.5に36000円でメガネを購入後、2010.10に破損により36000円のレンズ、フレーム毎交換をしております。このときに補償を使って交換したので実際に払った額は18000円です。
今回2011.6に破損したので保険会社から2010.10に購入したものの時価額を教えてくださいとのことですが、この場合は実際に払った18000円という解釈で合っていますか?
説明が分かりにくい場合は補足しますのでおっしゃってください。
それではご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>担当の方は「10月に購入した眼鏡の時価額」と言ってたのですが、それから9割(自己負担3千円)出るようです。

保険担当者の「時価額」の使い方が適切ではありませんが、要は保険会社としては、携行品損害保険金の支払査定において、対象の眼鏡の調達時期・調達価格を知りたかったわけです。

いつ、いくらで購入したのかがわかれば、経過期間による償却率を出し、
調達価格×(1-償却率)=時価が算定できますからね。

で問題の調達価格ですが、「補償を使って交換したので実際に払った額は18000円」とのことですから、「補償を使わなかった場合の価格」(36,000円なのかな?)が調達価格です。もちろん「補償を使って交換した」ことを立証することが必要です。この「補償」とは、昨年5月に購入した際、通常の使用で破損等があった場合、お店が半額を補償しますというものでしょうか。そうであれば、その内容をお店の方に証明してもらえば大丈夫と思いますが、直接保険会社の担当者の方に証明方法を確認されるのが一番だと思います。

>今回新たに作ったものは27000円だったのでオーバーしてしまいます

携行品損害保険は、質問者様との保険契約に基づいて支払われるものですから、質問者様が保険金額以上の代替品を購入しようと、保険金額以下のものを購入しようと自由です。また、損害品の修理費用か時価額のいずれか低い額を損害額とする規定ですから、質問者様が購入した代替品の価格によって保険金額が変わることはありません。

なお、自賠責保険での眼鏡の賠償は、身体の機能を補完するもの、つまりは身体の一部とみなして賠償するものですから、時価額ではなく同等品の再調達価格での賠償となります。携行品損害保険とは、考え方が全く違います。

>担当の方は「10月に購入した眼鏡の時価額」と言ってたのですが、それから9割(自己負担3千円)出るようです。

保険担当者の「時価額」の使い方が適切ではありませんが、要は保険会社としては、携行品損害保険金の支払査定において、対象の眼鏡の調達時期・調達価格を知りたかったわけです。

いつ、いくらで購入したのかがわかれば、経過期間による償却率を出し、
調達価格×(1-償却率)=時価が算定できますからね。

で問題の調達価格ですが、「補償を使って交換したので実際に払った額は18000円」とのこと...続きを読む

Q携行品損害を補償してくれる保険に2件加入していたのですが・・・

携行品損害の請求の件でお尋ねします。

海外旅行から戻りスーツケースにヒビが入っているのに気がつき、加入していた海外旅行の保険会社(A社)に請求いたしました。
修理は可能、ということでメーカーから見積もり(¥5,500)を取り寄せ、デジカメで取った写真を送り手続きは終了しました。

それから、自宅にかけている保険(B社)に持ち出し品も補償する、という項目があったことを思い出し、確認したところ補償していただける、という返事を頂き、他に保険に入っていないか確認されたのでA社に加入していたことをお話しました。

B社は、A社に連絡を取り、写真も修理の見積もりもA社に出して頂いた物でOKです、新たに出していただく必要はありません、とのことでした。

結果、A社より私に5,500円振り込まれ、B社よりA社へ約1,700円支払われました。二社で合計5,500円の保険金が私へ支払われた、ということです。

二社へ保険金を払っていた私としては、何となく納得できません。今回は仕方ないとして、今後、それぞれの会社へ単独で加入していました、と言って(もちろんそれぞれへ書類は提出して)二社から保険金を貰うのは違法なことなのでしょうか?

どなたか詳しい方、教えてください。よろしくお願い致します。

携行品損害の請求の件でお尋ねします。

海外旅行から戻りスーツケースにヒビが入っているのに気がつき、加入していた海外旅行の保険会社(A社)に請求いたしました。
修理は可能、ということでメーカーから見積もり(¥5,500)を取り寄せ、デジカメで取った写真を送り手続きは終了しました。

それから、自宅にかけている保険(B社)に持ち出し品も補償する、という項目があったことを思い出し、確認したところ補償していただける、という返事を頂き、他に保険に入っていないか確認されたのでA社に加入して...続きを読む

Aベストアンサー

それは生命保険的な発想です。
確かに一般の方から見れば、そう考えるのは当然だと思いますが・・。

それは、そもそも損害保険というのが、損害のマイナス部分を、損害を受ける前の状態まで復帰させる、という目的で制度が作られているのが理由です(一応、海外旅行傷害保険も損害保険の色彩が強いです)。
なので、分かりやすく言うと、2000万円の家に、2000万円の火災保険を掛けておいても、自宅火災で1000万円分しか被害が出なければ、通常は損害分に見合う最大1000万円までしか保険金は出ません(一部、再調達価額特約を除く)。
なぜなら、損害以上のお金が出るなら、みんな自宅が燃えたら儲かるので、みんな自分の家にわざと火をつけるようになってしまいます・・。

仮に、上のケースで、こっそり複数の保険会社に、2000万円ずつ、火災保険に入っていたとしても、損保会社はお互いデータ照会するはずなので(不備も多いですが)、普通ばれて、保険金は、やはり合計で1000万円しかもらえません。万一ばれなくても、後でわかれば保険金詐欺で捕まってしまいます(だから、損保会社の手続きに重過失がない限り、基本的には違法です)。

ちなみに、これに対して、生命保険は命に明確な値段がつけられないので、保険金は、基本的に満額出ます。
つまり生命保険の方が、損害保険より、保険として満額もらえやすいのです。
これが損害保険よりも、生命保険の方が、保険金詐欺が目立つ理由ですね。

それは生命保険的な発想です。
確かに一般の方から見れば、そう考えるのは当然だと思いますが・・。

それは、そもそも損害保険というのが、損害のマイナス部分を、損害を受ける前の状態まで復帰させる、という目的で制度が作られているのが理由です(一応、海外旅行傷害保険も損害保険の色彩が強いです)。
なので、分かりやすく言うと、2000万円の家に、2000万円の火災保険を掛けておいても、自宅火災で1000万円分しか被害が出なければ、通常は損害分に見合う最大1000万円までしか保険金は...続きを読む

Q海外旅行でスーツケースが破損しました。

アメリカ着後、破損が確認されました。(ハード)
証明書のようなものをその場で頂いて
帰国後保険会社に連絡すると、そのスーツケースを買った時のレシートか、
金額のわかるカタログが必要ですと言われました。
購入してから随分経つのでもちろんそんなものはありません。
結局お金はおりませんでした。 
自分で選べる保険に加入し携行品は高めのを選択していたのに、不満でなりません。

これって当たり前なのですか?
何分このような経験は初めてなので・・・

Aベストアンサー

このような場合にはかたぐるしく考えずに出来る範囲の資料を集めて請求します。  現品があるならメーカーは分かってるでしょうからそこのWEBから同等品のカタログを落とすかその会社から貰う。 面倒なら、#2で出ていますがどこでも良いから同じような製品のカタログを探し現品同等品として価格も右習えをしてそれが壊れたものとして請求する。(同等品で代替えして良いだろうと主張する) 
当方は盗難時に何も証拠無しで電話だけで何時何処でいくらで購入したと言って補償を受けたことがありますが損保しだいでは可能です。 だって元々携行したかどうかも実際には証明しがたい請求ですから、お互いに。
大した金額にはならないから応じる可能性が大きい、特に外資系損保はね。

航空会社への請求ならその場でカタをつける方法もありますが、旅慣れしていないとできないから、帰国後に空港カウンターで申し出て対応してくれた相手の名刺を入手する。
その後ならお客様サービスデスクやカスタマーセンター(など)に電話して写真を送って請求する、あらゆる窓口を臨機応変に利用するなどとにかく当たってみる方法があります。 ここに書いても弁償はされませんから先ずは本社辺りに電話するかHPにご意見メールできる機能があれば使ってみる。

古いスーツケースだとこれにかける時間がもったいないとの判断になる可能性があるから、金が出たとしていくらの補償になるか聞いてからこれからの行動を決めた方が良いです。

このような場合にはかたぐるしく考えずに出来る範囲の資料を集めて請求します。  現品があるならメーカーは分かってるでしょうからそこのWEBから同等品のカタログを落とすかその会社から貰う。 面倒なら、#2で出ていますがどこでも良いから同じような製品のカタログを探し現品同等品として価格も右習えをしてそれが壊れたものとして請求する。(同等品で代替えして良いだろうと主張する) 
当方は盗難時に何も証拠無しで電話だけで何時何処でいくらで購入したと言って補償を受けたことがありますが損保しだ...続きを読む

Q事故での減価償却(スーツの耐用年数) について

乗ろうとしたタクシーで事故に会い、当方被害者で過失割合も100パーセント相手の非ということになったのですが、その事故でスーツに穴が開き、それの物損としての書類を出したところ、減価償却分が耐用年数からの法定減価償却残存率で0.681と提示され、元の高かったスーツがかなりの値段を引かれた額だけお支払いしますと言ってきました。そこでスーツの法定耐用年数が3年と書いてあったのですがその程度が衣服だと妥当なのでしょうか?法定耐用年数について調べても衣服については見当たらず、車の法定耐用年数の表なものだけ付属しており、衣服に関するものはまったくなし。スーツが高かっただけにこれがかなり変わってくると思うのですがどなたかこのような事情にお詳しい方がいましたら宜しくお願い致します。対応している相手はタクシー会社の事故係という方です。

Aベストアンサー

既使用品について新品取得価額の賠償は、裁判上でもなかなか認められ
ないようです。購入直後の車両の全損でも、新車相当額の賠償は裁判上
認められていません。
相手方の過失が大きいかどうかと、損害額をいくらで算定するかは別の
話なので、「過失割合が0:100だから損害額が増える」ということはあ
りません(発生した損害額のうち、100パーセントが賠償されるという
だけです)。

衣服の耐用年数については、税務上は消耗品と考えられるので、その関
係での定めは(多分)ないと思います。
自治体の制服貸与規則などでは、制服の耐用年数は2~4年と定めてあ
ることが多いようです。
また、全国クリーニング生活衛生共同組合連合会の「クリーニング事故
賠償基準」では、スーツの使用年数を2~4年に設定してあるようです。
従って、3年という提示はそれほど不当ではないと考えます。
ただし、冬物のスーツは夏物よりも使用年数が若干長いと考えられてい
るようなので「耐用年数を4年とすべきである」等の交渉は考えられま
す。

Q交通事故における物品の保障に関して

交通事故における物品の保障に関してお尋ねします。

自転車で横断歩道を走行中左折してきた車と衝突しました。
衣類等が幾つか着れない状態になっているのですが,この場合の補償金は大体どのような目安なのでしょうか。
保険会社の方と先日お話した所では,
購入した時点から減価償却で計算するとのことでした。
写真を送ってほしいとも言われました。

正確にいついくらで購入したかは覚えていないのですが,具体的にはどのように考えれば良いのでしょうか。
破損したものとしては,スーツ(購入から約2年。着ていたのはこの半年。大きな穴が肩にあきました),シャツ(購入から約半年血で染まっています),ネクタイ(購入から約半年。血で染まっています),
となります。いずれも領収書などは保管しておりません。

過失割合等は出ていないのですが,基本的に相手の非によるもののはずですが,
こちらが追加でお金を出して購入しなければならないということに疑問を感じています。
購入しに行くのも時間や手間がかかります。
時価云々ではなく,同等品を相手に購入してきてほしいと思いますが,やはり自分で差額分を出して購入するしかないのでしょうか。

ちなみに自分の傷は,頭部裂傷で何針か縫い,通院中です。

よろしくお願いいたします。

交通事故における物品の保障に関してお尋ねします。

自転車で横断歩道を走行中左折してきた車と衝突しました。
衣類等が幾つか着れない状態になっているのですが,この場合の補償金は大体どのような目安なのでしょうか。
保険会社の方と先日お話した所では,
購入した時点から減価償却で計算するとのことでした。
写真を送ってほしいとも言われました。

正確にいついくらで購入したかは覚えていないのですが,具体的にはどのように考えれば良いのでしょうか。
破損したものとしては,スーツ(購入から約2年。着...続きを読む

Aベストアンサー

着衣損害は減価償却による減額が多いですよ。

新しい物を代替品としての提供は絶対あり得ません。

購入時期・購入価格でなく定価ベースで請求。
服などは2年も経過すればタダ同然の価格となってしまいますね。
価格に関しては同等品の定価を調べ、
いつ頃購入したのかを保険会社に提示。

損害箇所は写真にして添付。

購入時の領収書は不要です。

たとえ購入価格が2万でも定価が4万であったなら、
4万円で請求します。
購入時の値引き交渉や、ポイント値引きは購入者の努力の結果なので、
今回同じように値引き購入が可能とは限りません。

減価償却による減額がありますが、定価請求が購入価格との差額を
時間と手間に相殺しているような物です。

あまり無茶な購入時期前倒しは不可能ですが、
曖昧な記憶であれば1~2ヶ月前後しても問題ないと思われますよ。

物には減価償却があるので、自分で使っていた分が減額され、
新たに購入するのであれば、差額は自分で出すしかありません。

以前やった手法では、ブレザーの飾りボタンが飛んだ。
ブレザーの減価償却価格は4,000円の評価。
気に入っている物なのでボタン購入(全取替)5,000円。
保険屋に5,000円を認めさせた事もあります。

上手く折衝すれば、補償費用を少しでも多く引き出すことが可能です。


怪我の部分は物損とは別に示談することとなりますが、
通院日数×2×4,200円
治療期間×4,200円
のどちらか安い方を慰謝料としてもらえます。
治療費・休業補償等別途。

総額120万円までであれば自賠責基準でもらえます。

着衣損害は減価償却による減額が多いですよ。

新しい物を代替品としての提供は絶対あり得ません。

購入時期・購入価格でなく定価ベースで請求。
服などは2年も経過すればタダ同然の価格となってしまいますね。
価格に関しては同等品の定価を調べ、
いつ頃購入したのかを保険会社に提示。

損害箇所は写真にして添付。

購入時の領収書は不要です。

たとえ購入価格が2万でも定価が4万であったなら、
4万円で請求します。
購入時の値引き交渉や、ポイント値引きは購入者の努力の結果なので、
今回同じように...続きを読む

Qカバンの法定耐用年数

エルメスのカバンが事故で破れてしまったので
賠償してもらうのですが、
カバンの法定耐用年数や償却率がわかれば教えてほしいです。

お願いします。

Aベストアンサー

「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の別表第九で耐用年数が5年の場合、定額法の償却率は0.2000で定率法の償却率は0.369です。

Q携行品損害 3回目の請求

携行品損害保険に入っています。1年間に3回目の損害費用請求ですが
3回目はなかなか支払っていただけません。
初回は簡単に支払っていただけましたが、2回目は書類の内容確認と写真ではなく現物提供
でした。
今回、3回目ですが、調査会社から人が来て、現場検証まで要求しています。
一体、どこまでお付き合いしなければならないのでしょうか?

状況報告に2時間お付き合いしました。

現場検証をやるので来てくださいと言われています。

保険会社が支払わないと言えば支払わないのでしょうか? 最後はこの保険をやめたらいいのですが13年間も入っていて、残り2年で区切りです。

実は、これまで、時計とかメガネとか、カメラとか壊した場合の保険に入っているとは知らずそのままにしていました。

Aベストアンサー

通常は事故に遭えば、以降盗られるようなものは
車内には置かないようにしますがね。

かなり保険会社から疑われていますね。

保険会社が支払拒否したら、裁判などで闘うしかない
でしょう。

Q携帯電話の破損に使える携行品保険ってありますか?

当方、ソフトバンクのiPhoneを使っています。
万が一、落下させたりして液晶が割れたりした場合
最悪6万円、自腹で払う必要があります。
こういう事故に使える携行品保険ってありますか?
オススメがあったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.2です。
同じ「携行品」と名前がついていても、保険会社や保険種類によって
支払える/支払えないものが違いますので、詳しくは代理店や保険会社のカスタマー等にお問い合わせください。

また、支払えないものに入っていても、拡張担保で払えるようにできるケースもあります。

他には、団体契約に加入することができるのであれば、個人で入る場合よりも
補償範囲が広くなっていることが多いので、調べてみる価値はあります。

とはいえ、保険会社の支払いが多くなっているため、今現在支払の対象であっても
今後は支払い対象から外れるかもしれませんね。。。

Q携行品盗難の保険金請求書類について

先日海外旅行でひったくりにあいました。
かばんの中身は財布・カメラ・電子辞書・化粧ポーチなどで購入価格総額40万くらいはするものです。
そこで保険請求したいのですが、私が持っていた証明として保証書か領収書を添付しないといけないとのことでした。
電化製品はほとんど保証書あるのですが、小物がブランド品で保証書がありません。購入後レシートも捨てていて、現金主義なのでクレジットの明細もありません。こういう場合、何かを添付しないと査定価格は下がってしまうのでしょうか?
または疑われてしまうのでしょうか?
保険金額は30万までで、できるだけ早く多く取り返したいと思っています。
なにかアドバイスがございましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追伸 基本的にNO2さんの書き込みの通りと思います。
なお、老婆心ながら購入金額は定価を書くこと、プライスダウンの価格を記入する必要はありませんよ。

Q交通事故による携帯電話の賠償額について

先日 停車中に追突事故に遭い 車内にあった 携帯電話が 修理不能と

判断されたので 相手保険会社に 賠償請求をしました  

2010年5月に¥50000で購入 事故日2012年4月です

保険会社からの返答は 1年11ヶ月使用で 償却残存率0.4792 賠償算定金額¥23,960

とのことでした 2年間弱で 半額以下になる 算定基準は 妥当なのでしょうか?

Aベストアンサー

損害保険会社勤務です。
お役に立てるか不明ですが、なんとか考えました。

今あなたに適用されようとしている保険の種類は、対物賠償責任保険です。
モノを補償している保険(火災保険、車両保険等)とは種類が違うため、
経年劣化や減価償却の計算式は無視していいです。
保険会社が出してきた計算式は、保険会社都合の独自基準です。

結論としては、新価及び再調達価格で賠償責任を果たすよう交渉してください。

お金は要らないから、同じ携帯を用意しろと三回位言うと、必ず願いがかないます。
また同時に、携帯電話が使用不能になった期間の滅失利益を補償しろと言うと、
保険会社担当はウンザリしてきます。
なせぜなら賠償責任保険では、全て補償しなければならないからです。

保険会社担当が強気に出てきたら、
首と腰が痛くなってきたので、警察へ届出した上で、
病院、接骨院に行くと言えば、
頼むから止めてくれと言い出すのでおもしろいです。

脱線しましたが、賠償責任保険の為、時価額にするルールはありません。
頑張って、新価及び再調達価格で交渉して下さい。
賠償責任保険は、オールマイティーに補償できる保険です。
必ず、取れます。

損害保険会社勤務です。
お役に立てるか不明ですが、なんとか考えました。

今あなたに適用されようとしている保険の種類は、対物賠償責任保険です。
モノを補償している保険(火災保険、車両保険等)とは種類が違うため、
経年劣化や減価償却の計算式は無視していいです。
保険会社が出してきた計算式は、保険会社都合の独自基準です。

結論としては、新価及び再調達価格で賠償責任を果たすよう交渉してください。

お金は要らないから、同じ携帯を用意しろと三回位言うと、必ず願いがかないます。
また同時に、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング