娘さんが亡くなられ一年になるのですが(神式の一年祭)参加する側はどのようなものをお供え(?)に持っていったらよいのでしょうか?
また、その際のし紙の上には何と書いたらよいでしょうか?
一年祭される方とは会社の同僚という関係です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 こちらのページは50日祭までのが記載されていますが、一年祭も50日祭と同じように考えられたらいいかと思います。



http://www.taka.co.jp/okuru/o-sou22.htm

 お金をお包みするなら「ご霊前」「御玉串料」「御榊料」、お菓子などを持参するなら「御供」ですね。
 御供えには個包装されたお菓子でいいかと思います。参列者におさがりとして分けられますので。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

ありがとうございます。
慣れないことなので助かります。
お菓子をお持ちしようと思います。

お礼日時:2007/12/10 08:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小泉さんちって神道なのですか?

本当に素朴な疑問です。

1.小泉さんや中曽根さんちって、神道なのですか?

2.戦没者で靖国神社に祀られてる人って、家が神道だったのですか?
戦死したうちの祖父、法事は仏教でやってますが、ひょっとして靖国神社に祀られてるのですか?

3.そもそも神道の「祀る」ってどういうことですか?
戦没者を祀るとは、神社が「○○ノミコト」を祀ったり、天神様が菅原道真を祀ったりするように、《神様として》拝むということですか?

4.神道では人が死んだら神様になるのですか? それはどんな人でもですか?

総理の公式参拝の是非はさておき、そのへんの神道の前提がさっぱり分かりません。わかりやすく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質問1
分かりません。
でも、仏教の家の人(家に仏壇がある家)でも正月には神社に参拝するよね。
神社は神道だぞ(笑)

同様に私の家は死んだら仏壇入れられそうだが私個人は神道が好き。
好ましく感じている。このような場合もある。

小泉さんや中曽根さんの内実は誰にもわからない。

質問2
奉られています。

質問3
祀る
1)供物・奏楽などをして神霊を慰め、祈願する。
2)神としてあがめ、一定の場所に鎮め奉る。奉祀する。
広辞苑より抜粋

神社は「御霊を静める」意味合いが強い。
菅原くんは京都の悪鬼として恐れられたから、神社(大宰府天満宮)を建ててその御霊を静めたのです。その後、天に召抱えられたとされ、学問の神として崇められているわけですな。

神社は仏教に置きなおすのは嫌だがでっかい仏壇という言い方もできる。

ちなみに「天神様」は菅原道真を奉らない(笑)
「天神様は菅原道真を天の神として召抱えた」です。
この場合、天にはもっと偉い神様がいるという考え方ですな。

質問4
人が死んだら御霊が残ります。
通常、御霊がどこに行き、どうなるのかわかりません。
精霊に近い存在と認知するとわかりやすいでしょう。
御霊は現世に対して何らかの影響を与えることができる。
幸福をもたらす場合もあれば、害を成したりします。御霊はそれそのものの善悪は不明である。これは御霊が人の内実としての存在である為、「人に幸福をもたらす存在(絶対善)」としての「神」とは違う為です。

御霊にはそれぞれ、その存在力が違う。存在力が非常に高い存在(現世において非常に能力が高かった人など)は現世に対する干渉力がつよく。多くの人に害を成したり、逆に幸福をもたらしたりする。
逆に存在力が弱くても干渉力はあるがそれは非常に弱い。

神社は御霊を静め、世に平静の状態を築くために存在する。
また、神社に参拝するのは「御霊への尊敬の意」「御霊とよしみを結びその力を借りる」といった意味合いがあります。

以上です。
分かりにくい部分があれば言って下さい。補足します。

質問1
分かりません。
でも、仏教の家の人(家に仏壇がある家)でも正月には神社に参拝するよね。
神社は神道だぞ(笑)

同様に私の家は死んだら仏壇入れられそうだが私個人は神道が好き。
好ましく感じている。このような場合もある。

小泉さんや中曽根さんの内実は誰にもわからない。

質問2
奉られています。

質問3
祀る
1)供物・奏楽などをして神霊を慰め、祈願する。
2)神としてあがめ、一定の場所に鎮め奉る。奉祀する。
広辞苑より抜粋

神社は「御霊を静める」意味合いが強い。
...続きを読む

Q神道 一年祭

 母の一年祭が近づいてまいりました。そのことで質問させていだきます。以前も色々教えていただきまして、ありがとうございました。
 粗供養(?)ですが、熨斗は志でよいですか?祭主さんには受付時点でお渡ししてよいですか?
 また、母の逝去を喪中葉書で知り、昨年暮れにお供えを下さった方へ、この機会にお返し(お礼)をしたいのですが、それは熨斗を何とすればよいですか?またこのお返し(お礼)は何というものですか?粗供養とは違いますよね?お渡しするのは一年祭の後でもよいですか?
 分からないことばかりで、質問自体が変だと思いますが、よろしくお願い致します。

 

Aベストアンサー

 毎度すみません。

 早いですね。。。もう一年祭なんですね。

 一年祭当日に参列者ならびに斎主さんにお渡しする粗供養ですが、表書きは「志」または「偲び草(偲草)」となります。
 受付時点ってことは伊勢の祖霊社でされるのですか?もしそうならば受付されるときでかまわないかと思います。でないとその後ってなるとタイミングがなくなってしまいます。
 自宅などでされる場合は、お越しいただいてお茶とオシボリをお出ししたあと、または終わってからお礼を言うときどちらでもかまいません。

>母の逝去を喪中葉書で知り、昨年暮れにお供えを下さった方へ、この機会にお返し(お礼)をしたいのですが、

 こちらのほうですが、お供えの品?それともお香典?もしお香典をいただいていたのならこちらは香典返しとしてお返しを早急にするべきです。そうではなくお菓子やお花などのお供えでしたら、お礼状を添えてお返しをされたほうがいいかと思います。ただもう半年も過ぎてしまったので・・・そうですね・・・一年祭が終わったあとにお礼状に「おかげさまで無事に一年祭を執り行いました。」と書き、お礼が遅くなったことを詫びる一文を入れられたらと思います。水引きの表書きは「志」「偲び草」どちらでもかまいません。

 毎度すみません。

 早いですね。。。もう一年祭なんですね。

 一年祭当日に参列者ならびに斎主さんにお渡しする粗供養ですが、表書きは「志」または「偲び草(偲草)」となります。
 受付時点ってことは伊勢の祖霊社でされるのですか?もしそうならば受付されるときでかまわないかと思います。でないとその後ってなるとタイミングがなくなってしまいます。
 自宅などでされる場合は、お越しいただいてお茶とオシボリをお出ししたあと、または終わってからお礼を言うときどちらでもかまいません。

...続きを読む

Q神道のお盆の方法をお教え下さい

神道ではお盆の日に御霊祭を行うと聞きました。

仏教のようにお墓に行って蝋燭に点火して角提灯に蝋燭を入れて家に持ち帰り

精霊棚を設けた仏壇に点火して祖先の霊をお迎えするというような形式はあるのでしょうか。

神道の御霊はどのような形式で家に戻ってくるのですかお教え下さい。

Aベストアンサー

私の知っている範囲で回答させていただきます。

そもそも、神道には死後の世界の概念がありません。
神道の死生観は、「人は神の計らいによって生まれ、死後は神の元に戻って子孫たちを見守る」というものが全てです。
死後の魂のあり方に対する詳しい考え方がなく、「先祖の霊が戻ってくる」といった考え方もありません。
したがって、「先祖の霊をお迎えする」といった行事も形式も存在しません。

御霊祭りとは、死者の魂を神様の元に送るための儀式です。
人は、この世に生きることによって穢れ(ケガレ)が溜まっていくと言われています。
特に、死・疫病・出産・月経・犯罪などによって大きく穢れると言います。
 ※穢れ:魂が神に近しい形から変化すること
したがって、死者の魂はそのままでは神の元に戻ることができません。
なので、子孫たちが御霊祭りを行うことによって死者の魂を浄化し、神の元に戻れるようにするのです。

以上でいかがでしょうか。
長文失礼しました。

Q神道の方の一周忌

私の友人が亡くなってから、一ヶ月後に一年を迎えます。

友人の家族は、飛行機で行かなければならないほど遠方に住んでいますので、別の共通の友人と相談して、熨斗に包んで郵送しようということになりました。

で、本題なのですが、亡くなった友人および、共通の友人は、共に神道で、その共通の友人いわく、一年たつと一才の誕生日と考えられるから、結婚式等に使われる赤い熨斗に包むものだと教えられました。

ネットで色々調べてみましたが、そのような記述は見つからず、仏式と同じように、銀や黄色でと書かれているものしかありませんでした。

本当に赤いものでいいのでしょうか?

それと、5千円づつ包もうかという話になってますが、これは相場として大丈夫でしょうか?

申し訳ありませんが、神道のことは全くわかりませんので、わかる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔私の姑がその様な事を言って、親戚の一周忌に赤白の熨斗を使い、親戚を怒らせたことがあります。

神道の教えは良く分かりませんが、一周忌にあたる一年祭までは、二礼二拍手の柏手も、「しのび手」と言って音を立てない決まりになっているそうです。
これ一つとってもまだお祝い気分ではありませんよね。
いくら何でも遺族の気持ちになれば、たった一年でお祝いは受け入れがたい気がします。
やはり亡くなられて間が無い法事なので、出来れば紅白は避けられた方が無難かと思います。
私の勝手な思いですが・・・

御玉串料の5000円ずつは、お友達なら良いんじゃないでしょうか?
また郵送する時は便せんなどに一言お気持ちを書き添えられると良いかと思います。

ーーーーーー

水引の色は黒と白(または黒と銀など)のものを用いますが服装と同様に一年祭以後(地域により五十日祭・百日祭、または祖霊舎へ合祀の後)より慶事に用いる紅白の水引を用いても良いとする考え方もあります。此は神祭りと同様であるとの意味からですが、普通は一年祭以降の祖霊祭でも黒白の水引を用いることが多い用です。

下のサイトにこのように書いてありました。
お友達に見せて検討して下さいね。

http://nishinojinja.or.jp/faq/001.html

昔私の姑がその様な事を言って、親戚の一周忌に赤白の熨斗を使い、親戚を怒らせたことがあります。

神道の教えは良く分かりませんが、一周忌にあたる一年祭までは、二礼二拍手の柏手も、「しのび手」と言って音を立てない決まりになっているそうです。
これ一つとってもまだお祝い気分ではありませんよね。
いくら何でも遺族の気持ちになれば、たった一年でお祝いは受け入れがたい気がします。
やはり亡くなられて間が無い法事なので、出来れば紅白は避けられた方が無難かと思います。
私の勝手な思いですが・・...続きを読む

Q神道のお葬式で受け取った人形は…

先週末、母が友人のお葬式に行ったのですが、神社でのお葬式は初めてで、解らない事だらけでした。

特に解らなかったのが、お葬式の後に渡された、お持ち帰り用の包みの中に入っていた、紙で出来た人形。
恐らくお清めの塩の様な扱いをするのかとは思うのですが…
これはどうやって使い、また、使い終えた後はどの様にしたら良いのか、全く解りません。

ネットで調べたら、『体を拭って息を吹きかけた後、神主さんに渡す』とあるのですが、今回のお葬式が行われた神社はかなり遠くにあり、簡単に行ける様な場所でもありません。

この場合はどの様にしたら良いのか、解る方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。

人形(ひとがた)ですね。
調べられた通りのやり方で結構です。お葬式などでの穢れ(気枯れ)を人形に移して、代わりに祓ってもらう為のものです。持って行く神社はお近くのもので良いですよ。お焚き上げのお札なんかを奉納する場所があると思いますので、そちらに収めておけば、焚き上げて頂けると思います。

因みに勘違いされやすいのですが、死んだ方が「汚れている」から、そう言う事をする訳ではありませんよ。死んだばかりの頃は、まだ魂が浄化されていないから(30日すると、忌み祓いも終わって浄化されて、神域に入ります)色々な禍つ災いが近寄りやすいので、そう言った「負の気」から自分を守って、自分の気が枯れてしまう(気枯れ=ケガレです)事を防ぐ為に、自分の周りの負の気を祓い清めて、またしっかり頑張って生きて行こう・・・と言う行為なんです。死んだ方への侮辱だとか、そう言った意味ではありませんから、ご安心ください。

ご参考になれば幸です。

Q一周忌に包む金額について教えてください

実母の一年祭(神道なのでこう書きます)があります。主人の名前で玉串料を包むのですが、金額はいくらくらいが普通なのでしょうか?義父に聞いたら5万といわれましたが、多すぎではないのですか?ちなみに私のおば(実母の妹)は、夫婦で参加で2万といってます。
この二つの金額ずいぶん差があるようにも思いますが、地域の常識の差でしょうか?実家は東北、義父は関東です。

香典について検索しましたが、マナ-集の中で言う香典はお葬式の時だけのものを言うのでしょうか?一周忌での基本の金額はまた違ってくるのでしょうか?
 
考え出したらよく分らなくなってきました、教えてください。

Aベストアンサー

香典というのは葬儀のときだけの言い方です。
それ以降の法要の時は「御仏前」といいます。
葬儀の時の金額と、法要の時の金額は違ってきます。
金額の相場(目安)は神道も仏式も同じです。

さて質問者様は葬儀の時の玉串料はどの位包まれましたか?
実母様がお亡くなりになられたとのでしたら相場は10万円ですがどうでしたか?
一年祭以降の玉串料は、葬儀の時の半額程度の金額を包みます。
相場どおりに出していらっしゃるのでしたら義父さまが5万円と仰ったのは妥当でしょう。

おば様夫婦の金額ですが、実母様の妹ですから葬儀の時は3万~5万円位を包まれたと思います。
その半額程度ですから2万円というのはまあ妥当な金額なのではないでしょうか?

このようにつながりが深い人ほど葬儀後の法要でも高額の玉串料が必要になってくるわけですが、7回忌(仏式)位になると法要の規模も段々と縮小されていきますから、御仏前の金額も減額になっていく傾向があります。
うちは先日義父の7回忌をしましたが、葬儀10万、49日~3回忌まで5万、今回の7回忌は3万になりました。義母が多くは出さなくていいと言って下さいましたので、主人の兄弟内で相談し決めました。多分次からはずっと3万かな?と思っています。
神道は1年祭の次は5年祭だと思いますので、5年祭あたりから金額が下がることがあるかも知れません。

一般的には以上のような感じです。
しかしながら冠婚葬祭のしきたりというのは地域、家族によっても違いますので、御実家、義実家、御兄弟にお伺いを立ててみるのが一番だと思います。

香典というのは葬儀のときだけの言い方です。
それ以降の法要の時は「御仏前」といいます。
葬儀の時の金額と、法要の時の金額は違ってきます。
金額の相場(目安)は神道も仏式も同じです。

さて質問者様は葬儀の時の玉串料はどの位包まれましたか?
実母様がお亡くなりになられたとのでしたら相場は10万円ですがどうでしたか?
一年祭以降の玉串料は、葬儀の時の半額程度の金額を包みます。
相場どおりに出していらっしゃるのでしたら義父さまが5万円と仰ったのは妥当でしょう。

おば様夫婦の金...続きを読む

Q皇室神道と神社神道について教えてください。

皇室神道と神社神道について教えてください。

皇室神道と神社神道は江戸時代以前にも存在し、その二つが結合して国家神道が成り立ったのか、それとも国家神道より以前は「神道」というものがあり、それを国家レベルに担ぎあげたものが国家神道であり、その国家神道を戦後解体する際にできたのが皇室神道と神社神道であるということなのか、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「皇室神道」とは基本的に天皇が主宰する神道で、その神儀祭事をいう
天皇家は最高神天照大神の子孫ですから、天照大神を中心とした神儀祭事を行う。

天皇と直接関わる神社での神儀祭事も皇室神道に含む
古くは天皇家専用の神社であった伊勢神宮など
明治以降戦前は、国家が神宮と定めた神社の内、天皇縁の神社の神儀祭事

「神社神道」とはもっと広い概念で、神社を中心とした神儀祭事全般を指す
狭い意味では、皇室神道を除く神社を中心とした神儀祭事全般を指す

明治以降の戦前は、憲法で信教の自由を明記していましたが、神道は宗教を超越する上位の存在概念としており、矛盾しないとして国家掌管する。
この時期の神道形態を、アメリカが「国家神道」と呼び、言葉が戦後定着。
国家によって神社が管理され、天皇縁の神社や国家の要になる神社を神宮と定め、神社にランクをつけた。

官社には官幣の大中小社、国幣の大中小社があり、官幣社は神祇官が、国幣社は地方官が祭るものとされ、それぞれ神祇官の所管とされた。
大中小いずれにも分類できない官幣社を別格社に指定。
官幣社一覧 http://shrine.s25.xrea.com/meijisyakaku-k1.html
国弊社一覧 http://shrine.s25.xrea.com/meijisyakaku-k2.html

占領地にも官幣社を置いた。
台湾神社・樺太神社・朝鮮神宮・関東神宮(中国満州)・南洋神社(パラオコロール島、1997年再建)などが官幣大社
朝鮮台湾には、国弊社も10社建立された
諸社には府社、藩社、県社および郷社が置かれたが、藩社は廃藩置県の為実際には指定神社無し。
他は無格社とされた。
伊勢神宮だけはランク外で最高位に置かれた

古くから京都周辺の22社は勅祭社とされていた。
国家神道時代は明治天皇が埼玉の氷川神社(いわゆる大宮)の祭事を勅祭として行ったのが始まりで、官幣大社から新たに勅祭社17社を指定し天皇の使いを送った。(靖国神社だけが、官幣特別社)

国家神道の最大の特徴は招魂社。
明治維新から戦前にかけて、国家のために殉難した英霊を奉祀する為に内務大臣命で全国に置かれた。
そのうち、東京招魂社は明治12年に名称変更、靖国神社になる。
各地の招魂社は、昭和14年に名称変更して、護国神社とする。
戦前は、国家=天皇の為に命をかけて戦い、死後の魂は招魂社において天皇の元に集まるのが栄誉とされた。
陰陽道縁の招魂祭がこれら神社で行われていた
これが、アメリカからカルト宗教とされた所以である

明治期に神仏分離が行われ、渾然一体化していた神社と寺が分離された
その為、1つの神社仏閣が、神社と寺に分けられたケースや、無理やり仏教色を廃した為に祭神脇に仏教の菩薩が祀られていたりする

明治以降の国家掌管神道で、多くの神社が神宮に改称されたが、江戸時代以前の神宮は、伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の3つしかない
戦前は神宮を名乗る為には、勅令が必要だった。
戦後は神道の最大勢力、宗教法人神社本庁(多くの神社が加盟する)が認めた神社だけが、神宮に改称することを認められる為、北海道神宮(旧札幌神社・北海道)、伊弉諾神宮(兵庫県)、英彦山神宮(福岡県)の3社が神宮に改称した

尚、11世紀~江戸期においても神社は地方や国の守りとされ、各地でランク付けが行われた
各地の最高ランクが、一宮(いちのみや)、次ランクが二宮(にのみや)..三宮(さんのみや)という具合に
近畿などの多い地方では、五宮位まで、群馬では十二宮まである。
国司が着任した際には、一宮から順に拝礼し、鎮守を祈願した。
地方君主によって度々変更された例も有る
現在も、神道ではこの格付けに拘るケースがある

「皇室神道」とは基本的に天皇が主宰する神道で、その神儀祭事をいう
天皇家は最高神天照大神の子孫ですから、天照大神を中心とした神儀祭事を行う。

天皇と直接関わる神社での神儀祭事も皇室神道に含む
古くは天皇家専用の神社であった伊勢神宮など
明治以降戦前は、国家が神宮と定めた神社の内、天皇縁の神社の神儀祭事

「神社神道」とはもっと広い概念で、神社を中心とした神儀祭事全般を指す
狭い意味では、皇室神道を除く神社を中心とした神儀祭事全般を指す

明治以降の戦前は、憲法で信教の自由を明記し...続きを読む

Q神道の周年祭時のお礼料の仕方(御玉串料で宮司さんにお渡しすればいいのでしょう...

神道の周年祭時のお礼料の仕方(御玉串料で宮司さんにお渡しすればいいのでしょうか?)

先祖は神道だったようなんですが、私自身は関わった事もなく恥ずかしながら神道をよく知りません。
神社の方にお願いをして来週に周年祭(神道)を行ってもらうのですが、その時のお礼料をどの袋で包めばよいのかわかりません。
いろいろなサイトで検索してみましたが、どれも探しているものとは違うようで困っています。どうか宜しくお願いします。できまたしら、袋の詳細を教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

年祭の時は、黄色と白の水引の袋で良いです。
他に白や銀のものもあります。
また表書きは御玉串料で良いですよ。
http://www.phoenix-c.or.jp/~jinjya/sub2/tamagushi.html

Q神式の法事(2年祭)に関して、開催した方が良い?

神道の法事に関してご意見お願いします。
一昨年、父を亡くしたのですが、神道でしたので、神主さんも呼んで、50日祭、1年祭と、いわゆる法事を行ってきました。
今年は2年祭という事になるのですが、本で調べてもしきたりがマチマチで、親戚も高齢でほとんどが子供(つまり私の従兄弟)を代理にたてるような状態なので、開催する意味合いが薄いような気がしており、開催するかどうか迷っています。
いっその事、ホントの身内(母と私の兄弟)だけでやろうかとも思っているのですが、こういう場合、どう思われますか?
また、身内だけの時でも神主さんは呼ぶものなのでしょうか?それ以前に2年祭というのは、必要なのでしょうか?この年は飛ばして3年祭(仏式と違って、ホントに3年目みたいですが)になるという本もあったのですが。
ご意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

 実家が神式です。

 私の父が亡くなった時の話です。

 葬儀後50日祭を親戚一同招いてしました。葬儀もお願いした地元の神主にきていただきました。

 100日祭を田舎の祖霊社でし、その後お墓にて納骨。このときの参列者は父の姉一家及び私たち家族のみ。神主は田舎でお願いしました。

 一年祭を50日祭と同じ要領でしました。

 3年目に3年祭をしました。家族のみでするつもりでしたが、親戚一同集まることになりました。
 仏式で言う三回忌が二年目になるので、その頃に親戚より「いつするの?」ときかれました。そのたびに「来年するので」と答えたので結局招くことになりました。

 5年祭はしていません。今後は10年祭をする予定です。法事のときは近くの神主さんに来ていただきます。

 二年祭はする必要はないのではと私は思います。するとしても、自宅で家族だけでされればいいのでは。

 神主さんに相談されるのが一番いいですよ。3年祭はせずに5年祭という話も聞きますので。

参考URL:http://www.900.fm/advice_1.htm

 実家が神式です。

 私の父が亡くなった時の話です。

 葬儀後50日祭を親戚一同招いてしました。葬儀もお願いした地元の神主にきていただきました。

 100日祭を田舎の祖霊社でし、その後お墓にて納骨。このときの参列者は父の姉一家及び私たち家族のみ。神主は田舎でお願いしました。

 一年祭を50日祭と同じ要領でしました。

 3年目に3年祭をしました。家族のみでするつもりでしたが、親戚一同集まることになりました。
 仏式で言う三回忌が二年目になるので、その頃に親戚より「...続きを読む

Q初盆のお参り 神道の場合ののしの書き方 

初盆のお参りに行きます。
先方は、神道なのですが、持参する『御仏前』は、何と記入すればよいのでしょうか?
色々と調べたのですが、大体、神道には『初盆』がないとか・・・で、はっきり分かりません。
母は『御霊前』と言うのですが、これでよいのでしょうか?
明日行く為、急いでおります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

神道は、仏教と違い確かに「お盆」という考え方はありません。
しかし、神道の家でも「初盆」ということで祖先をまつる家が多いですね。

その家は初盆をやるということですから、盆の供養で「盆供」でいいでしょう。
「御霊前」は香典には使いますが、お盆では使いません。
ただし、不祝儀袋は「はすの花」の絵がついていないものを使ってください。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報