娘さんが亡くなられ一年になるのですが(神式の一年祭)参加する側はどのようなものをお供え(?)に持っていったらよいのでしょうか?
また、その際のし紙の上には何と書いたらよいでしょうか?
一年祭される方とは会社の同僚という関係です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 こちらのページは50日祭までのが記載されていますが、一年祭も50日祭と同じように考えられたらいいかと思います。



http://www.taka.co.jp/okuru/o-sou22.htm

 お金をお包みするなら「ご霊前」「御玉串料」「御榊料」、お菓子などを持参するなら「御供」ですね。
 御供えには個包装されたお菓子でいいかと思います。参列者におさがりとして分けられますので。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ありがとうございます。
慣れないことなので助かります。
お菓子をお持ちしようと思います。

お礼日時:2007/12/10 08:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小泉さんちって神道なのですか?

本当に素朴な疑問です。

1.小泉さんや中曽根さんちって、神道なのですか?

2.戦没者で靖国神社に祀られてる人って、家が神道だったのですか?
戦死したうちの祖父、法事は仏教でやってますが、ひょっとして靖国神社に祀られてるのですか?

3.そもそも神道の「祀る」ってどういうことですか?
戦没者を祀るとは、神社が「○○ノミコト」を祀ったり、天神様が菅原道真を祀ったりするように、《神様として》拝むということですか?

4.神道では人が死んだら神様になるのですか? それはどんな人でもですか?

総理の公式参拝の是非はさておき、そのへんの神道の前提がさっぱり分かりません。わかりやすく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質問1
分かりません。
でも、仏教の家の人(家に仏壇がある家)でも正月には神社に参拝するよね。
神社は神道だぞ(笑)

同様に私の家は死んだら仏壇入れられそうだが私個人は神道が好き。
好ましく感じている。このような場合もある。

小泉さんや中曽根さんの内実は誰にもわからない。

質問2
奉られています。

質問3
祀る
1)供物・奏楽などをして神霊を慰め、祈願する。
2)神としてあがめ、一定の場所に鎮め奉る。奉祀する。
広辞苑より抜粋

神社は「御霊を静める」意味合いが強い。
菅原くんは京都の悪鬼として恐れられたから、神社(大宰府天満宮)を建ててその御霊を静めたのです。その後、天に召抱えられたとされ、学問の神として崇められているわけですな。

神社は仏教に置きなおすのは嫌だがでっかい仏壇という言い方もできる。

ちなみに「天神様」は菅原道真を奉らない(笑)
「天神様は菅原道真を天の神として召抱えた」です。
この場合、天にはもっと偉い神様がいるという考え方ですな。

質問4
人が死んだら御霊が残ります。
通常、御霊がどこに行き、どうなるのかわかりません。
精霊に近い存在と認知するとわかりやすいでしょう。
御霊は現世に対して何らかの影響を与えることができる。
幸福をもたらす場合もあれば、害を成したりします。御霊はそれそのものの善悪は不明である。これは御霊が人の内実としての存在である為、「人に幸福をもたらす存在(絶対善)」としての「神」とは違う為です。

御霊にはそれぞれ、その存在力が違う。存在力が非常に高い存在(現世において非常に能力が高かった人など)は現世に対する干渉力がつよく。多くの人に害を成したり、逆に幸福をもたらしたりする。
逆に存在力が弱くても干渉力はあるがそれは非常に弱い。

神社は御霊を静め、世に平静の状態を築くために存在する。
また、神社に参拝するのは「御霊への尊敬の意」「御霊とよしみを結びその力を借りる」といった意味合いがあります。

以上です。
分かりにくい部分があれば言って下さい。補足します。

質問1
分かりません。
でも、仏教の家の人(家に仏壇がある家)でも正月には神社に参拝するよね。
神社は神道だぞ(笑)

同様に私の家は死んだら仏壇入れられそうだが私個人は神道が好き。
好ましく感じている。このような場合もある。

小泉さんや中曽根さんの内実は誰にもわからない。

質問2
奉られています。

質問3
祀る
1)供物・奏楽などをして神霊を慰め、祈願する。
2)神としてあがめ、一定の場所に鎮め奉る。奉祀する。
広辞苑より抜粋

神社は「御霊を静める」意味合いが強い。
...続きを読む

Q新盆のお供えには何を持参すれば?

この夏新盆を迎えるお宅に訪問する際、何を持参すれば
良いでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

#1のbinyamuです。

花キューピットのところだったらどこでもあると思うのですが、
質問者様がお住まいになってらっしゃるところはどうなのか
わかりません。
以下のようなHPもありましたので、ご参考まで。

参考URL:http://www.iihana.com/giftken.htm

Q神式の法事(2年祭)に関して、開催した方が良い?

神道の法事に関してご意見お願いします。
一昨年、父を亡くしたのですが、神道でしたので、神主さんも呼んで、50日祭、1年祭と、いわゆる法事を行ってきました。
今年は2年祭という事になるのですが、本で調べてもしきたりがマチマチで、親戚も高齢でほとんどが子供(つまり私の従兄弟)を代理にたてるような状態なので、開催する意味合いが薄いような気がしており、開催するかどうか迷っています。
いっその事、ホントの身内(母と私の兄弟)だけでやろうかとも思っているのですが、こういう場合、どう思われますか?
また、身内だけの時でも神主さんは呼ぶものなのでしょうか?それ以前に2年祭というのは、必要なのでしょうか?この年は飛ばして3年祭(仏式と違って、ホントに3年目みたいですが)になるという本もあったのですが。
ご意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

 実家が神式です。

 私の父が亡くなった時の話です。

 葬儀後50日祭を親戚一同招いてしました。葬儀もお願いした地元の神主にきていただきました。

 100日祭を田舎の祖霊社でし、その後お墓にて納骨。このときの参列者は父の姉一家及び私たち家族のみ。神主は田舎でお願いしました。

 一年祭を50日祭と同じ要領でしました。

 3年目に3年祭をしました。家族のみでするつもりでしたが、親戚一同集まることになりました。
 仏式で言う三回忌が二年目になるので、その頃に親戚より「いつするの?」ときかれました。そのたびに「来年するので」と答えたので結局招くことになりました。

 5年祭はしていません。今後は10年祭をする予定です。法事のときは近くの神主さんに来ていただきます。

 二年祭はする必要はないのではと私は思います。するとしても、自宅で家族だけでされればいいのでは。

 神主さんに相談されるのが一番いいですよ。3年祭はせずに5年祭という話も聞きますので。

参考URL:http://www.900.fm/advice_1.htm

 実家が神式です。

 私の父が亡くなった時の話です。

 葬儀後50日祭を親戚一同招いてしました。葬儀もお願いした地元の神主にきていただきました。

 100日祭を田舎の祖霊社でし、その後お墓にて納骨。このときの参列者は父の姉一家及び私たち家族のみ。神主は田舎でお願いしました。

 一年祭を50日祭と同じ要領でしました。

 3年目に3年祭をしました。家族のみでするつもりでしたが、親戚一同集まることになりました。
 仏式で言う三回忌が二年目になるので、その頃に親戚より「...続きを読む

Q毎日、神棚仏壇にご飯をお供えするのですが、 母がお供えしたら、早く下げないといけないと言うのですが

毎日、神棚仏壇にご飯をお供えするのですが、
母がお供えしたら、早く下げないといけないと言うのですが
、早く下げないといけないのですか?

Aベストアンサー

自分たちが食事を終えるくらいまでは上げておいて良いかと思います。
食べ終わったら、神棚、仏壇から下ろしてきて・・・どうしていますか???
我が家は下ろしてきたごはんをジャーに入れて、残っているごはんとともに昼、夜に食べますが、中には線香臭いご飯は食べたくないとか言ってゴミに捨てる人も居ますよね、どちらでしょうか?
家族がごはんを食べ終えてから下げて、ジャーに入れても米一つ一つが硬くはならず、回りと一緒ですので、そのくらいにしています。
ジャーに入れたのが周りの米と違和感が有るくらい乾燥しているなら、もっと早くかな。

Q皇室神道と神社神道について教えてください。

皇室神道と神社神道について教えてください。

皇室神道と神社神道は江戸時代以前にも存在し、その二つが結合して国家神道が成り立ったのか、それとも国家神道より以前は「神道」というものがあり、それを国家レベルに担ぎあげたものが国家神道であり、その国家神道を戦後解体する際にできたのが皇室神道と神社神道であるということなのか、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「皇室神道」とは基本的に天皇が主宰する神道で、その神儀祭事をいう
天皇家は最高神天照大神の子孫ですから、天照大神を中心とした神儀祭事を行う。

天皇と直接関わる神社での神儀祭事も皇室神道に含む
古くは天皇家専用の神社であった伊勢神宮など
明治以降戦前は、国家が神宮と定めた神社の内、天皇縁の神社の神儀祭事

「神社神道」とはもっと広い概念で、神社を中心とした神儀祭事全般を指す
狭い意味では、皇室神道を除く神社を中心とした神儀祭事全般を指す

明治以降の戦前は、憲法で信教の自由を明記していましたが、神道は宗教を超越する上位の存在概念としており、矛盾しないとして国家掌管する。
この時期の神道形態を、アメリカが「国家神道」と呼び、言葉が戦後定着。
国家によって神社が管理され、天皇縁の神社や国家の要になる神社を神宮と定め、神社にランクをつけた。

官社には官幣の大中小社、国幣の大中小社があり、官幣社は神祇官が、国幣社は地方官が祭るものとされ、それぞれ神祇官の所管とされた。
大中小いずれにも分類できない官幣社を別格社に指定。
官幣社一覧 http://shrine.s25.xrea.com/meijisyakaku-k1.html
国弊社一覧 http://shrine.s25.xrea.com/meijisyakaku-k2.html

占領地にも官幣社を置いた。
台湾神社・樺太神社・朝鮮神宮・関東神宮(中国満州)・南洋神社(パラオコロール島、1997年再建)などが官幣大社
朝鮮台湾には、国弊社も10社建立された
諸社には府社、藩社、県社および郷社が置かれたが、藩社は廃藩置県の為実際には指定神社無し。
他は無格社とされた。
伊勢神宮だけはランク外で最高位に置かれた

古くから京都周辺の22社は勅祭社とされていた。
国家神道時代は明治天皇が埼玉の氷川神社(いわゆる大宮)の祭事を勅祭として行ったのが始まりで、官幣大社から新たに勅祭社17社を指定し天皇の使いを送った。(靖国神社だけが、官幣特別社)

国家神道の最大の特徴は招魂社。
明治維新から戦前にかけて、国家のために殉難した英霊を奉祀する為に内務大臣命で全国に置かれた。
そのうち、東京招魂社は明治12年に名称変更、靖国神社になる。
各地の招魂社は、昭和14年に名称変更して、護国神社とする。
戦前は、国家=天皇の為に命をかけて戦い、死後の魂は招魂社において天皇の元に集まるのが栄誉とされた。
陰陽道縁の招魂祭がこれら神社で行われていた
これが、アメリカからカルト宗教とされた所以である

明治期に神仏分離が行われ、渾然一体化していた神社と寺が分離された
その為、1つの神社仏閣が、神社と寺に分けられたケースや、無理やり仏教色を廃した為に祭神脇に仏教の菩薩が祀られていたりする

明治以降の国家掌管神道で、多くの神社が神宮に改称されたが、江戸時代以前の神宮は、伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の3つしかない
戦前は神宮を名乗る為には、勅令が必要だった。
戦後は神道の最大勢力、宗教法人神社本庁(多くの神社が加盟する)が認めた神社だけが、神宮に改称することを認められる為、北海道神宮(旧札幌神社・北海道)、伊弉諾神宮(兵庫県)、英彦山神宮(福岡県)の3社が神宮に改称した

尚、11世紀~江戸期においても神社は地方や国の守りとされ、各地でランク付けが行われた
各地の最高ランクが、一宮(いちのみや)、次ランクが二宮(にのみや)..三宮(さんのみや)という具合に
近畿などの多い地方では、五宮位まで、群馬では十二宮まである。
国司が着任した際には、一宮から順に拝礼し、鎮守を祈願した。
地方君主によって度々変更された例も有る
現在も、神道ではこの格付けに拘るケースがある

「皇室神道」とは基本的に天皇が主宰する神道で、その神儀祭事をいう
天皇家は最高神天照大神の子孫ですから、天照大神を中心とした神儀祭事を行う。

天皇と直接関わる神社での神儀祭事も皇室神道に含む
古くは天皇家専用の神社であった伊勢神宮など
明治以降戦前は、国家が神宮と定めた神社の内、天皇縁の神社の神儀祭事

「神社神道」とはもっと広い概念で、神社を中心とした神儀祭事全般を指す
狭い意味では、皇室神道を除く神社を中心とした神儀祭事全般を指す

明治以降の戦前は、憲法で信教の自由を明記し...続きを読む

Q祝賀会に会費持参で参加の場合の祝儀袋

教えて下さい!
会社関係で、祝賀会に参加するのですが、会費を持参となっています。この場合、御祝用の祝儀袋に会費を入れていくのですか?(水引=会費)
それとも現金丸出し?

Aベストアンサー

現金丸出しです。飲み屋の会費を払うのと同じ(^_^)

よほど親しい人の場合は別に水引のついた袋で祝儀を渡すことがありますが、幹事が受け取らないことがあるので、直接渡した方がいいですね。

Q神道ってなんですか?

「日本は神道国家」という記述を目にし、
『神道って何だろう?』と疑問に思いました。

で、質問いたします。

1 神道ってなんですか?
2 古代、日本に神道はあったのか?
3 あったとすれば、それはどのようなものであったのか?
4 古代になかったとすれば、いつ頃、神道は成立したのか?
5 日本は、本当に、神道国家か?


教えてください。
よろしくお願いします(ペコリ)。

Aベストアンサー

ジンドウ
神道 から 
しんとう
神道 へ
――ある概念の形成――
マーク・テーウェン(Mark TEEUWEN)
オスロ大学
(訳:星野靖二)

http://21coe.kokugakuin.ac.jp/articlesintranslation/pdf/Teeuwen-ver11.pdf


~~~~~~~


神道ジンドウと神道しんとうの成立についての比較考察.

マーク・テーウェン (著). ニネッテ・幸子・ ペーチュ、 森新之介 (共訳).

http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/49317/1/teeuwen-2010-Tour01-120.pdf

~~~~~~~~~~~


昔は、「しんとう」ではなくて「ジンドウ」だったのだろうか?
本当なのかどうか、神道に詳しい人はいないだろうか。

神道といえばすっかりジンドウが気になっています。

Q誰もいない亡くなった父の家

2月1日に父を亡くしました。
父は、6年前に妻(私たちにとって母)を亡くし生前は独り暮らしでした。
子どもは、私(35歳・既婚・子どもなし)と姉(38歳・既婚・子ども有り)の二人です。
父は、私の家から6kmほど離れた同じ町に住んでいます。姉は、40kmほど離れた違う町に夫と子どもと住んでいます。
私たち夫婦は共稼ぎですが、家が近いこともあり、父が亡くなってからは、仕事帰りに誰もいない父の家に寄り、ご飯、線香を上げ、時には夫と二人でその父の家で食事をし、泊まることもしています。
平日は、私たち夫婦が行けるときに行っている状況です。
私たちも、土日くらいは自分の家のことをしたり、休んだりしたいので、土日は姉夫婦にお願いすることにしました。
姉夫婦も子どもを学校に行かせなければならないから、父の家に来られるのは、やはり土日になってしまいます。
私たちも父がさみしがるので、行けるときには行こうと思いますが、仕事などの都合でどうしても行けないときがありますが、親戚に「四十九日までは家を空けるな」(誰かが必ず泊まるようにしろ)と言われました。
一般的はそういうものでしょうか?
四十九日までは、必ず誰かがいないといけないのでしょうか?
父のように独り暮らしをしていた人が亡くなったら、みなさんどのようにしているのでしょうか?

2月1日に父を亡くしました。
父は、6年前に妻(私たちにとって母)を亡くし生前は独り暮らしでした。
子どもは、私(35歳・既婚・子どもなし)と姉(38歳・既婚・子ども有り)の二人です。
父は、私の家から6kmほど離れた同じ町に住んでいます。姉は、40kmほど離れた違う町に夫と子どもと住んでいます。
私たち夫婦は共稼ぎですが、家が近いこともあり、父が亡くなってからは、仕事帰りに誰もいない父の家に寄り、ご飯、線香を上げ、時には夫と二人でその父の家で食事をし、泊まることもしています...続きを読む

Aベストアンサー

 お父さんが亡くなられて、大変でしたね。私も父を亡くしているので、わかります。

 私の場合は母がおりますので、病院や買い物、急用以外は家にいるようにしていました。でも質問者様はお母さんも亡くなっているし、お姉さんもお嫁にいっているみたいなので、そうもいかないみたいですね。
 でも絶対いないとダメというわけではないと思います。

 お互い交代で通っているみたいですが、他の方も書いていましたが、49日後はどうするつもりですか?その家や仏壇などはどうするつもりなのでしょうか?

 あまり無理をして実家に泊まりに行って、体を壊したり精神的に疲れたりすると思います。もしキツイようなら、一度お寺のお坊さんに相談してみたらいかがでしょうか?
 私のお寺のお坊さんは良い人で、父が亡くなった後分からない事は相談にのってもらったりしました。

 49日後の事や家の事を含め、一度お姉さん夫婦と話し合ってみたらいかがでしょうか?
 

Q平田神道へのキリスト教の影響について

平田篤胤の神道思想にキリスト教の影響があるという説がありますが、
具体的にはどのような影響でしょうか?
神観などに関係があるのでしょうか?
また、平田神道と国家神道との関係についても教えて下さい。

Aベストアンサー

神の道を極めんとすればその真髄は似たり寄ったりのものになりはしませんか?
例えば西洋の武士道も日本の武士道も似ているところはある。合い通じる部分は必ずあります。だから少なくとも明治時代くらいまでは、歴史のない米国はともかく、フランス、ドイツ、スペイン、英国やロシアなども敵対しながらもお互いの武士道は理解し、尊敬しあっていた。

『以下は私が把握している範囲なので、別の解釈や真実がまだあるかもしれません。』

それを何処かの神職上がりの牧師などが「神道のルーツはキリスト教に在り」などと言っているだけの話。要するに日本の文化、柔道や合気道、剣道からインスタントラーメンまで自国発祥と言い張っている某国と同じ発想です。
たしかに平田篤胤は世界中の文化や宗教を学びました。それは所謂“比較社会学”的なものではないでしょうか。
神道は江戸時代には既に神仏混淆より千年の時を経て、純粋な神道ではなくなっています。従って神道の中から影響されたと考えられるものを除外しなければ真の神道には到達しない。あるいじゃ神道独自の思想を見つける。そのためには諸外国の思想や宗教・文化を研究するのは当然のことです。
それを平田が西洋文化を研究し、キリスト教徒似たところがあるから平田神道はキリストの影響を受けているというのはまさに独善的なキリスト教の姿勢の証明でしかありません。もっともキリスト教の布教の根本は独善的信仰にあったわけですから、それを踏襲しているに過ぎないのでしょう。

江戸時代、神道排斥の姿勢はありませんでしたが、長年の神仏習合の歴史とキリシタン対策のための仏教中心政策により、末期には壊滅状態だったといわれます。
明治政府は自らが正義だと主張するために、また仏教中心の徳川政権を払拭するために、天皇中心の神道国家を構築しようとしました。しかしながらそれまでは各神社ごとに作法などが取り決められていたので、これを統一する事にしたのです。それが皇室神道、伊勢神道、神社神道です。また明治政府は教育にも神道をとりいれるようにしました。
この両方を成り立たせるためには神道を理解しなければなりません。しかしながら明治政府の指導者はほとんどが地方の下級武士やせいぜい下級貴族でとても政治を行えるものではなかったのです。だから初期には慶喜に日参して教えを請うたほどです。これは神道も同じ。全くの素人なので、江戸時代の国文学者に頼ったわけです。
ところがこの教育への応用は見事に失敗し、神社神道は教理ではなく祭事だけを守るものへと方向転換したわけです。(このとき、出雲大社教をはじめとする各教派神道などが離脱し、新宗教となりました)
しかし国の神道中心の政策は留まる事はなく、靖国神社の建立により次第に国家神道への道を進むことになりました。

国家神道には二つの意味があり、一つは明治政府が目指した神道国家日本が支える国家の神道という意味の国家神道。もう一つはマッカーサーが指摘した靖国神社中心の軍閥的国家神道です。とうぜんマッカーサーが禁止したのは後者ですから、直後に神社本庁の設立も許可しました。このとき神社本庁は靖国神社を排し、現在でも靖国派単立神社です。しかし昭和25年頃から政治的発言を強めようとして、国(与党)と結託して国家神道復古運動が盛んになりました。このときには残念ながら二つの解釈を分離できる人材がなく、現在でも後者に近い国家神道を目指しています。
冷戦時代、米国の原爆増産計画に呼応してブルトニウム生産工場である原発推進を国が進めると同時に神社本庁も、反対派の宮司を除名処分にするなどしてこれに加担しました。

従って明治時代の前者の国家神道を確立するために平田だけではなく、他の国文学者や生き残った神道家の情報を参考にしたということです。

神の道を極めんとすればその真髄は似たり寄ったりのものになりはしませんか?
例えば西洋の武士道も日本の武士道も似ているところはある。合い通じる部分は必ずあります。だから少なくとも明治時代くらいまでは、歴史のない米国はともかく、フランス、ドイツ、スペイン、英国やロシアなども敵対しながらもお互いの武士道は理解し、尊敬しあっていた。

『以下は私が把握している範囲なので、別の解釈や真実がまだあるかもしれません。』

それを何処かの神職上がりの牧師などが「神道のルーツはキリスト教に在り」...続きを読む

Q友人のお母様がお亡くなりになりました。

お葬式には参列できなかったので後日ご自宅にお伺いすることになりました。
その際、お香典とお花を持参しようと思っていたのですが、友人がまず夜に食事でもしないか。と言ってくれました。
(お互い職場は近いのですが、自宅同士は遠いというのもあったので)
食事をする際にお香典だけでも持参した方がよろしいのでしょうか?
後日ご自宅にお伺いするときの方がよろしのでしょうか

Aベストアンサー

 お葬式が終わり、後日の外出先での食事をする場合、私なら香典金額相当額の線香をご仏前として渡します。
線香の高いものは1万円ぐらいし、値段が高ければその分香りもよく気持ちが落ち着きます。
 質問者さんが香典にこだわるのでしたら早いほうが良いのでその場で渡しましょう。香典帳は何度も見たいものではないと私は感じています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報