痔になりやすい生活習慣とは?

1945年8月15日に敗戦を迎えた戦争について、第二次世界大戦、太平洋戦争、15年戦争、大東亜戦争というような呼び方があります。

(1)これらの呼称がそれぞれどういう戦争像、戦争のとらえ方につながっ ているのでしょうか?
(2)またこれらの呼称はそれぞれ現在の日本(日本人)のどういう状況(課題(外交の問題とか)、傾向)を反映しているのでしょうか?

(1)、(2)に関して絡めた(比較した)回答をどうかお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中1~10件)

第二次世界大戦:ヨーロッパと北アメリカののほぼ全土を巻き込んだ大きな戦争の2回目。

欧米に始まり欧米中心に展開し欧米で終った。その後の世界への影響も欧米が一番大きいとする。
太平洋戦争:ほぼ日本だけの呼び方。真珠湾攻撃にはじまり南北太平洋を舞台にアメリカとオーストラリア、ニュージーランドなどを相手に派手に戦った。原爆もここを通ってきているし、戦艦ミズーリの上での調印まで、敗北の始まりと終りが集まっているという考え。戦前の経済封鎖も含めてアメリカ中心の外交。
15年戦争:1931年の満州事変から戦争がはじまったという、戦争の長さや国民の生活のつらさを強調。
大東亜戦争:アジアを列強から解放するという大義名分を、良くも悪くも強調した(当時は良いほうの意味で)言い方。日本固有の呼び方。

他に旧ソ連の「大祖国戦争」は、ドイツの侵略から祖国を守る戦い、というそのままの意味。
    • good
    • 0

こう言う時私は、置き換えと言う方法で考査します。


個人での裁判で、

(腹の中)
理由があってこいつだけに灯油を売らなくした。

頼んで来たので家以外の田んぼ、畑、納屋を没収してみんなで分ける。
なら売ってやるよ。

こう言ったら「予想通り」殴りかかって来たので半殺しにして教えてやったんだ。
先に手を出してき方が悪いんだから仕方ないだろうな。

俺も怪我をさせられたよ。
これは重犯罪だな。こいつは死刑だ。

俺への口答えが犯罪になると分からせる必要があるな。
二度と逆らえないように「人間で無く、犬」だと教えるべきだな。

(表向き)
君、
平和を乱さないようにね。
倫理って分かる?

人とは何だ?権利とは何だ?言ってみろ。

これは君の事を考えてしてるんだよ。

このふたり、どっちも
「意地汚い野郎」
「くず」
だと思ってる。
    • good
    • 0

もし、結論を求められていたなら、さぞかし混乱されていることでしょうが、単にレポート等のネタ探しであれば多少は参考になったことでしょう。



とりあえず、自分なりの使い分け方を書いて回答に替えます。

「第二次世界大戦」・・・日本にとっては日独伊三国軍事同盟以降の状況を漠然と指す呼称と言えますが、欧州の戦争と紛らわしいので日本の戦争については使用せず。
「太平洋戦争」・・・対英米等開戦決定以降の状況を教科書的(一般認知的)に捉えた場合の呼称として頻繁に使用。
「大東亜戦争」・・・満州事変以降の状況を当時の政策から主観的に捉えた場合の呼称として限定的に使用。
「15年戦争」・・・この戦争を原因から分析する場合の呼称として限定的に使用。いわゆる「100年戦争」と一緒で、間に停戦を挟んでも実質的には連続しているという経緯を表現歴史的に理解しやすい合理的な呼称と思うのだけど、左翼的定義にカテゴライズされているのでたまに困る。

まあ、そんな感じです。
よくある、政府の決めた名称は「大東亜戦争」だからこれが正しい、とか、大東亜戦争はファッショ的なので認めない、とかいう諸々の意見ですが、私にとってはどちらも「正解」です。
事実の呼称が政治的ないし宗教的イデオロギーに左右されるのは当然のことであり、そういう価値観の多面性自体が「歴史」だと思ってますので。
    • good
    • 0

 (1)、(2)とからめた回答ということですが、呼び方と(2)とはあまり関係がないと思います。



・第二次世界大戦
 アメリカ・イギリスを中心とした多数の国が日本・ドイツなどの国々と戦った世界規模の戦争。ドイツのポーランド侵攻から
 1939年~1945年

・太平洋戦争
 主にアメリカ(イギリス・オランダを含む)と日本が太平洋に浮かぶ島々を戦場として戦った戦争。真珠湾攻撃から
1941年~1945年

・15年戦争
 日本が満州事変からポツダム宣言受諾まで断続的に戦い続けた(後半は連続していますが・・・)一連の戦争・戦乱・戦いの総称。1931年~1945年
 
・大東亜戦争
 日本が中国本土に侵攻し戦いを始めてから、戦争が終わるまで。
 1937年~1945年
 太平洋戦争を含む。

 戦いの開始はそれぞれ違っていますが、終了は日本がポツダム宣言を受諾して、戦闘を中止したことで終了しました。
    • good
    • 0

私も分かりませんけれど、


とりあえずウィキペディアで「大東亜戦争」を引くと、半保護扱いになっています。
ということは、見解や意見がいろいろある、ビミョウな話なのでしょうね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%B1% …

太平洋戦争のほうは荒れてないみたいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3% …


ウィキペディアが必ずしも正しいとは限りませんが、参考にはできるかと思います。
じゃっ、失礼いたします。
    • good
    • 0

 ANo.14様、仰せのとおりですね。



 二度と先輩達のあの歩みの悲惨を経験したくなければ、大東亜云々と呼ぶ人も、太平洋云々と呼ぶ人は、先の何とかなどと呼称する人のみんなを尊重し、尊敬していると読んできましたが。
 そしてそういう思いの方やご判断とご活動、ご行動に助けられていることを熟知している方々ばかりだと、とても気持ちよく読ませてもらって気ましが。
 大体そのことばも皆さんも、仰っているのではないでしょうか。どちらのご判断の方も、真面目で、実際ではお互いが支えあってきていますものね。
 強制は誰でもいやですよね。そして納得はできないでしょうから、やめましょうね。
 年齢なんか判るはずないですよね。此処では全く関係ないことですよね。
 そして誰がどんな経験ということもそれが何かの説明にならないなら、此処では関係ないなずなのにね。
 一発言者として
    • good
    • 0

活発なご意見の交換があって、質問者の意図とは違う方向で展開している点も面白くて、沈黙を守っていましたが、ちょっち発言させてくださいね。



質問者の意図は、どうしてこういう違った命名法になったのかという点です。
今の論議は大変面白いのですが、大東亜戦争と呼ぶか呼ばないかの是非に論点が移っています。まず「大東亜」という命名法、つまり質問者の(1)の戦争の捉え方についての考察がなければ、「ののしりあい」になってしましますよね。
「大東亜」という当時の日本の発想が正しかったのかどうかを論議するのでなく、「大東亜共栄圏」という発想の元に、先の大戦が命名されたということを、質問者に伝えればよいのではないでしょうか。
命名法の是非や「大東亜共栄圏」という考え方の論議を質問者は望んでいるものではないと思います。わたしはね。釣りであるのならこれは巧妙な技です。敬服します。

でも、ああだこうだやっているのは、あたしは好きです。できれば、場外乱闘となるともっと面白いと思う気持ちもないではありません。正直言って・・・・
    • good
    • 0

 私は戦後派ですが、わずかですが勉強した限りにおいてアメリカ人が「太平洋戦争」と呼ぶのは当然のことと思いますが、日本では「大東亜戦争」と呼ぶのがいいように思っています。

これは難しい理屈からではなく、また、正義の所在がどこにあったかなど、超越して、必死の思いで戦い、命を落としていった、日本人先達・同胞への心情から来るものです。アメリカ人に押し付けられて「太平洋戦争」と呼ぶことには少なからず抵抗を感じます。
 戦争に正義も悪もありません。戦後の日本人が、当時の日本(当時の軍部指導者や財閥などのリーダを悪辣な侵略者で、当時の日本人全般は「その手先(だまされて妄信した)」などと考えることにはなんともいたたまれません。私は戦争を肯定するものではありませんが、「アメリカ的発想」に何時までも追従していることには我慢がならないのです。
 
    • good
    • 0

ANo.8です。


 この質問の回答者の中で「自分が一番年長で、戦争を実際に知っているのは俺だけだ。ほかの人は戦争のことをロクに知っちゃあいない。」と一人合点をしている人がいるんじゃないかな。
 特定の個人の戦争に対する感情と、世間一般の人々の大戦の呼び方は関係ありません。俺はこんなに苦しんだ、共感してくれ、大東亜戦争と呼べといわれてもね。
 ということで、ANo.8の再掲になりますが、現在、『大東亜戦争』という仰々しい名称で呼ぶ人は、以下の(1)と(2)の人です。

(1)若い頃からそういう呼び方に慣れていた戦前派や戦中派の人々(終戦前の戦時中に生まれた人が戦中派ではありません、こんな人は戦争のことを何も知らない「戦無派」です。戦中派とは実際に戦争で戦い、戦争がその人の人格の形成に大きく影響している人達のことで、主として大正生まれ、戦前派は明治生まれ)

(2)右翼もしくは右翼のマネをしているニセ右翼(ニセ右翼の中には単に右がかったという人も入ります(笑)。

*まあ、最近は「大東亜戦争」と呼ぶ人は、少し増えてきたように思いますが、それでも大新聞やテレビなどマスコミが「大東亜戦争」と呼ぶ例は稀です。大筋は上の(1)(2)でしょう。左がかった人で『大東亜戦争』と呼ぶ人はゼロではないかもしれませんがPPMでしょうね。
    • good
    • 0

ANo.11です。

私もANo.12様がどこの国の何人なのかは知りません。
          注(但し、なんとなく興味はある)

私は批判されている意味がいまいち良くわからないのですが、私も[大東亜戦争]と呼んでいます。

しかしながら、個人の考え、好みの問題、あるいは特別意識も無く、[大東亜戦争]と[太平洋戦争]を自由に呼び分けているのが、一般的で一番多いのではないかと思っています。

では、何か意見や質問があれば、暇があれば回答させていただきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング