こんにちは。
高1でCannibal CorpseやAnal Cunt ,Deathcountなどのデスメタ、グラインドコアが好きでギターをやってるんですが。
メタルやハードコアをやるにはまず
どこから入っていったらいいでしょうか?
いきなりスコアに入ったほうがいいですか?
それとも地獄のテクニカルトレーニングなどの本などで
鍛えて入ったほうがいいですか?
オススメの書籍などがあったら是非教えてください。
この曲ならコピーしやすいっていうのも教えてください。
あとデス声でもある程度高い声ってどのように出すのでしょうか?
是非教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

>あとデス声でもある程度高い声ってどのように出すのでしょうか?



ブラックメタル等でよく聞く金切り声のことでしょうか?

あれはいわゆるファルセット(裏声)を出して、
そこから喉を「絞めて」いくとああいう声になるのですが、
なる人とならない人があって、そのへんは才能でしょうね。
    • good
    • 0

何からはじめるかについては、できることからやるのが良いでしょう。

何から手をつけていいのかわからない時は、やってみたいことからはじめることをお勧めします。

曲を弾きたいのであれば、曲を弾くことにチャレンジすることからはじめると良いでしょう。チャレンジしてみることで、具体的に何をすればいいのかの課題が見えてくるはずです。試してみて、いけるという手応えがつかめるようであれば、続けてその曲の練習を積むのが良いでしょうし、そうした手応えが感じられず、ハードルが高いと感じるようであれば、何ができなくてそう感じるのかを考え、その欠けているところを補う練習を検討して、弱点を補強していくのが良いでしょう。あまりにも難しすぎると感じるような時は、その曲に固執しすぎず、別の興味のある曲を試してみるというのも手です。いずれにしても、チャレンジしてみることで今後の練習課題は鮮明になるはずです。まずは、やってみたいことに挑戦することが第一だと思いますよ。

なお、演奏技術強化を考える上では、課題を具体的に意識することは重要なポイントになるでしょう。漠然とうまくなりたいと願うだけでは、何をどうすればいいのかもつかみにくいでしょう。目標や課題が具体的に設定されれば、そのために必要なことも付随してはっきりするはずです。その必要なことを整理するためにも、課題を具体的に意識することは欠かせないでしょう。
また、練習のための方法については、その練習方法が何を目的としているものなのか、どこをどう強化するための練習なのか、練習の主眼を意識するのが良いでしょう。注意点を無視しては、成果の上がらない練習というものも少なくありません。練習方法について、よく把握してから取り組むことは、練習を効果的にするためには必要な姿勢といえます。

練習にあたっては、いろいろな本を参考にするのも良いでしょう。個人的には、ギターマガジンムックや、リットーミュージックから出ているギタリスト向け教本などは、とても参考になる本が多いと思います。どういったポイントを強化したいのか、具体的に目標を設定した上で、その方針に見合う教本を選ぶようにすると、本も探しやすいと思います。

とりあえず、ギターについての件だけですが、参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とりあえずslipknoTなどからやっていこうかなぁと思ています。

お礼日時:2008/01/07 11:37

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ