インターネットをやるうえで、ISDN(64k)と従来の電話回線の違いについて、仕組みの違いも含めて簡単にレクチャーしてもらえるとうれしいです。

A 回答 (5件)

電送線はどちらも同じ物を使います。



色々説明しようと思ったのですが皆さんが書かれているようですので
アナログ回線、ISDNを含めた現在の通信手段の特徴の書いたページがありますのでそちらをご覧下さい。
とても比較しやすくなっています。

参考URL:http://www.kisnet.or.jp/to_tera/seaw1b.html
    • good
    • 0

っで、ISDNって2回線分といわれているではないですか。



でも、本当に2回線あるのではなく、実際には1回線です。
じゃあなぜ2回線分かというと

ISDNは基本的にパケット通信(小包がいっぱい流れていると思ってください。たくさんの箱がずらずらーーーと(爆))
なんで、パソコンと電話をつないでいる場合は
電話線は物理的には一本なんで・・・・

[パソコンデータ][通常電話][パソコンデータ][通常電話]
と交互に流れています。
そうすると、2回戦分扱えるわけです。
絵作ればよかったなぁ・・(航海中・・・あれ?(爆))

ちなみに、一般の電話回線ではこんな事はできません。
しかも、ノイズというプレゼントをたくさんもらってます(爆)

しかも、1回線分はパソコン通信で64Kは保証してくれますので
いいかもしれないです。

でも、2回戦分使っちゃうと、料金2倍になっちゃうけど・・・(^-^;

プロバイダも追加料金とるし・・・・・・・・・
TAによってはFAX機能付電話のFAX使えなくなっちゃうし(実話)
でも、TAの電源ON・OFFでなおったけど(爆)
    • good
    • 0

●インターネットからPCまでの流れ


ISDN回線(デジタル):
インターネット~プロバイダ~NTT~(DSU~TA(ルータ))~PC
※DSUはレンタルできたり、TA(ルータ)に付いている物があるので、
 0円と考えてください。
従来の電話線(アナログ):
インターネット~プロバイダ~NTT~モデム~PC

●データの流れ
ISDN:
TA(ルータ)~PC間以外はデジタルで情報がやり取りされます。
TA(ルータ)は、デジタルからアナログに変換する機器と言う事です。
従来の電話線:
全てアナログの情報がやり取りされます。

●通信速度
ISDN:最大64K
従来:最大56K(モデムの設定により変化)

●性能差
モデムの速度が向上した為、ISDNのアドバンテージが薄れています。
月額利用料の差額分の速度差はあまり無いのが現状です。
ADSLを利用されないのであれば、従来の電話回線でモデムによる通信の方が
良いと思います。TA(ルータ)とモデムではやはりTAの方が高いですし。

●ISDNだけの利点
TA(ルータ)に電話機を取り付けることが出来ます。
そして、インターネットと電話を同時に利用することが出来ます。

通信方法にバルク128と言う物があり、最大で128Kのやり取りが可能です。
これには、プロバイダが対応している必要があります。
又、通信状態によって128Kでのやり取りが64Kに落とされることがあります。
注意しなければならないのが、128Kで通信時の料金は2倍になると言うことです。
これは2チャンネルを束ねて通信を行う物の為、それぞれの料金×2となる訳です。
    • good
    • 0

アナログの電話回線だと、電話をするための回線を別に用意するか、通信中は電話が使えない、という問題がありますが、ISDNだと1本の線で2回線使えます。

通信しながら電話もできる、ということです。
また、通信を頻繁にするなら、フレッツISDNのようにつなぎっぱなしで月々4500円(もうじき3600円)というサービスも使えます。
    • good
    • 0

従来の電話回線(=アナログ回線)とISDNの大きな違いは、データや音声のやり取りをアナログ信号でするか、デジタル信号でするかという点です。


そもそもパソコンではデジタル信号を扱っているわけですが、アナログ回線ではモデムで通信する時にガガーッという音がするように、情報をアナログ信号に変換して情報をやり取りしています。なので、効率が悪いのです。
ISDNでは、信号をデジタルのままやりとりするので、効率が良いのです。
という感じでどうでしょうか?

http://www.garden.ne.jp/
http://www1.ocn.ne.jp/~report/

参考URL:http://mx1.tiki.ne.jp/~mtaguchi/home/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


おすすめ情報

カテゴリ