戦国時代の各領主は自分の領国内に製鉄施設を保有していたのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日本古来のたたら製鉄は砂鉄を原料としましたから砂鉄の産地である出雲地方で発達しました。



しかし鉄砲の生産地は滋賀県の国友村や堺で盛んでこの地区に技術者集団が集まりました。
従ってこの地方を領有した大名が有利でした。

鉄砲以外の軍事専門の製鉄技術設備は幕末まで日本には存在しません。
幕末に大砲製造の必要に迫られ、伊豆に反射炉が建設され、一方九州の佐賀藩が独力で反射炉や大砲鋳造所を建設しおおくの大砲を製造しました。

当然技術の保全には注意がはらわれました。

この回答への補足

統一される過程における自国の武器製造力に関連した疑問だったのですが、幕末でも似たようなことがあったわけですね。

補足日時:2007/12/10 19:07
    • good
    • 1

日本の製鉄は平安時代には、砂鉄を原料とするものは衰え、岩鉄鉱と木炭による製鉄が主流になり、規模も大きくなったと云われています。


戦国時代は鉄鉱石の産地が製鉄し、商人が販売したと思われます。
国産鉄は品質が劣るので、南蛮鉄の名で品質の良い輸入品が多く出回っていました。

この回答への補足

同じ疑問なのですがこれらの商人は商売の目的で他国への交通などの自由が保障されていたのでしょうか。

補足日時:2007/12/11 18:18
    • good
    • 0

島根の山林王 田部家が山林を持っていたのは、製鉄のためです。


田部家自体は戦国期から現在の島根で製鉄をしておりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E9%83%A8% …

この回答への補足

田部家は当時の領主とどのような関係にあったのでしょうか。

補足日時:2007/12/11 01:52
    • good
    • 0

はい。

村に1軒必ずありました。
鍛冶屋さん。^_^

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%9B%E5%86%B6% …
正宗まで鍛冶屋さんと定義しちゃってますね。^^;

たたら製鉄
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%9F% …

たたら。
http://www.hitachi-metals.co.jp/tatara/nnp0102.htm
これがたたら。^^
http://www.hitachi-metals.co.jp/tatara/nnp0103.htm

玉鋼
http://www.h7.dion.ne.jp/~e30kenta/tamahagane.html

これは鉱山の無い国は買ったと思います。

と、鍛造方法
http://fjt.webmasters.gr.jp/hogehoge/katana1.html
上手く書いてないけど、鉄板を2枚に折るんです。
後は書ききれないので後で。

刀の街や村、鎧細工の村は手厚く保護し、技術の流出には細心の注意を払ったと思います。
情報は、どこで作られたかなど、商人から得て技術を盗みに行った物と思います。

これは戦国のハイテク技術です。

石炭を使うと硫黄で鉄が脆くなります。
炭を使って小さな鉄製品を作っていました。

これは幕末、反射炉の技術輸入まで続きます。
(強引に空気を送り込み、硫黄を除去する。)

この回答への補足

平和なイメージの鍛冶屋さんと違って軍事専門の部局はなかったのでしょうか。また鉄砲の場合の堺のような立場の集団もあったのでしょうか。正宗のような刀工は住居の変更などは許されなかったのでしょうか。

補足日時:2007/12/10 04:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国時代の「禄高100貫」とは?(大河ドラマ風林火山を見て)

先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。

山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。

Aベストアンサー

室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、
北条氏康時代の「小田原衆所領役帳」によると、平均七貫に一人の軍役(例えば、284貫の所領の宇津木兵庫助は軍役36人)になっています。
江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部)
従い一貫は約4石で、勘助の初任給は400石相当のようでなかなかの高給です。
当時所領500貫(2000石)は重役でした。

Q戦国時代の服装

戦国時代~安土桃山時代の服飾に触れている資料を探しています。武士だけでなく、女性、庶民や僧侶などまで網羅しているものはないでしょうか

Aベストアンサー

やっぱり、このサイトじゃないでしょうか・・・
有名なので、もうご存知かも知れませんが・・・

http://www.iz2.or.jp/fukushoku/f_disp.php?page_no=0000100

Q戦国時代に「揚げ」・「炒め」る料理はあったのか?

戦国時代の料理について調べていると、
「焼く」、「煮る・煮詰める」といった料理はよく見かけるのですが、
油を用いた、「揚げる」や、「炒める」といった調理法の料理をあまり見かけません。
天ぷらの走りの様なものはあったみたいなので、その発想が無かったというわけでも
無かったはずでが・・・、特に、この時代の「炒める」料理は見たことすらありません。

又、食用には何の油を使ってたんでしょうか??

菜種、胡麻、綿花、ピーナッツなどの現在でもある油が使われてたんでしょうか?

知ってる方いらっしゃったら是非教えて下さい。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

時は奈良時代、仏教が盛んになり精進料理が流行しました。
しかし、精進料理だけでは油脂が足りない事から主に荏胡麻の利用が始まりました。
揚げる料理が普及するのは江戸期、当時は南蛮料理と呼ばれました。
炒めるのは明治期に入ってからとなります。
以下は年表
縄文時代末期:中国から胡麻が伝わり栽培
弥生時代後期:製油技術の輸入
     211年:榛の実の油を灯火と食用油(搾油)として使用
          荏胡麻の搾油が始まる  
  奈良時代 :胡麻は租税の代納が認められるほどの貴重品で高位の人の食用・灯火用。
          食用油が市場に流通する。庶民は荏胡麻を使用
  平安時代 :綿実の搾油が始まる
     859年:長木(搾油器)で灯明油として荏胡麻油を献上
  戦国時代 :胡麻、胡桃、麻実、椿実の搾油が始まる
  江戸時代 :菜種油の搾油が始まる
 


人気Q&Aランキング