自分で調べましたが、よくわからないため質問させてください。

現在正社員で働いています。
私が通勤で使う電車は遅延が頻繁にあります。
その度、就業時間前に会社に連絡をいれ遅延証明書を必ず提出しています。
普段は10分前には会社に着くように通勤しています。
ですが、毎回お給料から遅刻分を引かれています。
交通遅延は私自身の事情ではなくやむを得ないことなので納得いきません。

派遣業界では「ノーワーク・ノーペイ」という言葉があるみたいですが正社員の場合も同じでしょうか?

・交通遅延による遅刻での減給は法律的に合法なのか
・会社側が就業規則で定めている場合適用されるのか

詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

「ノーワーク・ノーペイ」は、派遣用語ではなく、すべての労働者に共通です。


正社員にも適用されます。

1.交通遅延による遅刻での減給は法律的に合法なのか

勿論、合法です。 就業していないので。

2.会社側が就業規則で定めている場合適用されるのか

規則になくても、遅刻です。


>交通遅延は私自身の事情ではなくやむを得ないことなので納得いきません。

あなたの事情です。 間違ってはいけません。
その交通機関を使用する人の事情になります。
例外は、「会社からその交通機関を使用することを義務付けられた場合」です。
この場合に限っては「会社の都合」です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても詳しくご回答いただきましてありがとうございます。
参考にさせていただきます。

ただひとつ、交通遅延の場合は会社のせいでも労働者本人のせいでもないと
法律に書いてありました。

お礼日時:2007/12/10 16:54

ノーワーク相当分を超えた減給がある場合には、超えた分についてはペナルティとしての減給と解されます。

この場合、基本的に電車遅延による遅刻は労働者に落ち度がありませんから、超えた分については問題があるといえるでしょうね。

もっとも、遅刻の頻度が高ければ、労働者が遅刻するかもしれないと分かっていながら早めに家を出ようとしていないものといえますから、ペナルティを課すことも出来るものと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/12/10 17:07

・交通遅延による遅刻での減給は法律的に合法なのか


合法です。
・会社側が就業規則で定めている場合適用されるのか
合法ですので、もちろん適用されます。

一般的に交通遅延の扱いは、遅刻した分の給料は出ないけど、賞与や昇給の査定にひびかないよに「遅延証明書」を出すものだと思います。
あとは遅延が頻繁に起こるとわかっているなら、遅延しても会社に時間内に行けるように早く出る必要があります。
交通遅延だから仕方がないという甘えは社会人としてどうかと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/12/10 17:05

私が若い頃働いて会社は遅刻はクビにするぞと脅されましたね。


その次の会社は、フレックス制度で毎日のんびり出勤してました。
最後に勤めた会社は役職で働いてましたので1時間前には出社してまして新聞やインターネットで調べ物をしてましたね。

遅刻癖も何も責任の無い仕事をしてる今だけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お言葉ですが、遅刻癖はありません。
電車が時刻どおりに動いているときは遅刻したことはありません。
遅刻は今まで交通遅延によるものです。
仕事をしている以上、何の責任もない仕事なんて存在しないと私は思っていますが。

お礼日時:2007/12/10 17:04

私の経験上ですが


遅延証明を提出すれば、給料は出ないがペナルティ的な減給がなくなるような社則がありました。
ちょっと前の会社なので詳しい計算法を覚えていないのですが
NOVAで話題になった、ボリュームディスカウントみたいなカラクリでしたね。

おそらくもっと長い目で見た場合、昇給とかにかかわる話と思いますが、
寝坊や私事での遅刻ではない、という証明を積み重ねることが大事なのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
会社によっては減給がない会社もあるんですね。
これからはなるべく遅刻しないようにします。

お礼日時:2007/12/10 17:01

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

Yahooの方に回答あったので掲載しておきます。

遅延することがしばしばあるなら、いつも30分早く家を出発
するのがベストです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2007/12/10 16:51

その辺の細かい事情は正直会社によって変わるのではないしょうか。



そもそも どっちにしろ遅刻分を給料から引かれるのであれば わざわざ遅延証明を提出する意味ないですよねぇ。

あと ここに質問する前に会社の就業規則を調べるのが先ではないでしょうか?
そこに そう書かれていたら ここで何を言っても意味がないですし。

ちなみに うちの会社では 遅延証明を提出すれば遅刻扱いにはなりません。

だけど どこの会社でもそれが普通だよ。などとは言い切れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
就業規則は先に調べました。

就業規則には交通遅延による減給については何も記載されていませんでした。
なので、上司に訪ねる前に知識として知りたかったので質問させていただきました。

会社によって交通遅延による対応は違うのですね。
参考になりました。 ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/10 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通勤災害での遅刻控除について

通勤途中に暴走車(パトカーが追いかけ中の)に当て逃げされ、現場検証で5分程遅刻しました。
幸いにも怪我は無い為(車は前面大破損ですが)労災申請等しませんが、遅刻扱いになると半日欠勤になってしまいますので遅刻控除を申請したいのですが、ここで質問があります。

最寄り駅「A駅」を通勤経路として申請しているのですが「A駅」の電車本数が少なく、会社に早く着く為に3駅先の本数が3倍に増える「B駅」に車で行く途中の事故になります。

1.会社では車使用は認められてません。但しA駅まででも徒歩20分かかるので毎日車を使用しています。
2.会社側は事故証明を出せば控除できるが、申請している駅までの経路ではない場合は認められないといいます。
3.電車遅延の場合は申請している経路でなくても遅刻が認められます。
4.遅刻が認められない場合、欠勤扱いにされるくらいであれば年に10日ほど消えていく有給をあてたいですが、当日の有給申請が10時前にしないと認められません(事故は10時15分発生)

労災で調べたところ合理性が認められれば申請経路でなくても問題無いという情報を見たのですが、実際のところ上記の場合に遅刻を控除してもらえるのでしょうか。

控除してもらえる場合、会社側からは圧力的に認められないと言われかねないので、会社の担当に見せて、控除の正当性を訴えられる参考サイトや文面なども教えてください。

通勤途中に暴走車(パトカーが追いかけ中の)に当て逃げされ、現場検証で5分程遅刻しました。
幸いにも怪我は無い為(車は前面大破損ですが)労災申請等しませんが、遅刻扱いになると半日欠勤になってしまいますので遅刻控除を申請したいのですが、ここで質問があります。

最寄り駅「A駅」を通勤経路として申請しているのですが「A駅」の電車本数が少なく、会社に早く着く為に3駅先の本数が3倍に増える「B駅」に車で行く途中の事故になります。

1.会社では車使用は認められてません。但しA駅まででも徒歩20分...続きを読む

Aベストアンサー

 電車で申請してますので合理的な内容が無いと無理です
以下はその例
 
 ・会社に必要な荷物などを運ぶ必要性が合った
 ・会社で使用する自動車不足しているので個人の車の使用の要請が会社からあった

 など特別な理由があれば可能性が思われます

 ただ、この文面からは合理的な理由は見当たりません
 

Q電車の遅延は遅刻扱いについて

私の会社は、数年前より電車の遅延が原因で遅刻した場合、遅延証明書を提出して遅刻が免除される制度が廃止されています。遅れた時間分を給与より差し引かれています。会社の説明では、電車の遅延は会社に責任がないとのこでした。
その通りだと思い特に反論していませんが、法律的には問題ないのでしょうか?

すみませんが、教えてください。
特に会社ともめごとを起こすつもりはないのですが、長年勤めている会社なので、ちょっと心配になっています。

Aベストアンサー

会社の言っている事に違法性は無いと思いますよ。
元々交わしている就業規則にこの事が明記されて
いれば分かりませんが、基本は会社の判断です。

社員個人に非の無い遅刻で、その分を差し引くのは
おかしいと思われるかもしれませんが、遅延そのもの
においては会社にも全く非はありません。

ノーワークノーペイの原則から言っても、就労の実態
が無い者に賃金を支払う義務は会社にはありません。
納得いかない気持ちも分かりますが、不景気の世の
中です、仕方がないのかもしれませんね。

Q短時間勤務中の遅刻・早退について

短時間勤務中の遅刻・早退について

短時間勤務を会社に申請し、受理された場合、
遅刻・早退の扱いは法律的にはどうなるのでしょうか?
この辺は、会社規約次第になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

短時間勤務でも、フレックス制でない限り、就業の開始時刻と終了時刻が決められるので、それに応じて遅刻や早退となる筈です。労働時間で管理するので、例えば6時間勤務のところ、5時間しか勤務しなければ、1時間は休業扱いとなります。

Qこんな給与体系、どうなんでしょうか?長時間残業、遅刻減給

題の通りなのですが、勤めている会社の給与体系についてです。

定められた実働は8時間、残業1日3~4時間くらいです。

サービス残業で、一切手当はありません。
好きで残業しているわけではなく、日々締め切りに追われる業種なので、
残業しないと終わらないのです。

日によっては残業をあまりせずに帰れることもありますが、
ほとんど毎日何時間か残業しています。

連日残業が続くと体が疲れてしまったり、体調を崩してしまったりすることがあるのですが、遅刻をすると減給されます。
(遅刻の時間によって、減給額の規定があります。)

残業代を払わないだけでも違法だと思うのですが、
その上で遅刻で減給するというのは問題ないのでしょうか?

「前日遅くなっていないのに遅刻する」というようなことではなく、
「連日残業で遅くなって、仕方なく遅刻してしまうことがある」
のに…と思うと悔しいです。

1時間半以上遅刻すると1日5000円減給されるので、
(1時間半未満だと3000円減給)
朝1時間半くらい遅れてしまって、
その日夜遅くまで残業していたとすると、
規定の実働8時間以上(10時間とか)働いても、
その日の分の収入としては5000円くらいにしかならないのです。

こんなことが許されるのでしょうか?
「遅刻するほうが悪い」
と言われてしまうのでしょうか??

題の通りなのですが、勤めている会社の給与体系についてです。

定められた実働は8時間、残業1日3~4時間くらいです。

サービス残業で、一切手当はありません。
好きで残業しているわけではなく、日々締め切りに追われる業種なので、
残業しないと終わらないのです。

日によっては残業をあまりせずに帰れることもありますが、
ほとんど毎日何時間か残業しています。

連日残業が続くと体が疲れてしまったり、体調を崩してしまったりすることがあるのですが、遅刻をすると減給されます。
(遅刻の時...続きを読む

Aベストアンサー

A1の通り、サービス残業と遅刻の減給は別のことです。

遅刻については、実際の遅刻した時間分の賃金を支払わないことは、就業規則(賃金規程)にそのような規程がある限り合法です。
制裁(懲戒処分)として減給するなら、
・就業規則に規定があり、
・1回について平均賃金の半日分以下
・ある月の給与にで複数回の遅刻の減給をする場合は、減給総額が、支給総額の1/10以下
という制限内である限り合法です。

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri02.html
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_10.html

Q遅刻・早退は終日の欠勤とみなされる?

現在、1年契約の契約社員として、年俸制で働いています。
年俸制ですので、賞与、休日出勤手当て、残業手当て等は支給されません(契約書に記載があります)。
有給は労働基準法どおりに与えられますが、終日の有給のみで半日など分割請求は出来ません。
最近、数時間どうしても仕事を抜けなければならない用があり、有給を申請するのがもったいないので、早退や遅刻と申請しました。
ところが、数時間の早退や遅刻でも終日の欠勤となり、一日分の賃金が差し引かれるようなのです。
ちなみに、早退や遅刻した場合の取り扱いについては、契約書に記載がありません。
これは法的に正しいのでしょうか?
何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 茨城労働局のHPに下記のような記述があります。
 「賃金は、もともと労働の対価として支払われるものですから、遅刻、早退等によって労務の提供がなかった時間分の賃金を支給しないことは、『ノーワーク・ノーペイの原則』に基づいて、不就労時間分の賃金を控除することですから何ら問題はありません。
 但し、ご質問にあるように、遅刻を3回した場合に欠勤したものとみなして1日分の賃金を控除することは、賃金の全額払の規定(労働基準法第24条1項)に違反しますので、原則として出来ません。
 では、遅刻について何のペナルティを与えられないのかといいますと、遅刻が会社で定めた就業規則の服務規律違反する場合には、それに基づく制裁として「減給処分」とすること(「戒告」等それ以外の処分とすることも)は可能だと思われます。
 なお、この場合であっても、労働基準法第91条により『就業規則で減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない』と定められていますので、ご質問のように1日分の給料を控除することは、減給の制裁の限度である『1日分の半額』を超えることになり、同法第91条の減給の制裁の制限規定に抵触することになります。
 この点について、行政解釈では、『遅刻早退についてその時間に比例して賃金を減額することは違法ではないが、遅刻早退の時間に対する賃金額を超える減給は制裁とみなされ、労基法91条の適用を受ける』(昭26.2.10基収第4214号、昭63.3.14基発第150号)としています。
 結論的にいえば、例えば、会社の所定労働時間が1日8時間である場合に、労働者が1時間ずつ3回遅刻し、その合計時間が3時間であったとしますと、遅刻した3時間分を賃金から控除することは可能ですが、残りの5時間分の賃金を控除するとなると、就業規則による制裁を課さない限りできないことになります。」

 また、「年俸制ですので、賞与、休日出勤手当て、残業手当て等は支給されません(契約書に記載があります)。」というのも、年俸制でも通常の賃金部分と一定の割り増し賃金分の区分があるか、その時間を超えた場合の割増賃金の支払いがどうなっているか、等も確認された方がいいかもしれません。
 会社の契約書や対応に疑問をお持ちでしたら、「遅刻と賃金カット」「年俸制と残業」について労働基準監督署等に確認されてみてはいかがでしょうか。

(参考URL)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_10.html(遅刻と給料カット)
http://www.pref.shizuoka.jp/syoukou/syo-02/roudousoudan/jirei/jirei11.html(遅刻と給料カット)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri02.html(遅刻と給料カット:茨城労働局)
http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/054.htm(遅刻と給料カット)
http://www.e-sanro.net/sri/q_a/roumu/r_bas_066.html(遅刻と給料カット)
http://www.zenkyukyo.or.jp/qa/02/02-03-14.html(遅刻と給料カット)
http://www.smbc-consulting.co.jp/company/solution/training/training_412.html(遅刻と給料カット)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A70.pdf(制裁の制限)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri02.html(制裁の制限)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A69.pdf(平均賃金)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1404/C1404.html(平均賃金)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1407/C1407.html(年俸制)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau10.pdf(年俸制)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/03-Q02B1.html(年俸制)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_12.html(年俸制と残業)
http://www.giraffe.jp/romuinfo/qa/qa_34.asp(年俸制と残業)
http://www.roudoukyoku.go.jp/soudan/t-jirei.html#6(年俸制)
http://www.azx.co.jp/mm/bn/7_3.htm(年俸制と労働基準法)

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%98%4a%93%ad%8a%ee%8f%80%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO049&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(労働基準法)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html(労働基準監督署)
http://www.mhlw.go.jp/link/index.html#sisetu(労働局)

参考URL:http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri02.html

 茨城労働局のHPに下記のような記述があります。
 「賃金は、もともと労働の対価として支払われるものですから、遅刻、早退等によって労務の提供がなかった時間分の賃金を支給しないことは、『ノーワーク・ノーペイの原則』に基づいて、不就労時間分の賃金を控除することですから何ら問題はありません。
 但し、ご質問にあるように、遅刻を3回した場合に欠勤したものとみなして1日分の賃金を控除することは、賃金の全額払の規定(労働基準法第24条1項)に違反しますので、原則として出来ません。
 ...続きを読む

Q加害者の運転履歴、事故履歴を調べたいのですが・・・現在、交通事故の損害

加害者の運転履歴、事故履歴を調べたいのですが・・・現在、交通事故の損害賠償請求で訴訟中です。
加害者の過去の事故履歴(違反履歴)って調べられますか?過去に事故や違反の履歴があれば訴訟も有利に進むと思うのですが・・・どなたかお詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

これは、違犯歴を照会すればできますが、「個人情報保護法」で守られています。

訴訟ですから、弁護士がいませんか?
これは「個人」ではできませんから、弁護士に相談してください。

Q遅刻・有給・残業について

京都の小さな会社で働いています。
先ごろ就業規則が改訂されたのですが、これは法律的に認められるのか
が明確にわかりません。
以下に挙げますので、可であるか不可であるかを教えて下さい。
・3回の遅刻で1欠勤扱いとする。
・一ヶ月の8割の出勤率に満たなければその月に申請された有給は無給にする。
・有給は一ヶ月前までに申請しなければ受け付けられない。
・遅刻をした日の残業代はカット。(割増額のカットでは無く無給労働)
・残業届けを提出しなかった日(残業届の提出は残業した日より1日以内に限る)の残業代はカット。

Aベストアンサー

・3回の遅刻で1欠勤扱いとする。

不可。可とする場合もある。http://www.jeiu.or.jp/dwac/Trouble_A1.html

・一ヶ月の8割の出勤率に満たなければその月に申請された有給は無給にする。

不可。

・有給は一ヶ月前までに申請しなければ受け付けられない。

不可。

・遅刻をした日の残業代はカット。(割増額のカットでは無く無給労働)

不可。

・残業届けを提出しなかった日(残業届の提出は残業した日より1日以内に限る)の残業代はカット。

不可。
そもそも残業は残業命令で行うもの、残業届は残業命令も出せない(時間管理のできない)会社が“残業許可制"などと都合の良いことを押し付けているので残業届など出さずに帰れば良いのです。実際働いた時間の残業代は全額支払われるのが原則です。

Q台風で公共機関が止まった場合、遅刻扱い?

先日の台風で、JRがほぼ終日STOPしました。通勤でJRを利用している者がいるのですが、出勤できず駅で待機状態でした。(田舎ため、他の手段がほぼありません。バスも乗り継いだらいけるかも?ってところです)
結局、その日休みだった当方が駅まで向かえ行き出勤できたのですが、この場合、遅刻になるのでしょうか?遅れた分は、仕方がない(表現がまずかったらすいません)ということで、遅刻扱いにならないのでしょうか?
就業規則に、災害時の出勤についての明示はありません。
労働基準法等にその辺については記載がないようですが、皆様のお勤め先では、どのような取扱いになっているのでしょうか?参考までに教えていただければ助かります。
ちなみ当方の勤め先は車通勤者がほとんどで、公共機関でのトラブルでの遅刻の前例もありません。車の渋滞等で出社が遅れた場合は、遅刻扱いしています。(雪等で道が渋滞していても、それを予測して早めに家を出るのが当たり前ですし、全員が遅刻したのならともかく、他の職員は時間通りに出勤しているので)

Aベストアンサー

法的にどうか、という答えです。

遅刻です。ただし、使用者にも、労働者にも責はありませんので、懲戒対象にはなりえません。

遅れた時間に対して、ノーワークノーペイ、賃金なしで問題ありません。遅れた分だけ、労働者の選択で、割増なしの残業で埋め合わせることも可能ですし、労務の性格上、定時過ぎては意味ないと、使用者が労務の提供受領拒否も可能です。

Q台風で遅刻扱いは適法?違法?

先日の台風、すごかったですね!
おかげで、電車はストップ、道路は大渋滞で会社へたどり着いたら15:00でした。
やっとたどり着いたのに、会社から「遅刻ですね」と言われました。仕方なく「有給にします」と答えました。(遅刻は査定で減点の対象になるため!)
公共機関が動かず、道路も大渋滞で行くことができなかったのに、公休扱いにせず「遅刻の宣告」は適法なのでしょうか??
 ちなみに、会社へは電車を利用して通勤していますが、電車以外の利用で事故があった場合、通勤方法が会社への申請と異なるため、「通勤途中の事故扱いとしない」とも言われております。

Aベストアンサー

1.現行法においては、「交通機関の遅延、運休による就業不可能状態を公休としなければならない」という規定はありません。
  雇用の原則は「ノーワーク・ノーペイ(働かなければ無給)」となりますので、遅刻の場合も欠勤の場合も合法になります。
  台風が原因でも変わりません。

2.事故の際に、通勤方法が会社への申請と異なった場合には労災の申請は出来ます。
  但し、「通勤方法が会社への申請と異なっている」ことを理由に会社から懲罰等を受けることがあります。
  通勤経路の虚偽申告は詐欺に当たる判例もあり、通勤交通費の返却のみならず、懲戒解雇の可能性もあります。
  (普通は「懲戒解雇をちらつかせて」の依願退職が多い)
  嘘をついて良いことは何もありませんので注意。

Q交通費と遅刻について(法律的に・・・・)

交通費と遅刻について困っているので質問させてもらいます。
看護士をしています。今年度が勤務1年目です。
普段は自宅のあるA駅から勤務先の最寄駅B駅まで電車で通い、B駅から勤務先まではバスで通っています。B駅から勤務先までは徒歩だと30分ちょいかかります。

早番の場合、B駅から勤務先まではバスが通ってない時間になるため、タクシーを使っています。
現在、交通費としてもらっているのは、電車の定期代とバスの定期代です。早番の場合のタクシーは自腹です。

元旦出勤の事になるのですが、大晦日の日雪が降り積もり、元旦当日は地面は雪も溶けかけアイスバーン状況の日です。通勤が大変だろうと思い、いつもより40分ほど早く家を出ました。B駅に着き、タクシーを拾おうと思ったのですが、元旦のためかタクシーが全くなく、タクシー乗り場ももの凄い人が待っていて、勤務時間に間に合わない状況になりました。
会社に連絡をし事を説明しました。歩きだと1時間半はかかるだろうと言われ、タクシーを待ちました。結局20分遅刻しました。

遅刻したことにより、本日は休み扱いにされ、年始手当てももらえなくなりました。挙句の果てに「何でタクシーを使うんだ。自転車を駅に購入して、自転車で通え」と。

質問
(1)この遅刻による、休み扱い及び年始手当て没収の行為は妥当なんでしょうか?
(2)早番の場合のタクシー代を請求することは出来るのでしょうか?
補足説明が必要ならばしていきます。よろしくお願いします。

交通費と遅刻について困っているので質問させてもらいます。
看護士をしています。今年度が勤務1年目です。
普段は自宅のあるA駅から勤務先の最寄駅B駅まで電車で通い、B駅から勤務先まではバスで通っています。B駅から勤務先までは徒歩だと30分ちょいかかります。

早番の場合、B駅から勤務先まではバスが通ってない時間になるため、タクシーを使っています。
現在、交通費としてもらっているのは、電車の定期代とバスの定期代です。早番の場合のタクシーは自腹です。

元旦出勤の事になるのですが、大晦...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ!はじめまして!
当方、或る医療機関の非常識さに嫌気がさして辞めた経験を持つ者です。

まずお尋ねしたいのですが、元旦は病院に行ったものの遅刻を理由に仕事させて貰えなかったのでしょうか?
働いたのであれば、はじめの20分遅刻が著しく労務に支障を来したのかどうかが問題になり、減額される可能性はあります。でも労働に対しての賃金支払はあって然るべきです。それが無い場合は、病院側が「労働と賃金に関する二重利得」となり、違法な状態です。腹が立つのであれば賃金支払請求に付加して、不法行為に対する損害賠償請求も可能です。

「年始手当」は、雇用者ー被雇用者間の契約に基づく私的な手当なので、没収というか無くなる可能性はあります。ただ、公共交通機関が利用困難な状況で、事前に事情を電話連絡していたにもかかわらず一方的にその手当及び通勤という役務の一部(+実際の労働?)をなくす事は雇用側のエゴに過ぎず、認められないでしょう。

元旦は「国民の休日」になっている筈ですので、時間換算したとき普段の1.25倍の賃金をもらえないと労働基準法違反になります。ですから働いたのであれば「休日手当」は絶対に請求可能です。

通勤時間というのは「役務提供のための労働準備時間」とされているからこそ雇用側は交通費を支払ってくれるのです。繰返しになりますが、通勤は「労働の一部」です。

ただ、請求の前に、今後も含め「早番の時の交通手段をどうすればいいのか」事前に話し合っておく必要があります。
「自転車で来い」というのであれば、それにかかる費用負担をどうするか ですね。

いままでイイヤイイヤになっていたのは双方の責任です。
早番の件は、じっくり落ち着いて話し合って下さいね。

自分の勝手な判断でタクシーを使った時には当然自己負担です。雇用側の了解または指示があれば勿論請求できます。

以上、長々と失礼しました。幾らかでもご参考になれば幸いです。

こんにちわ!はじめまして!
当方、或る医療機関の非常識さに嫌気がさして辞めた経験を持つ者です。

まずお尋ねしたいのですが、元旦は病院に行ったものの遅刻を理由に仕事させて貰えなかったのでしょうか?
働いたのであれば、はじめの20分遅刻が著しく労務に支障を来したのかどうかが問題になり、減額される可能性はあります。でも労働に対しての賃金支払はあって然るべきです。それが無い場合は、病院側が「労働と賃金に関する二重利得」となり、違法な状態です。腹が立つのであれば賃金支払請求に付加し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報