ネット上から応募する懸賞はどのような抽選方法なんでしょうか。
ハガキ・ネット応募どちらでもという場合の抽選方法、当選人数のふりわけ方など教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 以前懸賞を実行する立場にあった時、懸賞メルマガに情報を流しました。

そうしたら、配信された日には1000件以上の応募がありました。ちなみに一番良い商品はトヨタのビッツでした。 最終的にははがき・メールあわせて2万ちょっとの応募数になりました。

 さて、その抽選方法ですが、ビッツは人数当てクイズだったのでそのクイズがあたった方に、その他1500名にいろいろと当たりましたが、はがき・メールあわせて適当に抽選しました。その方法は、メールはプリントアウトし、はがきとあわせて抽選しました。その際特に割り合いは決めてませんでした。(※ご意見ご希望が記入されていたため、スポンサーに応募はがき・メールのすべてを渡すことになっていたため、メールは全てプリントアウトしてありました) なお当初の抽選予定は、応募すべてデータベース化し、通し番号を打ち、その番号で抽選する予定でしたが、予想以上に応募が来たため事務処理が間に合わず先の抽選方法になりました。

 ちなみに厳正な抽選というは、抽選をどうするかはあくまでも主催者側の考えなので、適当に当てることもあるし、記入されている文面等で選考される場合もあります。そのため「懸賞はがきを書くコツ」などが形成されてくるわけです。

 また発送業務だけを考えると、ネットで送られたデータをそのまま送付伝票に流用できるシステムであれば、はがき応募よりもネット応募の方が事務手続きは簡素化されるので、事務方はネット応募を優遇したいです。

 逆に、ネット応募ははがき代がかからない分、結構応募も多いし、またはがきのように「目立たせる・気持ちを込める」ことが難しいので、はがきとの競合の場合は多少なりとも不利になるような気もします。

 ただ、最終的には主催者の考え方次第なので、明確な回答を出せる方はいないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。詳しく書いていただき感謝します。

通し番号とプリントアウトというのは漠然と想像していましたが割合がきまってないというのは少しショックです。ネット応募の方がはがき代がかからないから楽だと思っていましたがこうなるとハガキの方が有利のような気もしてきます。
抽選をする立場の方の気分次第もしくは時間がないとか楽だとか、そういう決め方もあるということなら、ネットでは一人一回が基本なのではがきと両方応募するのがやはり確実かもしれませんね。

お礼日時:2001/02/13 11:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハガキで応募できる、懸賞サイト(オープン懸賞)ありませんか?

ハガキで応募できる、オープン懸賞を扱ったサイトを探しています。
ネット応募だと、受信メールの数が増えるので、ハガキで応募可のサイトでお願いします。

ネット上で色々検索しましたが、なかなか葉書応募可の情報が出てこなかった為、どなたか教えて下さい<(_ _)>

Aベストアンサー

yahooの懸賞の郵送で懸賞されたらどうですか?
ハガキで応募もできますし、本なら400円で「懸賞なび」という本があり、私はその本を毎月購読していて当たったりしてるので、お安い本ではと思います。すべてハガキで応募もできるので安心して懸賞を楽しめると思いますよ

Q懸賞応募、会社の住所でも当選しますか?

質問タイトルの通りなのですが、懸賞の当選確率アップの為に多数住所で応募したいので会社の住所も使っていますが今までに当選したことが一度もありません。

もしかして、住所に会社名が入っている場合、当選からはずされてしまうということはあるのでしょうか?

また、会社と分からないように住所だけを記載し個人名にした場合、発送されても届かないということはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

個人の応募数を制限している場合は名前も対象になるので住所を変えても意味がありません。
家族の名前なら大丈夫です。

応募しても当たらないことが多いのは当たり前です。
とはいえ当籤する人は何度も当選しているのも事実ですね。

会社と分からないように住所だけを記載し個人名にした場合、発送されても届かないということはあるのでしょうか?
これはあります。
一社が独占的に使用している建物なら会社に届きますが雑居ビルなら届かない可能性があります。
「尋ね所に不在」その住所には尋ね当たらないということです。

Q懸賞の応募ハガキの切手代について

皆様、こんにちは。
私は結構、様々な懸賞に応募しています。専用の応募ハガキには所定の切手代が表記されていることが多いので気に止めませんでしたが、専用の応募ハガキではなくPDF形式で応募用紙をダウンロードし、厚紙等に応募券(バーコード)を張り付ける場合、1枚6グラムを超えた場合、所定の52円ではなく82円分の切手代が必要と、恥ずかしながら先日初めて知りました。

今まで厚紙のバーコードを何枚も張り付けるタイプの懸賞にも応募してきましたので、かなりの確率で6グラムを超えているハガキもあったと思いますが、普通なら「料金不足」の注意書きが貼られ、差出人に帰ってくると思うのですが、一度もありません。日本郵政㈱に問い合わせたところ、「必ずしも、料金不足だからといって差出人に返却されることはない」そうです。

そういう場合、懸賞の宛先の企業が料金の不足分を負担してくれているのでしょうか?それとも料金不足ということでボツにされているのでしょうか?懸賞の宛先は企業の担当部署ではなく、大体が郵便局の「私書箱」なので、余計に不安です。

どなたか、その辺の事情に詳しい方のアドバイス、宜しくお願いします。

皆様、こんにちは。
私は結構、様々な懸賞に応募しています。専用の応募ハガキには所定の切手代が表記されていることが多いので気に止めませんでしたが、専用の応募ハガキではなくPDF形式で応募用紙をダウンロードし、厚紙等に応募券(バーコード)を張り付ける場合、1枚6グラムを超えた場合、所定の52円ではなく82円分の切手代が必要と、恥ずかしながら先日初めて知りました。

今まで厚紙のバーコードを何枚も張り付けるタイプの懸賞にも応募してきましたので、かなりの確率で6グラムを超えているハ...続きを読む

Aベストアンサー

基本的にすべてのハガキの重さを測っているわけではありません。
作業中に 明らかに異常 と判断されたものを検査している程度でしょう

なので7グラムや8グラムのハガキが混ざっていても大半は見逃される結果になると思います。
なので今までの分については気にしなくてもいいです。

これ以降、気を付けて印刷する用紙を軽いものにするとか、6グラムが正確に測れる秤を用意するとかして違反しないようにすればいいかと思います。

Qハガキで懸賞に応募した場合の『消印有効』について。

懸賞応募の消印について2つ質問いたします。

●1つめは。たとえば、「10月15日消印有効」という懸賞の応募の場合。

15日中にポストに入れたらOKなのでしょうか。
つまり15日中ということは、夜の9時でも良い・・ということです。

それとも、郵便局が閉まるまでにポストに入れなけばならないのでしょうか。
つまり郵便局員の勤務時間までにということです。



●2つめは。
「10月15日消印有効」の懸賞で、16日にポストに入れたとします。
15日にポストに入れても16日にポストに入れても、1日か2日の違いで相手先に届くはずです。
届いた先では、いちいち消印日が15日であることを確認するのでしょうか。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポストに入れる場合は収集時間内(20分遅れたことがありますが、早い場合もあり20分位前に投函しましょう)16:00以降は翌日収集分で当然駄目です。

郵便局に持参する場合、窓口が空いていても小さい局(無集配特定局)は注意が必要(翌日収集分になることあり)
大きい局(集配局)へ持参し当日の日付けが必要である旨申し出ましょう。

>15日消印有効」の懸賞で、16日にポストに入れたとします
>いちいち消印日が15日であることを確認するのでしょうか

当選した時点で確認し、無効となります。

Q懸賞の応募口数って、どうやって抽選するの?

シールを何点か集めて応募する懸賞で、専用応募葉書などは、一枚で複数口の応募が出来ます。ってありますが、これってどうやって抽選してるんですか?
たとえば、4口を葉書4枚に分けて応募するのと、葉書1枚にまとめて応募するのでは、どちらが当選しやすいのでしょうか? 同じですか?
いま、懸賞のシールを集めていて、ちよっと気になったので教えてください。

Aベストアンサー

色々ありますよ。

1 箱分け方法
 例えば四口までOKならば、一口のみ、二口~四口までの
 箱を作ります。その中から抽選し、一度選んだら、
 4→3、3→2、と言う具合に落としていく方法。
 按分されて抽選されるので確率的には同じらしい。

2 ナンバーリング法
 全ての葉書に番号(連番)を打っていきます。
 四口応募ならば、四つ押します。
 抽選は、番号自体で選びます。

その他もろもろ。

上記方法では確率的には同じになるはずです。

後は完全にコンピュータ登録してしまって、
何通出しても一つしか当選しないというのもあります。
これの口数を分けるのは単に50円切手で送れる重さに
しているだけですね。

だから、分けるならば家族名義を使っていくのが良いかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報