ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどクラシック音楽で使われる弦楽器はフレットがありません。ジャズベースとかもありません。しかしクラシックギターを含め、アコギ、エレキギターなど全てにフレットがついています。なぜギターにはフレットがあってヴァイオリンなどはフレットがないんでしょうか?素朴な疑問ですかちょっと気になったのでお伺いします。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ギターの場合、フレットが無いとピッチ(音程)が狂うからです。



もちろんヴァイオリンでも正確に押弦しないとピッチは狂ってしまいますが、弓で弾くヴァイオリンなどの場合、ギターに比べてピッチを戻すことが比較的容易です。

ギターの場合は、基本的に「弦をはじく」ことによって音を鳴らしますので、鳴らしてしまった後にピッチを正確に持っていくことは出来ません。
(例えばコードストロークをイメージして下さい。6本の弦を瞬間的に鳴らしますよね。)
鳴らした瞬間に正確なピッチでないと超音痴な楽曲になってしまいます。

ヴァイオリンなどの場合は、スライドやビブラートを多用します。

このようなこともフレットのあるなしに関係しているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

楽器の起源が全然違うからですよ。

基となったモノがね。
ヴァイオリンはヴァイオリン属、ギターはリュート属ですよ。
ちなみにジャズベース(これはフェンダーの商標)にはフレットはあります。

コントラバスにはありません。ちなみにコントラバスはヴァイオリンが起源ではなく、ヴィオローネが起源ですね。
    • good
    • 0

ギター以外でも、マンドリン・マンドセロ・バンジョーなどはフレットがあります。



楽器としての成り立ちが違うからです。

バイオリンなどは擦弦楽器、ギターは撥弦楽器です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%92%A5%E5%BC%A6% …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%A6%E5%BC%A6% …
    • good
    • 0

おそらくギターも最初はフレットなどなかったでしょう.


押さえる位置で弦の長さを変え,音程を変える.これは弦楽器の基本で洋の東西を問わず見られる楽器の形態です.

その中で,擦弦楽器はフレットがなくても十分な音の持続を得ることができるのに対して,撥弦楽器は指で押さえたのでは十分な音の持続ができないため,フレットというものが発明されたのでしょう.同時に,単音ではなく和音を出すことを重視しはじめたとき,複数の弦の音程を正確に取るためにもフレットは有効であったため,ギターやリュートはフレットを得たことで和音楽器としての使い方が発展していったのだと思います.
    • good
    • 1

もう回答が出ていますがスライド奏法のせいでしょう。


ちなみにフレットレスギターはあります。
渡辺香津美プロが所有し頻度はかなり低いですが利用しています。
    • good
    • 0

 その時の気温や湿度(手入れや保管方法で変わりますが)で音が変わるのがクラシック楽器で、それをコントロールするのが演奏者の力量となります。



またフレットを固定しない事で音と音の中間の音域を出す事ができるので表現の幅が更に広がります。

一方ギターなどは、その場所で特定の音が絶えず出るように調節して(固定してあるからこそ、そこからずらしたりして違う音域の音ができるようにしています

どちらが良いと優劣はつけれませんが、誰が引いても特定の音が出る楽器として新化したんですねーと。

上手いギター奏者はフレットレスな演奏の仕方をしますので、そーいう事はあまり気にしなくなりますね(^_^;
    • good
    • 0

はじめまして。



言われてみればそうですね。日本の三味線などもフレットレスですね。楽器の種類が違うのだから・・・と言ってしまえばそれまでですが、
例えば「和音」を弾くとき、ギターのように全部の弦を押さえて「ジャーン」と弾くことが他の弦楽器ではあまりないような気がしますが・・・
すみません。全く知識もないのに回答してしまいました(^^;
    • good
    • 0

フレットとフレットの間にある微妙な音程に対応できるようフレットがないのです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む

Qヴァイオリンの指板にテープを貼ることについて

これからヴァイオリンを習おうと思っている、28歳の初心者です。

昨日、ヴァイオリン教室の体験レッスンに行ってきました。
そしたら、昨日行ったところは、慣れるまで指板に黄色いビニールテープを、ギターのフレットのように細く貼ると言うのです。
取れるまで大体3年、飲み込みが早くて2年かかる、と言われました。
私としては、大事な楽器にあまりシールやテープを貼りたくないのですが、どこもこんな感じなのでしょうか?
3年も貼っていたら、剥がしたとき汚なくなっていそうですし…。

もし指板にテープを貼って3年後に剥がしたとき、汚くなっていたとしても綺麗に出来るものなのでしょうか。
それと、大人から始める初心者としては、やはりこのような手段を取った方がよろしいのでしょうか。
私は一応昔フルートをやっていたため、全く音感がないわけではありません。
どうか皆さんのご意見をお聞かせください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

そもそも指板なんか見ながら弾く物では無いですし、
逆に目で場所を覚えて弾くようだと却って害になると思います。

中学の時に学校のオーケストラにいましたが,
どんな初心者でもテープを貼っている人は皆無でしたし、
めったなことでは見かけませんね。

当時はフルートやってましたが、
その10数年後(笑)にバイオリンだの、ビオラだの始めてます。
勿論、テープをはろうなどと考えたこともありません。
大人の初心者にも多分2~30人は会っていると重いますが、貼っている人はいませんでした。

私としては貼らない事を薦めますし、
貼るような指導をするところで習わないことをお勧めします。


あと、私のように(笑)音程があやしい場合は、
テープ程度の大雑把な物では役に立ちません(^^;;
もっと微妙な物です。


私に言わせれば,2年もテープを貼っているのは
教え方に問題があるか,練習をちゃんとしていないか、
テープを貼ったため目で音程をとろうし、目でテープを
確かめないと音が出せないというような悪い癖がついたか
あたりだろうと思います。

そもそも指板なんか見ながら弾く物では無いですし、
逆に目で場所を覚えて弾くようだと却って害になると思います。

中学の時に学校のオーケストラにいましたが,
どんな初心者でもテープを貼っている人は皆無でしたし、
めったなことでは見かけませんね。

当時はフルートやってましたが、
その10数年後(笑)にバイオリンだの、ビオラだの始めてます。
勿論、テープをはろうなどと考えたこともありません。
大人の初心者にも多分2~30人は会っていると重いますが、貼っている人はいませんでした。

...続きを読む

Qバイオリン・チェロなどで音程が取れるようになるには?

例えばバイオリン・チェロなどの擦弦楽器で、音程がちゃんと取れるのはなぜでしょうか? 
・音程がちゃんと取れるようになるには、どのような練習をどれくらいの期間続ければ皆さん出来るようになるんでしょうか?(勿論個人差が大でしょうが)
・弾ける方は、楽譜を見ればすぐその音の位置に指が行くのでしょうか? 人が歌を歌う時、知っているメロディーなら何の苦もなくその音が出ますが、それと同じように音程が取れるのでしょうか? どんな感覚なのでしょう?
・大勢の合奏の場合、、チェロ等だと自分の音が耳に入りにくいのではないかな?と思うのですが、聴こえているんでしょうか? 聴こえにくい場合でも演奏に差し支えはないのでしょうか?

音楽については全くの素人です。変な質問で恐縮です。自分でもどう質問をまとめていいのか戸惑っているところです。
実をいうと、当方63歳の男子。昔の小中学校の音楽の授業以外、音楽経験無し。「六十の手習い」「年寄りの冷や水」で、4年前にモンゴルの民族楽器「馬頭琴」のコンサートを聴いて感激し、すぐ習い始めました。「草原のチェロ」とも言われる2弦の楽器です。内モンゴル出身の先生にグループレッスンで月2回教わっています。
それが、4年もやっておりながら、棹に自分でつけた印を見ながらでないとなかなか弾けないのです。楽譜を見ながらだと音程が取りにくいです。(印は、C調のドレミファソラシドが1オクターブ半つけてあります)
最近やっと楽譜を見ながら(棹の印を見ないで)音を探りながら少しずつ弾けるようになったかなと思う時もあるのですが、グループレッスンで合奏すると自分の音がどれか分からなくなり、結局手元を見てしまう事になりがちです。

今回の質問は、ほんとうに冷や汗ものなのですが、何か光明が見出せればとの思いからです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

例えばバイオリン・チェロなどの擦弦楽器で、音程がちゃんと取れるのはなぜでしょうか? 
・音程がちゃんと取れるようになるには、どのような練習をどれくらいの期間続ければ皆さん出来るようになるんでしょうか?(勿論個人差が大でしょうが)
・弾ける方は、楽譜を見ればすぐその音の位置に指が行くのでしょうか? 人が歌を歌う時、知っているメロディーなら何の苦もなくその音が出ますが、それと同じように音程が取れるのでしょうか? どんな感覚なのでしょう?
・大勢の合奏の場合、、チェロ等だと自分...続きを読む

Aベストアンサー

馬頭琴の演奏で感動されたのがきっかけ、なんて素敵ですね。
大人から始める人にとって「きっかけ」って大事ですよね。ずっと楽しみ
ながら続けるために。
私も30手前でバイオリンを始めました。それまで楽器経験無しです。
いろいろな奏者が歌うように、気持ち良さそうに演奏しているのが羨まし
くて始めました。

♪音程について

4年目ですが、いまだに音痴な状態です。
音階の練習時には、チューナーを使っています。自分の出した音が正しい
音だと緑、ずれていれば赤く光るので、指の位置を補正しています。
正しい音の「響き」を耳でも確認して、なるべく少ない補正でその「響き」
が出せるように指の間隔も確認です。バイオリンは1,2,3,4の指が活躍しま
すが、指の太さも人によって違うため自分の場合の指の間隔を認識してお
くことは大事なんです。
最初に出した音がずれていると思ったらすぐに指を動かして、正しい響き
に近づけるようにしています。なかなか一発で正しい「響き」は出せてい
ません。先生が言うには「たとえ5分、10分でもいいから毎日音を出して練
習することが大事」だそうです。確かに、毎日練習できた時はレッスン時
の音階練習でもあまりズレずに音を出せている気がします。

指位置の印も、つけると頼ってしまうから、本当にずれては困る音だけに
して、それもなるべく早く消せるように耳と指を鍛えるのが良いみたいです。
(発表会などではずしたら目立つゾ、という場合は印をつけてます。)
少しずつですが、音のずれに自分でも気がつけるようになっているなぁ、
と思います。(始めたころは「響き」の違いすら分かっていませんでした
から。)
バイオリンの場合、弦の共鳴があるので、音によっては正しい音だと隣の
弦が共鳴して振るえているのを目で確認できることもあります。

ポジション移動は1~5まで教わりました。1,3,5はある程度目安となる
もの(楽器と手のぶつかる位置など)があるのですが、ない2,4は音程も
不安定になりがちです・・・。


♪合奏の時

バイオリンの場合、構える位置が耳の近くなので、自分の音は確認できます
が、反対の耳から入る周りの人の音に影響はされてしまいます・・・。
周りの音につられて高め・低めになってしまったり、また自分がずれている
な、と気づくこともあります。(それに気づけるのはやはり練習して耳が少
しずつ鍛えられている成果かな?なんて思います。)
馬頭琴の構え方をあまり知らないのですが、自分の耳から遠いところで響く
のでしょうか?自分の出している音を合奏中にも確認できるのが理想的です
よね。ちょっと大きめに音を出してみたり、自宅練習中に「この響きは自分
の楽器の音だよ」と耳に覚えさせたりできるといいですね。

♪楽譜について

楽譜を読むのは苦手です。
基本的には、まず音階を確認して、どの指で押さえるかを楽譜には書き込
んでいます。テキストにポジションと指番号が指定されている場合は、そ
れに従って他の音にも書き込みをしますが、弾き易さなどの理由で先生が
指示を変えたり、また自分の弾き易い方を使うように指示が出ることもあ
ります。弾いているうちに「やっぱりここはポジション移動かな」と変更
してみることもあります。
こういう地道なことを繰り返していれば、初見の楽譜でもある程度は音が
出せるようになるかなぁ、と思って続けていますよ。
簡単な、ゆっくりの曲だと「ファだから2の指。次のラは隣の解放弦でも
いいけど、次にソ(3の指)があるから、ここは4の指で頑張っておこう」
なんてことができることもあり、一人で喜んでいます。

お互いに大人からのスタートですが、ずっと楽しみながら続けていけるよ
うに頑張りましょう♪

馬頭琴の演奏で感動されたのがきっかけ、なんて素敵ですね。
大人から始める人にとって「きっかけ」って大事ですよね。ずっと楽しみ
ながら続けるために。
私も30手前でバイオリンを始めました。それまで楽器経験無しです。
いろいろな奏者が歌うように、気持ち良さそうに演奏しているのが羨まし
くて始めました。

♪音程について

4年目ですが、いまだに音痴な状態です。
音階の練習時には、チューナーを使っています。自分の出した音が正しい
音だと緑、ずれていれば赤く光るので、指の位置を補正し...続きを読む

Qなぜ楽器のチューニング音がA(ラ)なのでしょう?

楽器のチューニングの基準となる音を英語でA(440Hz)と呼ぶのは分かりますが、それがピアノの白鍵だけのキーであるハ長調のC(ド)とズレているのはどうしてでしょう?440Hzの音が基準になるのであれば、440Hzがハ長調のドでは無い理由を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
素人ですが。

歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。


以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら説明を試みます。(投稿しようと思ったら,回答#6の中で参照されているサイトに似たようなことが書いてあるのを発見してしまいましたが,せっかく書いたので載せちゃいます,笑)


ヒトが音楽理論を確立しだしたのは,ギリシア時代らしく(ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスさんは,音楽理論家としても有名です)。この時に基準となったのが,今の階名でいうと「ラ」に相当する音だったようです。ちなみにピタゴラスは弦楽器の一種のようなもので音楽理論の研究をしていたそうです。現代の弦楽器にAの音が含まれているのは,その辺の名残でしょうか。

ここから七つの音が発生した経緯について。

音階の起源は「テトラコード」と言われています。先ほどの基準「ラ」と,そこから四度さがった「ミ」の間に音をふたつ入れた四つの音からなるものです(テトラコードとはそのまま4つの音という意味)。ここで「ミ」がなぜ登場するかといえば,おそらくは数学的に一番簡単に導かれる音だからでしょう。ラの周波数の1.5倍の周波数を持つ音がミになります。(整数倍だと,ラのオクターヴ違いしか出てきません)
なお,理由は分かりませんが,当時は音階は下におりる方向に考えていたようです。

いくつかあるテトラコードの中で一般的だったのが「ラ-ソ-ファ-ミ」という4つ。ミからはじめて同じ間隔で4つつなげると「ミ-レ-ド-シ」。これで今私たちが知っている階名が揃いました。
ギリシア時代には,この7つの音を並べたギリシア旋法というものがありましたが,それは,基準「ラ」から上にいくつ・下にいくつつながるか,というようなもので,今で言うところのキー(調性)のような考え方はなく,旋法の一番上(下)の音がなんであってもあくまでも基準(メーセ「中心音」というらしい)は「ラ」だったようです。

さらに,その後「ラ」基準ではなくて「ド」基準のメジャースケールが主流になった経緯について。

時代はくだって,中世ヨーロッパ。
その後,経緯は不明ながら,常に「ラ」を基準とするのではなくて,一番下の音を終止音とする旋法(正格旋法)と,下から4番目である(上から五番目,というべきか)下属音が終止音となる旋法(変格旋法)をもつ教会旋法が中世では主流となりました。
しかし,初期の教会旋法では,終止音となり得たのは今の階名でいえばレ,ミ,ファ,ソの四つであり,今でいうメジャースケールやマイナースケールは存在していませんでした。ドやラを終止音とする音階は,自然発生的にできたのではなく,教会旋法の理論的な拡張として,ある意味人工的に作られたようです。(なぜ初期の教会旋法の中にドやラを終止音とするものが入っていなかったのは分かりません)

ところが,あとから登場した「ド」からはじまる旋法が,和声的な音楽をつくるのに極めて都合がよかったのです。それは,ドのすぐ下に半音間隔でシがあり導音の役割を果たすこと(シを聴くとドに解決して欲しいと思う),主和音/トニック・属和音/ドミナント・下属和音/サブドミナントがいずれも長三和音/メジャーコードであったからです。
結果として,何種類もあった旋法の中から,「ド」からはじまるものが「メジャースケール」として生き残りました。
「ラ」からはじまる旋法は,トニック・ドミナント・サブドミナントの三つのコードが短三和音/マイナーコードであったため,「ド」からはじまる旋法の裏返しのような形で生き残ることになりました。

こんにちは。
素人ですが。

歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。


以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報