ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどクラシック音楽で使われる弦楽器はフレットがありません。ジャズベースとかもありません。しかしクラシックギターを含め、アコギ、エレキギターなど全てにフレットがついています。なぜギターにはフレットがあってヴァイオリンなどはフレットがないんでしょうか?素朴な疑問ですかちょっと気になったのでお伺いします。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ギターの場合、フレットが無いとピッチ(音程)が狂うからです。



もちろんヴァイオリンでも正確に押弦しないとピッチは狂ってしまいますが、弓で弾くヴァイオリンなどの場合、ギターに比べてピッチを戻すことが比較的容易です。

ギターの場合は、基本的に「弦をはじく」ことによって音を鳴らしますので、鳴らしてしまった後にピッチを正確に持っていくことは出来ません。
(例えばコードストロークをイメージして下さい。6本の弦を瞬間的に鳴らしますよね。)
鳴らした瞬間に正確なピッチでないと超音痴な楽曲になってしまいます。

ヴァイオリンなどの場合は、スライドやビブラートを多用します。

このようなこともフレットのあるなしに関係しているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

楽器の起源が全然違うからですよ。

基となったモノがね。
ヴァイオリンはヴァイオリン属、ギターはリュート属ですよ。
ちなみにジャズベース(これはフェンダーの商標)にはフレットはあります。

コントラバスにはありません。ちなみにコントラバスはヴァイオリンが起源ではなく、ヴィオローネが起源ですね。
    • good
    • 0

ギター以外でも、マンドリン・マンドセロ・バンジョーなどはフレットがあります。



楽器としての成り立ちが違うからです。

バイオリンなどは擦弦楽器、ギターは撥弦楽器です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%92%A5%E5%BC%A6% …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%A6%E5%BC%A6% …
    • good
    • 0

おそらくギターも最初はフレットなどなかったでしょう.


押さえる位置で弦の長さを変え,音程を変える.これは弦楽器の基本で洋の東西を問わず見られる楽器の形態です.

その中で,擦弦楽器はフレットがなくても十分な音の持続を得ることができるのに対して,撥弦楽器は指で押さえたのでは十分な音の持続ができないため,フレットというものが発明されたのでしょう.同時に,単音ではなく和音を出すことを重視しはじめたとき,複数の弦の音程を正確に取るためにもフレットは有効であったため,ギターやリュートはフレットを得たことで和音楽器としての使い方が発展していったのだと思います.
    • good
    • 1

もう回答が出ていますがスライド奏法のせいでしょう。


ちなみにフレットレスギターはあります。
渡辺香津美プロが所有し頻度はかなり低いですが利用しています。
    • good
    • 0

 その時の気温や湿度(手入れや保管方法で変わりますが)で音が変わるのがクラシック楽器で、それをコントロールするのが演奏者の力量となります。



またフレットを固定しない事で音と音の中間の音域を出す事ができるので表現の幅が更に広がります。

一方ギターなどは、その場所で特定の音が絶えず出るように調節して(固定してあるからこそ、そこからずらしたりして違う音域の音ができるようにしています

どちらが良いと優劣はつけれませんが、誰が引いても特定の音が出る楽器として新化したんですねーと。

上手いギター奏者はフレットレスな演奏の仕方をしますので、そーいう事はあまり気にしなくなりますね(^_^;
    • good
    • 0

はじめまして。



言われてみればそうですね。日本の三味線などもフレットレスですね。楽器の種類が違うのだから・・・と言ってしまえばそれまでですが、
例えば「和音」を弾くとき、ギターのように全部の弦を押さえて「ジャーン」と弾くことが他の弦楽器ではあまりないような気がしますが・・・
すみません。全く知識もないのに回答してしまいました(^^;
    • good
    • 0

フレットとフレットの間にある微妙な音程に対応できるようフレットがないのです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターのフレット数について質問があります。

お世話になります。
ギター初心者なのですが、僕が買おうとしているギターが21フレットで、22フレットのものがありませんでした。
そこで22フレットのものに変えるべきかどうかで悩んでいます。アドバイスが貰えたら嬉しいです。
僕は早引きはするつもりはありませんし、憧れているギタリストはジミヘンドリックスやジョンフルシアンテ、ジャックホワイトです。
そしてジミヘンドリックスやジョンフルシアンテは21フレットのギターを使っているので、22フレットのものは必要ないんじゃないかと考えていました。
しかしジャックホワイトは22フレットのテレキャスターを使用していたので、また悩んでしまいました。
ジャックホワイトの様なギターが弾きたいのですが、ジャックホワイトは22フレット目を使用しているのでしょうか?
そして僕に22フレットのギターは必要なのでしょうか?
アドバイスを貰えれば幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一音くらいだったらチョーキングでなんとかなります。
22Fだから良いとか悪いとかはありませんが、そういう部分にとらわれすぎていてはフルシャンテのような自由でイマジネーションの豊かな演奏はできませんよ。

フレット数よりボディやネックの材質、ピックアップの仕様なんかを気にした方が良いように思います。

まあ、ギターなんて家の人から文句が出なければ何本も持っていてもいいものですから、金銭的に余裕ができたら22Fや24Fなんかを買えば良いんですよ。

Qフルート、クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの構成で演奏できる曲を探していま

フルート、クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの構成で演奏できる曲を探しています。
珍しい構成であることはわかっています。自分でも頑張って探しているのですがなかなか見つからなくて困っています。
もし、本来この構成でなくても、楽器を代用したら演奏出来なくはないという曲でもかまいません。

出来たらクラシック曲がいいなと思っております。
ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

モーツアルトの
  フルート協奏曲、フルート四重奏曲
  クラ  同上 、クラ  同上

  クラ五重 https://www.youtube.com/watch?v=_8fX1LmqG8s

Qヴァイオリンとかにはフレットがないのにギターにはフレットがあるんですか

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどクラシック音楽で使われる弦楽器はフレットがありません。ジャズベースとかもありません。しかしクラシックギターを含め、アコギ、エレキギターなど全てにフレットがついています。なぜギターにはフレットがあってヴァイオリンなどはフレットがないんでしょうか?素朴な疑問ですかちょっと気になったのでお伺いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギターの場合、フレットが無いとピッチ(音程)が狂うからです。

もちろんヴァイオリンでも正確に押弦しないとピッチは狂ってしまいますが、弓で弾くヴァイオリンなどの場合、ギターに比べてピッチを戻すことが比較的容易です。

ギターの場合は、基本的に「弦をはじく」ことによって音を鳴らしますので、鳴らしてしまった後にピッチを正確に持っていくことは出来ません。
(例えばコードストロークをイメージして下さい。6本の弦を瞬間的に鳴らしますよね。)
鳴らした瞬間に正確なピッチでないと超音痴な楽曲になってしまいます。

ヴァイオリンなどの場合は、スライドやビブラートを多用します。

このようなこともフレットのあるなしに関係しているのではないでしょうか。

Qギターを弾いている方は、どのくらいのペースでフレットの摺りあわせ、打ち直しをしますか?

タイトルの通りなのですが、ギター弾きのみなさんはどのくらいのペースでフレットの摺り合わせ及び打ち直しを行っているのでしょうか??

私は弾き方が強いらしく、1年とたたないうちに相当フレットが減ってしまいます。しかし、摺り合わせや打ち直しは修理代金が高いですよね?かといって、そのまま放っておくわけにもいかないし…

みなさんの意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

補足します。

参考URLには改善されたステンレスフレットを紹介しています。
書かれている事が本当なら、こちらの方が扱いやすいかも知れませんね。

参考URL:http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/stainless-fret/fcgr.html

Qギターのフレットにある印ってなんですか

ギターのフレットの所に印がどのギターでもついています。3フレット、5フレット、7フレット、9フレット、12フレットという具合にです。これはどのような規則で付けられているんでしょうか?目印とういのはわかるんです、2フレットずつ上がっているかと思ったら、9フレットから12フレットまでは3つも離れているのでどうしてかなと疑問に思っています。

Aベストアンサー

”ポジション・マーク”のことですね。
http://www.sigumaguitar.com/sub14main3.htm#26

Qギターを始めたんですが、コードとかハンマリングとか

最近ギターを始めて文化祭のバンドを成功させたい為秋までになんとか弾けるようにならなきゃマズイです。

ギター教室とかに頼らず自力で弾けるようになりたいので今エレキギター入門という本を読んで独学しているのですが、テクニックという欄にチョーキング?とかハンマリング?そしてコードも覚えないといけないらしいんですが、これは全部完璧にこなせないといけないんですか? 

Aベストアンサー

やりたい曲によります。

チョーキングもハンマリングも出てくる曲の方が少ないくらいのテクニックなので。

コードはコピーバンドだったら、コピーする曲に出てくるコードだけ覚えればOKです。

逆にテクニック系がなく、簡単なコードばっかりの曲を選曲するのもアリだと思います。


コードを3~5つくらい覚えただけで弾けるようになるロックな曲も結構ありますよ。

Qフォークギターでハイフレット(3フレット以上)のメロディー弾き

フォークギターでハイフレット(3フレット以上)のメロディー弾き

が出来るようになりたいです。
3フレットまでのメロディ弾きしか出来なくて困っています。

3フレット目以上のフレットを使ったギターソロが出来るようになるにはどうしたら良いのでしょうか?
練習方法などはあるのでしょうか?

お父さんの指1本でのタイピングの様にこり固まってしまっています。

ご助言の方をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に言ってしまうと「スケールを覚える」ということになりますが、それじゃとっかかりが無いと思うので。

3フレットまでだと、CとかGのキーのメロディなら何とかなるわけですよね。
ではとりあえずCで、5弦3フレットから始めて開放弦を使わないで簡単なメロディーに挑戦してみてください。「レ」を4弦開放で弾いていたのを5弦5フレットにしたりするわけです。これで2フレットから5フレットの間に移行したはずです。ある程度見通しが良くなったらキーGでも同様にやってみます。

開放弦を使わずに弾けるようになれば、後はそのままずらせば良いだけです。
たとえば5弦3フレットから始めて開放弦を使わないCが弾けたら、その形を5弦8フレットから始めればキーFになるという具合です。
6弦3フレットからのGを、6弦5フレットから始めればキーAです。

という具合に、まずは開放弦を使わないポジションを覚え、それをずらして行くというアプローチが良いと思います。
例ではCとGを元にしましたが、もう一つ二つの元ポジションができば、指板上のすべての領域で自在にメロディーが弾けるようになります。

簡単に言ってしまうと「スケールを覚える」ということになりますが、それじゃとっかかりが無いと思うので。

3フレットまでだと、CとかGのキーのメロディなら何とかなるわけですよね。
ではとりあえずCで、5弦3フレットから始めて開放弦を使わないで簡単なメロディーに挑戦してみてください。「レ」を4弦開放で弾いていたのを5弦5フレットにしたりするわけです。これで2フレットから5フレットの間に移行したはずです。ある程度見通しが良くなったらキーGでも同様にやってみます。

開放弦を使わずに弾けるようにな...続きを読む

Qテノール=チェロ?アルト=ヴィオラ?

こんばんは!

最近クラシック系の作曲をはじめたものです。

初歩的な質問ですみませんが、四声体書法って、それぞれ上からソプラノ、アルト、テノール、バスですよね。それを弦楽五部でやるとなると・・・

ソプラノ=第一バイオリン アルト=第二バイオリン テノール=ヴィオラ バス=チェロ

となって(正しくは知りません)、どうも自分の思ってたのと違うなあと思いました。

自分ではアルト=ヴィオラ、テノール=チェロ、バス=コントラバス だと思っていました。

でもそれだと ソプラノは第一バイオリンで、第二バイオリンは???となってしまいます。

この場合第二バイオリンは何になるのでしょうか?メゾソプラノ???

自分の勉強してる四声体ではメゾソプラノ?の書き方は載っていないので、どうやって第二バイオリンのパートを書いたらいいのか迷っています。

かといって第二バイオリンを書かなかったら、音が薄い気がします(?)

また、最初に・・・”ソプラノ=第一バイオリン アルト=第二バイオリン テノール=ヴィオラ バス=コントラバス”

と書きましたが、これも間違いではなく、こういう場合もあるのではないかと思ったのですが、どうでしょうか?

(とりあえず今はソプラノ=第一バイオリン、アルト=第二バイオリン、テノール=ヴィオラ バス=チェロでコントラバスはチェロのパートを一オクターブ下げて書いてます。)

四声体では弦楽五部を書けないですよね?

こんばんは!

最近クラシック系の作曲をはじめたものです。

初歩的な質問ですみませんが、四声体書法って、それぞれ上からソプラノ、アルト、テノール、バスですよね。それを弦楽五部でやるとなると・・・

ソプラノ=第一バイオリン アルト=第二バイオリン テノール=ヴィオラ バス=チェロ

となって(正しくは知りません)、どうも自分の思ってたのと違うなあと思いました。

自分ではアルト=ヴィオラ、テノール=チェロ、バス=コントラバス だと思っていました。

でもそれだと ソプラノは第一バイ...続きを読む

Aベストアンサー

>ではチェロがテノールに相当する場合もあるんでしょうか・・・。

その割り振りは、作業者の裁量だと思います。場合によって移調も必要でしょうし、オリジナルの編成や声域・音域によって変わると思います。

>コントラバスとチェロがそれぞれ独立してる場合もありますよね。
オリジナルの声部の数と、移植先の楽器の数にもよると思います。
オリジナルが五声部の声楽曲であり、移植先がバイオリンI&II、ビオラ、チェロ、弦バスなら、当然チェロと弦バスは別途の動きとなります。
今回のご質問は、「トランスクライブ」に関するものだと思いますが、いわゆる「編曲(アレンジメント)」であれば、あらゆることが自由自在なので、何でもありになります。
「トランスクライブ」とは、譜面の無い音楽、例えばどこかの島の民俗音楽の譜面化とか、名手の演奏CDから、クラシックであれば「カデンツ」、ポップスであれば「アドリブ」を譜面化する。人気バンドの演奏を耳コピーしてバンドスコアに仕上げる。バイオリンソロの器楽曲をフルートやクラリネットソロ用の譜面に書き換えるなどです。
「タランスクライブ」は、声楽n重唱を器楽のn部合奏に書き換えるなど、譜面を書く人の創造性を排除しての職人仕事を指します。作業の中心は、譜面のない音楽を譜面化する場合は、一粒一粒の音を間違いなく聞き取ること、また、すでに譜面があって、別の楽器に書き換える場合は、キーの設定と、各音を間違いなく移調すること、また、移植先の楽器の限界音域や、良く鳴る音域、困難なキー、易しいキーなどに精通していなければなりません。また部分的には音そのものを変更して、移植先の「不可能」を「可能」へと最低限の編曲をする必要もあります。いくつかの音をオクターブ移動して移植先の楽器の音域に収めるなども頻繁に使われますが、これらは編曲とは言わず、「トランスクライブ」と呼ばれます。あくまで作業者は、私情を殺して淡々と作業します。これらの作業は職人仕事とも言えます。
一方、編曲は、「無いものを加える」というのが基本です。
例えば、メロディーラインのみの譜面に、コードを付け、対旋律を作曲してつけ、それを各楽器に割り振りする。ベースラインを作って付ける。バックに女声コーラスを付けるなど、無いものを付けて行くのですから、あらゆる楽器に関する知識に加え、創造力も必要ということになります。
冒頭のチェロと弦バスの動きが違う場合、オリジナルには無いものが弦バスのパートに書かれているのであれば、それは「編曲」として、編曲家の創作物になり、その譜面は「編曲作品」ということになります。

>ではチェロがテノールに相当する場合もあるんでしょうか・・・。

その割り振りは、作業者の裁量だと思います。場合によって移調も必要でしょうし、オリジナルの編成や声域・音域によって変わると思います。

>コントラバスとチェロがそれぞれ独立してる場合もありますよね。
オリジナルの声部の数と、移植先の楽器の数にもよると思います。
オリジナルが五声部の声楽曲であり、移植先がバイオリンI&II、ビオラ、チェロ、弦バスなら、当然チェロと弦バスは別途の動きとなります。
今回のご質問は、「トランス...続きを読む

Qギターのフレットの高さって

ギターフレットの高さというのは
基本 フレットは同じ高さなのですか?
それとも1Fから最終Fに向け緩やかに低いのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にはNo1さんの回答の通りです。
ただ、フレットを打った後に「すり合わせ」という工程を必ず行います。これは微妙にずれた高さを均一に調整する作業です。さらにその後、削られて平らになった頂点を丸く整える作業~磨きを行います。
その過程において一本一本は微妙に指板からの高さが異なってきますが、各フレットの頂点を結んだ線は揃っています。

なおフレット楽器は12フレットが必ず弦長の中央になりますが、弦の振動はこの部分が一番大きいわけです。フレットのビビりを抑えて弦高を低くするために、頂点を結んだ線を微妙に順ぞリ状態にする場合もあります。ただこのようにする場合、普通はフレット高さだけで実現するのではなく、指板の形状で行う場合もあります。

>それとも1Fから最終Fに向け緩やかに低いのでしょうか?

もちろんすべてのギターは1フレットより最終フレットの方が弦高は高いですが、これ自体はフレットの高さでそうなっているわけではなくネックの角度やブリッジおよびナットの高さによってそうなるように作られています。


フレットに関してはこちらのメーカーが世界的にも有名で、海外の高級ブランド品にも使用されています。
http://www.sanko-s.co.jp/fret3.htm

基本的にはNo1さんの回答の通りです。
ただ、フレットを打った後に「すり合わせ」という工程を必ず行います。これは微妙にずれた高さを均一に調整する作業です。さらにその後、削られて平らになった頂点を丸く整える作業~磨きを行います。
その過程において一本一本は微妙に指板からの高さが異なってきますが、各フレットの頂点を結んだ線は揃っています。

なおフレット楽器は12フレットが必ず弦長の中央になりますが、弦の振動はこの部分が一番大きいわけです。フレットのビビりを抑えて弦高を低くするために、...続きを読む

Qヴィオラとチェロで迷ってます

チェロとヴィオラについて

私は管弦楽部入部希望なのですが、弦楽器では二つの楽器で迷ってます。
―――ヴィオラとチェロです。
弦楽器に触れたことは今までほとんど皆無といっていいくらいです。
習っていたのはピアノくらいで、それも1年前にやめてしまっています。
レベルも大したことがなく、練習曲がソナチネ、発表会の曲がショパンのエチュード革命くらいです。

そんな私がこの二つの楽器に挑戦した場合、どちらの方が向いているのでしょうか?
二つの楽器の特徴や相違点などもありましたら、教えてください。
また、新品や中古を購入する場合の値段なども教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 
 チェロがおすすめ
 
 むかし高校管弦楽団を指揮していましたが、弦楽器の処遇について、
つぎのような目安がありました。
 ステージに立つまでの経験日数と価格(安物がおすすめ)です。
 
 第一ヴァイオリン 3ヶ年( 5万円)
 第二ヴァイオリン 2ヶ年( 3万円)
 ヴィオラ     1ヶ年(10万円)
 チェロ      2ヶ月(15万円)
 コントラバス   1ヶ月(20万円)
 
 さらに、卒業後の習熟度や生活感では、第一ヴァイオリンとチェロが
抜きんでています。とくにチェロは、年をとるほど親しめます。
 ひとりで演奏できる曲目、バッハ《無伴奏組曲》があるからです。
 
 以下、わたしの過去回答より。
 
 フルート3年、チェロ4年、ヴァイオリン5年に、ピアノ8年。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1835903
 
 いちばん安い楽器を、いますぐ通販で注文しましょう。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1857392.html
 
 無理な姿勢に捉われず、自分にとって自然なポーズを発見すべきです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3849559.html
 
 楽譜の風景(楽譜に強い者は、いちはやく全体の曲想を把握できる)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3450001.html
 
 気にいった曲を手あたりしだいに弾きましょう。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1189218.html
 

 
 チェロがおすすめ
 
 むかし高校管弦楽団を指揮していましたが、弦楽器の処遇について、
つぎのような目安がありました。
 ステージに立つまでの経験日数と価格(安物がおすすめ)です。
 
 第一ヴァイオリン 3ヶ年( 5万円)
 第二ヴァイオリン 2ヶ年( 3万円)
 ヴィオラ     1ヶ年(10万円)
 チェロ      2ヶ月(15万円)
 コントラバス   1ヶ月(20万円)
 
 さらに、卒業後の習熟度や生活感では、第一ヴァイオリンとチェロが
抜きんでていま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報