お年寄りの生活を助け、潤いを与えるために、話し相手になってあげたり、買い物に行ってあげたり、パソコン操作を教えてあげたり、家族の負担を減らすためにお年寄りを一日預かったり、お年寄りをたくさん集めたイベントを開いたり、って事をするのってボランティア、奉仕活動としてしか成り立たないでしょうか?大学生のように時間的に余裕があって、バイトをして収入を得たいと思ってるような人達とお年寄りを、ビジネスとして結びつける事って難しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

テレビで見たんですが、ボラバイトなんてのもあるようですよ。


ビンボー学生はボランティアしたいけどお金がなくて出来ないというのは現実でしょう。
それなので、間を取って賃金としては成立しない低い金額で持ち出しの実費の部分だけの支払いを発生させるという方式です。
時間とやる気はあるけど持ち出しするまでお金に余裕がない大学生はいると思いますので、そこに着目してみてはどうでしょう?

NHKのプロジェクト-Xという番組で、ナホトカ号の重油流出事故のボランティアの話を見た時に、無償で来ているんだというのを良いことに、一部ボランティアと称する連中の横暴が問題になったそうです。責任を発生・明確化させるためにもボラバイト方式は有効ではないかと、個人的に考えています。
責任もそうですが、需要側・供給側も無償より気を遣わなくて良いメリットも生まれるかもしれません。
満額利用者負担すると現在の介護保険での家事援助で問題になっている、「金を払っているんだからなんでもやれ」という、利用者側の横暴が発生し、完全に無性にしてしまうと「やってやっているのに」という、ナホトカ号の時の横暴が発生するかも知れません、無償なので首を言い渡すのも言い難いでしょうし。

marimo_cx
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ボラバイト」ですか。初めて知りました。
私は、お年寄り側のニーズ、つまり、些細な事でもこれやってくれたら助かるんだけどなぁ、うれしいんだけどなぁって思ってること、一般に私たちが当たり前にあって当たり前に出来る事だから気付いてない事ってあると思うんです。
でもそれを大学生に満足のいく報酬を払える形の事業にして、双方ハッピーになるっていうのは難しいのかもしれません。
貴重なご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/03 14:45

ボランティアとビジネスとの違いは、無料奉仕か報酬を受けとるの違いです。


ビジネスとするのであれば、介護保険関連会社に入るのが、いいでしょう。
イベントとして、有料で発注してくれる施設があればビジネスとしても成り立つでしょう。
介護は1日だけ預かるのは難しいのではないですか。現在は、介護保険がありますので、保険を適用しないで有料で介護を依頼する個人はいないのでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニュースでダスキンが家事代行参入を報道していますが、家事代行業界はどんな仕事ですか? 研修とか勉強会

ニュースでダスキンが家事代行参入を報道していますが、家事代行業界はどんな仕事ですか?
研修とか勉強会有りますか?トラブルとか有りますか?必要な資格は?雇用や業務形態は?どんな人がその仕事に向いていますか?将来性の有りますか?ド田舎独り暮らしでも貯蓄出来るくらいのお給料ですかね?

Aベストアンサー

ダスキンはだいぶ前から家事代行やってますよ。
今回ニュースになったのは、外国人を使うからです。
シロウトに手の負えない頑固汚れや手の届かないところの掃除(エアコンの中とか換気扇の中とか)をやるので、当然事前に社内で研修会があります。
プロとしてお金取るのに「キレイになりませんでした」「エアコン壊しちゃいました」では話になりませんからね。

Qボランティアは接客業ではないから奉仕するかどうかはこちらで選ぶ。気に入らん相手には奉仕はしない。

ボランティアを接客業だとか思ってる人多くないですか?

ボランティアはご存じのとおり無償の奉仕。

ですから相手に何かをしてあげても見返りを要求しません。

にも関わらず、奉仕される側の相手の人が傲慢な態度で「おい早くしろ。」とか「もっと良いのにしろ。」みたいに要求して来たりする人もいます。

私が何度か参加したボランティアの団体は 「見返りを要求しない代わりにこちらも相手を差別する。」ということを信条としているため、(こいつは何か気に入らないな)と思ったらその人への奉仕は一切しないということにしています。

金をもらってないのだから、嫌な思いをしてまで奉仕などしないという考え方だそうです。

老人の訪問介護ボランティアでも「おい、お前らもっと早くやれ。」と叫んでくるような態度がデカい老人だった場合は奉仕を中止してその場に放置して帰りますし、

東日本大震災のボランティアを行った際に物資を持って行った時でも「もっと良いのは無いのか。」と傲慢な要求してきた人には後から何を言ってきても一切何の物資も与えず、無視し通したという実績もあります。

「金をもらっていないのだから、こちらも奉仕する相手を選ぶ」 こういう考え方は正しいと私は思っていますが、 「いや、ボランティアをやる以上はいかなる人にも奉仕するべき。嫌な態度の人への奉仕もする必要がある。」って考え方の人もいます。

ボランティアであっても、支援する相手を選んではならないのですか?

差別することなく満遍なく支援するのは行政のやることですし、接客業でもないのだから選んでもいいと思いますが。

わたしがボランティアをやるのは自分が気に入った人を助けたいからです。気に入らん人は野垂れ死にして欲しいですし。

やらない善よりやる偽善ですから。

ボランティアを接客業だとか思ってる人多くないですか?

ボランティアはご存じのとおり無償の奉仕。

ですから相手に何かをしてあげても見返りを要求しません。

にも関わらず、奉仕される側の相手の人が傲慢な態度で「おい早くしろ。」とか「もっと良いのにしろ。」みたいに要求して来たりする人もいます。

私が何度か参加したボランティアの団体は 「見返りを要求しない代わりにこちらも相手を差別する。」ということを信条としているため、(こいつは何か気に入らないな)と思ったらその人への奉仕...続きを読む

Aベストアンサー

> ボランティアを接客業だとか思ってる人多くないですか?
多いか否かは別にして、そういった方がいるという話しは度々耳にします。

> ボランティアであっても、支援する相手を選んではならないのですか?
一概に、そんなことはないと思います。
できれば、どんな方にも公平にできたら素晴らしいと思いますが、それは中々難しいことですね。心情的には無償奉仕だからここまで、有償奉仕だからここまで、といったことは理解できます。

余談ですが、
横柄な態度をとる方が必ずしも、ボランティアを接客業だと思ってるとは限らないと思います。ボランティアなどの支援を欲する状態の方は、恐らく、また、少なからず心に負担が掛かった状態と思います。そのような状態で平常心を維持し素直に感謝ができないかもしれません。せっかくボランティアをするなら、そのような状況であることを少しだけ汲み取って対応してあげられれば、とっても素晴らしいし、とっても素敵なことと思います。

Q家事に掛かる時間(一戸建て)

家事に掛かる時間(一戸建て)

一戸建ての実家で両親と暮らしています。
現在無職で就職活動をしているのですが、
そのために家を空けることが多く、親から苦情がきています。

家の家事を完璧にしようとしたら、出掛ける暇やパソコンする暇なんかないはず、と。
家事は専業主婦の母(61歳)と半分ずつしているつもりだったのですが、
母はその分担が気にいらないようで、今後家事をしたくないと言い出しました。

ですが、母から言われた家事をすべて完璧にするとすれば、
就職活動どころか仕事に行く時間が取れません。

ですが、家事も完璧にできないのに、仕事に行くなんて自分勝手過ぎると話になりません。
就職活動や仕事だと言えば、家事をしなくて済むと思うなと。

家事を完璧にこなし、さらに仕事もしている兼業主婦のからは、
家事にどれぐらいの時間をかけていますか?
また家に家族が残る場合、食事は用意して行きますか?

Aベストアンサー

専業主婦なのに家事をやりたくない・・・
そんなお母様は、毎日をどう過ごしているのですか?
正直、ただ単に面倒くさい理由をあれこれ言っているだけのような気がします。

それに、60歳過ぎたから家事が出来ないなんて、どういう理屈なんでしょう?
ウチの両親はともに60歳過ぎてますけど、二人とも家事やってますよ。
母なんて「日曜大工」もこなします。
それに一人暮らしのお年寄りは、70、80過ぎても生活なさってますよね。
家事は生活の一部ですから、できなけれゃ生活成り立ちませんよ。

一口に家事といったって、毎日するものとそうでないものに分かれますよね。
ご提示の「家事」を全て毎日する必要なんてあるのでしょうか?
毎日しなくちゃいけない家事があるとすれば「花の水やり」とか「炊事」くらいなのでは?洗濯や掃除なんて、毎日しなくても死にはしませんからね。
なんだか「毎日」と「完璧」に、必要以上にこだわりすぎている気がします。
第一「完璧な家事」なんて誰が判断するのでしょうか?判断材料があるとすれば「自己満足」なのでは?・・・と思います。

言葉が少しキツイですが、自身のわがまま(楽をしたいだけ?)を理由に、就職して自立しようとしている子どもの邪魔をして何が母親でしょうか?お母様の方が「世間知らずな子ども」のように思えます。
家事がしたくないなら無理してやらなくてもいいでしょう。時が経てばツケがまわって自分が困るだけです。
家政婦のようにお金をもらっている「仕事」じゃないんですから、必要以上に完璧を徹底する必要は無いように思えますし、無理な時は臨機応変に対応、それが出来るのが家事なんじゃないでしょうか?
それに、時間のやりくりが大変な時はお互いが助け合うのが「家族」なんだと思うのですが、お母様の考えは少し違うようですね。

もしお母様が最近急にそのような態度になったのなら、精神的な疲れか、更年期か、何らかの病的理由もあるかもしれません。

専業主婦なのに家事をやりたくない・・・
そんなお母様は、毎日をどう過ごしているのですか?
正直、ただ単に面倒くさい理由をあれこれ言っているだけのような気がします。

それに、60歳過ぎたから家事が出来ないなんて、どういう理屈なんでしょう?
ウチの両親はともに60歳過ぎてますけど、二人とも家事やってますよ。
母なんて「日曜大工」もこなします。
それに一人暮らしのお年寄りは、70、80過ぎても生活なさってますよね。
家事は生活の一部ですから、できなけれゃ生活成り立ちませんよ。

一口に家事とい...続きを読む

Q奉仕の心が持てない

生きていて今一歩、奉仕の心が持てません。自分の事、自分の努力の見返りばっかり考えてしまいます。
もちろん、こうしてあげたい!と自然に思う気持ちになることはあります。席を譲ってあげたり、募金したりと、人としての当然のやさしさはあります。こう言いきってしまう事態、奉仕の心はないのでしょうか?日常で、どんなにお世話になっている人にでさえ『タダでやってあげてんだから!』と思ってしまいます。口には出しませんが、きっと顔には出ています。そして、変に見返りを催促して相手を嫌な気持ちにさせてしまうのです。
これはやっぱり本当に困った経験がないからでしょうか?こんな大人になりきれない自分がイヤで変えたいのですが、変わる方法がわかりません。
みなさんのご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

 確かにそうですね。いい事していい事起きないかなあと思ってしまいますね。しかし、自分がそう思っていると、まわりの人間もそう思っていると思い「偽善者」に思われたくないという思いが発生し、実行に移せません。
 これの解決策としては、
1、開き直る
2、無心でやる
 前者は、いろんな意味で開き直るのです。もしかしたら、「ガンジー」も「テレサ」も偽善者のなのかもと開き直るのです。そう考えれば、そう信じれば、もともと偽善である行為を偽善でやればいつしか善だけになっていきます。これは非常に偏った考え方ですので、難しいかもしれません。
 後者は、偽善とか勇気とかを考えずに、まず思ったことを口にするのです。まず思ったことというのは、「あっ、席譲ろう。」「あっお金入れてあげよう。」とかです。思った瞬間に行動に移すのです。そうすればあとには引けません。最後までいってしまいます。
 あなたはボランティア(奉仕)の精神を十分に持っています。なぜなら奉仕について考えているからです、悩んでいるからです。するしないは、その時の感情、タイミングなどあると思います。しかし、その「したいのに、できない。」気持ちは絶対忘れないでください。そして、いつしか、あなたに、心かお金に余裕ができたときに、その少しを、ほかの皆さんに分けてあげてください。

 確かにそうですね。いい事していい事起きないかなあと思ってしまいますね。しかし、自分がそう思っていると、まわりの人間もそう思っていると思い「偽善者」に思われたくないという思いが発生し、実行に移せません。
 これの解決策としては、
1、開き直る
2、無心でやる
 前者は、いろんな意味で開き直るのです。もしかしたら、「ガンジー」も「テレサ」も偽善者のなのかもと開き直るのです。そう考えれば、そう信じれば、もともと偽善である行為を偽善でやればいつしか善だけになっていきます。これは非...続きを読む

Q家事をする前に運動すればたくさんカロリーが消費され

家事をする前に運動すればたくさんカロリーが消費されるのでしょうか?

普通に家事として掃除機かけたり、部屋の掃除したり、料理するより、
外を20分走ってきて、家に帰ってきて、体から汗が出てる状態で
家事をやった方がダイエットに良いのでしょうか?

それとも
どんなに家事をする前に運動してようと
http://hbb.amary-amary.com/calc_housecleaning.phpの計算通り、
家事は家事としての消費カロリーしか消費しないのでしょうか?

Aベストアンサー

 体を動かし続ける活動は、家事でも有酸素運動になります。有酸素運動はスポーツジムに行ってやったり自分で工夫してやる特別なものを指すわけではなく、呼吸して酸素を肺から取り入れながら筋肉でエネルギーを消費し続ける活動はすべて有酸素運動です。

 その有酸素運動でなるべく効率よく脂肪を燃焼させるためには、先に筋トレなどを行って成長ホルモンを分泌させておくのがよいわけです。成長ホルモンは脂肪を分解して燃焼可能な状態にしてくれます(その状態で有酸素運動として体を動かし続ければいいのです)。

> 外を20分走ってきて、家に帰ってきて、体から汗が出てる状態で家事をやった方がダイエットに良いのでしょうか?
 いいえ、すぐでなくても構いません。目安は3時間以内です。

Q小さな子供達に奉仕活動を

自分自身の子供達がそれぞれに結婚をして、幸せな家庭を築いているこの時期から、援助の手が必要な小さな子供達の為の活動を始めたいと思います。検索を通して調べてみても、お金を寄付する項目ばかりが目立ちますが、私自身体を使い子供達に何かをしてあげたいと思っています。漠然とした物でしかないので、何方か既に活動されていて、若輩物でもお役に立てるような所があったら、ご紹介して頂けたらと思います。仕事を持っているので、全ての時間を使う訳には行きませんが、出来る限り参加して行きたいと思います。

Aベストアンサー

私も60代の爺です
皆さんが書かれてるので 私の場合を紹介します
私は、中卒後20代まで住み込みで働いてました 休みの日でも友達も無くて寂しい休日でしたが ある日市内の川原で
石コロにペンキを塗って乾かしてる一団を見て話を聞くと明日のこどもの日に城跡公園で子供祭りの宝探しの小道具との事でした ボランティアの言葉さえ知らないで 子供たちと遊んでました が始まりで 祭りが好きで施設の祭りに出向いてます
お祭りは、一年に1施設3回ぐらいなので会社勤めの頃でも負担にもならないで楽しみながらやってます 模擬店の最後の売り込みなんか好きです 近年は、音響設備も持ってるのでステージの係りやってます 「自称音響ボランティアです」 きっかけとなって 素人ミュジシャンとか手品の方コーラスの皆さんなどからも声がかかります ライブやるから手伝って(予算がないけど) 
なんて
今月も震災絡みのチャリテイライブが2件入ってます 若い人達とお付き合い出来て楽しみながらやってます
自分的に 予定が数ヶ月前に決まってるので体調管理に気を使うようになりましたね (ステージに穴をあけないように)
これもボランティアに分類されるのかわかりませんが 地域の役(公民館長・交通安全協会副会長・コミニティ会議・学童クラブ)等もやってます 

私も60代の爺です
皆さんが書かれてるので 私の場合を紹介します
私は、中卒後20代まで住み込みで働いてました 休みの日でも友達も無くて寂しい休日でしたが ある日市内の川原で
石コロにペンキを塗って乾かしてる一団を見て話を聞くと明日のこどもの日に城跡公園で子供祭りの宝探しの小道具との事でした ボランティアの言葉さえ知らないで 子供たちと遊んでました が始まりで 祭りが好きで施設の祭りに出向いてます
お祭りは、一年に1施設3回ぐらいなので会社勤めの頃でも負担にもならないで楽しみながら...続きを読む

Q家事審判はADRですか?

こんにちは。いつもお世話になっています。
大学で今、ADRについて学んでいるのですが
ADRには和解や調停が含まれると習い、
そしてその調停の中には民事調停、家事調停などが分類されるとのことでした。
そのときの話で、家事審判というものがでてきたのですが
これもADRなのでしょうか?
むしろ、「審判」というものがどのようなものかわかりません。
普通の判決とは違うのでしょうか?

「質問事項」
・家事審判はADRなのか
・家事調停と家事審判の違い


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ADRは裁判外紛争解決のことですから、一般的には「あっせん」「調停」「仲裁」による解決と言えます。

このことから家事審判のうち 
甲類審判事件(家事審判法9条1項甲類)はADRではありません
乙類審判事件(家事審判法9条1項乙類)は調停に付すことが可能であるため、ADRの対象になり得ます

>家事調停と家事審判の違い
どちらも家事審判法の対象ですが
家庭内の紛争について調停を行うのが家事調停手続。
家庭内の事について訴訟によらずに公権的な判断をするのが家事審判

家事調停は乙類調停事件と23条事件、一般調停事件の分類され
乙類審判事件で調停が成立しなかった場合が乙類調停事件となり
婚姻、養子縁組の無効又は取消し 認知 、認知の無効又は取消し等が 23条事件
離婚や一般に家庭に関する事がらを調停するのが一般調停事件です。
いずれの場合も正式な裁判になればADRではありません 

詳しくは家事審判法の条文を検討してください。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO152.html
家事審判規則 
http://www.courts.go.jp/kisokusyu/kazi_syonen_kisoku/kazi_kisoku_01.html

ADRは裁判外紛争解決のことですから、一般的には「あっせん」「調停」「仲裁」による解決と言えます。

このことから家事審判のうち 
甲類審判事件(家事審判法9条1項甲類)はADRではありません
乙類審判事件(家事審判法9条1項乙類)は調停に付すことが可能であるため、ADRの対象になり得ます

>家事調停と家事審判の違い
どちらも家事審判法の対象ですが
家庭内の紛争について調停を行うのが家事調停手続。
家庭内の事について訴訟によらずに公権的な判断をするのが家事審判

家事調停は...続きを読む

Q朗読奉仕ボランテイアについて

朗読奉仕ボランテイアを3年程しています。小さな町なのでリスナーの方も少なく、現在の活動は町発行の広報など公的なもの音訳がほとんどです。これからもっと活動を広げて行きたいと思っていますが、リスナーの方からの要望も少なく、どのように活動していけば良いかわかりません。現在活動されている方又は過去にされていた方の経験談など教えてください。各市町村などの朗読奉仕ボランテイアの方の意見もお待ちしています。

Aベストアンサー

こんにちは。
先日から何回も中途半端な回答ばかりですみません。

著作権法その他関連しそうな法律を見てみたのですが、視覚障害のない方に録音図書を利用していただくのは、かなり難しそうです。

著作権法第37条第3項(点字による複製等)
第三十七条 3 点字図書館その他の視覚障害者の福祉の増進を目的とする施設で政令で定めるものにおいては、専ら視覚障害者向けの貸出しの用に供するために、公表された著作物を録音することができる。
(平十二法五六・1項一部改正2項追加3項一部改正)

この規定によって作成された録音図書を一般利用者に幅広く提供することは、「目的外使用とみなされ、著作権侵害行為にあたる」ようです。

ここまで調べてみると、これから先どうしたらよいかについて考えるのは、GIVE UP状態です。

…というより、ここのフォームで書き込んでいくのは「いろいろとあって難しい」といった感じです。

お役に立てませんで、すみません。

Q妻への家事の頼み方

結婚二年目の夫です。

夫婦共働き、子供なしです。家事の分担量を変えたく、悩んでいます。

私がやる家事は、掃除、洗濯、風呂掃除、トイレ掃除、ゴミだし、洗い物
妻は、平日2回、土日計2回の料理

です。たまに妻も私がやっている家事を手伝ってくれるのですが、不機嫌そうにやるのでなるべく自分がやるようにしています。

現在は、早く帰れるのでよいのですが、今後、夜遅く帰ることになると妻に家事をしてもらうことになると思います。

しかし、いまでも妻にとってはリミットぎりぎりの家事の量みたいなので、これ以上の負担は耐えられそうもありません。

そこで、すこしずつ分担量を増やすことで家事になれてもらえば、家事許容量が増えるかと思い、今自分がやっている家事を分けようと思うのですが、妻が”家事をやらされている感”を感じることなく分担量を増やすうまい頼み方はありますでしょうか?

Aベストアンサー

共働きの方は、みなさん家事を分担とかって、結構ご苦労されている話を聞きます。うちは妻が専業主婦ですが、朝ごはん、洗い物、ゴミだしは私専門で、掃除はだいたい半々くらい。洗濯と晩御飯は妻の方が多いって感じで、まぁ、それぞれがなんとなく家事をしています。特に分担を決めたわけではなく、お互いがやれる時にやったらこうなったという感じです。
家事が大変と思う量は人によって違うと思うので、妻が一日家にいるからと言って、たくさんやってもらわないと、というようには思いませんが、質問者様の奥様も、今が限界みたいなのでしたら、やっぱり増やして貰うって、難しいと思いますよ。こういうのは、自分がこれだけやっているんだから、相手にもそれなりにやってもらおうと思うと、きっと喧嘩になります。

とはいえ、仕事が遅くなる時は、家事はできないわけですから、まずできないってことは言った方がいいと思います。で、お互いにそこがフォローできないのであれば、やめればいいんです。掃除1回減らしても大丈夫でしょ?洗濯まとめて土日にやってもいいでしょ?ご飯作れない日は、お2人で稼いでいるんですから、お弁当だっていいじゃないですか。その方が、お互いに負担がなくて、円満だと思いますよ。

共働きの方は、みなさん家事を分担とかって、結構ご苦労されている話を聞きます。うちは妻が専業主婦ですが、朝ごはん、洗い物、ゴミだしは私専門で、掃除はだいたい半々くらい。洗濯と晩御飯は妻の方が多いって感じで、まぁ、それぞれがなんとなく家事をしています。特に分担を決めたわけではなく、お互いがやれる時にやったらこうなったという感じです。
家事が大変と思う量は人によって違うと思うので、妻が一日家にいるからと言って、たくさんやってもらわないと、というようには思いませんが、質問者様の奥...続きを読む

Qボランティア、奉仕、資本主義

取り留めの無い質問で すみません。
(回答があるものとは 思っていませんので アドバイスをください。)

半年前に、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=79824
で 質問させていただきました。

なんか またまた わからなくなってきました。
========================================
別にお金が一番で生活しているわけではないのですが、何かの活動をすると「お金の工面」の優先順位が高くなってきてしまいます。
労働そのものの価値が認められず 「お金」にならないと意味が無い世の中が「資本」主義??11月23日は 「勤労」感謝の日でしたが(これについては、http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=171090 で 遠回しに質問しました)

「資本」主義社会における ボランティア、福祉活動、奉仕活動とは なんなんでしょうか??

と悩みつつも こどもたちとの活動は続いております。
=============================================
先日 深夜のTVで 「エンデの遺言」を見ました。
(NHK 再放送)
「資本」(お金)主義について 考えさせられます。
参考資料(本など)がありましたら 教えてください。区立図書館で探しましたが10冊程度しかみつかりませんでした。(地域通貨、コミュニティなども含めて)

取り留めの無い質問で すみません。
(回答があるものとは 思っていませんので アドバイスをください。)

半年前に、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=79824
で 質問させていただきました。

なんか またまた わからなくなってきました。
========================================
別にお金が一番で生活しているわけではないのですが、何かの活動をすると「お金の工面」の優先順位が高くなってきてしまいます。
労働そのものの価値が認められず 「お金」にならないと意味が無い世の中が「資...続きを読む

Aベストアンサー

>「資本」主義社会における ボランティア、福祉活動、奉仕活動とは なんなんでしょうか??
に対する私の意見を述べさせていただきます。
前回の質問も拝見させていただきました。
質問の内容を逆転させて考えています。
人間の生命活動における経済主義とは・・・。
私の生活の根源にある考え方は「結い」です。
ご存知とは思いますが、集落単位の労働力の貸し借りです。資材を伴う時もあります。
わかりやすい例が「萱葺き屋根の吹き替え」です。
集落の一軒で屋根の葺き替えをする場合、集落に住むすべての住民が自宅に貯めていた萱を持参して、葺き替えに従事します。
義務ではありませんし、労働に対する対価も支払われません。
自分にもやがて恩恵が来ることがわかっているからです。
貨幣経済が発達する前のことを考えたほうが、結いの存在意義がよく理解できると思います。
自分の生活は自分で守ることが大前提です。
百姓ならば、百姓の名の通り自分でやることができることはすべて自分でやります。
百の名を持つ、すなわち百の技術を持つということです。
しかし、なんでも自分でできるわけではありません。
集団の利益として必要な活動も生じます。
たとえば、水路を開ける、道を開けるなどが当てはまります。
いわゆる公共の利益というものに該当するでしょう。
この当時に現在のボランティアを当てはめるとどうなるでしょう。
大概の方はボランティアには参加しません。
できないといった方が適当でしょう。
自分が生きていくだけで精一杯なのです。自分の生活に利益をもたらさない活動に労力を割くだけの余力がありません。
「結い」と「ボランティア」の違いは、労働力を提供した時の見返りの有無です。
見返りを求めるといっても、現代のように目先の利益にはこだわりません。
自らの生命の維持に有益か、巡り巡ってでも生活に役立つかどうかが大事です。
例にあげた『屋根の吹き替え』などは数十年に一度訪れるかどうかという気の長い話です。
諸外国におけるボランティア事情には精通していないので、国内の身近なボランティアを見ての意見となってしまいますが、ボランティアには何らかの余力を要求されます。
自分の生活に精一杯の人が参加できる余地がありません。
結果として余裕のない分を『経済的保障』として受け取ることになります。
私が携わっているボランティア活動の一つに「クラフトフェア」の開催があります。
全くの個人開催ながら、県下でも有数の集客人員があります。
私もクラフトマンの端くれですが、自ら出店することはありません。
できないといった方が適切です。
日本全国から200人を超えるクラフトマンを選び出し(基本的に抽選)、数万人の客さんを受け入れなければなりません。
これを仲間3人とともに企画運営しています。
もちろん無報酬です。
しかし、私はこのボランティア活動は「結い」として位置付けています。
自分の住んでいる地域に、手づくりのものの良さを知らしめ、人間が古来から営みとしてもち続けてきた『生業』の本質を見ていただくことにより、地域の文化的素養が向上します。
自治体の文化レベルも向上します。
結果として私の仕事にも好影響を及ぼすかもしれないからです。
私は現在経済主義を否定した生活を、経済主義の社会の中で如何に取り入れていこうかと試行錯誤しています。
人里はなれたところでの『自給自足』ではなく、人里で金銭欲に駆られずに人として生きる術を探しています。
目指すところは百姓になりそうです。
地の利を活かし、生活に必要なものを得、他者が必要とするものも地の利から作り出す。
そのお礼として、私が作り出せないものをいただく。
私の必要としているものを他者が提供できない時には『兌換券』として金銭を頂戴する。
お金の発祥の原点に返ろうと思っています。
ボランティアも本来は、結いの精神に則るべきだと思いますが、日本に結いの精神が消滅しかけている現状では、共通の意識をもつことは難しいと思います。
ボランティアなどと訳のわからない言葉は止めて『結い』と、日本人らしくいってもらいたいと思っています。
結いとは助け合いということになると思います。
結いがあって、その上にほんの少しでも余力があって、心意気がある者が、手弁当で参加して初めて「ボランティア」となるのかもしれません。
ボランティアに参加するものの精神の問題であって、かかる経費の処理方法はたいした問題ではないと思っています。
もっともっと人が生きていくということに真剣になって取り組まない限り、ボランティアは安っぽいものとなってしまうでしょう。
そのためにも、人間という種が、地球が存在する限り生を維持できるためには、今の私達が何をやらなければならないのか、どのような『結い』が必要とされているのかに関して考えるべきでしょう。
現代の資本主義、経済社会は人間の「種の保存の法則」に反していますから、種の保存に則るべきボランテイア活動とは、相反する関係といえるでしょう。
これが私の結論です。

>「資本」主義社会における ボランティア、福祉活動、奉仕活動とは なんなんでしょうか??
に対する私の意見を述べさせていただきます。
前回の質問も拝見させていただきました。
質問の内容を逆転させて考えています。
人間の生命活動における経済主義とは・・・。
私の生活の根源にある考え方は「結い」です。
ご存知とは思いますが、集落単位の労働力の貸し借りです。資材を伴う時もあります。
わかりやすい例が「萱葺き屋根の吹き替え」です。
集落の一軒で屋根の葺き替えをする場合、集落に住むす...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報