食品原料(動物、植物)の非破壊検査法にはどのようなものがありますか。
方法の名称、原理、応用例などが知りたい。
参考文献を紹介してほしい。できれば図表が掲載されているものを希望します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

果物でしたら、近赤外光を利用した糖の測定があります。


例えば、リンゴやメロン、スイカなどで応用されています。
名称は分かりませんが、メロンでの例は
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/center/nougyou_9 …
をご覧下さい。

打音でメロンの熟度を判定するというものもあるようです。
http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/asu2-4.html

他に、レーザードップラー法というものもあります。これは粘弾性を測定するものです。
セイヨウナシとキウイフルーツで研究されているようです。
レーザードップラー法+果実で検索してみましたが
お望みのページは見つかりませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすい参考資料(HP)を教えていただきありがとうございました。原理や理論は参考書でわかるのですが、実施例が知りたかったので図表入りのHPは本当に助かりました。

お礼日時:2001/02/05 18:35

参考文献はご紹介できませんが、日常的に用いているもの(医薬品原料としての動植物に対して)には;


X線装置(空港の手荷物検査と同じものですネ)
マグネット(検査と同時に除去できますネ)
金属探知機(空港の身体検査用と同じ)
木材探知機(工事現場で壁の中の柱を探すものと同じ)
これらを使います。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引用文献と参考文献の両方に、一つの文献を書いても良い?

卒業論文を書くにあたって質問があります。
論文の最後に「参考文献」と「注」を書くのですが、そこで迷ったことがあります。
「注」の欄に引用した文献を記載して、さらに同じ文献を「参考文献」として記載してもよいのでしょうか?
つまり、ひとつの文献を、「注(引用文献)」と「参考文献」の両方に書いてもだいじょうぶでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方書いても大丈夫でしょう。

引用した箇所に注を施して末尾に書くのは基本的なルールですが、その引用した箇所以外にも、その文献をすべて読み、その内容を自分で咀嚼した上で、論文中に内容を反映させたとしたとすれば、むしろ、参考文献として必ず挙げておくべきではないかと思います。

参考にしたのが引用した一箇所だけとか、その引用自体も論文の主旨からいえば些末なことであるならば、わざわざ参考文献として列記する必要はないと思いますが、重要な参考文献であると思うのであれば、参考文献として挙げればよいと思います。

私が卒業論文を書いたのはもう随分前のことですし、文系、理系、その他、学科の違いで引用文献の扱いも違うのではと思うので、あくまで参考ということで。

Qトランジスタの破壊の原理について教えてください

トランジスタの破壊について教えてください。
例えばVBEO=5Vとした場合にエミッタ-ベース間に5V以上の逆電圧がかかった場合に
電流が流れることによりトランジスタは破壊するのでしょうか?それとも電圧がかかるだけで破壊するのでしょうか?
対策としてベースに逆流防止のためダイオードを入れた場合には(微笑しか)電流は流れないので、
電圧がかかっても破壊には至らないと考えてよいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エミッタ-ベースはダイオードと考えて下さい 当然耐えられる逆電圧があります
数V~十数Vで これを超えますと電流が急に増え熱で劣化叉は壊れます

何を目的の回路かによって対策は変わります と言いますのは対策によって目的の増幅回路等に影響を及ぼすからです
逆流防止のためダイオードを入れた場合も当然影響しますので良く検討して下さい

スイッチング用トランジスターはエミッタ-ベース間逆耐圧が高いのでパルス動作には良く使われます
と言うよりパルス回路では逆電圧が掛ける事が多いので初めから高く作られているのです

Q論理回路などの応用例

微分回路
積分回路
クリップ回路
クランプ回路
AND回路
OR回路
NOT回路
の、どれでもいいので応用例を回路図付きで教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

電気技術志望ならCQ出版の月刊「トランジスタ技術」を買ってください。
応用例は、必ず中に入ってます。
探し出すのも優れた技術です(トレーニングしてください)
(この時期、入社したてのビギナー向けの特集もあります。)

又、専門書店のコーナーに行けば、嫌でも腐るほど本があります。

残念ながら、インターネットでは貴方の欲しいサイトは少ないと思います。

課題は、貴方の勉強ですので是非身に付けて下さいね。
良い本に出会えば、それを一生涯持つことに成るでしょう。

参考URL:http://www.interq.or.jp/japan/cba/sub05/refmgtr1.htm

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?

QSS400 許容引張応力値 機械文献or建築文献 どちらを採用?

 SS400の各温度における許容引張応力は0°Cから350°Cにおいて100N/mm2(JIS G3101 1995)なので通常室温にて用いる際は100N/mm2と理解しています。
一方 一般構造用鋼材 許容応力(引張)は結果的に基準強度と同等で2400キログラム毎平方センチメートル(建築基準法令行令 第90条、昭和55年建設省告示第1794号)となっております。
つまり前者は10000N/cm2、後者は24000N/cm2 どうしてこんなに違うのでしょうか?
機械計算がらみの場合は前者を、建築物がらみの場合は後者の許容引張応力の値を使うことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

なるほど、経験者の方でしたか。しかも圧力容器ですか。
私は全く設計したことがありません。(失礼しました)

私の持っている材力のテキストの「フープ応力」の例題を見ると
「板の引張強さを、40kg/mm^2として、安全率を4とする」と
なっていました。これぞ、まさに許容応力=100N/mm^2ですね。

そこで調べてみると、「圧力容器構造規格」なるものが見つかり
ました。(参考URLの第4条、一のイ ヤッター!)

あと他に、こんなものも見つかりました。
 ↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~xbm95632/hp110.htm
これは、ちょっと…という内容ですが、勉強になりますよ。
(ちょっと酔いますが)

では、失礼します。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-10/hor1-10-4-1h1-0.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報