柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

ネットで編入のことを調べてみると、
「今までの修得単位が削られる事がほとんどである。」
という表現がありました。

これは、もし、
4年生大学の経済学部を卒業した人が卒業後、文文学部に入りなおした時、
経済学部にいたときの単位が取り消されて、経済学部を卒業したことが取り消されてしまう、学士の称号?を取り消されてしまう、

ということなのでしょうか?


この表現の意味の真意を教えて欲しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

削られるわけではなくて、「既修得単位として認められない科目がある」ということです。

別に、前の大学での卒業が取り消しになったり、そちらの単位が削除されるわけではありません。
通常は、卒業に必要な単位の半分程度を上限として既修得単位が認定され、残りの単位を2年で習得するということです。

それにしても、「削られる」とは人聞きが悪いですね。むしろ「認めてもらえる」という方が妥当だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。スッキリしました。

お礼日時:2007/12/15 01:42

編入と学部卒入学は話が違います。


ここでは後者のお話ということでよろしいでしょうか?

質問者さんの例に沿って説明申し上げますと、
一般(総合)教養科目は、経済学部であろうと文学部であろうとほぼ同じなはずです。
入学した際、同じ科目の場合は既に新しい学部においても取得したものと「みなされ」、
習得済単位として割り振られます。
卒業まで124単位のうち一般32単位とすると、
文学部を卒業するには124-32を取得すればいいという話なのです。
だからと言って、
代わりに卒業済の経済学部で取得済単位がなくなってしまう
ということはありません。
そうなったら、
学部卒で別学部に再入学して中退した場合、学歴は高卒になってしまいますし、
卒業できたとしても必ず最終の学部の学士にしかなれなくなってしまい、
誰も学士の複数取得は不可能になってしまいますよ。

「今までの修得単位が削られる事がほとんどである。」
という言葉の意味は、(一般教養科目で)認定される単位のうち、
違う学部に入学 → その学部では取得できない科目で履修している
違う大学に入学 → その大学に設置のない科目を履修している、同じ科目名であっても習得単位数が違う
といった場合の単位については認定できないので、
普通は「削られる」ことになるという意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。スッキリしました。

お礼日時:2007/12/15 01:41

編入をすると、前の学校で学んでいた単位の一部が引き継がれます


これは基礎教養的な部分は前の学校で学んでいるとみなされるためです。
しかしすべての単位が引き継がれるわけではありません。
専門分野の科目や基礎教養の中でもその学校の特色となっている科目は履修することになります。

引き継がれる単位は全てではなく、ほんの一部に過ぎないので「今までの単位が削られる」ということになるんでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。スッキリしました。

お礼日時:2007/12/15 01:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング