今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

タイトル通りです。

現在、オシロを用いてデジタル・オーディオ信号の伝送に関する測定を行っています。

ある端子間で同じ波形が記録されることから、測定方法などが間違っていることは考えにくいものの、SPDIF信号の波形が一体どのようなものかわからないために、出力される波形が正常なものか不明です。

ちなみに使用しているDISCは1kHz、2chです。

以上、質問者、あまり知識がないため、わかりにくいかもしれませんが、ご存知の方、ご教授願えませんか。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>>ちなみに使用しているDISCは1kHz、2chです。



この意味がわからないのですが、
普通のデジタル波形(HIGH/LOWの2値の波形)になるはずです。

参考URL:http://www.loutre.org/autres_simulations/spdif-c …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオシロスコープキット「DSO138」のトリマコンデンサC6の調整について

先日、秋月電子よりDSO138(最新の赤基板)を購入しました。
組み立てが終わり、2つのトリマコンデンサを調整しています。

トリマコンデンサC4を回すと、テスト方形波の立ち上がりエッジが鈍ったり尖ったりします。
これは正常な動作と思っています。

一方、トリマコンデンサC6を回した場合、テスト方形波の波形になんら変化が起きません。
現在表示される波形は立ち上がり/下がりともエッジがほぼ90度で、実用上不便は無いのですが
あるべき動作が不明であるため、非常に気持ち悪いです。

トリマコンデンサC6を回した場合の正しい動作をご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

Aベストアンサー

回路図(http://akizukidenshi.com/download/ds/jye/UserManual_138_new_s.pdf)を見ると、C6は SEN1 を 1V レンジにした時に意味を持つようです。回路的にはC4と同じ回路になってますので C4 と同様、波形の立ち上がりのエッジのなまりを調整するためのものだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報