自分のお店を開く時の心構えとは? >>

富士通FMVに搭載されている、東芝制TVFanSTUDIOと、ソースネクストのウィルスセキュリティの互換性について。

ウィルス対策ソフトとしてソースネクストのウィルスセキュリティを搭載したら、ウィンドウズ関係にバグが出始めました。
Outlookやワードを立ち上げると、CPU使用率が100%になり、重くて扱えなくなります。
タスクマネージャのプロセスを見ると、Pから始まるエグゼのファイルがずっと稼働してそのままになってしまうので、そのファイルを強制終了するしかありません。
その状態をずっと続けて使っていたら、Outlookの受信トレイのデータが壊れました。

富士通にもソースネクストにも問い合わせたのですが、解決できず、

指定通り、ウィルスセキュリティをアンインストールした時にはそのバグは出なかったので、原因はFMV(おそらくTVFanStudio)の互換性だと思うのですが、原因、解決方法等解る方いらっしゃれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

TVソフトは違いますが、XPにSPを当てたらTVソフトが起動しなくなった場合があり、その時はメーカーサイトからSP対応の修正パッチをダウンロードして当てたら直りました。

(Direct**のバージョンアップによる不具合だったと思いますが、以前のことで覚えていません)

SPを当てたら不具合になるドライバ(サウンドドライバ)の事例もありますので、SPは関係ありませんか?

>アンインストールした時にはそのバグは出なかったので

ソフトをアンインストール、再起動、アドミ権限でログインし、インストールすることで正常になる場合(ソフト)もあります。

>強制終了するしかありません。その状態をずっと続けて使っていたら、Outlookの受信トレイのデータが壊れました

強制終了後、セーフモード(電源入れロゴが出たらF8を軽く叩く)メニューで「前回正常時の構成」を選び起動しましたか?(ある程度修復する場合もある)
強制終了をするとプログラムファイルやファイルが壊れることは多いです。


参考(よく覚えていないので原因がこれかどうかはわかりませんので自己責任でお願いします)
DirectX最新版
http://www.microsoft.com/japan/windows/directx/d …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング